株式会社葉月の社長ブログ 『うちは技術屋です』

飯塚市嘉麻市(筑豊福岡全域)で塗装・塗替え・防水改修などをやっています。

塩ビシート貼り工事その2

2007年06月30日 | その他工事
今日はマンションの共用廊下に施工した塩ビシート貼り工事を紹介します。


着工前その1



完了







着工前その2



完了






着工前(巾木ウレタン防水施工後)



完了




このように、最近ではウレタン防水から塩ビシートと流れは変わってきています。

3日間かかるウレタン防水より、1日で終わる塩ビシートの方が何かとメリットがあるわけです。
※巾木部分はウレタン防水です

工事も早いし、値段も塗り床と大差ないし、見た目キレイだけど、汚れには弱い部分もあるんですよね。

でも、お勧めな商品です。

自分で言うのもなんですが、ウチは安い思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

塩ビシート貼り工事

2007年06月29日 | その他工事
マンションの共用廊下の改修工事です。

塗り床だと乾燥時間の関係で通行制限が必要となってくるので、最近は、この塩ビシートが主流です。


階段室着工前



巾木部ウレタン塗膜防水塗り



塩ビシート貼り完了



明日は廊下編を紹介します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

偽装工作

2007年06月26日 | 日記



ミートホープ社の社長が言いました。

安いものばかり追い求める消費者も責任がある。なぜ安いか?安いなりの理由があるのにそれを分かっちゃいない』


でも、騙したアンタが一番悪いと思うよ。

そこで、偽装をし、世間に偽った会社、企業って結局表沙汰になっています。


数年前になる牛肉偽装問題。



記憶に新しい耐震偽装問題



世の中や消費者を騙しちゃいけません!


ミートホープ社の社長じゃないけど、安いなりの理由は確かにあります。

塗装で言うと、1万円以下のウレタン塗料もあれば4万円のウレタンもあります。

この値段の差は性能の差なんですよね。

安いなら安いなりの理由はあるんですよ。

なぜこの会社は足場費が高いか? = 安全を考慮した足場だから

なぜ下地工事費が高い? = 見えないトコまで工事をするから

なぜ塗装費が高い? = 高い塗料を使うから


当社はボランティア企業ではありません。

利潤を追求し社会に貢献する会社です。

でも、ボッタクリであってはなりません(汗)

それでもお客さんの中には『金額一番』な人がいますが、そんなお客さんなら要りません。

納得してくれて、手抜き(偽装)しなくてもいいような単価で受注させてくれるお客さんが一番大事です。

安く受けて偽装してまで利益を出して・・・・それが企業といえますか?

結局は、偽った会社って必ず成敗を受けてますよね。




消費者は、しっかりと勉強して、適正な単価を知るようにしましょう。

また我々業者は、不法に高い単価での受注は避けるべきです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

原状回復工事

2007年06月25日 | その他工事
改修工事において、腐食した部分やひび割れなどの劣化部を回復させる工種があります。

よくある例として下記のような種類がよくあります。


タイルひび割れ部現状



タイル貼り替え完了



鉄骨腐食部現状



新規鉄骨取替え



鉄骨部腐食穴開き部現状



溶接補修中



溶接補修完了



このように、悪い場所は悪いと認識して、ちゃんと補修してあげる。

これは当たり前の事なんですよね。

この当たり前の事が、実は難しかったりします(汗)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三井若松

2007年06月23日 | その他工事
若松の三井鉱山研究所棟の改修工事を行っています。

北九州の(株)吉元塗装さんに現場管理などのお手伝いをお願いしています。

現在足場が組みあがりました。









やっぱり、仮設工事は作業員の安全を確保するため非常に大事です。

安全な設備をするためにはそれなりのお金が必要です。

安全=幾らお金を掛けるか?の図式が成り立つわけです。


このように、開口部を潰したり



ローリング足場もこのように昇降設備と巾木・手摺も設置。



安全表示もこのように行います。





(株)葉月は、安全第一で作業を行います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加