障害年金社労士 吉野千賀 ブログ

障害年金など社労士の仕事を通して感じたこと、知って為になること、面白いことをよしの社労士事務所の代表吉野千賀が綴ります!

障害年金 年金事務所の対応

2013-06-06 | 社労士の障害年金
こんにちは!社労士の吉野千賀です!

障害年金の請求代理業務を行っていると、年金事務所へ足しげく通うことになります。

障害年金の対応が、それぞれの年金事務所で大きく異なることや、

同じ年金事務所内でも相談員によって大きく異なることにいつも驚かされます。

障害年金について詳しく頼りになる相談員もいれば、

必要書類でさえまともに渡してくれない、

納付要件さえまともに示してくれない、そんな相談員もいます。

時間の節約のため、病院近くや最寄りの年金事務所へうっかり入って、

あまりの対応のひどさに書類を引き上げて(そこの年金事務所で提出することは断念して)、対応のいい年金事務所へ行くこともあります。

それでも、私たち社労士は年金事務所の担当者の対応がまずいとわかったら、

即座に判断して長居せずにさっさと別の年金事務所へ行きますが、

これが一般の方で、お住まいの近くの年金事務所だけが窓口と信じて相談に行って、

相談員がかなりのハズレだったとしたら?

とてもじゃないが、請求書類を提出するところまで到達できないのではないか、と懸念しています。

また、東京都内には年金事務所は28カ所あり、ハズレだった場合、別の年金事務所へ1時間以内くらいには行けますが、

地方でそこしかない年金事務所の対応が悪かったら、障害年金を請求する権利が行使できないことになります。

私の場合は、少々遠くても、対応が良く、相談員の当たりハズレが少ない年金事務所へ行っています。

結局は、時間が節約できるため、そして、不愉快な思いをしなくて済むからです。

もう飛び込みで年金事務所へ入ることはしていません。(怖くて行く気になりません)

一般の方が相談に立ち寄って、どの相談員に当たっても障害年金についてきちんとした説明を受けられる日が来ることを願っています。

納得いかない対応を受けた場合は、障害年金を専門としている社労士へご相談してください。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【関連記事】障害年金請求サポート専門社労士吉野千賀ブログの「社労士の障害年金」記事一覧
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【お知らせ】

よしの社労士事務所は、全国規模のNPO法人「障害年金支援ネットワーク」の会員です。NPO法人「障害年金支援ネットワーク」では無料電話相談を月曜日~金曜日の午前10時~午後4時まで行っています。吉野は会員として月に1回程度、無料電話相談の当番をしています。

よしの社労士事務所では、障害年金に関する初回のご相談は無料です。専門家としてアドバイス致します。
直接お電話(03-6380-8611)いただくか、メール(info@cyoshino-office.com)でご連絡ください。
なお、匿名でのご相談は受けておりません。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Have a nice day!

Chika Yoshino

障害年金請求サポートの「よしの社労士事務所」 吉野千賀
ジャンル:
ビジネス実用
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 障害年金と保険料納付 | トップ | 障害年金 よくある問い合わせ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はずれの相談員でした (美紀)
2016-09-06 20:08:14
年金事務所で大変不愉快になる相談員がいたので
いったいあの方々はどういう人達だろうと思い検索していたらこのブログを発見しました。とても参考になる記事でしたのでコメントさせていただきました
コメントありがとうございます。 (社労士 吉野千賀)
2016-09-06 23:59:22
美紀さん、コメントありがとうございます。
かなり昔に書いたブログを発掘いただき、再度読み返すと恥ずかしい気がしました。年金事務所の対応は、良くも悪くも変化しています。組織ですので、人事異動で上に着任した人によって、いい感じの年金事務所になったり、厳しい年金事務所になったりしますね。それはそれとしても、一般の方が困惑されないように、不愉快な気持ちにならないように、接客態度だけでなく窓口に立つ人は障害年金の知識が当然に必要な部署だと私は思うのです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社労士の障害年金」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事