まりっぺのお気楽読書

読書感想文と家系図のブログ。
ゆる~い気持ちでお読み下さい。

イギリス王ジョージ2世愛妾 アマーリエ

2017-04-13 10:41:53 | 王の寵姫・愛妾
あんなに嫌っていた父王の愛妾の…
ヤーマス伯 アマーリエ・フォン・ウォールモーデン


1704〜1765/愛妾1735〜1760

ジョージ2世、もうひとりを忘れてた…

アマーリエの父親はハノーヴァー総督で、由緒ある家の出でした。
おばはジョージ1世の愛人エーメンガルデだっていうのですが、繋がりが見つけられず…
     
1727年にウォールモーデン家のゴットリブ・アダムと結婚しました。

ブルネットで黒い瞳、背は高すぎず低すぎずスタイルは良かったそうです。
美人ではありませんが、愛想がよい女性でした。

ジョージ2世が1735年にハノーヴァーを訪れた際、出会って惹かれたようです。
翌年アマーリエが生んだ二人目の子はジョージ2世の子だと言われています。

ジョージ2世はアマーリエに会いたいばっかりに
ちょくちょくハノーヴァーを訪れるようになります。
しかし、1937年に賢夫人キャロライン・オブ・アーンズバックが亡くなると
アマーリエをイギリスに呼び寄せ一件落着… あれ? だんなさんは?

1939年、アマーリエは離婚をしまして、イギリスの市民権を得て
一代限りのヤーマス伯に叙位されました。

ジョージ2世、あんなに嫌ってた父王と同じようなことしちゃって…
しかも母ゾフィア・ドロテアを窮地に追い込んだ愛人の姪だっていうのに…

ちなみに、ジョージ2世の愛人問題には寛容だった王妃キャロラインは
アマーリエだけは許せなかったみたいで、宰相ウォルポールにグチってました。

キャロライン・アーンズバックと政治を動かしていたウォルポールは
アマーリエが「王が喜ぶコツを知っている!」ともらしています。
そのコツ知りたいところ…
ジョージ2世が亡くなる1760年まで愛妾で居続け、ハノーヴァーに戻って
5年後に亡くなりました。

ジョージ2世は、キャロラインに誓ったように再婚はしなかったみたいですね。

(参考文献 森護氏『英国王妃物語』 Wikipedia英語版)

これさえあれば、あなたも英国王妃通
読んでみたいな!という方は下の画像をクリックしてね

 

ひとことK-POPコーナー


行って来ましたよ! さいたまスーパーアリーナに2日間!! 3月の代々木が外れたので約2ヶ月ぶりのSHINee
すごくすごく楽しかったです。 ブルゾンちえみさんも楽しんでいただけたでしょうか?
 

<2016年度オリコン顧客満足度ランキング ペット保険部門 総合1位 > ペット保険のPS保険 資料請求プロモーション
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『母をお願い』子供は皆、親... | トップ | イギリス王ジョージ4世愛妾 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

王の寵姫・愛妾」カテゴリの最新記事