障害年金社労士 吉野千賀 ブログ

障害年金など社労士の仕事を通して感じたこと、知って為になること、面白いことをよしの社労士事務所の代表吉野千賀が綴ります!

障害年金~受診状況等証明書

2012-11-16 | 社労士の障害年金
こんにちは!社労士の吉野千賀です!

障害年金の初診日を証明する書類は「受診状況等証明書」という名前の書類ですが、医療機関でこんな押し問答がありました。

-------------------------------------------------------------

医院 「この方がウチに来たのはx年x月x日ですから、その日が初診年月日です。」

吉野 「それはわかりますが、その時は単なる足をくじいての受診でした。

    この傷病で貴院にかかったY年Y月Y日を初診年月日とご記載願いたいのですが。」

医院 「ウチに来たのはx年x月x日で、この書類は受診状況等証明書なのだから、初診年月日はこの日以外は記載できません。」

---------------------------------------------------------------

確かに書類の表題だけみると、「受診状況等証明書」であり、その医院を受診した日を証明すればいいようにみえます。

しかしながら、近所のかかりつけの病院だった場合、単なる風邪やら、足をくじいたやらで病院へ行った、その期間も含めた全期間を証明されても、障害年金の請求上、何の意味もないのですが。

障害認定基準では、「「初診日」とは、障害の原因となった傷病につき、初めて医師又は歯科医師の診療を受けた日をいう。」と定義されています。

その理解のうえで、「初診年月日」と「終診年月日」を記載するものであり、

この「初診年月日」とは、単にその医療機関を初めて受診した日ではありません。


もしかすると、「受診状況等証明書」という書類の名前が悪いのではないでしょうか?

書類の名前は「障害の原因となった傷病の初診日証明書」などに変更して欲しいと痛感しました。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【関連記事】障害年金請求サポート専門社労士吉野千賀ブログの「社労士の障害年金」記事一覧
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【お知らせ】

よしの社労士事務所は、全国規模のNPO法人「障害年金支援ネットワーク」の会員です。皆様のお役に立てるよう、一層の努力をしてまいります!

初回のご相談は無料です。専門家としてアドバイス致します。
直接お電話(03-6380-8611)いただくか、メール(info@cyoshino-office.com)でご連絡ください。
なお、匿名でのご相談は受けておりません。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

See you tomorrow!

Chika Yoshino

障害年金請求サポートの「よしの社労士事務所」 吉野千賀
ジャンル:
ビジネス実用
コメント   この記事についてブログを書く
« 障害年金~高次脳機能障害2 | トップ | 障害年金~専門家への相談 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社労士の障害年金」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事