まりっぺのお気楽読書

読書感想文と家系図のブログ。
ゆる~い気持ちでお読み下さい。

『微笑みを誘う愛の物語』“ やる、やらない ” を高尚に語ってみる?

2016-01-22 17:29:31 | その他の国の作家
SMESNE LASKY 
ミラン・クンデラ

私の中で、トマス・ピンチョン、ポール・ボウルズ、ミラン・クンデラは
難解な巨匠というイメージが勝手にできあがってまして、一生読むことはないと
思って生きてきたわけですが、なぜか、各一冊づつ本棚にあってビックリし
とりあえず、短篇集だったミラン・クンデラを読んでみたわけですけれど…

ダメだった…やっぱり
この一冊におさめられている作品を読む限りっていうことですが
どこがよくて愛読者がたくさんいるのかさっぱりわからないっす。

難解な話しには思えないのですが、きっと深い意味が込められているんでしょうね?
まったくもって読み取ることができませんでした。

7篇おさめられているんですが、ストーリーのテーマは、すごく簡単に言うと
男性による、セックスへの美学とか、究極の愛はセックスで完成するのか否か、とか
そんな感じ? それを噛み砕いて庶民的に描いて下さっています。

つまりは、「やる」「やらない」の話しなのよぉ。
性的な描写はほとんど出てきませんが、思考で、会話で、態度で
「やる」「やらない」「やりたい」「やっちまった」を表現しています。

うーん、なんて説明したらいいかわからないぞ…

だからあらすじを書くのもやめとくね。
なにひとつ吸収も消化も共感もできてない感じで、頭の中は???です。

物語が書かれているのは1963~1969年です。
その時代のチェコが、どういう政治体制だったのかはよく知らないんですけど
休暇とか旅行の許可をとるのが難しかったようですし、相手を「同志」と呼ぶし
目をつけられると監視役に呼び出されるし… 東側の国でしたっけ?

そんな厳しい環境の中、セックスのことばかりを考えていられる男性陣があっぱれですね。
女性もなんですけど…
それしか自由に考えられる娯楽がなかったということでしょうか?

本当は、極限状態にある男女の性に対する心理とか、どんな主義や体制や規制も
コントロールできない愛の意味について、深く鋭く書き表した名作かもしれないです。
でも私には理解できないので、これ以上ミラン・クンデラについて考えるのはやめときます。

ついでに、トマス・ピンチョンとポール・ボウルズも、読むのは当分やめときます。

ひとことアイドルコーナー
私はもとハードロックファンで、現K-POPファンで、ジャニーズとはあまり関わりをもたずに生きてきたわけですが
さすがにSMAPの成り行きにはドキドキしました。 5人でいるのが当たり前みたいに思ってたのに…
東方神起のこともあるし、K-POPアイドル好きとしては人ごとではなく、ひとまずホッとしているところです

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スコットランド王ジェイムズ2世王女 マーガレット

2016-01-12 18:42:50 | スコットランド王妃・王女
        肖像画が無いので、すごい美人と言われた曾孫アグネス・ダグラスを

愛人の座を選んだ王女
ジェイムズ2世王女 マーガレット・スチュワート


1455~没年不明

いろいろあってブログをアップしない間に年が明けてしまった…
おめでとうごさいます。 今年もよろしくお願いします。

では新年第一号、スコットランド王女マーがレットにまいります。
マーガレットはジェイムズ2世とメアリー・オブ・グェルダーの末っ子です。
生年は1453~1460年とかなり曖昧です。
1460年に父王ジェイムズ2世を、1463年に母メアリーを亡くしています。

イングランド王太子エドワード、初代クラランス公ジョージ・プランタジネット
エドワード4世の義弟リヴァーズ伯アンソニー・ウッドヴィルなどと婚約したり
縁談があったりしたのですが、いずれも破談になりました。

縁談があった方々の関係はこんな感じ。
       
ヨーク家もランカスター家もスコットランドを抱え込んでおきたかったみたいですね。
遡ればヨークもランカスターもプランタジネット家なんだけど…

さて、マーガレットですが、破談が先かこちらが先かは不明ですが
3代目クリントン領主ウィリアム・クリントンの愛人でした。

1478年に娘マーガレットが生まれてる説があるのですが、そうすると
アンソニー・ウッドヴィルと婚約した頃には、お付き合いが始まっていたことになるかも…

ウィリアム・クリントンは、意図的にマーガレットに近づき、まんまと落としたそうです。
これは政治的野心とかからではなくて、自分の奥さんが、マーガレットの兄ジェームズ3世と
不倫してるらしいと気がついたかららしいです。

浮気された夫の復讐として、どうして王妃のマーガレット・オブ・デンマークじゃなくて
妹にいきましたかね?

なんでもジェイムズ3世は妹マーガレットをものすごく可愛がっていて
近親相姦のウワサもあったほど…
         

王女マーガレットは、そんなウィリアムの気持ちを知っていたのか知らなかったのか
いずれにしても、その誘惑に負けてしまいまして、ウィリアムと愛し合うようになりました。
マーガレットは家名を汚すふしだらな娘と囁かれるようになってしまいました。

しかし、妹が可愛いジェイムズ3世は、マーガレットが生んだマーガレット(ややこしい…)を
宮廷で育てることを許していました。

それなのに、ウィリアム・クリントンは、ジェイムズ3世に反乱を起こした
王弟オールバニー公アレグザンダーに加担して反乱に加わり
自分の領地をオールバニー公軍の駐屯地に貸し出したりしています。
妻を獲られた夫の恨みはおそろしいっすね!

反乱は失敗に終わり、オールバニー公が破れ処刑された後
ウィリアムは広大な領地とタイトルを剥奪され、イングランドに追放になります。

ここからはウォルター・スコットの記録によりますが
ウィリアムがイングランドに追放になってすぐ、本妻が亡くなったそうです。
一方、マーガレットはウィリアムがいなくなって半狂乱になっていました。

ジェイムズ3世は、妹の悪評を払拭しようと、ウィリアムの罪を解くと妹と結婚させました。
自分に反旗を翻した人物だけど、妹のことを考えたらしかたない…と思ったんですかね?

スコットの記述によると、その後はクリントン家の領地で過ごしたことになってるので
帰国も許されたようですね。
しかし、没年もわかりませんのでね… 王家とは没交渉だったのでしょうか?

近代の歴史家の中には、マーガレットのことを冷淡に評している人もいるようです。
「その美しさにかかわらず下劣な人格」とか「美しかったが評判は最低以下」とかね。

不倫、近親相姦と話題性充分な王女ですよね。
本当にスキャンダラスな女性だったのか、ただ恋に一途なだけの女性だったのか
キャラクターがわからないのが残念ですね。

で、突然ですが、スコットランド王女編は最終回です。
なぜか…

ジェイムズ3世と王妃マーガレット・オブ・デンマークには、王子ばかり三人が誕生。
ジェイムズ4世と王妃マーガレット・テューダーには王子が四人おりますが
王女は二人とも流産しました。
ジェイムズ5世の王女は、ご存知メアリー・スチュワートです。
ジェイムズ6世からはイングランド王女編をごらん下さい。

(参考文献 森護氏『スコットランド王国史話』 Wikipedia英語版)

ひとこと予告コーナー
あいかわらず、次の準備をなーんにもしてない…
スコットランド編最終回を先延ばしにしている間に準備しようと思っていたんですけどね…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加