とくおかレディースクリニック~ブログ~

日々、徒然なるままに、書き込んで参ります。
どうか宜しくお付き合い下さい。

気付きの素晴らしさ!!

2015年04月30日 | よもやま話

「気付きって何ですか?」と当院の若い子に尋ねてみたら、
「問題点に気付く事!」との回答がきました。
確かに、問題点には気付かなくてはいけませんから、
その答えも正解となります。

抽象的になりますが、
自分のまわりのあらゆる事に気付く、
自分自身に内在しているもの事に気付く、
自分を含め、自分のまわりをより良くしていく為、
見過ごさずに気付いていく力が大切なのだと思います。

先日、和食屋さんに入りました。
時々行く和食屋さんです。
ホールの店員さんが変わっていました。
笑顔の可愛い性格の可愛い気付きの出来る女性ではなく、
気付かない女性に変わってしまっておりました。
この席に座っていいのか?確認しようとしても見ない、
注文をしたくても見ない、
声を出して呼んでも見ない、
会計をお願いしたくても見ない、、、
とにかく気付きません。
あえて気付かないふりをしているのか?と思ったほどです。
お皿やコップの置き方下げ方、どちらも荒々しいものでした。
お客が身振り手振りでアピールしているのに、何で気付かないのかな?
気付かないのなら、気付くように教えていかないといけませんね。

その後、コンビニに立ち寄り、プリンを買いました。
いろいろなプリンを買って、レジに並ぶと、
「トレーニング中」の名札をつけた若い男の子が一人でレジを打っていました。
レジに並ぶ列はどんどん長くなっていきますが、
他の女の子達3人は伝票書きをしていたり、品物の陳列をしていたり、、、
誰も気付きません。
ここでも、あえて気付かないふりをしているのか?と思ったほどです。
「すみません、列が伸びてますよ!」と伝えたところ、
慌ててレジをひとつ開きました。
お客がレジ前に3人くらい並んだ辺りで、何で気付かないのかな?
ここでも、
気付かないのなら、気付くように教えていかないといけないと思いました。

和食屋さんやコンビニの店主さんは、きちんと教えていけるのかな?
相手に嫌がられても、大切な事は教えていかないといけませんね。
店主さんも大変な事ですが、頑張って教えていって欲しいと思います。

世の中、
「気付き」なんてイヤ!と思う人も多いかもしれませんが、
実は実は、、、
「気付き」はとても大切ですね・・・。

 ー 追伸 -  その日買ったプリン、帰宅後一気に3個食べてしまいました。
           コンビニプリンも侮れませんね、美味しかったです。


ーby事務長ー


とくおかレディースクリニック





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

 ~ やさしさに包まれたなら ~

2015年04月28日 | 感動する心

火曜日の午後、
本日、トライしてみました!!

元会社の同期がお2人、
ラジオ番組のパーソナリティーをしております。
そのうちのお1人は、この春、ラジオ番組を卒業されました。
エアラインスクール未来塾の上野博美さんの「上野博美のFly into the future」
20回目が卒業番組となり、感動のラストでした。

もうお1人は、続行されておられます。

卒業された同期のラジオ番組は、後から聴く事が出来たので、
自分の空いた時間に聴かせて頂いておりました。

続行されておられる同期のラジオ番組は、生でないと聴けない模様・・・。

私は仕事真っ最中の為、ずーっと聴く事を我慢しておりましたが、
事務長デスクには事務長パソコンがある、
事務長パソコンがあれば聴く事が出来る、
聴く事が出来るのであればトライしてみるべし、
なぜ今までその発想が出来なかったのか?、、、となり、
まわりを伺いながらスイッチONしてみました。

「ラヂオきしわだ」と検索し、
出てきたページの「インターネットラヂオきしわだの聴き方」を開き、
「パソコンの方」のところにある「聴く」をクリック。
私がトライした時は、既にお時間16時20分頃、、、
音量を上げるとまわりの仕事の妨げになると判断し、
トークの時は音量6くらいにして、歌が流れる時は音量1に下げて、
何とか耳をつけて聴きましたよ~~
パーソナリティー宮崎弓さんの明るく楽しくほわ~とした優しい声が聴こえました。
何だか嬉しいひととき・・・

そして、
私の大好きな「やさしさに包まれたなら」の歌が流れました。
♪ やさしさに包まれたなら きっと
  目にうつる全てのことはメッセージ ♪
素敵な歌にもうっとり・・・

本日は小心者状態で、30分ほどだけ聴かせて頂きましたが、
次回はしっかりと聴きたいもの!と思いました。

火曜日16時からはアポイントメントを入れず、
面接や面談なども入れず、
事務長机で書類書きに徹する時間にあてる事が出来れば、何とかなりそう・・・。

トライしてみると、何かが変わる!
そんな思いのトライとなりました。

「おしゃべりカフェ Sparkling Smile 」
パーソナリティーは宮崎弓さんです。

皆様も上記の方法で、是非、聴かれて下さいませ。
心を癒すひとときって大切ですね


ーby事務長ー


とくおかレディースクリニック



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『心置き無く・・・』

2015年04月27日 | 感動する心


『心置き無く』という語彙の意味を調べると、

 ・遠慮なく
 ・気兼ねなく
 ・安心して

とございます。

反対に、
『心置き』という語彙の意味は、

 ・心遣い
 ・遠慮
 ・気兼ね

となります。

では、
『気が置け無い』となると、

A:「遠慮したり気を遣ったりする必要がなく、心から打ち解けることが出来る」と理解する人と、
B:「相手に対して気配りや遠慮をしなくてはならないこと」と、逆転理解する人と、
半々なのだそうです。

正しくは、”A” ですので、 ”B” は間違いとなります。

そして、その ”A” という理解の中にも、
α:「相手を意識せずに、おのずと無心になれる。気を遣ったり遠慮せずにいられる」=「安心」
β:「緊張したり遠慮したりする必要はない。気遣いする必要もない」=「無心」
と分かれる取り方があるそうです。
どちらも間違いではありませんが、 ”α” がより良い意味になるそうです。


『気を置く』は、
相手を意識してしまう、気を遣う、遠慮する、、、
ですから、
その反対となると、
相手を意識せずにいられる、気を遣わずにいられる、遠慮せずにいられる ですね。

世の中、
一緒にいると、どうしても”気が置かれてしまう”人間関係というものが多々あります。
一緒にいて”気が置かれた状態になる事のない”人間関係は、本当に楽で楽しいものです。

ですから、
”気を置く事のない”仲間達というのは、本当に有難いものです。

何だか、本日、ほんわり~はんなり~と、上記を実感  !!


ーby事務長ー


とくおかレディースクリニック


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月の看護部・検査部便り

2015年04月25日 | 看護部・検査部便り

4月の看護部・検査部便り


こんにちは。

四月となり、ずいぶん暖かくなってきましたね。

今回は、
『子宮筋腫があるけれど、このまま不妊治療していて大丈夫?』『
子宮内膜症があるけれど、妊娠できないのはそのせいでは?』
といった質問に対して、お答えしたいと思います。

子宮筋腫や子宮内膜症が絶対的な不妊の原因となりうるかは、
部位や大きさなど状態により異なります。

例えば、
子宮内腔に飛び出ているタイプの筋腫は着床を阻害する原因になることがあります。
妊娠されても、早産や流産の原因になってしまうような筋腫もあります。
大きな子宮内膜症であれば卵巣の機能が落ち、
うまく卵胞が発育しない、排卵が起こらない原因となることがあります。

また、出来る部位によっては、
排卵は起こってもキャッチアップ障害の原因となることもあります。

しかし、妊娠に影響しない筋腫や内膜症も多く存在します。

当院では日々の診察で、
卵胞の計測(排卵前のチェック)や、子宮内膜のチェック等を行っておりますが、
その際に内膜症や筋腫の有無や経過観察も行っております。

不妊の原因となっている可能性があり、
詳しい検査や手術が必要と判断されれば、大学病院等へご紹介致します。

当院は不妊治療専門の病院であり、妊娠を最優先に考えております。
その方のご年齢や卵巣の年齢・機能、ホルモンのバランスを見たうえで、
筋腫や内膜症の治療を行います。

子宮筋腫の手術となると、施設によってことなりますが、
おおよそ手術待ちで約3ヶ月~6ヶ月、
術後は約6ヶ月避妊しなくてはいけない場合もあります。

その間にも卵子はどんどん減ります。
(日々30個~40個、一月で約1000個の卵子がなくなります。)

術後、いざ不妊治療を!!っと思った時には、
その治療自体が難しくなってしまう場合も考えられます。
ですから、
当院では、安易に手術をお勧めするのではなく、
その方の状況に応じて不妊治療を優先すべきか、
筋腫や内膜症の治療を優先すべきか判断し対応させていただいております。

ご質問がありましたら、お声掛け下さいね。

添付お写真は、桜の写真です。
桜と言えばピンクのイメージでしたが、この色の桜もきれいですよね。


とくおかLC看護部・検査部スタッフより


とくおかレディースクリニック


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

当院のフレッシュマンからご挨拶 その3

2015年04月24日 | よもやま話


皆様 こんにちは。

私は、患者さん一人一人の気持ちに寄り添い、
患者さんのために常にベストを尽くせる医療人になりたいです。

私は、この間まで大学で4年間学んできました。
大学で生命に関することを学ぶうちに、
不妊治療の現場で、患者さんを助けたいと思うようになりました。

しかし、大学では、医療というものを学んできた訳ではなく、
とくおかレディースクリニック検査部に入職して、
やっと医療人としての一歩を踏み出したところです。

こちらの病院で働かせていただいて1か月弱ですが、
たくさんのことを学ばせていただいています。

初めは、
患者さんと接するだけでも緊張し、おどおどしていました。
しかしそれでは、逆に患者さんを不安にさせてしまいます。
患者さんの不安を取り除かなくてはならない医療人として、よくないことです。

あいさつ一つをとっても、
どのような表情で、どのような声で、どのようなテンションで行うかで、
印象は大きく変わってくると思います。
常に、自分が患者さんだったら、どのような対応をされたら安心するか、
どのようなクリニックであれば信頼できるのか、
ということを常に想像し、行動していきたいと思います。

これからも日々、いろいろなことを学んでゆくと思います。
その中で、小さな仕事、大きな仕事があるかもしれません。
小さな仕事だからパパッとやってしまおう!と流れ作業のように考えるのではなく、
どのような仕事でも、与えられた仕事は一つ一つ確実に行っていきたいです。

また、
もし、失敗してしまっても、くよくよ引きずるのではなく、
反省の後には、
どうしてこのようなことになってしまったのか、
今後どのようにすればいいのか、
という改善を行い、
同じ失敗は二度と起こさないように心がけていきたいです。

毎日毎日、先輩方にはたくさんのことを教えていただいております。
それらを、スポンジのようにどんどん吸収していって、
先輩方のような立派な医療人になりたいです。

まだまだできることは少ないですが、
常に笑顔を忘れずがんばっていきますので、
よろしくお願いいたします。


< HN : ダイアより >



お仕事に慣れるまではなかなか大変だと思いますが、
患者さんのお役にたてる立派な医療人を目指して、
日々、精進していかれて欲しいと願っております。



ーby事務長ー


とくおかレディースクリニック









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

当院のフレッシュマンからご挨拶 その2

2015年04月22日 | よもやま話

皆様、こんにちは。

医療人になるにあたっての抱負を書かせて頂きます。

私にとって医療従事者とは、専門知識と技術を行使し、
患者さんの手助けをする職種だと考えています。

私は、大学で獣医学部動物資源科学科で学んでおりました。
卒業後に、
とくおかレディースクリニック検査部に入職させて頂きましたが、
まだ、医療従事者としての専門的知識と技術はほとんどありません。

このような私ではありますが、
患者さんから信頼して頂けるような医療従事者を目指しております。
ですので、
これからたくさんの事を学んでいきたいと考えております。

信頼される医療従事者として、

1;勘違いを素直に認め、繰り返さないよう対策を考える
2;関わってくださる全ての方を気遣う

医療人であり社会人のスタートにあたり、
まず、この二つのことを大切にしたいです。

先輩に教えて頂いていたにも関わらず、勘違いを起こしてしまった時、
間違っていないと思っていてもマニュアルと違うことをしていた時など、
自分の勘違いを素直に認められないことがあります。
しかし、
医療の現場においては、
些細な勘違いが取り返しのつかないことに繋がることを学びました。
とくおかレディースクリニックに通院してくださっている患者さんに、
「安全な医療」が提供できるように、
どんなに小さな勘違いであっても、
次は絶対に起こさないように心掛け対策を考え、実行に移します。

学生の頃、
私に関わってくださっている方々に気を遣うことなどほとんどありませんでした。
それは、主に大学という狭いコミュニティに属していたからだと思います。
しかし、
社会に出ると様々な方が、私と関わってくださいます。
患者さん、院長、事務長、スタッフの先輩方、講師の先生方など。
多種多様な方々と関わっていく上で、気遣いは重要であると思います。

私は今、受付や診察の介助という立場で多くの患者さんと関わらせて頂いています。
患者さんの為にある検査部という事を、身を持って体験しています。

今は、業務に間違いがないように、一つの行動にだけ集中してしまうことが多々ありますが、
少しずつ周りを見て行動出来るようにし、
先輩方のように気遣いができるようになりたいです。

まだまだ未熟な私ですが、一日一日を大切にし、
少しずつでも日々成長し、
皆様から信頼して頂けるような医療従事者になりたいと思います。


< HN : しめじより >


お仕事に慣れるまではなかなか大変だと思いますが、
患者さんのお役にたてる立派な医療人を目指して、
日々、精進していかれて欲しいと願っております。



ーby事務長ー


とくおかレディースクリニック




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

当院のフレッシュマンからご挨拶 その1

2015年04月21日 | よもやま話


皆様、こんにちは。

私が医療の道を志したのは中学生の頃で、
ある医療ドラマを見たことがきっかけでした。

医師という職業がとても格好良くて憧れを持ちました。
しかし、
医師以外にも医療を支えている職業はたくさんある事を知り、
私は他方面から医療に携わろうと決めました。

現在、
とくおかレディースクリニックで働き始めましたが、
医療の現場は、想像以上に厳しい世界だという事を痛感しています。

私は「どんな医療人になりたいか?」ともし質問されたら、
「患者さんの身体と心の両方の痛みが解り、それを癒せる人になりたい」と答えます。
それを実現させるためには、専門知識はもちろんのこと、
なにより人を思いやる心が不可欠であると思います。

「思いやる心」はどのようにしたら育まれるのかと考えてみたら、
「感謝すること」から生まれるのではないかと思いました。
「ありがとう」と心から言えた時、心はあったかくなりますし、
言われた人もあったかい気持ちになると思います。

「当たり前」という捉え方をしていては、
その感謝の機会を阻害してしまいます。
例えば、
「○○してくれて当たり前」「○○するのが当然」などです。
ついついありがたみを忘れがちです。

実際に私も高校卒業後に、東京で一人暮らしを始めるまでは、
親が居てくれることのありがたみに気付きませんでした。
高校生までは、
「毎日お弁当を作ってもらえるのは当たり前」
「朝寝坊しないように親が起こすのは当然」など、、、
一人暮らしを始めて、やっとそのありがたみに気付きました。

それから私は色んな事に気付き、感謝することが多くなりました。

そして、
今、私が最も感謝しているのは、職場の先輩の方々です。

何をやっても全然できない私に、本当にたくさんの事を教えてくださいます。
「先輩が後輩に仕事を教えるのは当然だ」と感じる人も居るかもしれませんが、
私は決してそんな事は思いません。

ご自分の仕事が忙しい中でも、
いろいろと教えて下さることを、本当にありがたいことだと感じています。
教えて頂いたことが思うようにできなくて、申し訳ない思いがありますが、
それ以上に感謝の気持ちの方が大きくあります。

このように、日々感謝することを忘れずに、
思いやりの心を持って患者さんにも接していきたいと考えています。

患者さんが困っていること、求めていることがすぐに判り、
患者さん本位に立った医療を提供できるような人になりたいです。

まだ入職してから数日と日が浅いですが、
目の前のことに全力で取り組んで一生懸命頑張っていきたいと思います。


< HN : ツバキより >


お仕事に慣れるまではなかなか大変だと思いますが、
患者さんのお役にたてる立派な医療人を目指して、
日々、精進していかれて欲しいと願っております。


ーby事務長ー


とくおかレディースクリニック





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダメ親認定されちゃう~子供のNG~

2015年04月20日 | よもやま話

先週末の夜の事、
スーパーに買い物に出掛けて行ったところ、
スーパーの出入り口外側に並んでいる花売り場に、
3~4歳くらいの女の子がポツンと一人でたたずんでおりました。
その花売り場は、スーパーの延長ゆえ、
係の人はおらず、無人の花置場といったところです。

小雨が降っていますから、
傘なしで1人たたずむ幼子を放っておくわけにもいかず、
私も出入口近辺で立ち止りました。
夜ですし、
近くには不特定多数が出入りする駐車場もありますから、
防犯の意味でも、
幼い女の子をたった一人で立たせておくのは危険です。

何気にながめていると、
一輪で咲いている真っ赤な薔薇を無言で叩いております。
「お花を叩いたらダメだよ。お花が可哀想だよ。」と注意もしないといけない、、、と、
まだ私は立ち止まったままで見ておりました。
外で待たされている事がストレスとなり、
そのような態度をとっているのかな?とも思います。

暫くすると、お母様が出て来られ、
何やら会話をし、すぐさま女の子の頭を叩きました。
そして、女の子の手を無理矢理引っ張ってスーパーから離れていきました。

何だかとても可哀想になりました・・・。
子供は育てられたようにしか育ちませんから、
もっとお母様が心に余裕を持って、
弱い立場の子供の気持ちを分かって子育てしないといけません。


上記のお話とは別に、

「公共の場でうっかり子どもがやってしまえば、
 一気に“ダメ親認定”されてしまうヤバい言動を3つ」という文章を目にしたので、
そちらも加味してアップさせて頂きます。


1:電車やバスの座席の上に土足で立つ
  (周囲への配慮が足りない人だな・・・と、ダメ親認定されてしまいます)


2:「バカヤロー」「てめぇ」などの汚い言葉を使う
  (子供は親の背中を見て育つものです。
   子供が、雑踏の中で、周囲が驚くような暴言を吐くのは危険です)

3:ゴミのポイ捨て
  (ゴミはゴミ箱に捨てるか持ち帰るのがマナー。
   「誰も見てないから、いいだろう」と、ゴミをポイ捨てするのは要注意)

やはり、親の姿を見て子供は育つわけですね。
子供の気持ちを尊重しつつ、何が良くて何が悪い事なのか、
しっかりと教えていきたいものです。

親だけの子育てではなく、
昔のように近所のおじちゃん・おばちゃんも注意してくれるような、
そんな温かい環境が戻ると良いですね。


ーby事務長ー


とくおかレディースクリニック




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子宝メッセージ 平成27年4月18日

2015年04月18日 | 不妊

当院の体外受精・顕微授精を乗り越えられた方々からの『子宝アンケート』を着順に掲載させて頂きます。

今現在、子宝ご希望で頑張っておられる皆様の励ましになれば幸いです。

Q1:不妊治療を続けていて辛かった事は何でしたか?

   必ず自分達に結果が出るとは分からない。
   先が見えない事を続けていく事。
   友人や知人のまわりの妊娠報告を聞く度、
   祝福と同時に、なぜ私は出来ないのかと思う気持ち。   

Q2:辛さを乗り越える為に、どのように対処されましたか?

   必ず、自分達の元にも可愛い赤ちゃんがやってくると信じていた。  

Q3:子宝という結果を手にする為に、努力された事・工夫された事はありますか?

   夫婦仲良く楽しく過ごし、友人・家族とも楽しい時間を沢山持ち、
   プライベートは変わりなく楽しく自由に過ごしていた。 
 

Q4:不妊治療中での気分転換はどのようにされましたか?

   外に出掛けて、美味しいものを食べたり買い物を楽しんだり。
   夫や友人達との楽しい時間を沢山持った。
   好きな音楽をかけながら、ゆっくりアロマバスにつかってリラックスした。 

Q5:とくおかレディースクリニックを選んで良かったと思われる点は何でしょうか?

   最初から一連の流れを細かく説明して頂き、
   妊娠出来る可能性が高そうだと感じる事が出来た(特に採卵に関して)。
   先生は実績も経験も豊富でいらっしゃって、技術も信頼出来た。


Q6:不妊治療を頑張っておられる方々に向けて、励ましのメッセージをお願い致します。

   治療はたまに辛い思いや感情を持ってしまいますが、
   可愛い我が子に会える為の過程だと思えば、それほど辛い感じはなかった。
   クリニック、先生を信じて、自分の赤ちゃんへの思いを信じて頑張って下さい!

                  
Q7:お子様が授かった今現在のご様子をお知らせ頂けましたらお願い致します。

   もうすぐ生後1ヶ月になります。
   日々変わっていく顔つきや仕草、表情はずっと見ていても飽きず、
   我が子の可愛さは格別ですね。
   夫もすごい育メンぶりで、夫の嬉しそうな様子を見ているのもまた幸せです。
   慣れない子育て、寝不足の毎日ですが、その何倍もの幸せが毎日あります。
   本当に有難うございました。
   また、第二子の際にも宜しくお願い致します!

  

励ましメッセージ、まことに有難うございました



ーby事務長ー





とくおかレディースクリニック






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子宝メッセージ 平成27年4月17日

2015年04月17日 | 不妊

当院の体外受精・顕微授精を乗り越えられた方々からの『子宝アンケート』を着順に掲載させて頂きます。

今現在、子宝ご希望で頑張っておられる皆様の励ましになれば幸いです。

Q1:不妊治療を続けていて辛かった事は何でしたか?

   なかなか妊娠しなかったり、
   妊娠しても流産してしまうことが何度か続いた時はもう駄目なのかな?
   いつまで続ければ良いのだろうか?と先が見えない不安で、
   精神的にも体力的にも辛かったです。

Q2:辛さを乗り越える為に、どのように対処されましたか?

   結果が駄目だった時は思い切り泣いてすっきりして
   気持ちを切り替えていました。  

Q3:子宝という結果を手にする為に、努力された事・工夫された事はありますか?

   身体を冷やす食べ物(アイスや冷たいものや甘い菓子類など)を極力食べないようにして、
   一年中身体を冷やさないように気を付けました。 
 

Q4:不妊治療中での気分転換はどのようにされましたか?

   おいしいものを食べに行ったりして気分転換しました。 

Q5:とくおかレディースクリニックを選んで良かったと思われる点は何でしょうか?

   今現在、元気な我が子を授かる事が出来たので、
   先生にはとっても感謝しています。
   私の年齢や身体の状態で、一番良いと思われる治療をして頂けたので、
   良かったと思っています。


Q6:不妊治療を頑張っておられる方々に向けて、励ましのメッセージをお願い致します。

   私は何度もあきらめかけましたが、
   今は可愛い我が子を抱けて、本当に幸せな日々を過ごせています。
   あきらめないで頑張って下さい。

                  
Q7:お子様が授かった今現在のご様子をお知らせ頂けましたらお願い致します。

   今は、もうすぐ9ヶ月になる息子とあわただしく過ごしています。
   本当に元気で風邪もひかない健康な子です。
   有難うございました。

  

励ましメッセージ、まことに有難うございました



ーby事務長ー





とくおかレディースクリニック






コメント
この記事をはてなブックマークに追加