障害年金社労士 吉野千賀 ブログ

障害年金など社労士の仕事を通して感じたこと、知って為になること、面白いことをよしの社労士事務所の代表吉野千賀が綴ります!

障害年金~専門家への相談

2012-11-22 | 社労士の障害年金
こんにちは!社労士の吉野千賀です!

障害年金の請求は、1 初診日証明(受診状況等証明書、2 診断書、3 病歴就労状況申立書の3つが揃えば、

ご本人やご家族が申請することは可能です。

しかしながら、それぞれの書類の持つ意味を考えて、揃えていくことは難しいのではないでしょうか。

例えば、一般的に知られていない傷病名難病で障害年金を請求する場合

初診日証明(受診状況等証明書)に別の傷病名が記載されていたり、

病院より連絡があり「その傷病名では診断していないので書けない」と言われたりします。

たとえ誤診であっても、因果関係がある症状を訴えており、その診療録があれば、初診日証明(受診状況等証明書)は成り立つのですが、

それを病院に申し立てて、正しく書類を作成してもらうのは、やはり専門家でないと難しいです。


また、事後重症受給後に、改めて認定日請求をすることもできますが(要件が合えば)、

これには法律の理解や技術的な方法が伴わないと難しく、

専門家に相談されることをお薦めします。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【関連記事】障害年金請求サポート専門社労士吉野千賀ブログの「社労士の障害年金」記事一覧
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【お知らせ】

よしの社労士事務所は、全国規模のNPO法人「障害年金支援ネットワーク」の会員です。無料の電話(またはメール)相談を午前10時~午後4時まで行っています。匿名でのご相談を受けております。

当事務所へのご相談

初回のご相談は無料です。専門家としてアドバイス致します。
直接お電話(03-6380-8611)いただくか、メール(info@cyoshino-office.com)でご連絡ください。
なお、匿名でのご相談は受けておりません。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

See you tomorrow!

Chika Yoshino

障害年金請求サポートの「よしの社労士事務所」 吉野千賀
ジャンル:
ビジネス実用
コメント   この記事についてブログを書く
« 障害年金~受診状況等証明書 | トップ | 障害者雇用~社労士の役割 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社労士の障害年金」カテゴリの最新記事