まりっぺのお気楽読書

読書感想文と家系図のブログ。
ゆる~い気持ちでお読み下さい。

『結婚式のメンバー』思春期の妄想を笑っちゃダメよ

2016-06-15 21:26:20 | アメリカの作家
THE MEMBER OF THE WEDDING 
1946年 カーソン・マッカラーズ

村上柴田翻訳堂から2冊目を購入。
『撲の名はアラム』は、少年が主人公でしたが、こちらは12歳の少女が主人公。

好きな内容かというと、うぅぅん… あんまり好きじゃなかった…

12歳ののっぽの女の子フランキー・アダムスの夏休みの数日を描いた物語です。
彼女には、その年いくつかの出来事がおこりました。

パパから「大きくなりすぎた」と言われて一緒のベッドで眠らなくなったこと
父親のピストルを身につけて街を歩き回ったり、ストアからナイフを盗んだりしたこと
男の子とガレージでいかがわしい罪を犯したこと…
親友がフロリダに越してしまい、遊び相手が一人もいなくなったこと、などなど。

そんなわけで、その夏、フランキーはどこのグループにも属することなく
ほとんど家を出ませんでした。
ずっとアダムス家で働いている料理女のペレニスと、6歳のいとこジョン・ヘンリーと
キッチンに座って、料理やおやつを作ったり食べたり、カードをしたり…
そんなことばかりして過ごしていました。

そこへビッグニュースが入ります。
兵士としてアラスカにいる兄ジャーヴィスが結婚することになったのです。
そして式の一週間前に婚約者のジャニスを連れて食事にやって来ます。

二人を見たフランキーは、結婚式の後家には戻らず、二人とともに暮らそうと決心します。

で、とにかく、会話が多い話しだった〜!  会話というより告白? ひとりごと?
特にフランキーとペレニスの会話が多いのですけど
ペレニスがものすごく説教してる時もありゃ
大人と子供が話しているとは思えない場面もあり
フランキーにとってペレニスが母親がわりなのだなぁ、と思える一方
こんな大人と一緒にいさせちゃダメじゃんと思えたりもしました。
でもやっぱりいてくれて良かったんだと思うけど…

物語は三章にわかれていて、一章ではフランキー、二章ではF・ジャスミン
三章ではフランセスと、名前が使い分けされています。
これは、少女の心境と大人の心境を表すってことなんですかね?
よくわからないけど、深く追求するのはやめときます。

しかし、新春期の妄想って、いろんなことを経験してきちゃった大人から見ると
荒唐無稽でくだらないことに思えますが、本人は真剣なのですよね。
家出の真似事ぐらいは、多くの大人に経験があるんじゃないかしら?

自分のことをふりかえっても… 言えないけど… 笑える!
でもかなり真剣だったよね!!
ひとつふたつ書いてみる?

高校を中退してアメリカでシャチの調教師になろうと思い立ち、退学届を勝手に出して
母呼び出しを受ける…
イギリス人のロッカーと結婚しようと、パイステのシンバルとスティックを手に
武者修行に渡英しようと画策して父にしかられる… バカだ…

ま、私のおバカな過去はおいといて、少女の心のユラユラを瑞々しく描いたと言えるこの物語
ペレニスのおせっかいすぎる干渉に比べ、パパの無関心ぶりがすごいわ!
男手ひとつ…っていうのも大変ですね。

笑ってられるうちはいいんだけど、想像・妄想が膨らみ続けると
深刻な事態をまねいちゃう場合もあるので、スルーしないで耳を傾けた方がいいのかも…
そう考えると、ペレニスの対応は正しかったのかもしれないです。

初々しい心を忘れ去った私には、ちょいと共感できず、難しい物語でした。
少女時代に読んどきゃ良かった…

少女時代の不安定さをみずみずしく描いた物語を村上春樹さんの名訳で
読んでみたいな!という方は下の画像をクリックしてね




ひとこと都知事コーナー
辞めましたね〜! ぜったい解散してリオへ行く気だと思ってましたが、さすがにね…  次はどなたになるんでしょう?
私は神奈川県民なので、なんら行使することはできませんが、お隣から見守っております
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『撲の名はアラム』少年時代の思い出と幻想と…

2016-06-01 21:51:17 | アメリカの作家
MY NAME IS ARAM 
1940年 ウィリアム・サローヤン

買っちゃったですよ、やっぱり、村上柴田翻訳堂、そりゃ買いますよねぇぇぇ…

作者が生まれ故郷を舞台に書いたという『撲の名はアラム』ですけど、長篇ではなくて
『ヒューマン・コメディ』同様、一家族をクローズアップしている
短篇集と考えていただけばいいと思います。
同じく自伝的短篇集と言われている『リトル・チルドレン』よりは
話しにつながりがあると思います。

この中の一篇『ザクロの木(ざくろ園)』は以前紹介しているのですが
一話づつでも、十分短編として楽しめるお話しばかり、14篇がおさめられています。

カリフォルニア州フレズノという町で暮らしている
アルメニア系のアラムという少年が語る、ガログラニアン一族のお話しです。
おじいさん、おばあさん、お母さん、たくさんのおじさんやいとこが登場します。

とにかく、14篇全部面白いんですよ!!
でも全部紹介するわけにもいかないし… 選ぶのも難しいんだけど…
一族の様子が垣間見える、おじさんが登場するお話しを書いてみますね。
そういえば『ザクロの木』もメリックというおじさんが主人公でしたね。

『ハンフォード行き(The Journey to Hanford)』
来る日も来る日も、木陰でチターを弾いている情けないジョルギおじさんが
一夏ハンフォードでスイカ獲りをして働くことになり、付き添いを決めることになった。
おじいさんが、子供たち、孫たちの中から撲を選んだ。
しかしハンフォードにつくと、おじさんは「スイカは獲り終わった」と言われてしまう。

『五十ヤード走(The Fifty-Yard Dash)』
12歳の時、クーポンを送ったニューヨークのストロングフォートから再三優しい手紙が届き
強くなるプログラムを値引きしてくれると言うので、ジコおじさんに相談しに行った。
当時おじさんは、ヨガにはまっていて、瞑想し、絶食し、酒も街をふらつくのもやめていた。
そしてストロングフォートをペテン師だと言ったが、お金は貸してくれた。

『アメリカを旅する者への旧世界流アドバイス
    (Old Country Advice to the American Traveler)』
ある年、おじさんのエリクがニューヨークへ旅行に出かけるというので
おじさんのおじさんガルロがやって来て、旅の危険について語った。
ガルロおじさんが教える、危険を避ける方法すべてに、エリクおじさんは
イエス、サー、と返事する。

どのエピソードも、おじさんのパーソナリティーが表れていて面白いです。
これ以外にも、クセのあるおじさんやいとこがたくさん登場します。
一族を率いるおじいさんとおばあさんのやりとりも笑えます。

一話目から、とにかく自分たちが貧しかったと書かれています。
一族全員が貧困にあえいでいて、どうして食べていけるのか不思議だったと…
でも、一冊を通して、そんな印象はあまりうけませんでした。

それよりも、こんな一族に囲まれて、騒々しい、退屈するヒマもない
少年にとってはおもしろ可笑しい毎日だっただろうと想像できます。

でも事実は少し違っていたようです。
カリフォルニア州フレズノで生まれて育ったのは間違いではないようですが
生い立ちからして、まわりにこんなに親戚がいたのかどうかは疑問です。

作者の序文を読んでから作品を読むと、完全に自伝的小説だと思ってしまうのですが
もしかしたら、偉大なる想像の産物なのかもしれない…
そうだとしたら、少し寂しい気がします。

でも、思い出が反映されていようと、完全なるフィクションだろうと
小説としての面白さには変わりはないわけで、読んで良かった! と思っています。

ちなみに、アラムというのはサローヤンの息子さんの名前らしい。
自分の幸福な想像が、現実となって息子さんに与えられればいいな… なんて
考えながら書いていたのでしょうか?

祝!村上柴田翻訳堂発刊!! サローヤンを柴田元幸さんの名訳で
読んでみたいな!という方は下の画像をクリックしてね



ひとことバレーボールコーナー
学生時代バレー部でして、ずっと見てきていましたが、男子バレーボールがこんなにすごいことになっていたとは…
グッズがアイドルなみ… 負けちゃいましたが気持ちを切り替えて頑張ってほしいですね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加