HILLCLIMB

力を入れてバイクを造り、力を抜いてバイクで遊ぶ

竹口自動車

2016-07-30 17:37:35 | Weblog
運搬車カングーの発電機が壊れたので、竹口自動車で交換修理してもらった。
外車がすごく似合わない修理工場だけど、面倒をみてもらっている。





竹口自動車は、日産チェリーのエキスパートとして全国的に有名。
部品取りのチェリーが、こんなにたくさん。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

DOGMA F8 SPECIAL EDITION

2016-07-26 11:10:27 | Weblog




TWELVE TIMES TOUR DE FRANCE WINNERS
 クリス・フルームとチームスカイのすべてのメンバーは、驚異的なパフォーマンスをもって3度目のツール・ド・フランス制覇を成し遂げました。

 ピナレロは今回で12回目のツール・ド・フランス制覇となり、この素晴らしい勝利を祝してスペシャルバージョンのDOGMA F8とF8 Xlightを発表します。

 ピナレロはこの勝利のため、クリス・フルームにスペシャルなDOGMA F8である「DOGMA F8Xlight」を準備しました。クリテリウム・ドゥ・ドーフィネで初めて実戦投入しクリス・フルームは総合優勝。そしてツール・ド・フランスの山岳ステージでその優れたパフォーマンスを実証し、フルームを3度目のツール制覇に導きました。


Thank you again for the great support you give to Pinarello to realize our YELLOW DREAM.

SPECIAL EDITION / DOGMA F8 & F8 Xlight

 この度のクリス・フルームのツール制覇を記念したスペシャル・エディションが発表されました。
DOGMA F8のスペシャル・エディションは、レギュラーカラーとして受注可能、DOGMA F8 Xlightのスペシャル・エディションは、限定生産数量内での受注となります。

 DOGMA F8 SPECIAL EDITIONの税抜定価は615,000円、DOGMA F8 Xlight SPECIAL EDITIONの税抜定価は850,000円となります。

DOGMA F8 SPECIAL EDITION








DOGMA F8 Xlight SPECIAL EDITION








DOGMA F8 Xlight
公式リリースが遅れておりましたDOGMA F8 X-Lightについて改めてご案内致します。



 DOGMA F8 Xlightは、現行のDOGMA F8のエボリューションモデルです。DOGMA F8が持つフレーム剛性とエアロダイナミクスはそのままに軽量化を達成しています。

 新しいTORAYCA® T1100G UDカーボンを、樹脂の使用量を減らす事が出来るプリプレグ(カーボンシート)で使用し、専用の成形金型と今までよりさらに工程数が増えた複雑な積層作業で構造を最適化することにより、フレームで約80g軽量化されています。

 DOGMA F8 Xlightはフレーム780g、フロントフォークが340gと軽量に仕上がっています。※フレームサイズ530mm/未塗装


クリテリウム・ドゥ・ドーフィネではクリス・フルームがテストを兼ねて実際に使用し、見事総合優勝に輝きました!




現行のDOGMA F8が持つ仕様的な特徴は変更ありません。
 ・アシンメトリックフレーム
 ・イタリアンBB
 ・Think2テクノロジー
 ・ドロップインヘッドベアリングシステム
 ・FlatBackエアロチューブ
 ・UCI認証済  等

フレームサイズは下記の12サイズが用意されます。
 42 , 44 , 46.5 , 47 , 50 , 51.5 , 53 , 54 , 55 , 56 , 57.5 , 59.5

※F8 Xlightは安全性確保の為に体重制限を設けており、ライダーの重量は装備込みで最大75kgです。

レギュラーカラー
 ・898 チームスカイ2016
 ・970 カーボンレッド

スペシャルエディション
 ・109 カーボンイエロー(PARISバージョン)
 ・110 カーボンイエロー/ライノ(PARIS/RHINOバージョン)
 ・114 カーボンレッド/ライノ
 ・117 チームスカイ2016/ライノ
 ・118 BOB/チームスカイ2016
 ・119 BOB/チームスカイ2016/ライノ

価格
 フレームセット ¥850,000-(税別価格)

入荷時期
 11~12月頃から順次

ご注意
DOGMA F8 X-Liteのフレームは製作に膨大な手間と時間が掛かるため、今回受注可能な数量は世界で200台と限定されています。次回生産についてはまだ予定されていません。受注締め切り日は設定されていませんが、今回生産分の数量に達した場合受注は締め切られます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Brompton フォトコンテスト

2016-07-22 10:36:33 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

呉・江田島、旧海軍艦艇ゆかりの地を巡るサイクリングツアー

2016-07-20 13:53:13 | Weblog


自転車で旧海軍ゆかりの地を巡るサイクリングツアーです。
地方の方はもとより、地元の方でも知らないレアな情報満載の内容をご堪能いただけます。

◆開催日    8月6日(土) ※小雨決行

◆集合場所  大和波止場(大和ミュージアム海側の公園) ※周辺に有料駐車場あり

◆集合時間  10:00

◆参加費    2000円(ガイドブック・レクレーション保険付き)
          ※当日集合場所でお支払い下さい。
          ※音戸渡船、フェリー代が別途かかります。 詳細は下記参考をご覧下さい

◆定員     20名  ※参加者が少なくてもおこないます

◆参加資格  当イベントの行程を無理なく走破できる健康な中学生以上の方
         (※未成年は保護者の承諾が必要です)

◆申込期限  8月5日(終日) ※ただし期限までに定員に達した時点で締切ります

◆コース    約40km 所要時間4時間程度
         大和波止場~音戸~江田島と旧海軍艦艇ゆかりの地を巡り、
         小用港からフェリーで呉港に帰着
         ※途中離脱は可能ですが、必ずスタッフにお申し出下さい。
         ※昼食場所調整中

◆その他   ・ヘルメット・グローブ・予備チューブなど最低限の装備必要。
           ・走行は交通ルールを遵守し、スタッフの指示には必ず従って下さい。
           ・いかなるリタイヤにおいても、参加費の一部、または全額の返金は
            いたしません。
           ・事故・トラブルにおいては原則 参加者ご自身で対応していただきます。
           ・レクレーション保険は自身の怪我による医療費などを補償するものです。
            対外的な損害賠償はありません。
            万一に備えて自転車保険への加入を強くおすすめします。
           ・レクレーション保険 補償内容
            死亡・後遺障害 230万円
            入院(日額) 3000円
            手術(入院) 30000円
            手術(通院) 15000円
            通院(日額) 2000円

◆参考      小用~呉フェリー 390円
           音戸渡船 120円
          ※上記料金は瀬戸内サイクルーズPASS使用時のものです。
            サイクルーズPASSはスタッフがご用意します。


お申し込みは以下のイベントページから
http://kokucheese.com/event/index/413920/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

老犬のお見舞い

2016-07-19 11:34:47 | Weblog


激遅なのにサイクリングしたがりのカミさん
旧山陽道を走って西条の慶徳寺まで、寝たきり老犬の様子を見に行って来た。



JR瀬野駅を越えると、旧山陽道は、どう見ても山沿いの田舎道。
川を挟んだ隣には、激しい交通量の2号線が通ってるように見えないでしょ?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

疑惑のチャンピオン

2016-07-06 15:22:51 | Weblog
東急ハンズの上階にあるサロンシネマで、アームストロングの実話映画、疑惑のチャンピオンを見てきた。


アームストロング7勝の全盛期は感動して見てたけど、ドーピングが発覚した時の脱力感ときたら。
結果繰り上げ優勝になった、当時2位の選手たちの記憶が無い。
彼らにしてみれば、どうしてくれるんだ!って感じだろうなぁ。



主役のベン・フォスターさん、自転車に乗ってない時はアームストロングとはちょっと違うんだけど、レース場面では、なぜかアームストロング本人みたいに見える不思議。
アームストロング時代のツール・ド・フランスの実際の映像も使われていて、本人と俳優の繋ぎも違和感無し。



マッドドクター怖い・・




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西日本ロードクラシック

2016-07-05 14:54:57 | Weblog
日曜日の午前だけ、西日本ロードクラシックの応援に行って来た。
ケント君のユースは午前中に終わるし、ヴィクトワール広島のプロクラスがスタートするまでメカのお手伝いをしていた。

ユースは、ケント君が逃げ続けて独走優勝。





ケント君はGOKISOホイールを使ってる。
良く回るんだけど、すっごく重たい。



Pクラスのスタート前に河内、宮田、河賀の各選手がアップ中。


地元チームなので、集団の前方に並んで紹介される。
その後はポイントリーダーがさらにその前に並ぶんだけど。






1周目に集団落車が起こり、ヴィクトワールの選手も避けられませんでした。
ケガをした選手の一日も早い回復を願います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加