障害年金社労士 吉野千賀 ブログ

障害年金など社労士の仕事を通して感じたこと、知って為になること、面白いことをよしの社労士事務所の代表吉野千賀が綴ります!

障害年金の第三者証明書(初診日証明)

2019-02-01 | 社労士の障害年金
こんにちは!
社会保険労務士の吉野千賀です。

1月も終わり、2月になりました。
この1ヶ月もアッという間で、これで12分の1が過ぎてしまった・・・と焦ってしまいます。
皆さんはいかがお過ごしですか?

【初診日証明としての第三者証明】

「第三者証明」とは、

病院のカルテが廃棄されているなどの理由で

初診日の証明ができない場合に

第三者に証明書を書いてもらうと

初診日認定の参考にはしますよ」という書類です。

ここ↑が重要です。

あくまでも「初診日認定の参考にする」というだけです。

「初診日と認定する」とは言っていないです。

平成27年10月に「第三者証明」で初診日認定の参考とする取り扱いが

20歳前傷病だけでなく、

20歳以降に初診日がある方へも適用が広がりました。

適用が広がったのは、良かったですね。

【第三者証明に頼りすぎた残念なケースが多い】

病院のカルテが廃棄されている」ということは、

残念ながら、多くの方が直面する問題です。

そうすると、年金事務所(や他の社労士事務所でも?)では

「第三者証明を提出すればいい」とアドバイスします。

これ、飛びつきますよね。

そして、友人や知人に頼んで証明書を書いてもらうと。

これで「初診日の証明ができた!」と勘違いしてしまう・・・ようです。

年金事務所へ提出して数ヶ月後に

「初診日の確認ができないため」という理由の「却下通知」が届き

「どうして!友人や知人に頼んで書いてもらったのに!」となるわけです。

今までに、不支給決定後のご相談を受けて

提出書類を見せてもらい、

幾度となく「第三者証明」だけ提出してダメだったケースを目にしています。

障害年金の初診日認定は、

友人や知人の「第三者証明だけ」で認定されるような甘いものではないです。

じゃ、何が必要かというと、

友人や知人の第三者証明の他に、その証言の裏付けとなる資料があること。

といっても、なかなか・・・ないから友人や知人に頼んだのですよね。

【証明力の高い第三者証明にするために】

会社の上司や同僚に書いてもらう、これは友人や知人よりもいいと思います。

ただ、会社関係の人に証明書を書いてもらうなら

私が代理する場合は、「第三者証明」の様式でなく

「会社の申立書」として書いてもらったりします。

本人との関係や本人の症状、

「通院すると言って早退した」等の記載事項は

第三者証明の記載と同じでも

会社の所属・役職・押印があれば、

証明書としての信頼性が増します。

おのずと記載した内容に対する責任も生じますしね。

さらに、「体調不良のための早退届」などの客観的資料があれば

かなり証明力が上がるのではないかと考えます。

【会社関係者の第三者証明でもダメだったケース】

最近、相談を受けたケースで「あ〜、なんか残念」と思ったのです。

せっかく会社関係者が「第三者証明」を書いてくれていたのですが、

会社名・所属・役職も不明で、

名前だけの記載でした。

名前だけだと友人・知人と同じです。

信用する気にはなれないのでは?と思ったのでした。

もちろん、会社関係者の証明書を会社印押してもらい提出しても

それだけで初診日が認められるとは限りませんけれど・・・。

会社へ提出した「診断書」等の医療機関発行の書類!

これがあれば、確実に認められるでしょう。

「それがあれば、こんな苦労しないよ!」と怒らないでくださいね・・・。



寒くて乾燥していますので

インフルエンザにはくれぐれもお気をつけください!

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【関連記事】障害年金請求サポート専門社労士吉野千賀ブログの「社労士の障害年金」記事一覧
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【お知らせ】

よしの社労士事務所では、障害年金に関するご相談は無料です。専門家としてアドバイス致します。
直接お電話(03-6380-8611)いただくか、メール(info@cyoshino-office.com)でご連絡ください。
なお、匿名でのご相談は受けておりません。
※名前を名乗らずに、いきなり「聞きたいことだけ聞く」電話が多いです。そのような問い合わせにはお答えできません。

一般の方向けに「スッキリ解決!みんなの障害年金」を商業出版しました。
おかげさまで、2015年9月刊行後、2か月で1万部に到達しました。ありがとうございます。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Have a nice day!

Chika Yoshino

障害年金請求サポートの「よしの社労士事務所」 吉野千賀
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする