まりっぺのお気楽読書

読書感想文と家系図のブログ。
ゆる~い気持ちでお読み下さい。

スウェーデン王ヨハン3世妃 カタリーナ

2011-08-10 19:18:12 | スウェーデン王妃
夫を差し置いて時代に逆行
ヨハン3世妃 カタリーナ・ヤゲロニカ


1526~1583/在位 1568~1583

カタリーナはポーランド王ジグムント1世とボナ・スフォルツァの王女で
求婚者も多々ありました。
中にはロシア皇帝イヴァン4世などもおりました。
年代からいってアナスタシアが亡くなった頃ですかね?

      
1562年、カタリーナはフィンランド公だったヨハンと結婚しましたが
ヨハンと兄エリク14世の間はすでに緊張が高まっていて
結婚の許可を受けていませんでした。

ヨハンが勝手に結婚してリヴォニアを取引に使ったことで「独立しようとしている!」と
勘ぐったエリク14世はフィンランドに侵攻し、二人をスウェーデンに連れて来ると
グリプスホルム城に投獄してしまいました。

イヴァン4世、まだあきらめてなかったみたいです。
エリク14世にヨハンとカタリーナを離婚させて、カタリーナをロシアに来させるよう
要請したって言うんだからね
イヴァン4世はすでにマリーヤ・テムリュコヴナと再婚してたはずなんだけど…

どうやらエリク14世ははこの申し入れを受け入れちゃったみたいで
カタリーナは恐怖におののきました。
しかしこの一件がエリクの狂気に不安を抱く人たちを一層煽り立てたみたいです。

釈放されたヨハンに弟のカール(9世)が加担して反乱をおこしエリク14世は廃位され
カタリーナはロシアへ送られることはありませんでした。

カタリーナは王に即位したヨハン3世に、かなり影響力があったようです。
特に宗教問題については強硬で、カトリックの保護と反プロテスタントの姿勢を貫きました。

スウェーデンはすでにプロテスタントに移行しつつあったのですが
カタリーナがカトリック教国死守のためにホシウス司教と話し合った結果
前王エリクとカリン・マンスドッテルの王子グスタフがポーランドへ送られました。
ヨハンの二人の王子はカトリックの教育を受けるため
ブラウンシュヴァイクに送り出されました。
ノルウェーからフランシスコ派の神父が招かれ、宮廷内にカトリックの学校を設立…
完全に浮いてますな

板挟みのヨハン3世は、カトリックとプロテスタントを融合させたような教会を生み出し
儀式の多くにカトリックの習慣を復活させました。
恐妻家もつらいよね… でも君主なんだから奥さんの言いなりも困るね…

精力的だったカタリーナは後年痛風に悩まされ57歳で亡くなりました。

次の奥さんグニラはものすごいプロテスタント支持派です。
さてヨハン3世はどうするのか? つづく…

(参考文献 武田龍夫氏『物語スウェーデン史』 Wikipedia英語版)
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『十二本の毒矢』事実は小説... | トップ | スウェーデン王ヨハン3世妃 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

スウェーデン王妃」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事