株式会社葉月の社長ブログ 『うちは技術屋です』

飯塚市嘉麻市(筑豊福岡全域)で塗装・塗替え・防水改修などをやっています。

40肩と思ったら石灰沈着性腱炎?

2014年10月31日 | 日記
私は現在48歳になります。

自分では若く思っていても身体は段々衰えてきているようで、

まず一番顕著に分かるのが老眼です。

まあ老眼に関してはそのうちに書くとして、


今年に入り私を悩ませているのが『40肩』です。

左脇が上がりません(汗)

しかし日常生活やゴルフにも影響なかったので良かったんですが

夏前にあまりにも痛くなり、痛み止めの注射を打ちに行った事もありました。


そして先週の土曜日。

朝から『今日は普段より痛いな~』と思って出勤し

午後から現場の検査に向かう時、段々痛くなり

痛さのためにギアのシフトチャンジができなくなりました。

痛さに我慢して設計事務所の検査を受け、終わったのが午後5時。

もう病院にも行けず、そのまま帰宅したわけですが


段々更に痛くなり、もう夜も寝れないくらい痛くなり発狂するかとさえ思う始末です。

居ても経ってもおられず、日曜日の急患診療所に片っ端から電話しましたが

どこも診てもらえず、それでも空いている病院に行き湿布をもらったんですが

焼け石に水状態で何の効果も得られず


月曜日は市役所の工事の契約があったので無理して仕事して

ようやく午後から病院に行くことができました。

が、病院が名医なのかどうか分かりませんが3時間待たされ・・・・


結果的に石灰沈着性腱炎というものらしい。

ネットで引用させてもらいますけど



石灰沈着性腱炎は40歳代から60歳代の女性に多いといわれており、
鞄を持つとか、後ろのものを持とうとしたちょっとしたことがっきっかけで
肩の痛みを覚え始めます。

そして、急激に痛みが増してきて、
痛くて夜も寝れないぐらいになります。




肩の中に赤矢印の先に示した様な陰影が見えます。

これが腱板の中に生じた石灰なのです。

このように、レントゲンを撮ってみると、
この疾患はすぐにわかります。


と、ここに詳しく書いてありますのでご参考下さい。

引用 古東整形外科内科 オフィシャルHP


ホント詳しく書いてあって親切です。

この病院が近くになるなら喜んで行くんですが大阪なので・・・・

いや、治るんなら大阪まで行ってもいいくらいです。



結果的に私が行った病院では痛み止めの注射とお薬をもらいました。


で、もらったお薬が『ロキソニン』

ん?

ロキソニンってCMで頭痛生理痛に効くっていうヤツじゃあ・・・・

何か、この症状、これといった治療法やお薬はないようです。


という事は、またいつ突然この痛みがやってくるか分からないので

痛み止めの薬(ロキソニン)だけは常備しとかないと、本当に苦しいです。



正直、48歳のおっさんが

大声で『痛いよ~痛いよ~』とか言えないので大体みんなやせ我慢しますよね。



でも、これは相当痛いです。

痛さのあまり冷や汗が止まらず吐き気がしましたから(汗)

40代50代の女性が多いようです。

まだ未体験の人、肩が痛くなったら注意した方がいいですよ。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メインHPが閉鎖しております

2014年10月22日 | 日記
只今、というか3ヶ月ほど前からですが当社のメインHPが開けません。

原因は、HPの管理更新を委託している知人が何らかの理由で行方不明になったからだと思われます。

多分、経営不振か何かだと推測するんですけど

当社との契約は格安でやってくれていました。

と言うのは、私がブログを更新しているのでメインHPの更新は年に1回程度で済むからです。

まあそれでも知り合い価格で本当にスズメの涙程度の費用で何年もやっていただいたので

ウチが損をしたとか騙されたとかは全くないんです。

相手を恨むどころか逆に感謝さえしております。


まあ、ホームページはね、作り直せばどうにかなるんですよ。

ただ、困ったことがありまして、今まで使っていたURLが使えなくなってしまったらしく

そうなると名刺などの印刷物から新聞広告まで全部書き換えなきゃなんない。

それが一番の悩みです。

今まで管理してくれてたMさん。

もしこれを読まれたら連絡下さい。

サーバー使用料を滞納してあるならウチが支払います。


ということで、現在メインHPが開けません。

お知らせでした。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シンガポール旅行記(番外編)

2014年10月09日 | 日記
私の英語力は中学生レベルです。

殆どしゃべれません。

そこでiphoneアプリを探してみると、翻訳アプリがありました。

無料版を試してみたんですが、有料版も安かったので購入しました。

これです。


シンガポールに行く前に色々試してみました。








例えば、一人で外出してもホテルに戻りたい場合



おお、しかも英語で読み上げてくれるので便利だね。









お店に入ってもこれを見せれば日本語の分かる人が来てくれるかも知れない。












万一風邪を引いても












お腹痛くなっても大丈夫











このアプリさえあれば

ラーメン食べたくなっても大丈夫!!



福岡空港で同行者に自慢しました。


そして実際にシンガポールの観光中に使ってみました。




えっ??




なになに?





げっ




海外ではデータローミングを切っとかないと高額請求される場合があるので使えん。




ということは、ホテルもしくはWiFi状態じゃないと使えないんだ・・・・・



しかも、ホテルには日本語分かるスタッフがいるので不要にてwww


ということで、もし次回海外に行くなら

英会話をマスターするか、データローミングをONにするかですね。




ところで話しは変わりますが番外編です。


チャイナタウンに売ってたものを載せます。

むぅ・・・本物と間違えるクオリティーですが、多分ニセ●ノでしょう。








これとかデザインがむちゃくちゃです






中国人は金、GOLDが好きなようで、金色のATM











しかも変な金のネックレス。誰が買うんじゃいw








シンガポールにいる鳥。

カラスでもなく、ハトでもなく、スズメでもない

調べたら、コモンマイナって鳥だそうで、ムクドリ種らしいです。

害虫駆除のために人為的に導入されたらしいけど、増えすぎて今では残飯を漁ったり
新たな公害が出てきているそうな。日本でいうカラスですね。











マット塗装のフェラーリ




  





オリエンタルなランボルギーニ?かな?










ショッピングモールで売られていたゴルフ。

11万ドルなので1ドル90円で換算すると、1000万円w











帰りの飛行機、香港に到着する30分くらい前に見えた島




これでシンガポールのネタも尽きました。

最後までお付き合いありがとうございました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シンガポール旅行記(食事編)

2014年10月08日 | 日記
ええ、続編ですw

しかも、食事編なので全く面白くないと思われます。

お暇な人だけどうぞw

【初日】

まず1食目

キャセイパシフィック航空で10:45福岡発~台北間で出た機内食です。

昼食でしょう。



旅行中、絶対ナマモノと生水は飲まない!と心に決めていたんですが

いきなり生サーモンのサラダを食ってしまい、激しく後悔しました。




2食目 12:10台北発~香港間で出た機内食です。

えっ?さっき食ったばかりなのに・・・?また???

台湾ライスです(だと思いますw)


軽いオヤツのような感じで出されたんでしょう。
タクアンはニオイがきつかったので残し。




3食目 16:20香港発~シンガポール間での機内食。

映画テルマエロマエ2を見ながら1人でうひゃうひゃ笑っていると

CAが英語で『チキンかパスタのどっちにするの?』と聞いてきた。

大体ですよ、飛行機ばかり乗ってて、しかも離着陸で神経はすり減りましたが
全然運動していないためお腹が空いてないのにもう夕食です。



私はパスタ



この時点でかなりの満腹。



ちなみに隣の同行者はチキンライス。

えっ? 私の想像したチキンライスと全然違ったw

ケチャップ味のチキンライスじゃないのね(笑)




【2日目】


4食目 翌朝はリッツカールトンのブッフェ。

色々あってついつい取り過ぎますが、お腹が痛くならないように控えめに。



このコーヒーがめっちゃ濃いくて苦い。

外人はこんなもんを朝から飲んでるのか・・・

一口飲んでみて、こんな濃いの飲めるかぁ~~~で残し。




5食目 お昼は市内観光の途中に連れて行かれた飲茶レストラン(写真なし)

ここでシンガポールのレストランでのビールは1杯1000円程度することを知りました。

高けぇ~~~~   でも暑かったので飲むんでしまうんですよね~・・・・





6食目 マーライオンパーク内にある中華料理店。

PALM BEACH と言うお店。

多分このカニ1匹で3万円以上した・・・・

大人数でワリカンしないと食べれませんねこれは。

ブラックペッパー味




チリ味




甲羅が堅くて、とても口では噛めません・・・・歯が折れます

しかも手で触るとベトベトになりますが、握らないと割れない。

もう汚れてもいいや。と、吹っ切れて食べた結果、こうなりますw


文字通りの食い散らかし。8人中私が一番汚かった。

いや、一生懸命食った結果です。

あまりにも美味かったので、少しベトベトの手でレストランのチーフらしき人物に握手を求めたw

喜んでくれたww その証拠に名刺を配りだした。



番外 マーライオンパークからホテルまで歩いて帰って喉が渇いたのでラウンジでアイスティーを。

氷までアイスティー


1杯2000円くらいしたんじゃないかな(~_~;)



【3日目】


7食目 リッツカールトンの朝ブッフェ2回目

私は『食』に対する探究心が少ないせいか、いつも同じものを食ってしまいます。
ほぼ初日と同じww

でも、苦くて飲めなかったコーヒーはティーに。

もの凄く美味しかったシューマイは3つに、初日発見できなかった梅干し3つ。

と、前日からは確実に進歩しています。


しかし、味噌汁は最悪でした。

こんな薄いの飲めるかぁ~~~で残し。 




8食目  JTBのオプショナルツアーであるセントーサ島の
結婚式場のようなレストランでチキンを食べました。

とにかくお外が暑かったので、またまたビール。



メインはこれ






9食目 8人いると何が食いたい、俺は何が食いたい、などと一人一人意見を聞いてたらまとまらないので

私が食事選択係になり、インターネットで調べてマリーナベイサンズホテル近くのCUTと言うステーキ屋を予約しましたが

日曜の夜という事もあり予約取れず、結局近くのモール内のフードコートで

8名めいめい好きなものを1皿買ってみんなでワリカンしました。

ええ、テーブルが狭くて大変でしたけど、色んなものが食べれて美味しかったです。


1人3000円程度でした。

ちなみにここでの缶ビールは400円以下。

ようは、お店で飲むとむちゃくちゃ高いってことですね。


【最終日】


10食目 マリーナベイサンズホテルの朝食ブッフェ

まさかの野菜なし(笑)


いや、今から日本への長旅が始まるのであまり食わないようにセーブしたんです。



今から日本に帰るよ。と嫁さんにメール。

夜遅くなるけど晩御飯はウエストのゴボ天うどんと、近所の太兵衛寿司のバッテラを買っといて。




11食目 9:55シンガポール発~香港間の機内食

軽めの食事はいいね~~~


ちなみに『銀の匙』という映画を見ました。



と思ったらメインが出てきた(汗)


ちなみに帰りはビジネスクラスなので全部お皿で出てきます。

ドリンク飲み放題。お酒飲み放題。 まあ、飛行機の中でそんなに飲みませんけどね。




12食目 14:55香港発~台北間の機内食

いや、さっき食ったばかりなんですケドね・・・・

まあフルーツならいいや


と思ったらパンを配りだし、何か出てきたらしいけど満腹で寝てしまい

ここにきてまさかの画像なし。


しかし、よく食べ物が出てくるな~・・・・

この分じゃ夕食の機内食は結構な量が出てくるに違いない。

台北空港に到着して携帯解禁になった瞬間、慌てて嫁さんにメール


『晩飯いらん』





13食目 17:40台北発~福岡間での機内食

やっぱりがっつりキタァ━━━( ´∀`)━━━━!!!

何度も言いますが、離着陸ばかりで神経はすり減ってますがお腹は空いてません。

いや、むしろ飛行機に乗ると緊張して食欲が出ないんですケド・・・


しかし食事は当たり前のように出てきます。


このハンバーグ2個はきつかった。


もうデザートはいらん・・・

と思ったらハーゲンダッツを配布し始めた!

満腹だけどハーゲンダッツは食っとかないともったいない。



と、シンガポール旅行中に食べたもの全部です。

しかし帰ったら2キロ痩せてました。

赤道が近いと磁場の影響で痩せるのかな・・・わけないですがw



そしてシンガポール旅行記は番外編へと続きます(続くのか?)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シンガポール旅行記

2014年10月04日 | 日記
まずおことわりとして、これはただの旅行記録です。

また1日目~2日目とかありますが、ブログ自体を分けたくないので画像多めです。


9月26日~29日まで3泊4日である業者団体の創立10周年を兼ねた

シンガポールに研修旅行に行ってきました。

福岡から飛行機を乗り継いで行きます。

福岡~台北~香港(飛行機乗り換え)~シンガポールという飛行ルートで

乗り換えや待ち時間を含めて1日行程です。

1日3回離着陸をしたのは人生初めてですが、たいそう疲れ果てました・・・

しかし同じ飛行機に狭い座席に7時間ずっといるのと

私のように10時間かけてちょこちょこ降りたり乗ったりするのと

どっちが楽なんでしょう?


とりあえず、シンガポールに到着してホテルの部屋に着いたのは21時過ぎでした。

宿泊ホテルはリッツカールトンホテル





お部屋はこんな感じ




ホテルからの眺め。



晩御飯は機内食を食べたので、その日はもう疲れて寝るだけです。

普通、旅先に着いたら心躍るはずなんですけど、さすがに疲れましたw


私の部屋と反対向きはこんな眺めだったようです。



もし泊まることがあれば、マリーナベイホテル側を指定した方が良いですね。


翌日は朝の8時過ぎにホテル前に集合し、市内観光ツアーです。

シンガポール国立植物園に行きました。






そしてマーライオン公園




マーライオン公園って、別にたいしたことないんですよね。

特別な何かがあるわけでもなし、ただマーライオンが水を吐き出してるだけ・・・

でも、それを観光地としてプロデュースしてこのような名所を創り上げているのが凄い。


その後チャイナタウンで20分程度の散策。



しかしここでのお土産は良かったです。

キーホルダーや何やら、とにかく2つで10ドル、3つで10ドル、4つで10ドル1つサービス

等々、まとめ大量買い付けには持って来いの場所でした。

(当日、夕方の自由時間に再度行ってきました)

その日の夕食は自由でしたので、JTBの現地添乗員のサイモンに紹介してもらった

マーライオンパーク内にあるカニ料理店でカニを食べました。

ちなみにカニはマレーシアカニを食べる事。
アラスカカニなんか食べると10万円近く取られるので注意しなさい。
との事です。

ブラックペッパー味


カニは㎏幾らですが、中身より絶対カラの方が重いはずです・・・

しかし中身がスカスカだろうと、とにかく美味かった。

チリ味



マーライオンパークの夜もまた観光客だらけ。
でも夜景は綺麗です。

正面に見えるのが今回最終日に宿泊予定のマリーナベイサンズホテルです。



そしてマーライオンパークからリッツカールトンまで歩いて帰りました。

先週F1シンガポールGPでが開催されており、F1マシンはこの道を走っていたわけです・・・



シンガポールGPはモナコGPと同様の市街地コースなので

ホテルのすぐ前もコースになってたらしく、各所にその名残がありました。


私はF1が好きで、もう25年以上テレビで見ていますが生のレースは観戦した事がありません。

それは渋滞がイヤなのと、座席で見るよりテレビの方が全ての場所で見れるから。

でも、シンガポールGPはコース脇を歩いて見て回れるようです。

う~ん、渋滞もないし、是非行ってみたい!



ちょうどいい運動量でホテルに到着。

シンガポールの広さは日本の淡路島程度。

そこで車が増えると交通渋滞するので車には破格の税金がかけてあるそうです。

大体日本の車両価格相場の5倍。

300万円台の車なら1500万円。

このランボルギーニは1億円以上(驚)


しかしシンガポールの本物のお金持ちにしてみればはした金。

おもちゃ感覚でスーパーカーを買うんだそうな・・・・・

レベルが違いますね。



さてホテルのロビーに見とれながらその日は就寝。




そして2日目はオプショナルツアーでセントーサ島に行くことに。



ここはある企業が島の大半を買い取り、ケーブルカーやモノレールを引き

橋を作りホテルを作り、ビーチを作り、ユニバーサルスタジオまで誘致してしまうという

考えられないようなバブリーな企業だそうです。

USS(ユニバーサルスタジオシンガポール)前で集合写真。




時間がないので水族館と展望台みたいなトコに。




デカいマーライオンを見て終了。



時間的に3時間くらいしか居れなかったので特にないんですが

まあ、水族館内での記念写真は絶対買わない事ですね。

日本円で5000円以上取られます(私は拒否しましたがかなり強引です)


さて、リッツカールトンホテルに戻り、今日はホテル移動です。

その移動するホテルは、マリーナベイサンズです。



こんな上部にあんなモノを載せて・・・・荷重はどうなんでしょう?

日本のゼネコンは断ったとか、施工した韓国のゼネコンは計画倒産したとか

色々な噂はありますが、ただ一つ言える事は、地震が来たら絶対壊れますね・・・

というより地震が来たらシンガポールの建物の90%は倒壊するそうです。

まあ、地震が来ない国なんでしょうけど。

ホテルの部屋も31階で眺めも良くマーライオン側でした。



さあ、マリーナベイサンズに泊まれば宿泊者のみ入れる屋上プールがあります。


数年前にスマップが携帯のCMで有名になったプールです。




プールの端



そして夕食はみんなで近くのフードコートで各自好きなものを買ってきて

みんなで食べるというスタイルでしたが、これもまた楽しかったです。

そして24時間営業のカジノ見学。



外国人籍は入場料無料(パスポート提示)ですが、現地の人は90ドルだったかな?

とにかく入場料を取るらしいです。

じゃないと、高い入場料を取らないとみんな働かずカジノに入り浸るそうです。

しかしカジノは相当広い。


私はギャンブルはやらないので見学だけして帰りました。


そしてホテルに戻り、夜のプールへ。



昼の眺めも良かったけど、夜はまた格別です。



プールの水はぬるいんですが、上がると寒い。

部屋からバスローブを持ってきといて良かった・・・・



そして楽しかったシンガポール旅行もこれで終わり。

次はF1を観に来ようと決心して帰路につきました。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加