静夜思

愁多酒雖少 酒傾愁不来

≪ 森友に相乗りしていた国粋保守派の文化人 ≫  さて今は何と 言い繕うか?  開き直るか?こk

2017-03-15 11:02:54 | つぶやき
◆ 森友学園::さて今の思いは…「広告塔」の保守系文化人たち http://mainichi.jp/articles/20170315/k00/00m/040/129000c?fm=mnm
・ 此の記事は、同学園で講演したことがある、或は名前を貸した/使われるのを黙認していた? 国粋/日本万歳派の著名「文化人/論客/メディアタレント」
  20人に、毎日新聞が電話で<一連の疑惑以降、過去の関りを含め、今はどう思っているか>インタヴューしたものだ。 以下、名前の挙がった順に、
  その言葉を列挙する。(敬称略)
(1) 安倍昭恵:
    自身や安倍首相について「今なんでこういう立場になってしまっていて、なんでこんなに私は注目を集めてしまっているんだろうかとすごく戸惑っている」
    「主人は主人で国会で野党から攻められたりとかいろいろ厳しいことがいっぱいある」と述べた(3月7日@東京都内のイベントに参加した際)。
(2) 安倍晋三:
   「(理事長は)私の考えに共鳴している方」「妻から森友学園の先生の教育への熱意は素晴らしいと聞いている」と述べた(2月17日)が、
   その後の答弁では「(寄付集めに名前が無断使用され)教育者の姿勢としてはいかがなものか」などと批判した。
(3) 麗沢大学教授の八木秀次と、京都大学名誉教授の中西輝政:顔写真が載ったことに「無断使用だ。学校を推薦したことはない」と怒る。
    中西輝政:「学園に思想性は感じられなかった。園児の教育勅語唱和は誰かに見せるためのショーのようだと思った」
    八木秀次:「籠池氏は愛国と言えば何でも許されると考えているフシがあった。『なんちゃって保守』とひとくくりにされたくない」
(4) 櫻井よし子:
    「この問題で明らかにすべきは、政治家のあっせんの有無だ」
(5) 百田尚樹:
    「関心をもって報道を見ている。教育方法について思うことは無い」
(6) 政治評論家の竹田恒泰・・・インタヴューには答えず、自身のツイッターでは、
    「教育勅語の徳目を教えている点など共感できるところがあり、幼稚園で2回講演した」「それにしても運動会の宣誓はやりすぎ」
(7) 青山繁晴 自民党参院議員
    「(講演は引き受けたが)森友学園の名前は一連の報道で知った。(補助金の疑惑は)司法が解明すべき段階だ。」
(8) 曽野綾子:
    「講演をする先から、いちいち教育方針など聞いたことはない。(疑惑について)私は罰則を加える立場にない」
(9) 高橋史郎: 親学推進協会会長
    「親学講演会の開催を知り、驚いている。森友の教育方針と『親学』の関係が不明で、コメントできない」
(10) 田母神 俊雄: 元 航空幕僚長・・・ツイッターで
    「現在の学園の騒動は、反日的日本人のたちの日本潰しの行動なのです」

毎日がこれら人物の言葉をタイムリーに集めた功績を多としたい。他の新聞でも同様の企画があるのか知らないが、時宜を得たものだ。産経や読売が絶対にやらない企画であることは、皆さんも容易に推測できよう。
 各人の言葉に私は、敢えて反駁もコメントも、何も差し挟まない。 皆さん、それぞれのコメントに貴方ならどう反駁するか? その反駁を組み立てる中で、これら危険なタレント達の及ぼす害毒も、鮮明に見えてこよう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ≪ 報道する使命 vs  売... | トップ | ≪ 私学審議会を強化しなかっ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

つぶやき」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL