とくおかレディースクリニック~ブログ~

日々、徒然なるままに、書き込んで参ります。
どうか宜しくお付き合い下さい。

子宝メッセージ その214

2014年06月30日 | 不妊



当院の体外受精・顕微授精を乗り越えられた方々からの『子宝アンケート』を着順に掲載させて頂きます。

今現在、子宝ご希望で頑張っておられる皆様の励ましになれば幸いです。

Q1:不妊治療を続けていて辛かった事は何でしたか?
   

   
治療と自分の気持との葛藤。
   不妊治療を始めた時は、人工授精までやってダメなら、その先には進まないつもりでした。
   赤ちゃんを授かりたい気持ちと、
   体外受精までして子供が欲しいのかな?という気持ちの間で悩みました。  

Q2:辛さを乗り越える為に、どのように対処されましたか?

   夫と何回もステップアップについて考えました。
    ↑2人の気持ちの方向は同じなら頑張れると思って。
   近場ですが、旅行に行きました。
    ↑子宝の神社などがあるとお参りしたり。
   本当に辛い時は、涙が止まるまで泣く、これにつきます。
    ↑私は、何だかスッキリして、また次へと進めました。

Q3:子宝という結果を手にする為に、努力された事・工夫された事はありますか?

   冷えない為に、会社では夏でもひざ掛け、温かい飲み物でした。
   家では、お風呂の湯船に、出来るだけ入りました。
   温まるし、肩凝りもマシになりました。
   鍼治療を受けました。初めはドキドキでしたが、だんだんリラックスの場となりました。

Q4:不妊治療中での気分転換はどのようにされましたか?

   病院に行った後は、カフェでカフェインレスのコーヒーを飲んで、自分にご褒美タイムを作りました。
   髪を切る。心もスッキリ、サッパリ。
   美味しい物を食べる。ちょっと高い数百円のドーナツでもパンでも。
   ちょっと遠くまで買い物に行くというのも良かったのかもしれません。
   待ち時間用に、マンガを数冊持参。スタッフの方からも「それ読んだ事ありますよ」と言われた事もありました。

Q5:とくおかレディースクリニックを選んで良かったと思われる点は何でしょうか?

   書ききれないくらいありますが、先生をはじめスタッフの皆様の対応全てに安心感があった事です。
   先生には、いろいろな処置を痛みなくスピーディーに行って下さり、
   また話し方もやわらかく、病院への抵抗がなくなりました。
   スタッフの方々は、受付の方々も医療スタッフの方々も、
   すごく忙しそうなのに、いつも丁寧に対応してくれて、病院へ行きたい!!という気持ちにさえなりました。
   病院なのに、ホテルのロビーくらい、居心地が良かったです(笑)
   

Q6:不妊治療を頑張っておられる方々に向けて、励ましのメッセージをお願い致します。

   ゴールの見えない状況に、つらくなる時もあると思いますが、今を楽しんで下さい!!
   不妊治療も、今しか出来ない事なので!!
   

                  
Q7:お子様が授かった今現在のご様子をお知らせ頂けましたらお願い致します。

   間もなく、子供も1歳になります。
   産まれた時は3,000gなく小さ目でしたが、
   生後1ヶ月で、成長曲線の上限ギリギリまで成長しました(笑)
   不妊治療中には、想像もしていなかったほどの忙しさで、あっという間にもうすぐ1年です。
   この1年、怪我も病気もせずにスクスク育ってくれた事、
   私達夫婦のところに産まれてきてくれた事に感謝しています。
   今はつかまり立ちであちこち行き始め、これからの成長が楽しみです。

   
 

励ましメッセージ、まことに有難うございました



ーby事務長ー





とくおかレディースクリニック






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「情」と「熱」

2014年06月28日 | よもやま話

本日のテーマは「情」と「熱」です。

「情」は、
物に感じて動く心の働き、感情、思いやりの気持ち、なさけ、まごころ、
などの意味があります。

「熱」は、
あついこと、物事に打ち込むこと、熱意、ある対象に夢中になること、
などの意味があります。

そして「情」と「熱」が重なった「情熱」は、
ある物事に向かって気持ちが燃え立つこと、その気持ち、熱情、
とあります。

何をするにも「情熱」は大切ですね。
特に、仕事をする上で真っ当な「情熱」がないと、仕事能力は伸びていきません。
若い方々にこそ真っ当な「情熱」を持って、仕事に取り組んで欲しいと思います。

よく若い方々の口から「やりたい仕事をしたい」という言葉が出てきますが、
「やりたい仕事」が出来るのは、ごくごく恵まれた一部の方々だけだと思います。
「自分がやりたい仕事」と「自分が出来る仕事」とは違います。
「自分がやりたい仕事」に就く為には、人並み以上の努力を持って取り組んでいかないといけません。

この世の多くの方々は、
色々な経験や職歴を積みながら、時間をかけて、自分が好きな仕事を見出していくのだと思います。

「自分がやりたい仕事」を求めて、何度も何度も転職を繰り返す方々がいますが、
結局、
「自分がやりたい仕事」に就けずに終わる場合も多いです。
仕事というものは大変なものであり、努力を重ねて重ねて能力を高めていくものですから、
その努力を重ねている自分を好きになる事が、「自分がやりたい仕事」を近付けるのでしょう。
つまり、
「やりたい仕事」を求める前に、「仕事を好きになれる自分」を求める事が大切です。



下記、「情熱」に関わる名言を幾つか・・・。



 何かに挑戦したら確実に報われるのであれば、誰でも必ず挑戦するだろう。
 報われないかもしれないところで、同じ情熱、気力、モチベーションをもって継続しているのは非常に大変なことであり、
 私は、それこそが才能だと思っている。(羽生善治)


 世の中の多くの人は、少々うまい事いかなくなると途中で諦めてしまう。
 本当に物事を成し遂げる為には、成功するまで諦めない事である。
 やっていくうちに、世の中の情熱が有利に展開していくことだってあるのだから。(松下幸之助)


 私は才能は一瞬のきらめきだと思っていた。
 しかし今は、10年とか20年、30年を同じ姿勢で、同じ情熱を傾けられることが才能だと思っている。(羽生善治)


 一人前になりたいという情熱が努力となりその努力がいつか実力に変わっていくんだよ。(擬宝珠夏春都)


 成功に至る近道などあり得ない。
 情熱を持ち続け、生真面目に地道な努力を続ける。
 このいかにも愚直な方法が、実は成功をもたらす王道なのである。(稲盛和夫)


 学びとは偶然に得られるものではありません。
 情熱と不断の努力をもって、自ら学ぼうと求めなければなりません。(アビゲイル・アダムズ)



ーby事務長ー



とくおかレディースクリニック


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

時間とお金は・・・

2014年06月27日 | よもやま話

私が時々、
当院のスタッフさん達に伝える言葉があります。
全員にではないですが、
何人かは聞いている言葉だと思います。

「時間とお金は後からついてくる」という言葉です。

そうなんです。

時間を惜しんだり、
お金!お金!とお金の事ばかり気にする人は、
なかなか時間もお金もついてこないように感じます。

時間とお金は、
仕事を通して、お客様や取引先や自分が属する組織から、
対外的に評価された上で、
後からついてくるものです。

社会にきちんと貢献する事で生じてくるものです。

社会に貢献するという事は、
貢献に値する真摯な時間を費やさないといけません。

時間やお金がついてくるようになる為には、長い年月がかかります。
ほんのちょっと頑張ってみたところでついてくるものではありません。

必要な知識や技術を学ぶ期間を含めると、少なくとも3~4年はかかると思います。

ですが、ただ年月だけ過ごしていても、
努力の量が足りなかったり、努力する方向性が間違っていると、
いつまで経っても、
時間とお金はついてきません。
難しいですね。

まわりから「感謝」される仕事をする事、
それに尽きるのかもしれませんね。

いきつくところは、
まわりからの「感謝」ですね。

まわりに「感謝」の出来る人間でありたいですし、
まわりから「感謝」される人間でありたいと思います。


追伸 - 本日夕方、クリニックの窓から見えた風景です。
     ここのところ、突然の大雨が降るような毎日ですが、
     すっかり夏雲になりましたね。


ーby事務長ー



とくおかレディースクリニック





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子宝メッセージ その213

2014年06月24日 | 不妊

当院の体外受精・顕微授精を乗り越えられた方々からの『子宝アンケート』を着順に掲載させて頂きます。

今現在、子宝ご希望で頑張っておられる皆様の励ましになれば幸いです。

Q1:不妊治療を続けていて辛かった事は何でしたか?
  
 

   ・何度トライしても、妊娠に至らなかった時。
   ・仕事と治療の両立、仕事をしながら通院するには、毎日が時間との闘いでした。
   ・金銭面のこと、いつまで続くのか?続けていけるのか?の不安。   
  

Q2:辛さを乗り越える為に、どのように対処されましたか?

   どんな事も、夫と二人で話しました。
   彼が、絶対に次は大丈夫!と言い続けてくれ、
   私に強い気持ちを持たせてくれたので、
   今まで乗り越えて来られたのだと思います。

Q3:子宝という結果を手にする為に、努力された事・工夫された事はありますか?

   何年か後に後悔しないように、今できるすべての事をしました。
   (参考までに)ヨガ、お灸、ウォーキング、玄米菜食、生姜をとる、
   レックウォーマー、5本指靴下、靴下重ねばき(夏も)、
   温泉、早寝早起き(11時~6時)etc・・・

Q4:不妊治療中での気分転換はどのようにされましたか?

   旅行、温泉など、とにかく外へ外へ、心も体も外へ向けました。
   そうすると、新しい出会いや発見の中から、自分も成長する事が出来ました。

Q5:とくおかレディースクリニックを選んで良かったと思われる点は何でしょうか?

   先生をはじめスタッフの方々全員が、本当に親身になって下さったことです。
   心強かったです。
   特に、〇〇さん、□□さんには、本当に心の支えになって頂きました。
   辛い時も、笑顔で、元気と勇気をもらいました。

   
Q6:不妊治療を頑張っておられる方々に向けて、励ましのメッセージをお願い致します。

   私自身、心が折れてしまう出来事に何度も遭遇しました。
   強い気持ちを持ち続ける事って大変な事ですよね。
   一人では本当に難しいです。
   一番近くにいるパートナーを信じ、二人で乗り切って下さい。
   どんな結果であっても、基本二人でいる事が一番大切な事ですから、
   それを忘れなければ大丈夫だと思います。
   その上で、赤ちゃんが来てくれたら、最高に幸せですね。   

                  
Q7:お子様が授かった今現在のご様子をお知らせ頂けましたらお願い致します。

   もうすぐ4か月になります。
   お蔭様で息子は、元気にすくすく育っています。
   子育てという機会を、私に与えて下さった先生、スタッフの方々、
   神様、生まれてきてくれた子供、夫、私にパワーを下さった周りの皆さんに感謝しつつ、
   毎日を楽しんで子育てしています。
   不妊治療は、私を何倍にも大きく成長させてくれました。
   全てに感謝しています。

   
 

励ましメッセージ、まことに有難うございました



ーby事務長ー





とくおかレディースクリニック






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子宝メッセージ その212

2014年06月23日 | 不妊

当院の体外受精・顕微授精を乗り越えられた方々からの『子宝アンケート』を着順に掲載させて頂きます。

今現在、子宝ご希望で頑張っておられる皆様の励ましになれば幸いです。

Q1:不妊治療を続けていて辛かった事は何でしたか?
   
   仕事をしていたので、診察・通院時間の確保にとても苦労しました。
   職場の人には、偏見の目で見られるのが嫌で、内緒にしていた為、
   急に通院しなくてはならなかったり、診察・会計にとても時間がかかり遅刻したりと、
   かなり上司に怒られ、一時は仕事を辞めなくてはダメかと諦めた時もありました。
   今回がギリギリで、もし妊娠していなかったら、もう通いきれなかったのでは?と思います。
   第2子も希望ですが、どうかなぁ・・・。
   もっと条件が厳しくなりそうで、通えなくて無理かも、 と、ブルーな気持ちになります。 

Q2:辛さを乗り越える為に、どのように対処されましたか?

   人間関係を良好にしておく。  
   不妊治療に理解ある友人に話を聞いてもらったり、
   相手に治療内容を説明し、何でも話せるようにしておく。

Q3:子宝という結果を手にする為に、努力された事・工夫された事はありますか?

   年齢は仕方ないので、少しでも若く保つ為に、アンチエイジングに努めた。
   毎週、身体のゆがみを治してもらい、メンテナンスをし、風邪などひかない。
   疲れをためない。
   鉄分やプラセンタのサプリメントを飲む。

Q4:不妊治療中での気分転換はどのようにされましたか?

   夫婦仲良くデートをして、楽しい思い出をつくる。

Q5:とくおかレディースクリニックを選んで良かったと思われる点は何でしょうか?

   細心の注意を払ってくれるところ。
   診療方法、進め方に無駄がなく、個人個人に合った計画で進めて下さる。
   単なる気休めの治療ではないところ。
   早朝から、秒単位で働く先生の腕がお上手。
   

Q6:不妊治療を頑張っておられる方々に向けて、励ましのメッセージをお願い致します。

   時にはシビアな診断を下される事があるかもしれないが、
   それは、次への最短ルートだと思うので、先生方を信じて頑張って下さい!!

                  
Q7:お子様が授かった今現在のご様子をお知らせ頂けましたらお願い致します。

   4日間の陣痛の後、1週間1日遅れで、やっと誕生しました。
   本日で、生後50日です。
   初めは、母親になったことが信じられず、ワクワクした感じでした。
   周りで、治療をしても授からなかった人、治療すら出来なかった人がいるので、
   自分はとても幸せだと痛感。
   その方達の分まで、しっかり育てていきたいと思っています。
   ちなみに、体外受精1回目で妊娠。
   妊娠中も何もトラブルなく、分娩もスムーズでした。
   先生をはじめスタッフの方々に感謝致します。
   子供が出来て、世界が広がりました。

   
 

励ましメッセージ、まことに有難うございました



ーby事務長ー





とくおかレディースクリニック






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子宝メッセージ その211

2014年06月21日 | 不妊

当院の体外受精・顕微授精を乗り越えられた方々からの『子宝アンケート』を着順に掲載させて頂きます。

今現在、子宝ご希望で頑張っておられる皆様の励ましになれば幸いです。

Q1:不妊治療を続けていて辛かった事は何でしたか?
   
   とても辛いということは、特にありませんでした。
   結果が出なかった時に「いつまで続けるのか」と考えてしまうことはありました。  

Q2:辛さを乗り越える為に、どのように対処されましたか?

   不妊期間がそこまで長くなかったこともありますが、
   常に「赤ちゃんが来てくれたら・・・」という思いを、夫婦共に持っていたので、
   主人と、結果が出たら・・・の想像をしたり、
   次への思いに繋げるようにしていました。

Q3:子宝という結果を手にする為に、努力された事・工夫された事はありますか?

   ルイボスティーやザクロジュースなど、妊娠に良いと聞く物を飲んだり、
   身体を整える為に整体に通っていました。

Q4:不妊治療中での気分転換はどのようにされましたか?

   主人と、妊娠したら行けない場所へ出掛けたり、
   趣味仲間と遊んだり、と、
   治療や妊娠とは関係ない時間を持つようにしていました。

Q5:とくおかレディースクリニックを選んで良かったと思われる点は何でしょうか?

   待ち時間は多少長くても、
   疑問や不安を確実に取り除いていただける(先生のお話やスタッフさん達のサポート)ので、
   いつも安心して信頼して通うことが出来ました。

Q6:不妊治療を頑張っておられる方々に向けて、励ましのメッセージをお願い致します。

   結果が出るまでは、本当に不安で辛いことも多いと思います。
   まずは、自分自身が心身共に元気でいることを大切に考えて、
   好きなこと、興味のあることを、ご夫婦で楽しんで下さい。

                  
Q7:お子様が授かった今現在のご様子をお知らせ頂けましたらお願い致します。

   昨年の10月に生まれた息子は、表情も声も豊かになって、日々笑顔にしてくれています。
   大変なことも多くありますが、とにかく楽しい毎日です。
   息子が私たちのところへ来る手助けをして下さり、本当にありがとうございました。

   
 

励ましメッセージ、まことに有難うございました



ーby事務長ー





とくおかレディースクリニック






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子宝メッセージ その210

2014年06月20日 | 不妊


当院の体外受精・顕微授精を乗り越えられた方々からの『子宝アンケート』を着順に掲載させて頂きます。

今現在、子宝ご希望で頑張っておられる皆様の励ましになれば幸いです。

Q1:不妊治療を続けていて辛かった事は何でしたか?
   
   なぜ普通に(簡単に)子供が出来ないのか?
   あと何回通院すれば良いのか?
   自分は子供に恵まれるのか?  
   とにかく不安でした。
   また、仕事持ちだった為、理由をつけてやりくりしながら通院するのが大変でした。
   本当の事を伝えて通院するのか、そろそろ辞めて治療に専念するのか、悩みました。     

Q2:辛さを乗り越える為に、どのように対処されましたか?

   この辛さを越える事が出来なければ、弱い自分のままになる、
   いつか越えて、強い自分になる、と思って頑張りました。

Q3:子宝という結果を手にする為に、努力された事・工夫された事はありますか?

   努力というよりは、自分のネガティブな感情との折り合いの付け方に苦労しました。
   負のスパイラルに入り込まないように、前向きにいたいと思いました。
   けど、ダメだ・・・、と思う日々でした。

Q4:不妊治療中での気分転換はどのようにされましたか?

   いいえ、何もしていません。
   この頃、とにかくネットサーフィンで、いろいろ情報を集めましたが、
   良い事には目がいかず、悪い事ばかりに目がいき、負を受けてしまっていました。

Q5:とくおかレディースクリニックを選んで良かったと思われる点は何でしょうか?

   会社との距離。
   仕事を抜けて通うのに、ちょうど良い場所にありました。
   

Q6:不妊治療を頑張っておられる方々に向けて、励ましのメッセージをお願い致します。

   不安な気持ちは意識しなくとも増えていってしまうと思います。
   不安な気持ちを少しでも小さく出来るのは、きっと強い自分だけです。
   自分と子供と旦那さんを信じて、強い心で頑張って欲しいです。

                  
Q7:お子様が授かった今現在のご様子をお知らせ頂けましたらお願い致します。

   つわりもなく、またトラブルもなく、臨月になりました。
   妊娠するのが夢であった頃、本当に妊娠出来た時、
   そして今になって幸せをかみしめています。
   無事、出産出来ると信じて過ごしています。

追伸 ー 無事に男の子をご出産されました。
     おめでとうございます。
     断乳後に、早めに二人目不妊を再開し、凍結胚にて、無事にご懐妊されました。
     お二人目のご出産予定は、今年の秋です。

   
 

励ましメッセージ、まことに有難うございました



ーby事務長ー





とくおかレディースクリニック





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子宝メッセージ その209

2014年06月18日 | 不妊


当院の体外受精・顕微授精を乗り越えられた方々からの『子宝アンケート』を着順に掲載させて頂きます。

今現在、子宝ご希望で頑張っておられる皆様の励ましになれば幸いです。

Q1:不妊治療を続けていて辛かった事は何でしたか?
   
   フルタイムの仕事をしながら通院していたので、仕事と治療の両立がとても大変でした。
   特に、体外受精の前後は頻繁に病院に足を運ばなくてはならず、
   その度に仕事を休んだり、遅刻・早退を繰り返し、
   上司や同僚に弁解をする精神的ストレスがかなりありました。  

Q2:辛さを乗り越える為に、どのように対処されましたか?

   治療をする期間や回数を決め、その間は治療に専念して、
   仕事その他の事は後回しにすると割り切ることにしました。
   決めた期間に治療の効果が出なかった場合は、治療をやめて、
   夫婦二人で仲良く生きて行こうと夫と決めていました。

Q3:子宝という結果を手にする為に、努力された事・工夫された事はありますか?

   色々な健康食品やサプリメントを試しましたが、どれも効かなかったので、
   結局やめました。
   最終的には身体を冷やさないこと、代謝を良くすることを心掛け、
   適度な運動をするようにしました。

Q4:不妊治療中での気分転換はどのようにされましたか?

   夫と二人で、子供がいないからこそ出来ることを楽しむようにしていました。
   映画館に行ったり、旅行に行ったり、子連れではいけない高級レストランへ行ったり、
   休日の予定を充実させていました。

Q5:とくおかレディースクリニックを選んで良かったと思われる点は何でしょうか?

   第一はやはり期待通りの結果を得ることが出来たことですが、
   その他の点では、治療の方針が明確であること、毎回必ず院長先生の診察を受けられたことです。
   また、スタッフの方々や受付の方々が、毎回丁寧に対応して下さり、
   ストレスが多い通院もめげずに頑張ることが出来ました。
   

Q6:不妊治療を頑張っておられる方々に向けて、励ましのメッセージをお願い致します。

   不妊治療は先が見えない治療で、なかなか人に相談することもできない本当に辛いものです。
   ですが、あまり思い詰めてしまうと、心が壊れてしまいますので、タイムリミットを決めたり、
   結果が得られなかった場合でも、楽しく生きていく準備をするなど、自分に逃げ道を作って、
   少し気楽に治療に臨むと良いと思います。
   どうかご自身の納得のいくところまで頑張って下さい。

                  
Q7:お子様が授かった今現在のご様子をお知らせ頂けましたらお願い致します。

   娘は、現在8ヶ月になり、ハイハイで家中を動き回り、目が離さなくなってきました。
   毎日、娘に付きっきりで忙しい毎日ですが、
   娘の寝顔をを見ていると、何とも言えず幸せな気持ちでいっぱいになり、涙が出る程です。
   娘が1歳になる頃に仕事復帰する予定ですので、
   それまでの娘と過ごす1日1日を大切に過ごしたいと思っています。

   
 

励ましメッセージ、まことに有難うございました



ーby事務長ー





とくおかレディースクリニック





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子宝メッセージ その208

2014年06月17日 | 不妊

当院の体外受精・顕微授精を乗り越えられた方々からの『子宝アンケート』を着順に掲載させて頂きます。

今現在、子宝ご希望で頑張っておられる皆様の励ましになれば幸いです。

Q1:不妊治療を続けていて辛かった事は何でしたか?
   
   注射の痛み。
   生理前のような身体のだるさ。
   気分が沈むように感じる時があったこと。  

Q2:辛さを乗り越える為に、どのように対処されましたか?

   注射の痛みに耐えられなかった日は、
   クリニック近くにある「ちもと」の和菓子を買って帰りました。

Q3:子宝という結果を手にする為に、努力された事・工夫された事はありますか?

   不妊治療ばかり頑張り過ぎると、追い詰められそうだったので、
   仕事や趣味もほど良く頑張りました。

Q4:不妊治療中での気分転換はどのようにされましたか?

   美味しい物を食べること。
   時々、身体を動かすこと(近所をジョギングしました)。
   子宝エクササイズも面白かったです(全然できなかったけど)。

Q5:とくおかレディースクリニックを選んで良かったと思われる点は何でしょうか?

   院内がとても明るいこと。
   スタッフの皆さんの雰囲気がとても良かったこと。
   質問などしやすかったこと。
   

Q6:不妊治療を頑張っておられる方々に向けて、励ましのメッセージをお願い致します。

   充分頑張っています。
   時々、自分を甘やかしてあげて下さい。

                  
Q7:お子様が授かった今現在のご様子をお知らせ頂けましたらお願い致します。

   子育ては思っていた以上に大変ですが、
   時が経つのが勿体ないくらい、楽しく愛しいです。
   本当に有難うございました。

   
 

励ましメッセージ、まことに有難うございました



ーby事務長ー





とくおかレディースクリニック





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子宝メッセージ その207

2014年06月16日 | 不妊


当院の体外受精・顕微授精を乗り越えられた方々からの『子宝アンケート』を着順に掲載させて頂きます。

今現在、子宝ご希望で頑張っておられる皆様の励ましになれば幸いです。

Q1:不妊治療を続けていて辛かった事は何でしたか?
   
   次こそは!次こそは!!と、授かる事を思い願いましたが、
   思うように叶わなかった時。  

Q2:辛さを乗り越える為に、どのように対処されましたか?

   主人にいつも話を聞いてもらい、よく話し合いました。

Q3:子宝という結果を手にする為に、努力された事・工夫された事はありますか?

   子宝整体や、全国の有名な子宝神社にお参りに行きました。

Q4:不妊治療中での気分転換はどのようにされましたか?

   主人と二人で、旅行がてら子宝神社巡りをしました。

Q5:とくおかレディースクリニックを選んで良かったと思われる点は何でしょうか?

   先生をはじめスタッフの皆様が、いつも笑顔でテキパキきびきびとお仕事をされ、
   説明もきちんと丁寧にしてくれました。
   そのような対応と前向きな指導が、大きな励みとなりました。
   頑張ろうと思えました。
   

Q6:不妊治療を頑張っておられる方々に向けて、励ましのメッセージをお願い致します。

   私も何回もくじけ、主人と一緒人頑張りました。
   皆様にも、授かりますようお祈りしています。

                  
Q7:お子様が授かった今現在のご様子をお知らせ頂けましたらお願い致します。

   現在は、女の子が生まれ、2か月が過ぎ、育児にも慣れてきました。
   毎日、成長していく娘を見るのが、とても楽しいです。

   
 

励ましメッセージ、まことに有難うございました



ーby事務長ー





とくおかレディースクリニック






コメント
この記事をはてなブックマークに追加