まりっぺのお気楽読書

読書感想文と家系図のブログ。
ゆる~い気持ちでお読み下さい。

『夢の涯てまでも』忙しい…

2017-06-28 19:41:08 | アメリカの作家
UNTIL THE END OF THE WORLD 
1992年 ヴィム・ヴェンダース、ピーター・カーレイ、蒔岡雪子

えーっとね、この『夢の崖てまでも』は、映画化された小説ではなくて
映画を小説化したものだそうです。
ただ、映画をそのまま文章化したものではなくアレンジが加えられているらしいです。

いわゆるロード・ムービーというジャンルの映画で、あっち行ったりこっち行ったりと
すごく目まぐるしいわけね、落ち着いて読めやしない。

書かれたのは1992年ですが、舞台は1999年です。
世紀末って、なんだかいろいろなことが起きそうな予感がしますよね。

物語では、インドが打ち上げた核衛星が軌道を外れて、いつ・どこで核爆発をおこすか
わからないということで、世界中が恐怖におののいている状態。

しかし、(ここからめちゃくちゃはしょりますけど)主人公のクレアは
そんなことに関係なく、3ヶ月過ごしたヴェネチアを後にして
パリにいる恋人ユージーンのもとに帰ることにします。
そして南フランスで出会ったトレヴァという男性に惹かれまして
彼を追いかけてパリからベルリンを経てリスボンへ。
さらに、クレアをおいて逃げた彼を追ってモスクワから北京へ。

やっと東京で再会したクレアとトレヴァ=本名サムは箱根で英気を養い
サンフランシスコへ飛んで、用事が済んだら船でオーストラリアへ。

ね、忙しいでしょ?

サムは訳あっていろいろな人に追われているのね。
さらには世界中をまわらなけらばならない理由もあるわけです。
それで本名を隠し、クレアの手を振りほどき、あっちこっち移動するわけなのですが
それをクレアが追っていくんですよ。

クレアはすごく美人でファッショニスタで人目を惹く女性です。
しかも(物語では)誰がどこにいるかコンピューターですぐわかっちゃうんですよ。
クレアを追えばサムの居場所がわかるわけで、すごく迷惑な話しよね。

結局サムはクレアを深く愛してしまって、両親が待つオーストラリアに
クレアを連れて行きます。
そこではサムの父親であるファーバー博士が、息子とともにある物を待ちわびていて…

まだまだ先は長いんですが、ここらへんでやめときますね。

近未来のことを描いているので、例えばベルリンの壁崩壊が1999年になっていたり
(映画のシナリオはベルリンの壁崩壊の1989年以前に書かれていました)
朝鮮半島は統一されてて、金一族ではない一族が支配してたり
ストーンズの日本公演が武道館(実際は東京ドーム)で行われてたりしてます。

ただIT関連のことでいうと、パソコンでお互いの顔を見ながら電話できる…とか
ムービーが送れる…とか、あんまり先を行ってる感がないのよね。
そのわりに携帯電話がないのよ、みんな公衆電話使ってるんですけど…

恐ろしいのは、あるソフトを使うと、誰が(あなたもわたしも)どこにいるのか
瞬時にしてわかってしまうことね! そういうの、現実になりつつありますよね。

そして、ファーバー博士はノーベル賞もののメカを開発中なのですが
もしかしたら、もう開発されちゃったかもしれないわ… おそろしい…

とにかく、ハンサムなサムが逃げ美しいクレアが追い、二人をハンサムなユージーンが追い
オシャレな探偵ヴィンターが追い、黒づくめの殺し屋バートが追い…

いちいちファッションにも言及してくれるので、想像するとフォトジェニックだと思います。
逃げ回るところは観光地だし、旅行気分が膨らみますね。
映像で観たら楽しいと思うよ。

ヴィジュアルを想像するだけで楽しい
読んでみたいな!という方は下の画像をクリックしてね



映像はこちら モノクロ版もあるようです


ひとこと飛行機コーナー
わたしは、原理はわかっているんだが、飛行機が苦手で、いつも決死の覚悟で乗ってるのよね
「乗務員も着席させていただきます」だけでドキドキなのに「祈って下さい」なんてアナウンスされたら、もう…


<2016年度オリコン顧客満足度ランキング ペット保険部門 総合1位 > ペット保険のPS保険 資料請求プロモーション
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イギリス王ジェイムズ2世愛妾 アラベラ

2017-06-19 22:06:44 | 王の寵姫・愛妾
ジェームズ2世好み その1
チャールズ・ゴドフリー夫人 アラベラ・チャーチル


1648〜1730/愛妾 1665〜1674

国を追われ、実の娘に王座を譲らなければならなかったジェイムズ2世は
1660年、ヨーク公時代に、姉の侍女だったアン・ハイドと結婚しましたが
1665年頃から初代モールバラ公ジョン・チャーチルの姉アラベラを愛妾にしていて
最終的には公妾にしました。
     
アラベラは、お顔はそんなに美しくはなく、スタイルもどちらかというと痩せぎすで
あまり良くなかったのですが、脚がキレイだったんですって。

でも当時は長いドレス着てますよね?
アラベラは、ジェイムズも参加した狩猟の時落馬して脚を見られてしまったのね。
その後愛妾になったということです。

ジェイムズ2世は、奥さまのアン・ハイドといい、他の愛妾といい
見た目の美しさというよりは会話が面白いとか機智に富んでいるとか
そういう理由でお相手を選んでいたみたいですね。
女性にとっては嬉しい王様です。
同時代のフランス宮廷ではそうはいかなかったかもしれないが…

アラベラは、アン・ハイド存命中からトータルで二男二女を生んでいます。
お子様たちが名乗った姓がフィッツジェイムズでした。

10年ほどの愛種生活の後、1674年にチャールズ・ゴドフリーという廷臣と結婚しました。
40年にわたる結婚生活はものすごく幸せだったそうですよ。
夫ゴドフリーの死から16年後の1730年に82歳で亡くなりました。

アラベラが愛妾になったことで、弟ジョンがジェイムズの小姓として召し抱えられ
チャーチル家躍進の第一歩になりました。
ジョンの奥さんセアラ・ジェニングスが女王アンに「レズビアンじゃなくて?」ってくらい
偏愛されて、ジョンが初代モールバラ公になります。
こんなことがあるから、皆さん躍起になって娘や姉妹を差し出したってわけね…

(参考文献 森護氏『英国王室史話』 Wikipedia英語版)

これさえあれば、あなたも英国王室通
読んでみたいな!という方は下の画像をクリックしてね

  

ひとことK-POPコーナー
日本ではSMAPがいろいろ議論になってるようですが、知らない間にSUPER JUNIORが大変な事になっているのね?
いったいSMTOWNには何人で登場するのかしら? ドキドキ…


<2016年度オリコン顧客満足度ランキング ペット保険部門 総合1位 > ペット保険のPS保険 資料請求プロモーション
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『ホーム』男は帰る、女は守る

2017-06-15 19:45:12 | アメリカの作家
HOME 
2012年 トニ・モリスン

説明するのがとても難しいのですが、ものすごく個人的なストーリーでありながら
大きなテーマを考えさせられたような物語でした。

それから、けっこう暗く重いエピソードがちりばめられていたのですが
一冊読み終えると清々しい読後感が残りました。

主人公は、朝鮮戦争からの帰還兵フランク・マネー。
彼が、捕まって入れられた精神病院から逃げ出すところから物語が始まります。

フランクは、見知らぬ女性から、妹のイシドラ=通称シーが死にかけているという
手紙を受け取り、恋人のリリーと別れてアトランタへ向かおうとしているところでした。

フランクとシーは、不幸な子供時代を過ごしました。
シーにとってフランクは、親よりも誰よりも頼れる人物で唯一の救いでした。
フランクが親友二人と志願して出兵した後、シーは都会から来たプリンスという男に
誘われるまま故郷を捨ててアトランタへ向かい、すぐに捨てられました。

あとはダダッと説明するけど、シーは助手として住み込んだ家のボー博士から
怪しげな実験を施されていました。
それを、クビを覚悟でフランクに報せたのは、女中のサラでした。

フランクは博士の家へ乗り込み、瀕死のシーを救い出します。
そして、忌み嫌っていた故郷ロータスへ兄妹で帰って行きます。

物語はここからも続くのですが、それはおいといて…

フランクの旅は、最初につまづきを見せましたが、その後はわりと順調に進みます。
もしかすると、ストーリーにはそんなに関係ないのかもしれないのですが
この旅の間にフランクが出会った人々が、やけに印象に残っています。

なんの見返りも求めずに、もう二度と会わないかもしれない赤の他人に
どうしてそんなに優しくできるんだろう? 信仰心がそうさせているんだろうか?
特にジョン・ロック師夫妻とビリー・ワトソンは、ほんの一場面にしか
顔を出さない人物でしたが、この物語にいなくてはならない人物に思えました。

また、シーを助けたミス・エセルをはじめとする故郷の女性たちも印象的でした。
黙々と家事・農作業・信仰に身を捧げてきた女性たちが、男性にはできない奇跡をおこす…
科学的根拠も医学の心得も無く、昔から伝えられてきたやり方で…
彼女たちは奇跡だなんて思わずやってるんだけど、いざという時頼りになるのは女性だな、と
思い知らされました。

物語は、フランクとシーの生い立ち、リリーとの出会いと別れ、アトランタでのシー
シーをいじめ抜いた祖父の三番目の妻レノーア、朝鮮で戦死した親友マイケルとスタッフ
フランクが抱え込んでいる朝鮮での出来事など、コロコロ場面が変わります。
でも、さすがトニ・モリスン! どのエピソードにもどんどん引き込まれていきました。

故郷へ戻った二人は、故郷を出る前の二人とは、人格も関係性も違っていました。
そして、今後も変化していきそうです。

作中、長年の仕事を失うかもしれないサラ、大金を渡した上にフランクと別れたリリーは
清々しそうにしっかり前を見つめています。
ラストのシーもそうでした。

どうなっていくのか少し謎が残るラストでしたが、わたしは、この女性たちの未来も
そしてフランクも、ポジティブに変わっていくと信じています。

自分も強くなれたような… そんな一冊
読んでみたいな!という方は下の画像をクリックしてね



ひとことK-POPコーナー
INFINITE まだ再契約してないって? なんでなんで? どうして〜? 誰が迷っているのかしら?
すごく気になってるんですけど…


<2016年度オリコン顧客満足度ランキング ペット保険部門 総合1位 > ペット保険のPS保険 資料請求プロモーション
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『15のわけあり小説』事実と小説

2017-06-06 21:46:39 | イギリス・アイルランドの作家
AND THEREBY HANGS A TALE 
2010年 ジェフリー・アーチャー

以前読んだ『十二本の毒矢』も、12話中11話が実話だということでしたが
こちらも*印がある物語は、よく知られた事件に基づいたものだ、と
作者が前書きで書いています。 ちなみに15話中10話あります。

どれもこれも印象深いお話しでしたが、「ほんとーに?」というのが正直な感想。

では、実話が下書きになっているものからいくつかご紹介します。
どなたかこの事件の事をご存知でしょうか?

『第一話 きみに首ったけ』
ゴージャスな美女アラベラがプローポーズをOKしてくれて有頂天の銀行員ジェレミー。
指輪を買いに行こうというジェレミーに、アラベラが「盗めばいい」と言う。
ジェレミーはアラベラの計画通り、デビアスへと向かう。

『第五話 遺書と意志があるところに』
女優を目指していた美しい少女イヴリン・マーツバーガーは40歳になると看護学校に入り
看護士ミス・イヴリン・ムーアとなって、大富豪ソマーフィールドの遺産を手にした。
杖と写真1枚しか遺されなかった二人の子供は、法廷で争おうとするが…

『第七話 私は生き延びる』
骨董品店のジュリアンは、隣のミリーの宝石店に、歌手のグロリア・ゲイナーが
入って行く姿を見た。 彼女は翌日、別隣のスーザンの画廊に入った。
そして次の日、ジュリアンの店に入ってくると60万ポンド以上の品に目をとめた。

とりあえず女性が主人公のお話しを選んでみましたが、聞いた事ありそうですか?
たしかに『遺書と意志〜』は、けっこうありそうな話ではありますが…
イヴリン・ムーアのすごいとこは、遺書が公開されたその先を見据えてたことです。
やるならここまで考え抜いてやらねばね!!

創作された作品の中で一番好きだったのは『第八話 並外れた鑑識眼』でした。
300年前に法律家グレブナーが見出した、天才画家ブロッホの作品をめぐる話です。

ほとんどのお話しが、犯罪的というか、誰かをダマそう、出し抜こうという内容です。
夫婦間の小さな嘘から、国家がからむ壮大な隠蔽まで様々ありました。

ただ、実話・創作どちらも、なんとなく結末が読めちゃう内容だった気がする…
結末というよりは、話しの流れっていうのかしら?

面白いですよ! だけど、どっかで聞いた話しっぽいんですよね。
終わり方がモームに似てるのかな?

作者が「これは奇なり!」と選び抜いたお話しだとは思うんですけど
わたしはあとがきの最後にさら〜と書いてあった作者の人生の方に興味津々だわ!

ひとことK-POPコーナー
T.O.Pさま 
目が覚めたら、焦らずゆっくり、よくなってください
なにも考えずに… というのは難しいかもしれませんが、あまり考えすぎないでくださいね
一ファンからのお願いです


<2016年度オリコン顧客満足度ランキング ペット保険部門 総合1位 > ペット保険のPS保険 資料請求プロモーション
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フランス王アンリ4世愛妾 シャルロッテ=マルグリート

2017-06-02 21:54:09 | 王の寵姫・愛妾
アンリ4世最後の恋?
コンデ公妃 モンモランシー公 
         シャルロッテ=マルグリート・ド・モンモランシー


1594〜1650/愛妾 不明

シャルロッテは、モンモランシー公アンリの娘さんで
“ たぶん ” アンリ4世の愛妾だった、と言われています。
なんでも、妊娠した時に「王と結婚する!」と言いふらしたので、王妃マルゴが激怒して
追い出そうとした…というエピソードがありますが、マルゴは1599年に離婚されてるんで
マリー・ド・メディスシスの間違いか、後から盛られた話だと思います。

       
アンリ4世は(人妻じゃないと姦通になるので)シャルロッテとコンデ公アンリ2世の結婚を
自らアレンジしました。
こうしてシャルロッテが15歳の時に結婚したわけなんだが
コンデ公はその後、シャルロッテを連れて自分の領地に逃げこんじゃって
1610年にアンリ4世が亡くなるまで宮廷に顔を出すことはありませんでした。
アンリ4世の面子丸つぶれ! 怒ったでしょうねぇ…

ということは、さきほどの「王と結婚する!」説はいつの話しなんでしょうね?
まさか15歳になる前? やっぱり誰かの作り話か?

夫のコンデ公は、枢機卿アンクレに冷遇された他の貴族たちと同調して
アンリ4世が生前進めてきた政策を破棄しようとして
1616年にヴァンセンヌに投獄されました。
この時、シャルロッテも一緒に投獄されて、長女アンヌはそこで3年後に生まれました。
投獄といっても夫婦で入っていられたわけね? 牢屋じゃなくてお部屋だったのかしら?

1632年に、兄のモンモランシー公が、枢機卿リシュリューへの反逆罪で処刑されたので
モンンモランシー公領を継承しました。

激動の青春時代の後は穏やかな生活を送っていたのか、あまりエピソードがありません。
夫コンデ公アンリ2世の死から4年後の1650年に、56歳で亡くなりました。

(参考文献 Wikipedia英語版)

ひとことK-POPコーナー


BIGBANGのファンミに行って、ジヨン・ヨンベ・テソンの今後の嬉しいニュースや
スンリの会社概要などを聞いて楽しく過ごしましたが、昨日悲しいニュースが…
でも「また5人でドームの舞台に立つ」という言葉を100%信じてます!


<2016年度オリコン顧客満足度ランキング ペット保険部門 総合1位 > ペット保険のPS保険 資料請求プロモーション
コメント
この記事をはてなブックマークに追加