障害年金社労士 吉野千賀 ブログ

障害年金など社労士の仕事を通して感じたこと、知って為になること、面白いことをよしの社労士事務所の代表吉野千賀が綴ります!

障害年金 手続き一部簡素化

2020-11-04 | 社労士の障害年金
こんにちは!
社会保険労務士の吉野千賀です。

今年もあと2ヶ月弱となりました。

いかがお過ごしでしょうか。

令和2年10月1日より障害年金の事務手続きに一部変更があり、

ブログでお知らせしよう!と考えているうちに、

早くも11月になってしまいました・・・。

遅くなってすみません。

【請求者の負担軽減のための障害年金に係る業務改善等について】

令和2年10月より日本年金機構では以下の3つの業務改善等が行われます。

 20歳前傷病で障害基礎年金を請求する時に、病歴・就労状況等申立書の記入を簡素化できる

 同一傷病かつ同一初診日で障害年金を再度請求する時に、前回提出した証明書類を使える

 傷病手当金受給者や疾病・負傷により療養中の方へ障害年金制度を周知徹底する

具体的にどういうことなのか、以下にお知らせします。

【1  20歳前傷病の方の病歴・就労状況等申立書の簡素化について】

生来性の知的障害の方など、

20歳前傷病により障害基礎年金を請求する場合は

病歴・就労状況等申立書の記入を簡素化できることになりました。

具体的には、以下のとおりです。
----------------------------
▪️従来:
1つの欄は5年ごとに記載、または、医療機関ごとに記載する

▪️簡素化:
1つの欄に「特に大きな変化が生じた場合を中心に、出生時から現在までの状況をまとめて記入することを可能とする」
----------------------------

今まで、年金事務所によっては「1つの欄に5年原則」を厳格に取り締まるところもありました。

たとえば、小職が1つの欄に「小学6年間」をまとめて記載したら、

5年原則なのに、6年分記載したという理由で突き返されて、

「小学低学年」と「小学高学年」3年づつに欄を分けて作成し直したことがあります。

これって、何の意味があったのでしょう?

小学校は一つの欄で作成しても、何の問題なく認定されていたのですが・・・。

そんな細かいことを指摘していたことを考えると、

出生時から20歳まで1つの欄でいいとは、

作成する側にとって、かなりの簡素化と言えるでしょう。

ただ、日常生活で困ったことや具体的なエピソード

幼少期・小学校・中学校・高等学校ごとに欄を分けて記載することは

障害認定する側へ

具体的な情報を伝えるという意味で、

意義はあると思います。これからも。

1つの欄に簡潔に記入すると

伝える情報は当然少なくなってしまいますから。

【2 同一傷病かつ同一初診日で再度請求する時に、前回提出した証明書類を使える】

過去に障害年金を請求して「程度が軽くて不支給決定」だった方が、

「症状が悪化した」等の理由により、

再度請求する時に

前回提出した初診日証明書類を使えることになりました。

「前回提出した初診日証明書類」とは、受診状況等証明書等が該当します。
----------------------------
▪️従来:
日本年金機構へ既に提出した証明書類なのに
新たに同じものを医療機関から発行してもらう必要があった

▪️簡素化:
「障害年金前回請求時の初診日証明書類の利用希望申出書」を提出すれば
同じものを医療機関から発行してもらう必要がなくなった
----------------------------
率直な感想は
「ああ、ようやく無駄なこと(文書代や手間や時間がかかる)をせずに済む」です。

注意事項が2つあります。

1 前回請求時に「初診日が認められず却下された」場合は、該当しません。
  ※障害の程度が該当しなかった場合のみ、該当します。

2 前回提出書類は、平成29年度以降に提出されたものであること
  かつ、希望申出書の提出日から5年以内に提出された初診日証明書類であること



【3 障害年金制度を周知徹底する】

これからも制度の周知徹底は、ぜひお願いしたいです。

社会保険加入(会社員、公務員)の方は、

要件を満たせば、傷病手当金が1年6ヶ月支給されます。

その後を引き継ぐのが障害厚生年金ですから、

傷病手当金を受給している方へ

障害年金制度を知らせるのは保険者の義務だと思います。

小職が障害年金の仕事を始めた10年前と比べると

「障害年金を知らなかった・・・」という方は

少なくなってきていると感じますが、

これから先は

制度を知らなかったという方はゼロにしないといけないと思います。

今まで社会保険料を納めているのに、

制度を知らなくて受給していないなんて、あってはならないことですよね。

障害年金制度を知らせる義務は、保険者(国)にあると考えます。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【関連記事】障害年金請求サポート専門社労士吉野千賀ブログの「社労士の障害年金」記事一覧
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【ご相談はこちらへ】
よしの社労士事務所では、障害年金に関するご相談は無料です。専門家としてアドバイス致します。
無料相談は、メール(info@cyoshino-office.com)でご連絡ください。
なお、匿名でのご相談は受けておりません。
※名前を名乗らずに、いきなり「聞きたいことだけ聞く」電話が多いため、電話での相談は受けておりません。

【お知らせ 新型コロナウイルス感染症対策】
現在、感染症対策のため、面談なしでも代理業務を受けています。
従来より遠方の方向けに行っているメール・電話・郵便でのやりとりで業務を行う方法です。
【ご面談なしでの進め方】
1 初回お問い合わせ後、メールや電話で病歴や初診日の確認を行います。
2 年金事務所の委任状を郵送し、ご返送いただきます。
3 納付要件を確認してから、契約書等を郵便で取り交わします。
4 ご契約後は、通常通りに進めています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Have a nice day!

Chika Yoshino

障害年金請求サポートの「よしの社労士事務所」 吉野千賀
コメント

障害年金 複数の傷病

2020-08-24 | 社労士の障害年金
こんにちは!
社会保険労務士の吉野千賀です。

暑い毎日ですね〜。

今週はパラリンピックの乗馬を観戦する予定で、楽しみにしていました。

来年は、観戦できるのかなぁ・・・。

【複数の傷病について】

問い合わせが多いので、複数の傷病についてまとめてみました。

複数の傷病には、大きく分けて3パターンあります。

1 複数の傷病があり、障害は1箇所の場合
2 複数の傷病があり、障害も複数箇所の場合
3 1つの傷病で複数の障害がある場合

【複数の傷病があり、障害は1箇所の場合】

例えば、眼の障害で「白内障・緑内障・網膜剥離」など複数の傷病がある場合が該当します。

肢体の障害で「骨折・変形性膝関節症」などの複数の傷病がある場合も同じです。

診断書は、該当する箇所の診断書1枚でいいのですが、

初診日が傷病毎に異なるため、

受診状況等証明書は複数、必要なこともあります(内容によります)。

病歴・就労状況等申立書は、傷病毎に作成した方がよかったり、

一枚にまとめて書いたり、これも状況によります。

【複数の傷病があり、複数箇所の障害の場合】

精神の疾患に内部障害がある場合などが該当します。

全くの別傷病として、障害毎に認定されますから

・初診日証明(受診状況等証明書)
・診断書
・病歴・就労状況等申立書

上記は、傷病毎に揃えなければなりません。

例えば、精神の疾患で障害年金を受給していて

別傷病が発生し、

2つの障害を併合して上位等級になるような時には

額改定請求ではなく、

新しい別傷病の裁定請求を、一から行わなければなりません。

↑ 
この点の問い合わせが多いです。

ただ、別傷病の診断書を提出すればいいと勘違いしている方が多いようです。


【1つの傷病で複数の障害がある場合】

脳血管障害で、肢体・言語・高次脳機能障害がある場合などが該当します。

初診日の証明は1つ、

病歴・就労状況等申立書も1つ

診断書は、肢体・言語・精神の3枚提出します。

この場合の診断書は、

3つの障害を合わせて上位等級になるなら、3枚用意した方がいいですが

肢体だけが重くて、言語・精神が軽く、3つ合わせても上位等級にならないなら

肢体の診断書1枚で提出した方がいいということもあります。

診断書は1枚5千円〜2万円くらいしますから。

なお、額改定請求を行う場合、別の部位の診断書を提出することもできます。

【まとめ】

複数の傷病がある場合は、請求方法も複雑になります。

細かいことを説明し出すと、

皆さまを混乱に陥れるため

アウトラインのみ、書いてみました。

参考になれば、幸いです。

今年は観戦できませんでしたが、パラリンピック乗馬の写真!



乗馬する時は、坐骨で馬に指示を伝えるため

パラリンピック向きだと思うのです。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【関連記事】障害年金請求サポート専門社労士吉野千賀ブログの「社労士の障害年金」記事一覧
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【ご相談はこちらへ】

よしの社労士事務所では、障害年金に関するご相談は無料です。専門家としてアドバイス致します。
メール(info@cyoshino-office.com)でご連絡ください。
なお、匿名でのご相談は受けておりません。
※名前を名乗らずに、いきなり「聞きたいことだけ聞く」電話が多いため、電話での問い合わせは休止しています。

【お知らせ】
現在、新型コロナウイルス感染症対策のため、対面でのご面談は控えています。
代替手段として、従来より遠方の方向けに行っているメール・電話・郵便でのやりとりで業務を進めております。

【ご面談なしでの進め方】
1 初回お問い合わせ後、メールや電話で病歴や初診日の確認を行います。
2 年金事務所の委任状を郵送し、ご返送いただきます。
3 納付要件を確認してから、契約書等を郵便で取り交わします。
4 ご契約後は、通常通りに進めています。

一般の方向けに「スッキリ解決!みんなの障害年金」を商業出版しました。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Have a nice day!

Chika Yoshino

障害年金請求サポートの「よしの社労士事務所」 吉野千賀
コメント

障害年金 障害状態確認届の提出期限が1年延長

2020-04-28 | 社労士の障害年金
こんにちは!
社会保険労務士の吉野千賀です。

昨日は仕事で久しぶりに都心(新宿など)へ出ました。

電車は空いていますね〜。7割減は実感しています。

昨年箱買いした不織布のマスク・・・まだたくさんありますが、

一日一枚だと2ヶ月くらいでなくなってしまうので

試しに洗ってみると、新品同様になりました(見た目のみ)。

これ、10回も洗って使えるって本当でしょうか・・・。

まだ3回くらいですが、見た目は綺麗でくたびれた感じはしません。

【更新診断書の提出期限が1年延長されます】

日本年金機構では新型コロナウイルス感染症のため

障害状態確認届(=更新診断書)の提出期限を1年延長することになりました。

以下は、日本年金機構のホームページから抜粋です(太字と赤字は私が付けました)。

————————————————
新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、障害状態確認届(診断書)の提出期限が1年間延長される予定となりました。(厚生労働省より告示される予定です)
具体的には、令和2年2月末から令和3年2月末までに提出期限を迎える方について、提出期限がそれぞれ1年間延長されます。
これに伴い、令和2年2月から令和2年6月の間に提出期限を迎える方は、現時点で、診断書を作成・提出いただく必要はありません。
また、令和2年7月から令和3年2月までの間に提出期限を迎える方には、本年は日本年金機構から、障害状態確認届(診断書)を送付しません。
障害状態確認届(診断書)は、来年以降、改めて送付します。
なお、今回の提出期限の延長の対象となる方々には、おって個別にお知らせ文書を送付する予定です。
————————————————

令和2年2月〜6月の間に更新診断書の提出期限がある方は

すでに更新診断書が手元に届き、

主治医の先生に書いてもらって

すでに提出された方もいると思います。

その方々については、以下の措置が取られます。

—————————————————
対象者のうち、既に診断書を提出いただいた方については、診断書を審査した上で、不利益にならないよう、以下の取扱いとさせていただきます。
✔ 障害等級継続または増額改定と判定された場合は、延長前の提出期限の翌月から、判定結果を反映します。
✔ 減額改定・支給停止と判定された場合は、現状の支給を継続し、延長後の提出期限時に、再度、診断書を提出いただき、審査・判定を行います。
—————————————————

障害年金の裁定請求を代理した方で、

今年5月更新の方から「更新診断書のチェック」を依頼されました。

※弊事務所で代理請求した方のみ、診断書チェックしています。

診断書自体は問題ありませんでしたが、

この方は1年更新。

今回の措置で診断書は提出しなくてもいいということになりました。

もし2年更新になるなら、提出したいところですよね・・・。

しかし、1年更新か・2年更新かの次回更新時期

提出した更新診断書

認定医の先生が見て判断しますから

提出するかどうか、迷います。

小職としては、今回は提出しなくてもいいような気がしました。

なぜかというと、1年更新を2年に変更する、

この「変更」を嫌うような気がするからです。

なお、万が一、提出した更新診断書が

等級不該当と判断されて、支給停止となっても

1年は年金支給を継続して

来年3月以降の提出月(生年月)に

再度、診断書を提出して認定するということです。

この日本年金機構の対応は、

病院へ何度か行くことによる感染リスクがなくなり

とても助かりますね。

ありがたいと思います・・・。

日本年金機構のお知らせはこちらをクリックしてください。


もうすぐGWですね。

過ごしやすい季節になり

どこかへ出かけたい気持ちが募りますが

今年のGWは我慢して、部屋の片付けに勤しみたいと思います。

皆さまも有意義にお過ごしくださいね!

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【関連記事】障害年金請求サポート専門社労士吉野千賀ブログの「社労士の障害年金」記事一覧
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【ご相談はこちらへ】

よしの社労士事務所では、障害年金に関するご相談は無料です。専門家としてアドバイス致します。
直接お電話(03-6380-8611)いただくか、メール(info@cyoshino-office.com)でご連絡ください。
なお、匿名でのご相談は受けておりません。
※名前を名乗らずに、いきなり「聞きたいことだけ聞く」電話が多いです。そのような問い合わせにはお答えできません。

【お知らせ】
現在、新型コロナウイルス感染症のため、対面でのご面談は行っておりません。
代替手段として、従来より遠方の方向けに行っているメール・電話・郵便でのやりとりで業務を進めております。Zoomを用いての面談は、安全上の問題を指摘されているため、行っておりません。
【ご面談なしでの進め方】
1 初回お問い合わせ後、メールや電話で病歴や初診日の確認を行います。
2 年金事務所の委任状を郵送し、ご返送いただきます。
3 納付要件を確認してから、契約書等を郵便で取り交わします。
4 ご契約後は、通常通りに進めています。

一般の方向けに「スッキリ解決!みんなの障害年金」を商業出版しました。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Have a nice day!

Chika Yoshino

障害年金請求サポートの「よしの社労士事務所」 吉野千賀
コメント

障害年金 不利益処分の理由記載

2020-03-16 | 社労士の障害年金
こんにちは!
社会保険労務士の吉野千賀です。

先週末に、靖国神社の桜も開花しましたね。

事務所近くの千鳥ヶ淵の桜は、連休頃が見頃でしょうか。

花粉症も佳境に入り、外出時はマスクとメガネが欠かせません。

ちなみにマスクは昨年箱買いしたものの、耳が痛いなどの理由で

山ほどストックしていたものを使っています。

やっぱり耳が痛い・・・、でも我慢です。

【障害年金の不利益処分等に係る理由記載の充実について】

さて、昨年ブログにも書きましたが、

大阪の1型糖尿病集団訴訟を受けて

厚生労働省(および日本年金機構)は、

不支給決定などの不利益処分に対して

その理由を通知に記載することになりました。

【理由記載の開始時期】

◯ 令和元年10月1日以降から

・腎疾患・肝疾患・代謝疾患による障害
・精神障害による障害

・障害状態確認届(更新)に係る等級変更(降級)
・障害状態確認届(更新)に係る支給停止
・額改定請求に係る額改定不該当
・支給停止事由消滅届けに係る支給停止事由消滅不該当

◯ 令和2年4月1日以降から

すべての障害

新規裁定請求(申請)に係る不支給決定
障害状態確認届(更新)に係る等級変更(降級)
障害状態確認届(更新)に係る支給停止
額改定請求に係る額改定不該当
支給停止事由消滅届けに係る支給停止事由消滅不該当


今年4月1日以降に認定される事案から

万一、不支給だった場合に

その理由を、今までよりも幾分丁寧に記載する、ということです。

【どんなことが記載されるのか】

不支給の理由を記載するサンプルは、

以下のとおりです。



あくまでも、例示ですから

それを見て

精神疾患で一人暮らしじゃダメとか、

記載内容だけが

ネット上で一人歩きしないように注意してくださいませ。

ただ、就労に関する事実関係が認められた場合は

精神疾患で2級認定は難しいのは、今までと同じです。

不支給の理由は理由として以前から存在し、

それを通知に記載するかどうかの話です。

【不利益処分後の対応】

不利益処分を知った日から3ヶ月以内に審査請求(不服申立)を行うことができます。

今まで、新規裁定請求から弊事務所が代理していれば、

不支給の理由を探るべく

個人情報の開示請求を行っていました。

そうすると、「認定調書」という1枚の用紙も開示され、

不十分ながらも不支給の理由を推測することができました。

不十分というのは、就労が原因だったら「job」と走り書きしてある程度だからです。

それに比べると、これからの不利益処分の理由サンプルには

「一般企業で一般雇用、コンピュータープログラムを作る仕事をしていた」

「平成◯年◯月から平成◯年◯月まで継続して厚生年金保険被保険者であること」と

具体的な記載があるようです。

そうすると、今後は「認定調書を取り寄せずに審査請求へ進むかどうか」です。

弊事務所では、一応、認定調書も確認するつもりではいます。

一般の方は、そこまでしないで審査請求へ進むというのもアリかなと思います。

【さいごに】

不支給の理由がわかれば、

審査請求や再審査請求へ進むかどうかを決める際に

決定を覆すことができるかどうかの判断もしやすくなります。

そういう意味では、改善になるのではと思っています。

でも、具体的な不支給の理由を読んで

そこで諦めてしまわないように・・・。

事実確認をすると違うということもありますし、

審査請求や再審査請求で覆る可能性はあるかもしれません。

(ただし、理由サンプルの内容の場合は、審査請求や再審査請求で覆る可能性はほぼないと思います)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【関連記事】障害年金請求サポート専門社労士吉野千賀ブログの「社労士の障害年金」記事一覧
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【お知らせ】

よしの社労士事務所では、障害年金に関するご相談は無料です。専門家としてアドバイス致します。
直接お電話(03-6380-8611)いただくか、メール(info@cyoshino-office.com)でご連絡ください。
なお、匿名でのご相談は受けておりません。
※名前を名乗らずに、いきなり「聞きたいことだけ聞く」電話が多いです。そのような問い合わせにはお答えできません。

一般の方向けに「スッキリ解決!みんなの障害年金」を商業出版しました。
おかげさまで、2015年9月刊行後、2か月で1万部に到達しました。ありがとうございます。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Have a nice day!

Chika Yoshino

障害年金請求サポートの「よしの社労士事務所」 吉野千賀
コメント

障害年金 年金事務所の予約体制

2019-12-24 | 社労士の障害年金
こんにちは!
社会保険労務士の吉野千賀です。

今年もあとわずかですね。
アッという間の一年で、今更ながら焦っております。

年金事務所の対応や予約体制について

日頃感じている疑問点を書いてみます。

【いつから予約が必要になったか】

数年前までは、「ふらっと」年金事務所へ行ったとしても

障害年金の書類提出や、被保険者記録の出力は問題なかったのです。

被保険者記録の出力は、たとえるなら

住民票を取りに行くようなもの

区役所へ住民票を取りに行くのに、予約なんか必要ありませんよね。

それと同じ感覚です。

2年前の平成29年8月1日から10年年金

(資格期間が10年以上あれば老齢年金を受け取れる)が始まり

これまで老齢年金を受給できなかった方の相談が殺到したために

年金事務所は、どんな小さなことでも「予約」が必要としました。

それ以来、予約なしで年金事務所へ行くと・・・

何時間も待たされたり、受付で門前払いされることもありました。

当時は10年年金が落ち着いたら、予約なしの元の状態に戻ると思っていました。

しかし、10年年金の対応がほぼ終了したのに、

「年金事務所へは予約が必要」ということだけが残りました。

しかも、その予約内容がどんどん世知辛くなってきました。

【年金事務所の具体的な予約問題とは】

まず、予約の電話がつながらない!

何度も何度も根気強く電話して、

ようやく電話がつながっても、予約できる日はずっと先・・・。

予約できたとしても、1時間1件以上の相談は受けられないと言われる。

やっと予約したのに、当日予約時間に行くと

システムダウンにより受けられない」と言う(今ここ)。

どうですか、この対応・・・。

さすがに、プチっと切れてしまいそうです。

【日本年金機構の言い分は?】

令和元年11月28日開催の

第46回社会保障審議会年金事業管理部会資料によると
—————————————————————-
予約相談については、継続した周知・広報の取組により、令和元年9月の全国平均予約率が、88.7%(対前年9月(78.3%) 比較10.4ポイントの伸び)となり、4月から9月までの半年で166万件を超える予約件数となったことを踏まえ、予約相談の事前準備業務の効率化を図るため、手作業で行われていた年金相談に必要な記録の準備について、RPA(※)技術を活用した自動印字化を進め、7月末までに56拠点、10月から全ての拠点に導入しています。
※ Robotic Process Automationの略。一般的には「人の代わりに作業をするソフトウェア型 のロボット」と言われている。
—————————————————————-

日本年金機構では、予約率を上げることが目標ようです。

だからかぁ、だから「予約なしは受け付けない」と

各年金事務所では固辞するのですね。

相談者や利用者が、門前払いされたり、

予約相談に漕ぎ着けるまでの労力は

全く関係ないようですな。

そして、RPA技術なるものを取り入れ、

それがダウンすると、予約していても門前払いするというわけで・・・。


【年金事務所への提言】

誰のために年金相談を受けているのでしょうか?

何のために働いているのでしょうか?

誰のための予約相談なのでしょうか?

もう一度、原点から考えて直して欲しいと思います・・・。

こういうの、日本年金機構へはすでに無理なお願いなのでしょうか・・・。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【関連記事】障害年金請求サポート専門社労士吉野千賀ブログの「社労士の障害年金」記事一覧
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【お知らせ】

よしの社労士事務所では、障害年金に関するご相談は無料です。専門家としてアドバイス致します。
直接お電話(03-6380-8611)いただくか、メール(info@cyoshino-office.com)でご連絡ください。
なお、匿名でのご相談は受けておりません。
※名前を名乗らずに、いきなり「聞きたいことだけ聞く」電話が多いです。そのような問い合わせにはお答えできません。

一般の方向けに「スッキリ解決!みんなの障害年金」を商業出版しました。
おかげさまで、2015年9月刊行後、2か月で1万部に到達しました。ありがとうございます。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Have a nice day!

Chika Yoshino

障害年金請求サポートの「よしの社労士事務所」 吉野千賀
コメント

障害年金 再審査請求で処分変更(事実上の容認)

2019-11-19 | 社労士の障害年金
こんにちは!
社会保険労務士の吉野千賀です。

最近、空気が乾燥しているせいか

風邪が流行っているようです。

喉も肌も保湿が必要な季節ですね。

先週、厚生労働省年金局より電話がありました。

これはもう・・・、

再審査請求の処分変更!!!

公開審理を来週11月26日に予定していた再審査請求です。

慢性疲労症候群(CFS)の等級を争う案件

症状が重く、ほとんど寝たきりなのに

2級と認定されたため、

1級を求めていました。

診断書を書いていただいた医師は

週1回の訪問医療の先生。

高齢者の訪問医療を主に行っているクリニックですから

40代の請求人は、

高齢者に比べると、幾分元気に見えたのでしょう。

トイレに自力で行ける、

箸を持てる、

自力で着替えができる・・・

だから「食事、トイレ、着替えは自立している」と

診断書に記載してあり、補正はできないということでした。

そして、

保険者(日本年金機構、厚生労働省)は、

この「食事、トイレ、着替えは自立している」の記載を理由

1級と認定しませんでした。

不服申立の理由では

箸を持てる=食事ができる(食事の準備や後片付けもできる)ではないことや

通院のために外出もできないため、

訪問医療を受けていること等の事実により

1級と認定することを訴えていました。

今の社会保険審査会は、なかなか容認をだしてくれないし

保険者による処分変更(事実上の容認)も少なくなっていますから

審査請求・再審査請求で覆ることは難しいと考えて

請求から1年経った今年の秋に、額改定請求もしていました

しかし、

厚生労働省年金局から

「処分変更します」との連絡があり、

「ようやく認めてくれた・・・」と嬉しかったです。

ご本人やご家族にも安心していただけたようで

これが、何よりのご褒美ですね!

【用語解説】

審査請求、再審査請求の「処分変更」とは

不服申立の訴えにより

一度下した「処分(等級認定など)」を「変更する」ことです。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【関連記事】障害年金請求サポート専門社労士吉野千賀ブログの「社労士の障害年金」記事一覧
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【お知らせ】

よしの社労士事務所では、障害年金に関するご相談は無料です。専門家としてアドバイス致します。
直接お電話(03-6380-8611)いただくか、メール(info@cyoshino-office.com)でご連絡ください。
なお、匿名でのご相談は受けておりません。
※名前を名乗らずに、いきなり「聞きたいことだけ聞く」電話が多いです。そのような問い合わせにはお答えできません。

一般の方向けに「スッキリ解決!みんなの障害年金」を商業出版しました。
おかげさまで、2015年9月刊行後、2か月で1万部に到達しました。ありがとうございます。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Have a nice day!

Chika Yoshino

障害年金請求サポートの「よしの社労士事務所」 吉野千賀
コメント

障害年金 初診日=確定診断日???

2019-11-08 | 社労士の障害年金
こんにちは!
社会保険労務士の吉野千賀です。

11月の連休は、和歌山のアドベンチャーワールドと熊野へ行きました。

パンダ(桜浜)の食事を、最初から最後までゆっくりと観察しましたよ!

ブログの一番最後にパンダの写真を載せておきますね〜。

可愛いので最後まで読んでくださいね!

さて、連休中の11月4日に

障害年金、診断確定まで不支給相次ぐ」という記事が

共同通信より配信されて、

各新聞社のネットニュースに流れていましたね。

診断確定まで不支給」という見出し。

障害年金の初診日を「初めて受診した日」でなく、

何年か後の「確定診断日」と認定されてしまう問題ですから

「診断確定まで不支給」とひとくくりにするのでなく、

初診日が「確定診断日」にずれて認定されることにより生じる

数々の不利益を被っている方がいることが問題なんですよね。


【問題の本質は何か?】

障害年金の初診日が「確定診断日」にずれることによる問題は、

障害年金の3つの要件に直結することが問題です。

障害厚生年金の3つの要件
1 初診日において会社員だったかどうか?
2 初診日の前日において、年金保険料の納付要件を満たすかどうか
3 初診日から1年6ヶ月後の「障害認定日」に3級以上に該当するかどうか

初診日=確定診断日と認定されてしまう

1つめの被保険者要件では、以下のような不利益が生じることがあります。

たとえば、交通事故日には会社員だったAさん。

交通事故を原因とする脳脊髄液減少症のために

仕事を続けられなくなり、事故から数年後に退職しました。

退職後に「確定診断」を受け

その確定診断日を初診日と認定されてしまうと、

会社を退職した後ですから

障害厚生年金は受給できません。

すると

障害基礎年金を請求することになり、

もし、3級の程度だったら、

障害年金は受給することができなくなります。

2つ目の要件、3つ目の要件でも、

基準となるのは「初診日」ですから、

具体例は出しませんが、それぞれ問題が生じます。


【なぜ確定診断日を初診日にするのか?】

障害年金の初診日とは

傷病の原因となった傷病につき、

初めて医師の診療を受けた日」と定義されています。

原因→結果が定かでない傷病は、

相当因果関係があるかどうかの検証が必要です。

これが、なかなか難しく・・・

認定に時間がかかるし、

認定にバラツキも生じます。

いっそ確定診断日を初診日とした方が

認定のバラツキは少なくなるし、

手取り早いのでしょう・・・か?


【確定診断日を初診日とするメリットもある】

人によっては、

確定診断日を初診日とした方が

障害認定日に遡って受給できるメリットもあるのです。

本来の初診日では

障害認定日請求(遡及)できなくても

確定診断日を初診日とすると

初診日から1年6ヶ月後の「障害認定日」には

すでに確定診断されて治療もされているわけですから

障害認定日請求(遡及)ができますね。

もし、初めて受診した日が初診日になると

1年6ヶ月後の障害認定日に

まだ確定診断されていないために

事後重症請求しかできないデメリットもあるのです。


【確定診断日を初診日とされないように】

私が担当した案件では、

認定が難しいとされている傷病で

近年においても確定診断日=初診日とは認定されていません。

それは、確定診断日を初診日とされないように

確定診断日を初診日とする傾向を踏まえたうえで

工夫しているからです。

すなわち、すべての認定が難しい傷病が

確定診断日=初診日となるとは限らないのです。

障害年金を専門としている社労士に断られたという案件

何件も引き受けて、

確定診断日でなく本来の初診日を初診日と認められています。


【まとめ】

診断の難しい傷病では、確定診断日を初診日とされる傾向は確かにあります

しかし、初診日は請求者が申し立てるものですから

きちんと根拠を示して、

障害年金の請求を行えば、

確定診断日前でも、ちゃんと初診日と認定されます!


お待たせしました。

パンダ桜浜の食事中の写真です!

竹の食べ始め


竹を1本ほぼ食べ終わりました!


癒されてくださいませ〜。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【関連記事】障害年金請求サポート専門社労士吉野千賀ブログの「社労士の障害年金」記事一覧
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【お知らせ】

よしの社労士事務所では、障害年金に関するご相談は無料です。専門家としてアドバイス致します。
直接お電話(03-6380-8611)いただくか、メール(info@cyoshino-office.com)でご連絡ください。
なお、匿名でのご相談は受けておりません。
※名前を名乗らずに、いきなり「聞きたいことだけ聞く」電話が多いです。そのような問い合わせにはお答えできません。

一般の方向けに「スッキリ解決!みんなの障害年金」を商業出版しました。
おかげさまで、2015年9月刊行後、2か月で1万部に到達しました。ありがとうございます。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Have a nice day!

Chika Yoshino

障害年金請求サポートの「よしの社労士事務所」 吉野千賀
コメント

障害年金 厳しい不服申立の現状

2019-10-28 | 社労士の障害年金
こんにちは!
社会保険労務士の吉野千賀です。

台風19号の後に、まさかの豪雨災害・・・、

被害を受けた方々へ、心よりお見舞い申し上げます。

さて、障害年金には、不支給や却下だった時に行える

不服申立制度」があります。

第一審は、審査請求(地方厚生局の社会保険審査官へ)

第二審は、再審査請求(厚生労働省の社会保険審査会へ)  です。

どちらも名称が似ていて、分かりづらいですね。

第二審の社会保険審査会の最新の審査状況(といっても平成30年度)が

厚生労働省のホームページに更新されました。

年々、厳しさを増しているように感じていますが、

数字のうえでは、どうでしょうか?

【社会保険審査会 年度別(再)審査請求裁決状況】

直近5年度の「容認」と

「原処分変更による取下げ」の件数、裁決件数は

以下のとおりです。

※「原処分変更による取下げ」は、事実上の容認です。

       容認   + 原処分変更による取下げ / 裁決件数(分母) 
平成26年度 219件  + 233件  / 2,003 件
平成27年度 227件  + 236件 / 2,056件
平成28年度 152件  + 170件 / 2,161 件
平成29年度  99件  + 130件 / 1,848 件
平成30年度  91件 + 113件 / 1,480 件

社会保険審査会のメンバーが変わり始めた

平成28年度から容認件数と原処分変更のどちらも

ガクッと減っていることがわかります。

容認件数だけをみると、

平成27年度の227件だったのが、

平成30年度は、なんと91件!

いかにハードルが上がっているかが、わかりますね。

この結果は実務を通しても

身に染みて実感しています。

【直近5年度の容認率】

上記を容認率として%にすると、以下になります。

※容認+原処分変更による取下げ/裁決件数(分母)での計算

平成26年度 22.5%
平成27年度 22.5%
平成28年度 14.9%
平成29年度 12.4%
平成30年度 13.7%

平成26年度・平成27年度では、

およそ4分の1の主張が認められていたのに、

平成29年度からは、全体の13%前後に落ち込んでいます。

難関試験並みですね。

公開審理での感触が良くて、どんなに期待していても

裁決書が届くと「棄却」だった(涙)ということがあり、

残念な思いが募ります。

不服申立のご相談を受ける時も

「数年前だったら容認されそうだけど、今はどうかなぁ・・・」と

お引き受けするかどうかの判断も慎重になります。

それでも、「この案件は絶対に受給されるべき!」と

強く思う案件は受けていますよ〜。

【どうすればいい?何ができる?】

どうすればいいか?の答えを

考えてみましたが、昨年と変わりません。

以下は、昨年のブログです。

—————————————

小職は、依頼された方が障害年金の受給権を得られるようにすることが仕事です。

そのために、情報を得たり、経験を積んだりして、精進しているつもりです。

「最後の砦」とも言える社会保険審査会でこんなに容認率が下がっているとなると、

それを踏まえたうえで、

最初の裁定請求(年金事務所への提出)において

ビシッと受給できるように尽力するしかありません。

それが一番確実、かつ、決定や受給開始時期も早いです。

残念だなぁ・・・と思うのは、

自分や家族で書類を提出、または、他の社労士が代理したのに

最初の裁定請求でダメだった方からの相談を受けた時です。

提出書類を見ると「これではダメだぁ」と思ってしまう内容です。

数年前ならば(再)審査請求でなんとかなりそうだったものでも

不服申立で覆せる見込みが立てられず、

代理業務を引き受けられないことも多いです(涙)。

そんな時は、他の方法(再度の事後重症請求など)で、

なんとか受給権を得られれば良しとするしかありません。

結論としては、繰り返しになりますが、

もし最初の提出でダメでも、不服申立すればなんとかなる(はず)と期待せずに、

最初からしっかりとした書類を整えて提出する!

今はこれしかないように、私は思います。

—————————————————————

再審査請求のハードルが上がったのなら、

それを踏まえて、

再審査請求をしなくてもいいようにすればいいのです!

皆さまも、不支給や却下になってからでは遅いのですから

早めにご相談ください。

参考資料:厚生労働省 社会保険審査会 年度別(再)審査請求受付・裁決件数等の推移

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【関連記事】障害年金請求サポート専門社労士吉野千賀ブログの「社労士の障害年金」記事一覧
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【お知らせ】

よしの社労士事務所では、障害年金に関するご相談は無料です。専門家としてアドバイス致します。
直接お電話(03-6380-8611)いただくか、メール(info@cyoshino-office.com)でご連絡ください。
なお、匿名でのご相談は受けておりません。
※名前を名乗らずに、いきなり「聞きたいことだけ聞く」電話が多いです。そのような問い合わせにはお答えできません。

一般の方向けに「スッキリ解決!みんなの障害年金」を商業出版しました。
おかげさまで、2015年9月刊行後、2か月で1万部に到達しました。ありがとうございます。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Have a nice day!

Chika Yoshino

障害年金請求サポートの「よしの社労士事務所」 吉野千賀
コメント

障害年金は社労士に依頼するべきか?

2019-10-08 | 社労士の障害年金
こんにちは!
社会保険労務士の吉野千賀です。

昨日、早くも年末調整の保険料控除証明書のハガキが届きました。

今年もあと3カ月弱・・・。本当に早いですね。

さて、「障害年金の手続きは、社労士に依頼した方がいいのかどうか?」です。

社労士に依頼するか、

自分でやろうかどうかを悩んでいる方も多いと思いますので、

もう少し掘り下げてみたいと思います。

【社労士に依頼しても黒は白にはならない】

まず、初めに言っておきたいこと。

社労士に依頼したからと言って、

障害年金を受給する要件を満たせない方が

受給できるようになることはありません。

例えば、65歳過ぎての初診日(会社員でない方)。

障害基礎年金の受給要件のひとつである年齢要件(被保険者要件)

満たしていないので、社労士が代理しても受給できるようにはなりません。

ただ、障害年金を専門としている社労士であれば、

65歳前に初診日がないかどうか(要件を満たすことができるかどうか)を

相談を受けた時に確認するでしょう。

意外と障害年金の「初診日」の概念を誤解している方もいますので。

納付要件を満たしていない場合も、同様です。

初診日について詳しく伺っていると、

「社会的治癒」が成立しそう・・・と

ひらめくことはあります。

この場合は、黒(絶対無理)ではなく、

グレーだったということですね。

グレーの場合は、社労士が代理していないと難しかったのではと思います。


【本当は白(受給可能)なのに、黒(受給不可)だった場合】

本人や家族が書類を整えて、

なんらかの理由(知識や経験不足)により

本当は受給できるはずなのに

残念ながらダメだった、という相談もあります。

この場合は、社労士が代理で行えば

受給できたかもしれません。

初診日の問題だったり、

障害の等級(診断書の記載事項)だったり、

その両方だったりします。

再度のやり直し請求(再裁定請求)から代理することも多いです。

この場合、お引き受けできるかどうかは、

個々の案件により異なりますから

慎重に判断しています。

【グレーを白になるように持っていく】

初診日の証明ができない(カルテがない)、

どの診断書にしたらいいのか迷う・・・ような

最初から難しい案件では

正直、出してみないとわからない案件もあります。

最近の事例では、

慢性疲労症候群の初診日確定診断日でなく、

会社員で社会保険に加入していた時に受診した日

初診日にして障害厚生年金を請求して

障害厚生年金2級が受給できました。

こういうケースでは、作成する書類に工夫が必要ですから

社労士が代理しないと難しかったと思います。


【結論は、こうです。】

・社労士が代理すれば、グレーを白にできる場合もある

・白が黒にならないように、社労士へ依頼してほしい

自分や家族の状況が、

白か黒かグレーかわからない場合は、

相談してほしいなと思います。

それから、社労士へ相談する時は、

複数の社労士の無料相談を受けた方がいいと思いますよ。

特に、グレーが白になるかどうかは、社労士によって判断の分かれるところですから。


季節の変わり目は気温が変動しますね。

電車では風邪引きの方もチラホラ目にします。

体調を崩さないように、お互い気をつけましょう!!

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【関連記事】障害年金請求サポート専門社労士吉野千賀ブログの「社労士の障害年金」記事一覧
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【お知らせ】

よしの社労士事務所では、障害年金に関するご相談は無料です。専門家としてアドバイス致します。
直接お電話(03-6380-8611)いただくか、メール(info@cyoshino-office.com)でご連絡ください。
なお、匿名でのご相談は受けておりません。
※名前を名乗らずに、いきなり「聞きたいことだけ聞く」電話が多いです。そのような問い合わせにはお答えできません。

一般の方向けに「スッキリ解決!みんなの障害年金」を商業出版しました。
おかげさまで、2015年9月刊行後、2か月で1万部に到達しました。ありがとうございます。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Have a nice day!

Chika Yoshino

障害年金請求サポートの「よしの社労士事務所」 吉野千賀
コメント

障害年金 第三者行為事故状況届

2019-09-11 | 社労士の障害年金
こんにちは!
社会保険労務士の吉野千賀です。

千葉県や神奈川県では台風後に停電が続いているとのこと、お見舞い申し上げます。

夏場に停電・・・

この暑さではしんどいことでしょうね。本当に大変だと思います。


さて、第三者行為事故状況届について です。

障害年金の請求書類を提出するときに、

傷病の原因が第三者によるものであった場合、

提出する書類です。

障害厚生年金・障害基礎年金のどちらでも

年金請求書に

傷病の原因は第三者の行為によりますか」の欄があり、

はい・いいえ」を選ぶようになっています。

「はい」の場合、「第三者行為事故状況届」を提出するのは当然のこと。

しかし、「いいえ」であっても

「第三者行為事故状況届」を提出するように

日本年金機構(年金事務所)から求められることがあります。

え〜、どうして?

と地団駄踏んで訴えてもダメで、納得いかないまま、

本人に詳細を伺ったりして、作成して提出しています。


【どんな時に提出させられるのか?】

それでは、どんな時に

「第三者行為事故状況届」を提出するように求められるのかというと、

例えば、単独事故

単独事故ですから、当然、第三者行為ではありません。

よくあるパターンが、

自転車に乗っていて、一人で転んでしまい、後遺症が残ったケース。

歩道だったとしても道路での事故であれば必要と。

駅の階段を踏み外して落ちてしまい、後遺症が残ったケースも必要と。

労災対象の帰宅途中での単独事故も必要と。


【第三者行為事故状況届を提出する目的とは】

そもそも、「第三者行為事故状況届」を提出する目的は、

障害年金の受給権者が第三者から受ける損害賠償の額と

年金給付との間に調整が行われるためです。

法律でいいますと、

国年法22条、厚年法40条(損害賠償請求権) に定められています。

「第三者行為事故状況届」の裏面には、

賠償の請求先

損害賠償金の受領状況や自己負担額

を記載する欄が設けられているのは、そのためです。

また、調整のために年金給付を行わない期間(月数)は

36月(3年とされています。


【もう一度、問いたい。なぜ提出が必要なのか?】

なのに、なぜ、単独事故でも「第三者行為事故状況届」が必要なのか?

相手がある事故であっても、

給付調整の期間(36月)が過ぎている何十年も前の事故

「第三者行為事故状況届」が必要なのか?

私にとっては「謎」でしかありません・・・。

損害賠償の調整がないのだから

「第三者行為事故状況届」は提出する意味なし!と主張するも

年金事務所との押し問答にも疲れてしまい、

その分、事務手続きが遅くなりますから、

代理人としては、無駄と知りつつ、

先に進めないので、さっさと作成して提出しています。

これって、どうなんでしょう・・・。

皆さんは、どう思いますか?

客観的にみて、

こんな無駄なことをしているから

無用な書類が増えて

事務手続きが遅くなるのでは?と思ったりしています。


ちょっと愚痴っぽくなってしまいました。

夏の暑さ疲れもあるのかも・・・。

そうそう、9月13日〜17日まで帰省のためお休みします。

皆さまもシルバーウィーク、楽しんでくださいね!

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【関連記事】障害年金請求サポート専門社労士吉野千賀ブログの「社労士の障害年金」記事一覧
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【お知らせ】

2019年9月13日(金)〜9月17日(火)までお休みします。

よしの社労士事務所では、障害年金に関するご相談は無料です。専門家としてアドバイス致します。
直接お電話(03-6380-8611)いただくか、メール(info@cyoshino-office.com)でご連絡ください。
なお、匿名でのご相談は受けておりません。
※名前を名乗らずに、いきなり「聞きたいことだけ聞く」電話が多いです。そのような問い合わせにはお答えできません。

一般の方向けに「スッキリ解決!みんなの障害年金」を商業出版しました。
おかげさまで、2015年9月刊行後、2か月で1万部に到達しました。ありがとうございます。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Have a nice day!

Chika Yoshino

障害年金請求サポートの「よしの社労士事務所」 吉野千賀
コメント

障害年金 診断書の傷病名 複数の場合

2019-08-06 | 社労士の障害年金
こんにちは!
社会保険労務士の吉野千賀です。

夏空は気持ちいいですが、連日の熱波には参りますね。

冷えたスイカを食べて、なんとか乗り切りましょう!

さて、前回の【障害年金の請求傷病】の続きです。

障害年金の診断書①欄

医師が記載する「障害の原因となった傷病名」のことです。

前回は、傷病名の記載がどんなに重要かを書きました。

今回は、この重要な欄に【複数の傷病名が記載されていたら・・・】です。

最初から傷病名が複数あることを知っていて、

2つの傷病を併合しようと考えている場合は

想定内ですから、大丈夫ですよ。

でも、「一つの傷病と思っていたのに・・・」

なにげに2つ・3つの傷病名が

障害年金の診断書①欄に列記されていたら、

「あ〜、どうしようかなぁ」と

頭がグルグル、クラクラします。

(注)因果関係がなさそうな傷病名の列記です。

ご本人やご家族、さらに、主治医の先生は

たくさんの傷病名を書いた方が年金は通りやすいと

思われているのかもしれません。

しかし、たくさん傷病名があると実は認定しづらいです。

【問題点1】

第一に、それぞれの傷病名は、傷病ごとに初診日が異なるはずです。

そうすると、初診日の証明である「受診状況等証明書」は、

それぞれの傷病ごとに取り直すこともあります。

それだけでも結構大変ですし、時間がかかります。

月末なら、その月に提出する目標は「さよなら〜」と遠のきます。

【問題点2】

さらに、傷病ごとに初診日が異なる場合、

人によっては、それぞれの傷病ごとに

障害基礎年金か障害厚生年金か、

請求する制度が異なる可能性もあります。

こうなると、大問題です。

【問題点3】

複数の傷病のうち、

どの傷病による症状や障害なのか、

一枚の診断書ですと、

なかなか線引きが難しい問題もあります。

【問題点4】

初診日が異なり、治療内容も異なるなら、

診断書は一枚でも

傷病ごとに、病歴・就労状況等申立書を作成しなければなりません。

・・・と、問題点を列記しましたが、

【精神の疾患は例外】です。

精神の傷病の場合は

複数の傷病名でも比較的問題がありません。

たとえば、

・発達障害、うつ病
・発達障害、躁うつ病
・知的障害、発達障害
・統合失調症、発達障害 など

なぜなら、精神の疾患については、

傷病名が異なっても

初診日の証明(受診状況等証明書)は一番古い医療機関のみでいいからです。

ただし、高次脳機能障害は別です。

高次脳機能障害は原因が脳出血や交通事故などで

他の精神疾患と明らかに異なりますから

初診日の証明(受診状況等証明書)は別途入手することになります。


【さいごに】

ここ数ヶ月の間に、診断書を受け取ったときに

複数の傷病名が記載されていて焦った!ことが続きました。

主治医の先生は、もしかすると

あれもこれもと書いた方がいいとの誤解があるのかなぁと

推測したりしています。

障害年金は、一番日常生活に大きな支障のある傷病だけで

書類を揃えることがベストだと考えています。

以上、参考になれば、幸いです!

暑い毎日ですので、体調には充分気をつけて

今年の夏を楽しんでくださいね!


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【関連記事】障害年金請求サポート専門社労士吉野千賀ブログの「社労士の障害年金」記事一覧
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【お知らせ】

よしの社労士事務所では、障害年金に関するご相談は無料です。専門家としてアドバイス致します。
直接お電話(03-6380-8611)いただくか、メール(info@cyoshino-office.com)でご連絡ください。
なお、匿名でのご相談は受けておりません。
※名前を名乗らずに、いきなり「聞きたいことだけ聞く」電話が多いです。そのような問い合わせにはお答えできません。

一般の方向けに「スッキリ解決!みんなの障害年金」を商業出版しました。
おかげさまで、2015年9月刊行後、2か月で1万部に到達しました。ありがとうございます。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Have a nice day!

Chika Yoshino

障害年金請求サポートの「よしの社労士事務所」 吉野千賀
コメント

障害年金の請求傷病(傷病名)

2019-07-19 | 社労士の障害年金
こんにちは!
社会保険労務士の吉野千賀です。

ジメジメした梅雨が続きますね。
蒸し暑いのが苦手なので、体調を整えていきたいと思います。

【障害年金の請求傷病】

障害年金は、どの傷病で請求(申請)するのか、が

大変重要です。

これは「請求傷病」と呼ばれています。

障害年金の請求傷病名とは、

診断書の①欄「障害の原因となった傷病名」

記載がある傷病名だけです。

①欄に記載のない傷病名は、

原則として、認定の対象になりません。

ごく当たり前のことのように思われるでしょう?

しかし、ここでつまづくことが意外と多いので

ブログに書くことにしました。


【よくある誤解】

診断書を作成する医師が

よく誤解されていること・・・

本来、診断書の①欄に書くべき傷病名を

「既存障害」や「既往症」に記載されていることです。

理由は伺うといろいろですが、

誤解されていることが多いです。


【傷病名の移動により、障害年金を受給できた例】

こんなことがありました。

ご本人が自分で提出して、不支給決定だったと相談を受け、

診断書を拝見すると

診断書①欄に「社会不安障害」

既存障害(精神の場合は④欄)に「発達障害」と記載がありました。

※ 請求傷病の社会不安障害は、神経傷病のため

原則として認定の対象外とされています。

そのために、不支給決定を受けたと考えられるため

ほぼ同じ内容の診断書を取り直しました。

ただし、①欄には「発達障害」と「社会不安障害」と記載してもらいました。

そうすると、ほどなく

障害基礎年金2級に認定されました。

他の診断書の項目は、同じなのに・・・です。

もちろん、病歴・就労状況等申立書は、

発達障害も入りましたから、

幼少期からのものを作成し直しました。


【しかし、こんなこともあった】

ご両親が請求して、返戻されたため、依頼を受けました。

①欄は「統合失調症」

既存障害に「知的障害」と記載があったため、

--------------------

ア 病歴・就労状況等申立書は生まれた時からのことを書くこと

イ 初診日は、知的障害もあるなら「生年月日」に変更すること

--------------------

上記の対応をしなければなりませんでした。

これは、結構困りましたが、

結果的には、知的障害は軽度だったため、

障害厚生年金を受給することができました。


【まとめ】

重要なので、繰り返します。

診断書の①欄「障害の原因となった傷病名」に記載がある傷病のみ

障害年金では認定の対象です。

いくら、他の箇所(既存障害、既往症)に記載があったとしても

①欄に傷病名の記載がないと、認定の現場ではスルーされてしまいます。

ただし、既存障害・既往症欄の記載内容によっては、

返戻を受けたり、不支給決定になることもあります。

診断書の①欄「障害の原因となった傷病名」や「既存障害」「既往症」は

必ずチェックしておましょう!


次回は、障害年金の診断書①欄に

複数の傷病名が記載されている場合 について  です。

障害年金は、請求傷病だけでも奥が深いですね。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【関連記事】障害年金請求サポート専門社労士吉野千賀ブログの「社労士の障害年金」記事一覧
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【お知らせ】

よしの社労士事務所では、障害年金に関するご相談は無料です。専門家としてアドバイス致します。
直接お電話(03-6380-8611)いただくか、メール(info@cyoshino-office.com)でご連絡ください。
なお、匿名でのご相談は受けておりません。
※名前を名乗らずに、いきなり「聞きたいことだけ聞く」電話が多いです。そのような問い合わせにはお答えできません。また、現在、業務多忙につき、メールでのご相談のみ受けております。

一般の方向けに「スッキリ解決!みんなの障害年金」を商業出版しました。
おかげさまで、2015年9月刊行後、2か月で1万部に到達しました。ありがとうございます。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Have a nice day!

Chika Yoshino

障害年金請求サポートの「よしの社労士事務所」 吉野千賀
コメント

障害状態確認届(更新診断書)の提出時期の変更など(法改正)

2019-07-04 | 社労士の障害年金
こんにちは!
社会保険労務士の吉野千賀です。

今朝は東京も台風のような雨と風でした。
九州地方の大雨・・・大変でしたね。
被害があった地域にお見舞い申し上げます。

さて、今日は最近の法改正4点について です。

・20歳前傷病の障害基礎年金 提出時期の変更
・20歳前傷病の障害基礎年金 所得状況届は不要に
・更新診断書の作成期間が1ヶ月以内→3ヶ月以内へ
・額改定請求の診断書 1ヶ月以内→3ヶ月以内へ

【20歳前傷病の障害基礎年金受給者の方 更新時期が変更になります】

20歳前傷病の障害基礎年金受給者については、

更新診断書(障害状態確認届)の提出時期が、

提出する年(サイクル)は違えども、

今までは一律7月末までに提出するようになっていました。

これからは、それぞれの誕生月の末までに提出するようになります。

平成31年7月(今月)」に次回診断書提出予定年月の方は、

令和元年7月以降の最初の誕生月」に更新診断書を提出することになります。

順次、

平成32年7月」→「令和2年7月以降の最初の誕生月

平成33年7月」→「令和3年7月以降の最初の誕生月

平成34年7月」→「令和4年7月以降の最初の誕生月」 となります!

たとえば・・・

6月が誕生月で

「平成31年7月」が更新だった方は、

今年でなく、来年の

「令和2年6月」に更新となる、ということ。

この取扱いは「提出期限が令和1年8月以降となる方が対象」とされているため

今年7月更新は従来通りで、来年から変更なんだな・・・と理解しておりました。

ところが・・・ですよ、

弊事務所で過去に代理手続きをした方から

今年6月に、更新時期が「平成31年7月」のため

「更新診断書のチェックをして欲しい」と連絡がありました。

診断書を見せてもらい、問題なかったので、

その後、日本年金機構へ提出したそうです。

そうすると、なんと!!!

今回、更新診断書を送ったことが

日本年金機構の誤りだったことが判明。

今回は診断書の取り寄せにお手間と費用負担がかかりましたこと

お詫び申し上げます。来年3月にまた診断書を送るので提出してください」

という旨の通知が届いたそうです。

更新診断書が送られてきたから提出したのに・・・

なんということでしょう・・・。

法改正の時期が、いつから適用されるのか、日本年金機構でも

混乱があると見受けられます。

他にも同じような方がいるかもしれませんね。

診断書作成は精神科では1万円くらいかかることもあり、

そのために準備して、手間もかかります。

更新診断書の提出は、

障害年金の受給を継続するために

重要で必要な手続き。

受給者は滞りなく誠実に行おうとしていますから、

混乱させないようにお願いしたいものです。


【更新診断書の作成期間が1ヶ月以内→3ヶ月以内へ】

※20歳前傷病に限らず、すべての障害年金受給者に適用されます。

更新診断書(障害状態確認届)の作成時期が

1ヶ月以内から3ヶ月以内になります。

今まで診断書提出月の前月末に届いていた診断書用紙が

3ヶ月前にお手元に届く、ということです。

先ほどの例でいうと、

提出期限が令和2年6月末日の場合は、

今までは、令和5月末に更新診断書が届いていたものが、

今度からは、令和2年3月末までに送付されることになります。

メンタルクリニックなどでは

診断書作成に時間がかかることも多く、

1ヶ月以内に提出できるかどうかを

心配されていた方も多くいましたから、

ちょっと時間的に余裕ができて、よかったですね。


【額改定請求の診断書 1ヶ月以内→3ヶ月以内へ】

障害の状態が重くなり

上位等級へ「額改定請求」を行うときも

診断書の現症日が

提出日より1ヶ月以内だったものが、

提出日より3ヶ月以内と変更になります。


【20歳前傷病の障害基礎年金 所得状況届は不要に】

今まで毎年提出していた「所得状況届(ハガキ)」は、

日本年金機構が市区町村から所得情報の提供を受けることとなるため、

今後は原則として提出しなくていいことになりました。

※所得制限のある20歳前傷病の障害基礎年金のみの話です。


以下を参考にしてください。

障害年金受給者の手続きの変更(日本年金機構ホームページ)

20歳前障害基礎年金受給者用

障害年金受給者用


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【関連記事】障害年金請求サポート専門社労士吉野千賀ブログの「社労士の障害年金」記事一覧
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【お知らせ】

よしの社労士事務所では、障害年金に関するご相談は無料です。専門家としてアドバイス致します。
直接お電話(03-6380-8611)いただくか、メール(info@cyoshino-office.com)でご連絡ください。
なお、匿名でのご相談は受けておりません。
※名前を名乗らずに、いきなり「聞きたいことだけ聞く」電話が多いです。そのような問い合わせにはお答えできません。

一般の方向けに「スッキリ解決!みんなの障害年金」を商業出版しました。
おかげさまで、2015年9月刊行後、2か月で1万部に到達しました。ありがとうございます。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Have a nice day!

Chika Yoshino

障害年金請求サポートの「よしの社労士事務所」 吉野千賀
コメント

障害年金生活者支援給付金

2019-06-03 | 社労士の障害年金
こんにちは!
社会保険労務士の吉野千賀です。

令和になって1ヶ月。
書類を作成するときも新元号に馴染んできましたね!

さて、4月になってから障害年金の請求書類を年金事務所に提出したときに

「年金生活者支援給付金」の請求書も一緒に提出してね、と

言われるようになりました。

なので、

この新設の給付金について、

まとめてみました。

【年金生活者支援給付金とは?】

2019年10月から消費税引き上げ分を活用し、

年金受給者の生活を支援するために

年金に上乗せして支給されるものです。

老齢年金、遺族年金、障害年金

いずれかの年金を受給されている方が対象です。

【障害年金生活者支援給付金の給付額】

障害年金を受給されている方の給付額は、障害等級により異なります。

障害等級2級=5,000円(月額)
障害等級1級=6,250円(月額)

【障害年金生活者支援給付金、支給要件は?】

支給要件は2つで、すべて満たしている方が対象です。

① 障害基礎年金を受けていること
  ※障害厚生年金2級以上の方も含まれます。

② 前年の所得額が「4,621,000円+扶養親族の数×38万円」以下であること
  ※同一生計配偶者のうち70歳以上の者または老人扶養親族の場合は48万円
   特定扶養親族または16歳以上19歳未満の扶養親族の場合は63万円

したがって、障害厚生年金3級を受給している方には、支給されません。

また、透析などで障害厚生年金2級を受給している会社員の方は、

所得要件で該当しないかもしれませんね。

【給付金は非課税です】

各給付金は非課税です。

障害年金は元々非課税ですが、

老齢年金への給付金も非課税になるそうです。

【給付金の支給開始時期】

2019年10月分から支給されますから、

初回支給日は、2019年12月13日に

10月・11月分が振込まれることになります。

【請求方法は?】

これから障害年金を請求する人は、

「年金生活者支援給付金請求書」も一緒に提出することができます。

弊事務所では、2級以上に該当する方は提出しています。

すでに障害年金を受給されている方へは、

2019年9月頃に、日本年金機構から

「手続きの案内」と「請求書」が届く予定とのことです。

請求書自体は、記入項目もごく簡単なものですから、

心配であれば、早めに年金事務所へ行って手続きをしてもよろしいかと思います。

なお、「年金生活者支援給付金請求書」を提出しなければ、

いくら要件に該当していても支給を得られません。

これは、障害年金の要件に該当していても

書類を提出しなければ、支給されないのと同じです。



障害等級2級の方への給付金は年額6万円ですから、

障害基礎年金2級の支給額780,100円+60,000円で

合計840,100円(年額)になります。

これは、とても助かりますね。


以下を参考にしてください。

制度の概要(日本年金機構ホームページ)

よくあるご質問(日本年金機構ホームページ)

年金生活者支援給付金請求手続きのご案内

年金生活者支援給付金請求書


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【関連記事】障害年金請求サポート専門社労士吉野千賀ブログの「社労士の障害年金」記事一覧
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【お知らせ】

よしの社労士事務所では、障害年金に関するご相談は無料です。専門家としてアドバイス致します。
直接お電話(03-6380-8611)いただくか、メール(info@cyoshino-office.com)でご連絡ください。
なお、匿名でのご相談は受けておりません。
※名前を名乗らずに、いきなり「聞きたいことだけ聞く」電話が多いです。そのような問い合わせにはお答えできません。

一般の方向けに「スッキリ解決!みんなの障害年金」を商業出版しました。
おかげさまで、2015年9月刊行後、2か月で1万部に到達しました。ありがとうございます。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Have a nice day!

Chika Yoshino

障害年金請求サポートの「よしの社労士事務所」 吉野千賀
コメント

1型糖尿病 大阪地裁判決

2019-04-15 | 社労士の障害年金
こんにちは!
社会保険労務士の吉野千賀です。

ようやく春らしい気温になりましたね。

先週(4月11日)に大阪地裁で障害年金訴訟の判決が出ました。

これを受けて、弊事務所にも1型糖尿病の方からの問い合わせが続いています。

---------------------------------------------------------------
1型糖尿病患者9人勝訴  「処分理由示さず」大阪
---------------------------------------------------------------

障害年金は国の制度ですから、

私は、一番大事なのは以下の2点だと日頃から考えています。

・公平性
・透明性

どららかでなく、どちらも必要!ではないでしょうか。

——————————————————
原告らへの処分通知書には障害等級が2級に該当しないとする結論しか記載されず
行政手続法が定める理由提示義務に違反する」と判断した。
——————————————————
と記事にありますから、

今回の裁判では、上記のうち「透明性」が論点となったようです。

今まで障害基礎年金2級を受給できていたのに、

処分通知書に「障害等級が2級に該当しない」ということしか記載されていなかった。

これは納得できないでしょう・・・。

背景にある(と思われる)中央裁定になったことや

障害認定基準に合致しているのかどうか等の

支給停止の理由を示さないのは、

行政手続法に定める「理由提示義務」に違反するという判決です。

この裁判を受けて、今後は

通知を受けた方が不支給や支給停止、却下の理由をわかるよう提示するように

厚生労働省や日本年金機構が変わることを切に願っています。

ちなみに現状では、不支給等の通知を受けた場合、

個人情報開示請求の手続きを行い

障害状態認定表」を入手して、不支給等の理由を確認しています。

しかし、上記書面ですら、

理由及び摘要」という欄に

認定医が走り書きで「2級と認めない」「就労」等と記載があるだけです。

結論だけで理由になっていませんね・・・。

しかも、ぞんざいな印象の走り書きで、数文字程度の記載です。

審査請求を行って、ようやく「保険者意見」という書面を入手でき

A4一枚くらいの文章となった不支給等の理由を確認できる状態です。

このような透明性に欠けた処分通知を出し続ける限り、

同様の裁判を起こされたら、

行政手続法の理由提示義務違反として

国は負け続ける可能性があります。

このままじゃ、かなりまずいですよね。


話は変わり、「公平性」の面から見ると

以前の都道府県ごとのバラツキがある認定においては

公平性が大きく欠けていました。

たまたま住所がある都道府県によって、

隣の県では出せばスイスイ通る、

自分の県では寝たきりくらいにならないと通らない、という状態もありました。

中央裁定となり、公平性という点では担保できるようになったと考えています。

ただ、今までスイスイ通った県では

今後、支給停止になる危惧はあるでしょうね。

厚生労働省は、どこまで理由を提示できるのでしょうか・・・。


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【関連記事】障害年金請求サポート専門社労士吉野千賀ブログの「社労士の障害年金」記事一覧
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【お知らせ】

よしの社労士事務所では、障害年金に関するご相談は無料です。専門家としてアドバイス致します。
直接お電話(03-6380-8611)いただくか、メール(info@cyoshino-office.com)でご連絡ください。
なお、匿名でのご相談は受けておりません。
※名前を名乗らずに、いきなり「聞きたいことだけ聞く」電話が多いです。そのような問い合わせにはお答えできません。

一般の方向けに「スッキリ解決!みんなの障害年金」を商業出版しました。
おかげさまで、2015年9月刊行後、2か月で1万部に到達しました。ありがとうございます。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Have a nice day!

Chika Yoshino

障害年金請求サポートの「よしの社労士事務所」 吉野千賀
コメント