まりっぺのお気楽読書

読書感想文と家系図のブログ。
ゆる~い気持ちでお読み下さい。

フランス王アンリ4世愛妾 カトリーヌ

2017-05-23 23:47:18 | 王の寵姫・愛妾
母親と正反対… 宮廷を追われた愛妾
ヴェルヌイユ侯爵 
カトリーヌ・アンリエット・ド・バルザック・ダントレグ


1579〜1633/愛妾 1595〜1610

カトリーヌは、シャルル9世の唯一の愛妾マリー・トゥーシェ
アントレグ候シャルル・ド・バルザックの娘さんです。

侯爵の娘だから宮廷に出入りできただろうし、とても美しかったそうなのですが
さらに、なんとかアンリ4世の愛妾になろうというガッツも人一倍あったらしく
晴れてその座につくことができました。

なお、愛妾になるに際して、カトリーヌはアンリ4世に10万フランを払わせた上
結婚の誓約書まで書かせています。
アンリ4世は、カトリーヌを “ 性悪女 ” と呼んでいましたが、でも、愛妾にはするんだ?
        
結婚直前だったガブリエル・デストレが急死した時、アンリ4世はカトリーヌに
結婚すると約束したのですが、マリー・ド・メディシスと結婚してしまい
カトリーヌを激怒させました。
アンリ4世は彼女の怒りを鎮めるため、侯爵に叙位し城まで与えています。

でもカトリーヌはいつまでも根に持って、なんとかアンリ4世に腹いせをしようと
結婚誓約書を公表する!と脅しましたが、アンリ4世はまったく相手にしませんでした。
愛妾みんなに書いてたんじゃないかしらね?

それでも愛妾として宮廷にはいたんですね?
愛妾が宮廷内にいるだけでもムカつくのに、カトリーヌときたら
王妃マリーの歩き方とか訛りを真似してまわりを爆笑させていました。

マリーは、カトリーヌがアンリ4世をバカにしている手紙を手に入れ反撃に出ますが
アンリ4世から「ニセモノ見せやがって!」と叱られ、夫婦仲は最悪に…

1610年にアンリ4世が暗殺されて王妃マリーがルイ13世の摂政になると
他の愛妾共々宮廷から追い出されてしまいました。
そりゃそうでしょうよ!

その後はどうしていたのかしら?
1633年に亡くなりましたが、誰も喪に服さなかったようです。
アンリ4世との間に息子もいたんだけど、会っていなかったのかしら?

お相手の王様が亡くなってからも、華やかな宮廷ライフを送れる寵姫も
けっこういるんですけどね…
まわりに嫌われないようにするか、強力なバックを見つけておかなければね!!
何事にも戦略って大事ですね。

(参考文献 Wikipedia英語版)

ひとことマツココーナー
さっき『マツコの知らない世界』見てたら駅メロが面白くなっちゃって、東横線の駅メロをYouTube で探したんだけど
渋谷・自由が丘・新丸子・武蔵小杉しか無いんだよぉ! なんだか寂しい…


<2016年度オリコン顧客満足度ランキング ペット保険部門 総合1位 > ペット保険のPS保険 資料請求プロモーション
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『死を忘れるな』老人の敵は老人?

2017-05-17 21:35:51 | イギリス・アイルランドの作家
MEMENTO MORI  
1959年 ミュリエル・スパーク

ミュリエル・スパークは、何篇か短篇を読んだことがあって
その中のいくつかは強く印象に残っていますが、掴みどころがない気がしてます。

そしてこの『死を忘れるな』ですが、面白かったんだけど…
頭の中が老後の不安でいっぱいになっちゃって、どーんよりしてます。

独り暮らしのレティ・コルストン(81歳)に「死ぬ運命を忘れるな」という電話が
何度もかかってくるところから物語が始まります。

その電話は、その後、レティの兄ゴドフリー(87歳)、その妻チャーミアン(85歳)
アレック・ウォーナー(79歳)、ガイ・リート(70代前半)などなどにも
かかってくるようになります。
声から受ける印象はまちまちで、犯人像が特定できません。

さて、犯人はいったい誰? なんの目的で? …という物語ではありません。
けっこうとりとめのない展開で、うまくまとめられないんだけどざっくり言うと…

ゴドフリーとチャーミアン夫妻の邸宅を中心に展開する
妻・夫・新しい家政婦のミセス・ペティグルー(73歳)の心理戦。

モード・ロング老人病棟に入院している、長年チャーミアンの家政婦を務めていた
ジーン・テイラー(82歳)と、同室の大部屋の老女たちの日々。

亡くなった大富豪ライザ・ブルック(享年73歳)の過去がもたらした遺産の争奪戦。

以上が、物語の大きな柱になっているのではないかしら?

でも、そんなことより、この物語を読んでいて思ったのは
当たり前なんだけど、年はとりたくないなぁ…ってこと。

ご覧のように登場人物のほとんどが70〜80代の物語で、たいていの人がどっか悪いわけ。
老人が抱えてそうな病名や症状が多数でてきます。
病気でなくても足腰が悪かったり、視覚や聴覚が衰えてたり、ぼーっとしてます。

病人として扱われている人たちが、歯痒さや悔しさを表すために大声で叫んだり
おおげさに痛がったり、わざと面倒をおこしたり… というシーンもふんだんにあります。

いっぽう、元気な老人たち。
彼ら彼女らは、自分が元気なものだから元気でない人たちにすごく意地悪なのね。
言い間違いを逐一指摘したり、「もう長くないな」って言ったりするんです。
そして自分は元気で、まだまだ大丈夫!ということに優越感を抱くわけ。
それはそれで、なんか虚しいわけよ…

いちいち登場人物たちの年齢を書いてみました。
物語の中に「あいつは俺より◯歳若いのに、もうダメだな」とか
「◯歳しか違わないのに10歳は老けて見える」といった表現が多々出てきて
わずかな年齢差がかなり重要なポイントなんじゃないかと思われたのでね。

ミュリエル・スパークは、この物語を41歳の時に出版しています。
身近に要介護の親戚・知人が増え始める年代ですよね?
もしかしたら、そんなところからインスピレーションを受けたのかな?

正直言って、今読むんじゃなかったなぁ…
とにかく、迫りくる老後のことを見せつけられてるようで身につまされるのね…
老後が想像できないぐらい、思いっきり若い時に読んどくべきだったでしょう!

まだまだ老いなんてって方、あるいは老いに向き合える勇気ある方はどうぞ
読んでみたいな!という方は下の画像をクリックしてね



ひとこと大統領コーナー
いまさら…ですけど、マクロン大統領! なんと言っても20歳以上年上の奥さまが! しかも一途だったってとこが!! 
かなりクローズアップされてましたね。
フランスの皆様にも夢を与えていらっしゃるのでしょうが、世界中の女性に夢っていうか…妄想を与えてくれるわぁ


   ヒフミド トライアルセット【小林製薬】
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

フランス王アンリ4世愛妾 シャルロッテ

2017-05-11 19:51:33 | 王の寵姫・愛妾
女スパイ団から派遣された愛妾
ソーヴェ男爵夫人 シャルロッテ・ド・ソーヴェ


1551〜1617/愛妾 1572〜1574

愛妾が50人以上いたという、アンリ4世。
以前ガブリエル・デストレをご紹介したのですが、他にもまだまだいるんだから!
ほんの一握りですがご紹介したいと思います。

まずはシャルロッテ・ド・ソーヴェです。
サンブラン男爵ジャック・ド・ボーヌの娘さんで、ものすごく美しかったらしい。
美しいので、カトリーヌ・ド・メディシスが主催する野外劇やバレエに参加したばかりか
悪名高い “ 遊撃隊(直訳)” というグループに属しておりました。

このグループは、カトリーヌ・ド・メディシスが美女ばかりを集めて結成しました。
スパイをしたり重要人物から情報を集めたり…というようなことをしていたらしい。
すごーい! フランス宮廷の美女スパイ軍団… 映画になりそうじゃない?

シャルロッテは18歳の時に、15歳以上年上のソーヴェ男爵と結婚しました。
彼はシャルル9世とアンリ3世の秘書を務めていて、シャルロッテは21歳の時には
政治の全てを把握していたということです。
         
シャルロッテは、マルゴがアンリ(4世)と結婚する時、カトリーヌ・ド・メディシスから
スカウトされて例のグループに正式入団(?)し、マルゴの侍女に任命されます。
これは、アンリ(4世)の愛妾になって、彼に影響力を及ぼすためでした。
まんまとひっかかっちゃうアンリ…

だけどさぁ、マルゴはカトリーヌ・ド・メディシスの娘だよ。
自分の娘の婿に愛人を送り込むとは… 娘の幸せより自分の権力維持かぁ…
マルゴは、他の女性との浮気は許せてもシャルロッテは許せん!と
「ママとソーヴェはグルになって夫を陥れようとしてる」と記しています。

マルゴの愛人ボニファスとココナスが、シャルル9世への反逆罪で処刑された時
シャルロッテが一枚かんでる、という評判がたちました。

アンリ(4世)は、マルゴのことを信用していたわけではないと思うけど
この件に関しては説得を受け入れたみたいで、シャルロッテに不信感を持ちました。

それからそれから…
将来共謀して権力の座を脅かしそうな二人の若者を敵対させとこう、と考えた
カトリーヌ・ド・メディシスの指令で、アランソン公フランソワの愛人になりました。
アランソン公はアンリ(4世)の親友だったのですが、恋のライバルとなってしまいました。

シャルロッテのことを妖婦よばわりしていたマルゴは
“ あの女が二人の嫉妬心を煽るから、二人はは大志も計画も忘れて
彼女のことに一生懸命になっちゃって… ” と日記に書いてますし
アンリ(4世)も友人への手紙に ”宮廷では妙な雰囲気で、誰もが私がアランソン公に
殺されればいいと思っている。今にも切り合いになりそうだ” と書いてます。 
カトリーヌ・ド・メディシスの作戦、大成功!

この活躍の間、シャルロッテはソーヴェ男爵と死別し、ノワールムティエ候と再婚してます。
他にもギーズ公アンリやエペルノン公の愛人になっています。
カトリーヌ・ド・メディシスの差し金でしょうか?
ギーズ公の暗殺の直前までブロワ城にいたらしい… これも作戦なのか?

1599年、アンリ4世がマルゴとの結婚の無効を訴えた時、シャルロッテも証人になりました。
これによってアンリ4世は晴れて独身に戻れたそうで、マルゴにしてみればどんな愛妾より
シャルロッテが憎たらしかったでしょうね。

おおいにカトリーヌ・ド・メディシスのお役にたったと思われるシャルロッテは
1617年、66歳の誕生日の日に亡くなりました。

(参考文献 Wikipedia英語版)

シャルロッテの大活躍が描いてある(かもしれない)
読んでみたいな!という方は下の画像をクリックしてね

 

映像で見たい方はこちら


ひとことロボットコーナー
欲しいなぁ TOYOTAのKIROBO mini  このあいだROBOHON持ってる人を見たんだけど可愛かった〜
39,800円か… うぅぅむ  まずは最近動かしてない家のRobiを動かしてみようっと


<2016年度オリコン顧客満足度ランキング ペット保険部門 総合1位 > ペット保険のPS保険 資料請求プロモーション
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミュシャ展に行って来ました

2017-05-07 21:39:05 | もろもろ
ゴールデンウィークも終わってしまいましたね。
みなさま、楽しくお過ごしでしたか?
わたしはいつもどおり仕事をしていまして、今日がお休みだったので
お休み最終日のだんなさんとともに『ミュシャ展』に行ってまいりました。

国立新美術館では『草間彌生展「わが永遠の魂」』もやっていて

木の一本一本がこんな状態で壮観、というかなんというか…
お好きな方にはたまらんですね…

ミュシャは大好きでもう何度も観に行ってましたが、だいたいポスターとか広告
パッケージなどの展示で、このような大作を目の前にすると違った感動がありました。

スラヴ叙事詩と聖ヴィート大聖堂のステンドグラスは、死ぬ前に一度見ときたい!と
常々思っていて、なんか無理そう… とあきらめかけていたところでした。
ひとつでも日本で見られるとは… 本当にありがたいことです。

展示室内には写真撮影許可のスペースがあって、撮っちゃおうかな… とも思ったのですが
図録も買うし、ま、いっか… と絵を見る事に専念してました。

ボヘミアの苦しく哀しい歴史を、美しい… と言うのもどうかと思いますが
戦場の悲惨な情景も、難民たちの哀しい表情も、どうしても美しく見えてしまうのよね…

同時に、ボヘミアの家系図書きながらコロコロ変わる王様の名を見て
「また(同族で)権力争いに明け暮れて…」と考えたことを思い出します。
そういうとばっちりが庶民にもおよんでいたのでしょうね。

そんなこんなを考えつつ、思ったよりは混んでいない会場を堪能しました。

その後は、チケットをいただいたBunkamuraの『ソール・ライター展』をハシゴしました。
きれいな写真でした。
ファッション誌の写真よりは、ライフワークだったという街角スナップの方が
イキイキしているように見えましたが、これはあくまでもわたしの感想です。

それからそれから、張り切って池袋PARCOの『クリエーターズ・ファイル祭』に
向かったものの、長蛇の列に音をあげ、M2階でやってた『THE BRITISH ROCK 2017』へ。
なんだか舞い上がってしまい、QUEENのiPhoneケースを購入しちゃう始末…

どうするよ? これ…

休日出不精のわたしにしては頑張った一日でした。

ひとことK-POPコーナー
オニュ & ROCO「睡眠薬」と ジョンヒョン「Lonely ft.テヨン」の
歯磨きかぶり・バスタブかぶり・海辺かぶり・ボーダーかぶりは偶然なの? それともわざと?
見くらべてはニヤニヤしてしまふ…


<2016年度オリコン顧客満足度ランキング ペット保険部門 総合1位 > ペット保険のPS保険 資料請求プロモーション
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フランス王シャルル9世愛妾 マリー

2017-05-02 21:48:02 | 王の寵姫・愛妾
愛妻家唯一の愛妾
アントレーグ候夫人 マリー・トゥーシェ


1549~1638//愛妾 1565〜1574

シャルル9世は、王妃エリザベート・ドートリッシュと仲睦まじかったと言われていますが
彼の唯一の愛妾と言われているのがマリー・トゥーシェです。
しかも、エリザベートと結婚する前からシャルル9世が亡くなるまでの
長い間関係がありました。

オルレアンのブルジョワの娘で、父親のジャンはユグノーの副官でした。
貴族ではないんだが、ジャンはマリーを他の上流階級の娘たちと同じように
宮廷に送りこむことに成功しました。

ひとことメモ
ブルジョワって、いいイメージがあるかもしれないんだけど、商工業を営む中産階級のことで
特にフランス革命後は “ 成り上がり ” 的な意味で使われることが多かったようです


マリーは十代後半にはシャルルの恋人になり、1573年には息子シャルルを生みました。
この子がシャルル9世の唯一の息子で、後にアングレーム公になります。
       
シャルル9世は息子誕生から1年後に亡くなるのですが、弟アンリ3世に
「マリーと息子シャルルのことを頼むね」と託していました。

アンリ3世は兄の言いつけを誠実に守り、シャルルの教育にあたりました。
また、マリーもシャルル9世への奉仕の見返りとして邸宅を与えられ
その後も宮廷に顔を出していました。
アンリ3世は、兄の未亡人エリザベートとも結婚しようとしてんのよね! 断られたけど…
すごい兄思い!

シャルル9世の死から5年後、30歳のマリーはアントレグ候シャルル・バルザックと
結婚しました。

娘のカトリーヌは、母の後を継いで… というか、アンリ4世の愛妾になります。
ただ母マリーとはちょっとちがうタイプだったみたい… 詳しくは次回に。

(参考文献 Wikipedia英語版)

ひとことK-POPコーナー

photos from Kstyle

終わっちゃった…
 SHINee WORLD 2017 ~FIVE~ ツアー
追加の代々木も1日しか行けなかったし… 東京ドームはやらないのぉ? 今年の後半をどう乗り切ればよいのかしら?
まずは5/4公開の、ONEW&Rocoのコラボ “ 睡眠薬 ” を、クビを長ーーーーーくして待ってるところ…


<2016年度オリコン顧客満足度ランキング ペット保険部門 総合1位 > ペット保険のPS保険 資料請求プロモーション
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『ヴェルサイユ』シーズン1でしたか・・・

2017-04-24 08:39:51 | アメリカの作家
VERSAILLES-LE REVE D'UN ROI 
2015年 エリザベス・マシー

表紙からみて、映画化された小説かと思ってたんですけど…

読んでいて、なんだか細切れだなぁ、と思っていたんですよね。
場面がコロコロ変わって、各章の中でもブツブツ文章が切られて
なんか読みづらいわぁ、とブリブリ(心の中で)言ってたら…

フランス・カナダ・イギリス共同制作のドラマのノベライズなんですって!
しかもシーズン1… 今シーズン3を撮影中らしいっす。

1667年春から1670年の冬までが、10章にわけられて描かれています。
ルイ14世が、王家の狩猟の館がある片田舎のヴェルサイユに宮殿を建てよう!と
決心したあたりから物語が始まっています。

以前テレビで、ヴェルサイユ建設が至難の業だったというような特集を見た事があります。
それは主に立地や材料の調達などの面をクローズアップしていました。
こちらの物語では(もちろん)それ以外の問題がテーマになっています。

「ヴェルサイユ〜? 不便じゃん!!」と反対する貴族が多数いる中、ルイは建設を強行。
さらに、戦争とか市民の不満とかいろいろな事が重なり、ルイを消そうとする不穏な動きが
ヴェルサイユを中心に加速していきます。

登場人物は、ルイと弟オルレアン公フィリップ他、数十人規模で覚えられないさ!
誰が実在の人物で、誰が架空の人物なのかはわかりません。
もしかしたら日本の大河ドラマと同じで、実在したけど史実とは違う、あるいは
おおいに脚色されている役をふられた人もいるかもしれないですね。

女性陣で実在したと確認できたのは、ルイ14世の母アンヌ・ドートリッシュ
王妃マリー・テレーズ、愛妾ルイーズ・ド・ラ・ヴァリエール
オルレアン公妃アンリエッタ、愛妾モンテスパン夫人です。
かなり重要な役まわりのクレルモン夫人という女性は、調べてみたけどわかりませんでした。

実在組の女性たちは、わたしが以前から受けていた印象に近く描かれていると思います。
見てないからわからないけど、制作陣は、他の女性たちにくらべると
モンテスパン夫人にあまり良い印象を持ってないみたい… 悪女感たっぷりです。

あとね、ルイ14世を、すーごーく男前に描いちゃってるんだけど
何もかもお見通し、って豪語してるわりには事の真相を見抜けなかったりして…
暴君ぶりもハンパなく披露されてまして、どういう人物に見られたいのか
いまひとつわかりません。

ヴェルサイユ宮殿で撮影しているそうですし、衣装も美しいんじゃないかしら?
登場人物もたーくさんいるし、舞踏会や晩餐会のシーンもあって豪華絢爛そうですね!

そうですね… 陰謀:愛:ルイ14世とは? が、5:1:4 ぐらいの割合で
描かれているかしら?

ラストが唐突でビックリ! しましたが、シーズン1だもんね… あたりまえ…
王太子ルイが誘拐されるんだけど、史実? 調べてみたけどわかりませんでいた。
知っている方がいらっしゃったら教えて下さい。

で、感想ですけど、このドラマ、長引きそう…
続きが出たらどうしようかという問題ですが、今のところ買う気はないっす。

たぶんドラマで見る方が面白いと思ふ…

日本では放送されてるんでしょうか?
読んでみたいな!という方は下の画像をクリックしてね



DVDはあるらしい、日本語音声字幕無し… 吹き替え版ですかね?
見てみたいな!という方は下の画像をクリックしてね



ひとことK-POPコーナー
ただいま! 
 SHINee WORLD 2017 ~FIVE~ 広島グリーンアリーナ から帰ってきましたよ!
もちろん、テミンもジョンヒョンもミノもキーもステキでしたが
オニュが… オニュが… あまりにも可愛くて代々木まで眠れそうにありません
時間が無くて、しかちゃんが見られなかったのが心残りです
広島護國神社で引いたおみくじが大吉でした。 代々木が良い席でありますように…


<2016年度オリコン顧客満足度ランキング ペット保険部門 総合1位 > ペット保険のPS保険 資料請求プロモーション
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イギリス王ジョージ4世愛妾 グレース

2017-04-17 21:50:05 | 王の寵姫・愛妾
Survive力抜群! 見習わねば・・・
男爵ジョン・エリオット夫人 グレース・エリオット


1754〜1823/愛妾 1782〜1784

ジョージ4世はメアリー・ロビンソンからエリザベス・カニンガムまで
主立った愛妾を紹介していますが、まだいましたぜ!

グレースは、エディンバラの弁護士ヒュー・ダリンプルの娘でしたが
彼女が生まれる前に両親が別居状態になり、母親の実家で生まれました。

グレースはフランスの修道院で教育を受けて成長し
お年ごろになると、父親がエディンバラへ連れ帰りました。
彼女の美しさが、内科医ジョン・エリオットの目に留まりプロポーズされ
1771年に結婚しました。

ジョン・エリオットは優秀な医者だったみたいで、後にはジョージ(4世)の主治医になり
男爵にも叙位されます。
だからグレースが華やかな社交界にデビューできたのも夫のおかげだと思うのね。

けれども、ジョンはグレースより20歳ばかり年上で、趣味も違っていました。
グレースは、結婚から3年後にはヴァレンティア卿との浮気に走って社交界を追われ
離婚することになりました。

この後、兄にフランスの修道院に入れられたりしてますが
チャムリー卿がすぐに助け出して、ロンドンに連れ帰りました。
グレースはチャムリー卿の愛人になり、ここからクルチザンヌ・ライフがスタートします。

グレースはものすごく美しかったので、彼女をモデルにした絵が多数描かれました。
それから、知性があるクルチザンヌとして高い評判をよびました。

チャムリー卿との関係は続いていましたが、1782年から、当時王太子だった
ジョージ(4世)とお付き合いを始め、その年にジョージーナという娘を生みました。
誰の子かわからんね… というウワサでも流れたのかしら?
グレースは、モーニング・ポスト誌で「王太子が父親なんだから!」と明言しました。

付き合い始めて2年後、ジョージ(4世)は、グレースにはもう飽きちゃったのか
オルレアン公ルイ・フィリプ2世に彼女を紹介しました。
1784年といえば、メアリー・スマイスが登場しますね! 厄介払いなのか?
       
まんまとオルレアン公の愛妾になったグレースは、1786年パリに移り住みました。

しかし、パリで暮らして3年目にはフランス革命がおこります。
グレースはロンドンへは戻らず、フランスに居続けました。
革命後の裁判で、オルレアン公はマリー・アントワネットの処刑に一票投じました。
え! 親戚ではないのか? 保身のため?
一方グレースは、オルレアン公とは終わっていたんだけど、王家を守る勢力に加担しました。

結局、オルレアン公は処刑されちゃって、グレースは投獄されちゃうんだけどね…
グレースがデュ・バリー夫人と同じ監獄だったという説には異論があるそうです。

グレースは、多数の処刑者が出る中処刑を免れ、恐怖政治時代が終わると釈放されます。
なんでも釈放されると、ナポレオンからプロポーズされ拒否したという噂が流れたそうです。
美しいって武器よねぇ… デュ・バリー夫人だって美人だっただろうに…
どれどれ、デュ・バリー夫人は50歳で、グレースは39歳かぁ… うぅぅ

その後の詳細はわからないのですが、1823年に69歳で亡くなった時は
ヴィル=ダヴレーで裕福な暮らしをしていました。
市長の愛人だったみたいです。 生涯現役ってことですか?

当時のクルチザンヌは、裕福に終わる人と落ちぶれて亡くなる人に雲泥の差があります。
もちろん、落ちぶれる人が圧倒的に多いわけだが、貯蓄とか結婚ではなく
最後までからだひとつで生計をたてていたというところは、ちょっと尊敬しちゃうな。
たぶん、美しさを保つための努力も怠らなかったはず… 見習いたいですね。
見習えったってもとが違うわけだが…
              
             人気あるはず… すごく可愛いのでのせときます

(参考文献 森譲氏『英国王室史話』 Wikipedia英語版)

これさえあれば、あなたも英国王室通
読んでみたいな!という方は下の画像をクリックしてね

  

ひとことK-POPコーナー


SHINeeの余韻も覚めやらぬまま、行って来ました! 西武ドーム 
D-LITE JAPAN DOME TOUR 2017 ~D-DAY~ 良かったですよぉ!
わたしはセンターのボックス席だったけど後ろの方だったので、テソンより観に来てたヨンベの方がよく見えたという…
それにしてもテソン、歌だけでなくMCからギャグまでひとりでこなして…すごいわぁ

お天気で良かった! D君も気持ちよさそうですね!!
 

<2016年度オリコン顧客満足度ランキング ペット保険部門 総合1位 > ペット保険のPS保険 資料請求プロモーション
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イギリス王ジョージ2世愛妾 アマーリエ

2017-04-13 10:41:53 | 王の寵姫・愛妾
あんなに嫌っていた父王の愛妾の…
ヤーマス伯 アマーリエ・フォン・ウォールモーデン


1704〜1765/愛妾1735〜1760

ジョージ2世、もうひとりを忘れてた…

アマーリエの父親はハノーヴァー総督で、由緒ある家の出でした。
おばはジョージ1世の愛人エーメンガルデだっていうのですが、繋がりが見つけられず…
     
1727年にウォールモーデン家のゴットリブ・アダムと結婚しました。

ブルネットで黒い瞳、背は高すぎず低すぎずスタイルは良かったそうです。
美人ではありませんが、愛想がよい女性でした。

ジョージ2世が1735年にハノーヴァーを訪れた際、出会って惹かれたようです。
翌年アマーリエが生んだ二人目の子はジョージ2世の子だと言われています。

ジョージ2世はアマーリエに会いたいばっかりに
ちょくちょくハノーヴァーを訪れるようになります。
しかし、1937年に賢夫人キャロライン・オブ・アーンズバックが亡くなると
アマーリエをイギリスに呼び寄せ一件落着… あれ? だんなさんは?

1939年、アマーリエは離婚をしまして、イギリスの市民権を得て
一代限りのヤーマス伯に叙位されました。

ジョージ2世、あんなに嫌ってた父王と同じようなことしちゃって…
しかも母ゾフィア・ドロテアを窮地に追い込んだ愛人の姪だっていうのに…

ちなみに、ジョージ2世の愛人問題には寛容だった王妃キャロラインは
アマーリエだけは許せなかったみたいで、宰相ウォルポールにグチってました。

キャロライン・アーンズバックと政治を動かしていたウォルポールは
アマーリエが「王が喜ぶコツを知っている!」ともらしています。
そのコツ知りたいところ…
ジョージ2世が亡くなる1760年まで愛妾で居続け、ハノーヴァーに戻って
5年後に亡くなりました。

ジョージ2世は、キャロラインに誓ったように再婚はしなかったみたいですね。

(参考文献 森護氏『英国王妃物語』 Wikipedia英語版)

これさえあれば、あなたも英国王妃通
読んでみたいな!という方は下の画像をクリックしてね

 

ひとことK-POPコーナー


行って来ましたよ! さいたまスーパーアリーナに2日間!! 3月の代々木が外れたので約2ヶ月ぶりのSHINee
すごくすごく楽しかったです。 ブルゾンちえみさんも楽しんでいただけたでしょうか?
 

<2016年度オリコン顧客満足度ランキング ペット保険部門 総合1位 > ペット保険のPS保険 資料請求プロモーション
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『母をお願い』子供は皆、親不孝ってことで・・・

2017-04-10 20:13:19 | その他の国の作家
엄마를 부탁해 (PLEASE LOOK AFTER MOM) 
2008年 申 京淑(シン・ギョンスク)

韓国ドラマとK-POP好きでありながら、韓国の作家の本は1冊も読んだことがなかったです。
だって本屋さんに行くと、ドラマの原作か脚本、続編しか見かけなかったから…
で、表紙の美しさに惹かれ、ドラマの原作本じゃなさそうだし、と購入してみました。
(実際にドラマ化・映画化されているかどうかはわかりません)

なんか、痛々しい物語だったなぁ…

故郷から誕生祝のために上京した年老いたオンマ(お母さん)が、ソウル駅で父親とはぐれ
行方不明になってしまって1週間経ったところから物語が始まります。

ソウルに暮らしている三男二女の子供たちは、新聞広告を出したり、ビラを配ったり
必死になってオンマを探すわけなんだけど、いっこうに見つかりません。

この物語は五つの章に分かれています。

第一章は作家になった長女ジホニがメイン、第二章は長男ヒョンチョリ
第三章は夫である父親が、それぞれオンマのことを回想します。

このオンマが本当に働き者でキレイ好きで料理上手、家族を大事にし
親戚や近所の人に好かれていて言うことなし!なのね。

一方父親は、酒飲みですぐ家を出て行っちゃうし、女は連れ込むし
オンマには優しくなくて… という、遊び人タイプ。
貧しい家系を助けるというより支えるために、オンマは苦労のし通しでした。

そんな人生を送ってきたオンマが、子供たちが立派になってお金の苦労は無くなったのに
脳の病気になり、足取りもおぼつかなくなってきたところで行方不明に…

子供たちも夫である父親も、オンマがどれだけ自分たちに尽してくれたか
どれだけ苦労をかけたかを思い出し、近頃のオンマに対する態度を反省します。

わかるんだけどさぁ…
誰しも母親の大切さとか母親への恩を忘れがちになるじゃない?
いなくなってからそのことに気づくというパターン。
それが、これでもか! これでもか!! という感じで描かれていて、少し疲れちゃった…

第四章、ほぼ1年近く経った頃、オンマが、三人の子の母になっている次女の前に
やっと姿を現します。
ああ、しかし、その姿は…

わたしには、いなくなった母親も、探し続けている父親と子供たちも哀れにしか思えない
ラストだったんだけどな… どういうふうに感じるのが正解なんだろう?

妻や母親が元気なうちに孝行しなさい、ということなんだろうか?
それとも、こういう人生でも、妻・母親として生きることが幸せだということか?

よく韓国は儒教の国だから、祖父母や両親を敬い大事にすると聞きますよね?
韓国ドラマでもそういうシーンが多くて、うちの姑なんかはそれが羨ましい〜っと
いつも言ってます(すみませんね、従順な嫁でなくて…)

だからこの物語の子供たちも、わたしにはすごく親孝行に思えます。
毎年誕生日にはお祝いに故郷に帰ったり、ソウルの料理店に招いたりしてるし
立派になって毎月仕送りをしたり実家を改築したり、まめに電話をかけたりしています。
父親はおおいに悔やんでいただくとして、子供たちは何も反省する点はないんじゃないのか?

それなのに、まだまだ母の愛に報いるべきだった… と考える子供たち。
でも、そういうものかもしれませんね。
母親は子供がいくつになっても、まず第一に気にかけてくれているものだけど
子供はそうじゃないものね… どうしても親は後回しになっちゃう。

わたしなんて、なんという親不孝者なんでしょう… そして鬼嫁なんでしょう。
すごく反省させられてしまいました。

お母さんをだいじにしていますか?
読んでみたいな!という方は下の画像をクリックしてね



ひとことドラマコーナー
とんでもないものが始まったものです! 『やすらぎの郷』!! へいちゃんとルリルリが共演するってんで見てみたら
このドラマはいったいどこへ向かうのか気になって録画予約しちゃったよ!!! シルバータイムっていう枠らしい…
 

<2016年度オリコン顧客満足度ランキング ペット保険部門 総合1位 > ペット保険のPS保険 資料請求プロモーション
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フランス王アンリ3世愛妾 ヴェロニカ

2017-04-05 21:02:00 | 王の寵姫・愛妾
愛妾ってほどでもないけど・・・
ヴェロニカ・フランコ


1546〜1591/愛妾 不明

ヴェロニカがアンリ3世と関係があったのは短い間だったみたいで
愛妾とは言えないんだけど、経歴が面白いのでご紹介しようと思いました。

父親はよく判らないのですが、母親は高級娼婦、いわゆるクルチザンヌだったようです。
十代の頃、裕福な医者と結婚しましたが上手くいきませんでした。

生きていくために、母親と同じ道を歩み出したヴェロニカはたちまち人気者に。
結婚生活は短かったのか、二十歳の時にはデビューしてたみたいです。
当時のイタリアでは、階級の違う娼婦たちの睨み合いが激しかったらしいのですが
ヴェロニカはかなりハイクラスに属していました。
次々と高位の貴族のお相手になっていて、その中にアンリ3世がいたみたいです。
           
ヴェロニカは、クルチザンヌである一方詩人でもありました。
パトロン探しの合間に勉強し、名門文芸サークルにに所属していました。
また、書簡集と他の作家のアンソロジーなどを出版して
その収益で娼婦とその子供たちのための基金なども設立しています。

こういう知的で芸術家肌なところが、インテリを自負するルネサンス貴族たちに
ウケていたのかもしれませんね。

1575年にヴェニスがペストの猛威にさらされた時、ヴェロニカは立ち退きを強要されます。
しかし、1577年にヴェニスに戻ると、家や金品をはじめ所持品のほとんどが
強奪されていました。
きっとクルチザンヌとして蓄えたゴージャスなものばかりだったのでしょうね?
なぜ運び出さなかったのかしら?

その上、魔女裁判にかけられてしまいます。
この告発は取り下げられましたが、なんでもヴェニスの貴族たちが
ヴェロニカを助けるために、裏で手をまわしたそうですよ。
だけど、手をまわしたという決定的な証拠は出なかったようで…
こ、これは、今流行りの そ・ん・た・く ですか?

こうして自由は勝ち取ったものの、ほとんどの物を失い、最後の支援者が亡くなった後は
金銭的な援助もなく、かなり困窮したと言われています。

生涯で6人の子供を生んでいますが、3人は幼くして亡くなっています。

1591年まで生きていたようですが、1570年代以降のことはあまりわかっていません。
お子様たちに大事にされて、創作活動などを行っていたとしたらよいのですが…

              
              こちらも雰囲気があってすてきなので…

(参考文献 Wikipedia英語版)


ひとことK-POPコーナー
INFINITEのソンギュが骨折ですって〜!?  5月のカムバに間に合うかしら?
Kポ界ってなんだか怪我が多い気がする… それもスポーツ大会中とかゲーム中とか
歌とダンスで頑張っている子たちにあまり無理はさせないでほしいなぁ そういう姿もステキではあるのですが…
 

<2016年度オリコン顧客満足度ランキング ペット保険部門 総合1位 > ペット保険のPS保険 資料請求プロモーション
コメント
この記事をはてなブックマークに追加