株式会社葉月の社長ブログ 『うちは技術屋です』

飯塚市嘉麻市(筑豊福岡全域)で塗装・塗替え・防水改修などをやっています。

No3・O様邸外壁改修工事(長期性能保証制度適用工事)

2012年11月24日 | 長期性能保証事業実績
長期性能保証事業として住宅の塗替え工事が終わりました。

昨年の12月にお話をいただいたんですが、真冬ということもあり

施工は今年まで待っていただきました。


着工前その1






完了その1










着工前その2






完了その2










着工前その3






完了その3










玄関前着工前






完了




今回工事の特徴としましては、下塗り材にこれを使った事です。



詳しくはこちらにも書いていますので見て下さい。


また、外壁の色も当社からカラーシュミレーションを作成させていただき

施主様も悩んで悩んで悩みぬいて色を決めてもらいました。

とても満足のいく色と仕上がりになったと喜んで頂いております。

当社を選んで頂いて誠にありがとうございました。


長期性能保証制度で塗替えをご希望の方へ

お近くの施工店を探す場合はコチラからどうぞ。

施工はぜひお近くの組合員にお願いします。





使用材料

外壁 日本ペイント(株) パーフェクトフィラー パーフェクトトップ ファインSi等
 
屋根 水谷塗料(株) 水系パワーシーラー  スラリー強化プライマー 水系ナノシリコン


長期性能保証

外壁 7年 (ハガレ・退色なし)

シーリング 7年 (漏水なし)






※検索ワード

飯塚市 嘉麻市 筑豊 桂川町 塗装 塗り替え 塗替え リフォーム 防水 住宅 アパート 光触媒 マンション 改修 大規模改修 長期性能保証 保証書 20年保証 30年保証 ありえない 安心 間違いない保証 マスチック協同組合保障

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ナノコンポジットWパートナー施工店に認定されました

2012年11月22日 | 会社概要
ナノコンポジットWと言うのは水谷ペイント(株)の塗料です。

京都工芸繊維大学・科学技術振興機構・水谷ペイントが共有する

共同特許に基づき開発製品化されました。

簡単に説明しますと、水性塗料の弱点であった低汚染性能を格段に向上させた

新しい塗料の事です。

詳しく知りたい方はコチラ



今まで、当社も純和風の住宅や、つや消し仕上げの外壁の塗替えの場合

何を使おうか非常に悩んでいましたが、この塗料が市販化されたことにより

つや消し(実際には少し底艶がでますが)仕上げと低汚染防カビ防藻性能を

同時に備えることができるようになりました。

また当社は全国マスチック事業協同組合に加入していますので

当組合のプライベート商品であるナノマスチックも使用できますので

更なる低汚染性能を持たせた施工ができるようになりました。

今日は水谷ペイントの水谷社長がわざわざ大阪から当社までお見えになり

直に認定書を頂けることになりました。



飯塚市では当社だけの認定となっております(平成24年11月現在)

この塗料は井上春成賞を獲得しています。

井上春成賞って何?と思われる方も多いと思います。

私も知りませんでしたからw

詳しく知りたい方はコチラ

簡単に言っていいものか分かりませんが、かなりの賞のようですね。


現在、純和風造りのお屋敷の塗装をナノコンポジットWで施工しております。

終わりましたらここで紹介したいと思います。















※検索ワード

飯塚市 嘉麻市 筑豊 桂川町 塗装 塗り替え 塗替え リフォーム 防水 住宅 アパート 光触媒 マンション 改修 大規模改修 長期性能保証 保証書 20年保証 30年保証 ありえない 安心 間違いない保証 マスチック事業 日本塗装工業会 
水谷ペイント(株) ナノコンポジットW ナノマスチック 水性塗料 低汚染






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

屋根の塗装前洗浄

2012年11月21日 | 塗装工事
こんにちは。

最近風邪が流行っていますね。

実は私も今朝から喉が非常~にイガイガしています。

ブログの更新も、ちょっと怠けるとすぐ空いてしまうんですよね~


今日は屋根の塗装前洗浄を紹介します。

現在進行中の現場です。


洗う前はこのようなコケがたくさん。






それを当社独自の薬剤を散布して(何だかもったいぶっていますが)

高圧洗浄します。

薬剤は独自に開発したものではなく、買ったものですw

しかし、どれがいいかは経験で判断しています。


高圧洗浄の圧は10Mpa(約100kg/㎡)

危ないので安全帯を着用させて洗っています。



今回は何とか屋根足場なしで塗装できると判断して工事にかかっていますが

もう少し勾配がきつかったら屋根足場を組んでました。





洗い終わるとこのように




昨日は晴天でしたので1日干して、今日からプライマー塗りです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ムニエル?

2012年11月14日 | 塗装工事
先日あるお宅の屋根の調査をした時の話です。

屋根材の確認のため、まずうちの社員が上りました。

まあ、勾配もきつそうに見えたので私は下から

『屋根の具合はどう?』と聞きました。

すると社員が

『社長!・・この瓦・・・・多分・・・・ムニエルですよ』

いやいや、モニエルやろ!(笑)

瓦の種類の中でモニエル瓦っつうのがありまして、これは塗装が難しいんですよ。

ちなみに当然ムニエル瓦っつうのは存在しませんw



ま、そんなこんなで

屋根の塗装前





塗装後の縁切り






塗装前






縁切り






塗装前





完成



縁切りは必要です。

でも、縁切りをする意味が理解できてない人。

縁切りをするタイミングを知らない人がやっても何の意味もありません。

そうなんです、塗ってただ縁切りをすりゃあいいってもんじゃあないんですよね。


うちは瓦職人の経験があるK君がやってくれるので安心なんですよね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

37つのS

2012年11月13日 | 日記
先日、5つのSについて日記を書きましたが、

今日は37つのSについて書きます。

もうピンと来た人もいるかも知れませんが


最初のSは


さっとやる


そして、しっかりやる


すっと動く


せっせとやる

 
そっと動く


さっぱりした顔


すっきり爽やか


すくすくと


しとやかに


すっかり


その気で


さりげなく


サプライズ


アンド


スリリング

   
アンド


ショッキング・・・・ 


私が好きだったドラマ、王様のレストランの最終話での一コマです。

95年の放映だから、17年前のドラマなんですね~。

面白かったな~~



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5つのS

2012年11月06日 | 日記
うちの会社とは全く関係ないあ新築工事の現場にこの垂れ幕が掲げてありました。



1から4までの、整理・清掃・整頓・清潔は分かりますよ。

でも、5の『しつけ』って何なんですか?

一般的に『しつけ』という言葉を使う場合、相手が子供やペットが対象なのが多いと思いますが

いい歳した大人が『しつけ』されるとは・・・・

またウィキで調べても『しつけ』とは、人間または家畜の子供・・・

と、最初からこのような説明がされているんですよ。


しかも驚くことに、この5S運動って全国的にかなりメジャーなんですよね。

建築業界は『しつけ』してもらわないとダメな大人ばかりいるって事?


この垂れ幕を掲げているゼネコンもまたえらい上から目線ですよね?

何が悲しゅうていい歳した大人がですよ

あんな大きな文字で『しつけ』と書かれた現場で仕事せなならんのですかね~?


何で誰も怒らないんですかね~?

確かに『しつけ』が必要な建設作業員も大勢いると思いますが

何だかな~・・・・・


私は『しつけ』=『犬猫のトイレ』が一番先に思い浮かぶんですよね。

何で誰も『おかしい!』と言わないのでしょう?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

並んでまで買う?

2012年11月02日 | 日記
今日、iPad-miniが発売されましたね。

毎回思うんですが、iPhoneやiPadに限らず、古くからはドラクエとか

欲しいためにわざわざ徹夜してまで並んで買う人いますよね。

しかも仕事や学校まで休んで並んでいる人いますけど

そこまでして早く欲しいか?と思いませんか?

少し待てば買えるにもかかわらず、その少しが待てないために並んで買う。

これはもう、どうしてもおもちゃ欲しいから地面に寝転んで駄々をこねる子供と変わらん。

大人なら少しは我慢せぃ。と思います私は。


いえ、1日限定の弁当やランチなどの飲食関係なら分かりますよ。

そりゃあ並んでまで買わないと食べられないんですから。

また、アイドルの限定トレカとか、その日そこでしか買えないものならば

徹夜して並んでも買いたい気持ちは分かります。


でもiPhone5とか、少し待てば買えるんですよ?

どうせ買ったとしても2年間は機種代金払うんですよね?

だったら1~2か月待ったからって、どうってことないはずなんですけど。


それを腑抜けた顔して並んで、入店して店員と「イエ~」とハイタッチして

アホか!

と思う私はおかしいのでしょうか?ww




コメント
この記事をはてなブックマークに追加