晴れのち曇り、時々パリ

もう、これ以上、黙っていられない! 人が、社会が、日本全体が、壊れかかっている。

フランスで、原発依存への見直し議論が活発になって来た。政府と反原発派が激論。

2011-03-14 22:37:48 | 日米関係
フランスでは、原発の危険性に対する議論が、<東日本大地震>に依る『福島第一原発』の事故により、活発に論じられる様になって来た。


3月14日月曜日、パリ発の成田行き『エール・フランス』便が、直行便であるにも関わらず、何と「インチョン(ソウル)」経由で飛んだ。

勿論正確な事は伝えられていない。
しかし、漏れ伝わって来た情報に依ると、「乗務員」が核被爆の危険を恐れて、乗務に難色を示したらしい。

フランスには、多くの<労組>が有るが、労働者各自がどの労組員かによって、勤務状態が変わる事が有る。
有る労組が「スト」を決めると、その労組に加盟しているスタッフのみが、就労しない。


恐らく、乗務員との『労使協約』で、戦争・災害その他、特定の事態が生じているときは、常務を拒否出来る、と言う様な一条が有るのでは無かろうか。

結局街頭フライトは、インチョンで乗務員を交代させ、東京ベース(勤務地が東京で乗務するスタッフ)の乗務員が変わってインチョン成田間の乗務をする様だ。

エア・フラが、乗客に何と説明したか私にまでは伝わって来ていないし、本当の理由が知れる事も無かろう。


しかし、現在進行中の『福島第一原発事故は』、<日本以外>では日本国内以上に深刻に受け止められている。


つい今しがた、同時に流れているNHKのニュースでの「枝野官房長官」の背景説明の後、ある記者が質問して、『それでは今まで事実を隠蔽していた、と理解していいのですね?』と切り込まれ、枝野はしどろもどろになっていた。


ここフランスでは、大手メディアから、地下鉄駅で無料で配られる「ミニコミ紙(フリー・ペーパー、5紙程有る)」に至るまで、トップ記事は「日本の原発事故」である。

元来フランスは、核超大国で、全発電量の実に78%程もが<原子力発電>に頼っている。
核兵器も含めての「全用途核利用」は、アメリカに次いで世界代二位である。


当然、「反核運動」も根強く行われてはいる。

その彼等に取って、今回の日本での事故は、正にうってつけの事態であった訳である。

ヨーロッパ議会に議席を持つ『ヨーロッパ・エコロジー』と『緑の党』の連合組織が、15日火曜日に、フランス全土の主立った街で、『一分間の黙祷』を提案している。

「日本を襲った地震と津波による犠牲者を悼み、原子力依存からの脱却を願って」の黙祷である。


正に、14日月曜日に刻々と「日本からもたらされた」非常事態に、フランス政府は神経を尖らせているのです。

仏エコロジー相コリセウスコ=モリゼは、以下の様に発言した。

「極めて重大な事故が進行中である。そして、その事は<超巨大災害>が決して(人類社会から)遠のいている訳では無い」

『原子力安全管理機構(ASN)』は本日、今回の福島の事故の危険レベルを、現在の4から5への引き上げ、更に6にまで引き上げる必要が有るかもしれない」と発表した。
ちなみに、この<危険レベル>の最大値は『7』である。


実にこの週末を通じて、フランスのあらゆる社会学と核物理学、環境学の専門家が総動員状態で、ラジオやテレビ、新聞紙上など、あちこちで熱い討論を繰り返している。

TVの人気コメンテーターで、『エコロジー・パクト(自然環境保護協約運動)』の起ち挙げ者でもある、『ニコラ・ユロ』は、本日月曜日に「討論会」を呼び掛け、近い将来においての『原子力利用に対する賛否』を問う<国民投票>の是非を活発に討議した。

彼は、来る2012年の『大統領選挙』に出馬する事を、表明している。

曰く。
「人類の運命を、危険な<ロシアン・ルーレット>に賭ける訳にはいかない」



このような、フランス原子力政策への「挑戦的」言動に、政府は非常に苛立っている事は確かである。

仏産業相『エリック・ベッソン』は、ラジオ局『フランス・アンテール』での番組の中で、「次の大統領選には、「原子力政策」が大きな争点になる」と、明言した。

さらに。
「今は、フランス国内で<政争>に走る前に、先ず日本で進行中の災害を、日本の人々と連帯しながら、終息させる事を待つ事が必要である。」


彼の周辺では、フランス59番目となる、中型原子炉『アトメア』の「建設へのリサーチ開始」の昨二月の決定に、何ら変更は無い、と語っている。


大統領に依ると、政権与党UMPの会合上で、幹部達を前に「フランスの原子力技術の信頼性」について積極的賛意を表明して自画自賛した。

昨今の、各国でもたらされた、原発建設入札においての敗北については、「敗因はフランスの入札価格が一番高い事であり、その事はフランスの安全管理技術が、特に第三世代EPR型原子炉に於けるそれが、一番高度に完成しているからである」とまで述べている。

上で話題になった『アトメア』原発も運営する企業『アヴェラ』の「取締役会会長アンヌ・ローヴェルジョン」によれば、「福島の例は、今後原発に対する安全基準がより厳しく求められるになる事は確かだ。フランスはその分野においての技術は、他国よりずっと先んじているので、問題は無い」と言い切った。

テレビ『フランス2』に於いての、彼女の発言。

「ローコスト原発は、これからの話題では無い」



フランスの政界を二分する、もう一方の勢力『社会党』では、論議が「揺れて」居るのが現状である。

現時点では「同じ野党陣営」である「エコロジスト」に対する社会党の批判はと言うと。

社会党議員ながら、ニコラ・サルコジー政権に於いて閣僚に起用されていた『ナジャ・ヴァロー=ベルカサン』は、次の様に反論する。

「政治論にすり替える<無作法>は、たちまち<人災>となる」


『社会急進党』は、更に厳しい表現でエコロジストを批判する。
ヨーロッパ・エコロジーの書記長『セシル・デュフロ』を評して、<デマゴーグ>だと決めつけ、「彼女のスローガンは、選挙用の甘言に過ぎない」とまで酷評する。


現時点での<社会党統一見解>としては、『ブノワ・アモン』がRTLラジオの番組で言った、以下の如くである。

「フランスは、原子力エネルギーに政策に関して、朝令暮改は出来ない」

「2~30年をメドに、より効率の高い、そしてリサイクル可能なエネルギー政策に移行しなければならない。そうなった時の<原子力>の割合は減少しているべきである」



同日、ドイツは国内の現在稼働中の原発の総てに於いて、現時点で見積もられている寿命を延ばす政策は中止する事を、発表した。
(ドイツでは、総ての新規原発建設を破棄する事を決めている)

スイスも、現在稼働中の原発の、今後の再生計画の中止を発表。


それに対しての、フランス・エコロジスト党のヨーロッパ議会議員『ヤニック・ジャドー』が、吐き捨てる様に行った一言が、印象深かった。

「そして、我がフランスは、何をするのか? 何もしない!」


右も左も、フランスは「原子力発電」に、首までどっぷりと浸かっている。

エコロジー党だけを除いて。


日本の技術は、ニコラ・サルコジーが言い切った様な、安全面での「絶対」の自信が有るのか!?




コメント (16)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« 東北は復興する。日本人は挫... | トップ | 東日本大地震という自然災害... »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
希望 (夏みかん)
2011-03-15 11:22:55
エコロジストが活発に動きはじめ、議論沸騰ですね。なかなか全部は理解できないので、パリさんの解説、とても勉強になります。ありがとうございます。
今起こっている大惨事は、世界が変わるきっかけになるような気がしているのですが、多くの犠牲になられた方々のためにも、良いほうに変えていかなければと思います。
ただ、リーダーがこのままでは、日本のためにはちょっと・・・ですが。
重大な疑惑 (scotti)
2011-03-15 17:50:08
1号機、3号機の核廃棄物は既に水素爆発の時にぶっ飛んだのでは?
4号機にだけ核廃棄物が置いてあるとは考えにくいと思います。
菅首相溶融、菅政権メルトダウン。
無政府無国会メルトダウン日本と醜悪マスゴミへ告ぐ (通りがけ)
2011-03-15 21:59:15
>池田氏は、現在報じられている程度の被曝量では、人体に影響はない

これはすべての嘘の中で最も悪質な部類に属する嘘である。
この嘘で池田氏は、自分で言うほど安全ならば人手不足の現場へ直ちに駆けつけメルトダウンを自分の手で停止させる責任を負った。

よく比較に出されるX線写真だが、1/1000秒程度の短い時間に瞬間的に被曝する放射線蓄積総量と、その地点で検出された強さの放射線が何時間も続いて照射される蓄積被曝総量との違いには、実質的に天文学的違いがあるということだ。

健康に影響の無いレベルの総量蓄積しか起こさない1/1000秒のX線照射被曝と、原発事故周辺地点で何時間も何日も持続的にX線の半分程度の「微量」(ここが嘘)の被曝を受け続ける蓄積被曝総量が、「健康に問題が無い安全な微量レベル」であるわけが無いのである。

人為ミスの極致である原発事故で発生する放射能汚染は、細菌やウイルス感染や化学物質汚染ではないので、除染の有効性も非常に低いということをきちんと公表しない記者クラブマスゴミは、霞ヶ関官僚の最悪の人道犯罪に加担する共犯者そのものである。

投稿: 通りがけ | 2011年3月15日 (火) 13時47分

通りがけ 2011/03/15 07:20 無能且つ厚顔無恥な政府が「陣頭指揮」することこそ全世界全人類ににとって最大の憂慮事項である

菅内閣は即退陣せよ。
NHKは直ちに解体せよ。

このふたつが地球にとって最も大事な危機管理である。


国内への危機管理。

第一に事故原発からできるだけ遠ざかること。

同時に国内のすべての原発を運転停止し、冷却装置のフェールセーフを三重四重に緊急再整備しておくこと。

すべての米軍基地を震災被災者の保護収容施設として供出させること。地位協定破棄国会決議が必要であるから直ちに衆議院本会議で緊急可決せよ。

NHKへの予算のうちラジオとデータ放送以外のすべての予算を停止して被災地への電力と燃料供給へ充当せよ。
記者クラブ会見を直ちに停止せよ。文字情報で十分である。
インターネットがあればテレビは不要である。
電話回線復旧こそすべての通信インフラ再建のうち最優先の緊急課題である。

高速道路や主要国道を直ちに使用できるよう突貫工事で応急修理すること。

まだまだ尽きぬが、少なくとも計画停電や増税論議などしている場合ではない。

投稿: 通りがけ | 2011年3月15日 (火) 14時08分

>>福島原発緊急事態! 放射能に注意
>福島原発が極めて重大な事態になっている。なるべく多くの情報を取って、適正な対処を望みたい。
・・・(中略)・・・
重要なことは、パニックに陥らないことである。冷静な行動を心がけよう。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。
以下はこれに対するコメント。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
通りがけ通りがけ 2011/03/15 21:04 冷静に考えて、パニックはそれによる死亡はあっても生存すれば後遺障害の心配はほとんど無いが、被曝はたとえ即死を免れても寿命に達さず死に至る後遺障害が必ず起こる。誰もその後遺障害から放射線被曝者を救い出すことはできない。

事故を防ぐ責任があるのに事故情報を隠蔽し続ける政府やNHKが、被曝の危険にさらされている震災被災者たちに屋外に出て避難することを禁止する権限があるのか?

冷静に考えてみた。

通りがけ通りがけ 2011/03/15 21:39 政府には強制退避させた住民=原発事故難民に日本国民としての健康を損ねない最低限の衣食住を保障する責務がある。

ただちに近辺の自衛隊基地・米軍基地を原発事故難民キャンプとして使用するよう首相命令を出せ。
米軍基地使用に地位協定が邪魔になるなら衆院本会議を緊急に開いて地位協定破棄決議を可決即施行すれば済む。

ただちに近辺の自衛隊基地・米軍基地を原発事故難民キャンプとして使用し、そこに被曝避難国民を収容保護するよう首相命令を出せ。

投稿: 通りがけ | 2011年3月15日 (火) 21時46分
無責任政府。これも無政府状態 (通りがけ)
2011-03-15 22:14:15
youtubeで元原子炉設計者の言い訳を聞いたが、想定外だったの一点張りであり、なぜベントを開いて放射性物質を大気中に拡散したのかを追及されると、そもそも非常時の設計が甘すぎることを棚に上げて開き直って、原子炉が壊れるかどうかの究極の選択だからしかたがないなどと言い放ったのには、あまりの無責任な屑人格に呆れ果てた。

その人格は菅総理とそっくりだが、その本人が菅総理に責任転嫁するときには会心の笑みを浮かべていた。さもありなん。もって瞑すべし。
50Hz60Hzの違いは機器側で対応済み (通りがけ)
2011-03-15 22:26:03
東電は電力不足の原因として西日本との周波数の違いを強調しているが、いまや機器側で日本全国どちらの周波数でも使用可能になっているのだから、周波数変換装置など介さずに単純に中部電力からの50Hz電力供給を東電の送電線に流してもらえばよい。節電と併せればそれだけで十分不足を補える。
計画停電など全く必要ない。
被災地の車検免除 (通りがけ)
2011-03-15 23:32:38
被災地の映像を見ると建造物の被害とともに自動車の被害が甚大である。現代の車社会の復興には道路補修と石油燃料の無料供給とともに、被災者個人の自家用車業務用車の無償再保有が欠かせない必要条件となる。

そこで全国の車検切れ廃車車両を大量に集めて被災地の被災者へ無料で希望する台数を2台でも3台でもどんどん配給し、車検や保険の車両規制をすべて免除して被災地復興するまで自分で現地修理しながら(大量の津波廃車の部品を修理に使える)思い切り使い倒してもらえばよい。

どうせ被災地には道路に信号も無くなってるんだから道交法も車両法も現地では無用の長物である。警察もほかの仕事で忙殺されてるし。

東日本再建にはこういう非常事態下の思い切った規制撤廃が他にもいくつでも必要となる。
最悪な事態 (りゅう)
2011-03-15 23:40:44
夕べから岩下さんのところで、余りにも腹に据えかね、吠えておりました。
しかし、今日が申告期日。仕事をしないわけにもいかず、駆けずり回りながら、合間にまた吠えて…

夕方やっと自宅に戻り、テレビをつけて愕然としてしまいました。

ここまで進んでしまったのか…

阪神大震災で、その悲惨さ、政府の対応の悪さを嫌というほど経験しているだけに、二の舞だけはしてほしくなかったし、これ以上の不幸は、絶対に回避させてあげてほしかった…

私には何も出来ません。
本当に一人でも多くの方々がご無事で、お元気でおられることを祈るばかりです。

…個人的には唯一…この度の人災が引き金でしょう。
水面下で強行されつつあった、出身県、山口の上関原発の工事が中断となりました

…こんなときに…今尚、危険にさらされてる皆様、本当に申し訳ありません
地球に対する犯罪 (通りがけ)
2011-03-16 00:01:58
それにつけても究極の純然たる人災である原発事故を発生させて東北関東太平洋沿岸の地震被災地復興を不可能にせしめた日本国政府と霞ヶ関官僚および御用技術者・御用電力会社の責任ははかりしれぬほど大きい。

原発メルトダウン臨界事故は全世界全人類に対する人為最大の人道犯罪である。
ショックです (りゅう)
2011-03-16 03:17:34
こちらで山口上関原発のことをコメントさせて頂いたんですが、違ってたんです。

山口県知事の工事中断要請を無視して、15日も工事を強行しているそうです。…狂気の沙汰です!
中国電力は、人間じゃあ、ありません!

日米両政府へ緊急に命ずる! (通りがけ)
2011-03-16 07:25:14
政府には強制退避させた住民=福島原発事故難民に日本国民としての健康を損ねない最低限の衣食住を保障する責務がある。

ただちに近辺の自衛隊・米軍を総動員して救助に向かわせ、全国各地の自衛隊基地・米軍基地を原発事故難民キャンプとして使用するよう首相命令を出せ。

米軍基地使用に地位協定が邪魔になるなら衆院本会議を緊急に開いて地位協定破棄決議を可決即施行すれば済む。

ただちに近辺の自衛隊基地・米軍基地を原発事故難民キャンプとして使用し、そこに被曝避難国民を収容保護するよう首相命令を出せ。

コメントを投稿

日米関係」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

3 トラックバック

TPPA文書公開を要求する署名公開質問状 (マスコミに載らない海外記事)
以下は、ニュージーランドの団体のweb翻訳記事 月曜日に始まるチリでの交渉を前に2月10日水曜午後5時公開質問状への署名締め切り。 ‘TPPA文書を公開せよ’署名公開質問状 2011年2月10日 ニュージーランド首相、ジョン・キー閣下 ニュージーランドの選挙で選ばれた代表者...
福島原発事故収拾不能状態 (Dendrodium)
原発でさらなる漏えいか、30キロ以内の住民は屋内退避を=首相 (ロイター)3月15日(火)11時28分 福島第一放射線濃度は「人体に影響」…官房長官 (読売新聞)3月15日(火)11時27分 第一原発20~30km圏...
福島第一原発事故、スリーマイル以上の「レベル6」 (逝きし世の面影)
福島原発事故、スリーマイル以上=深刻さは「レベル6」か―仏核安全局 時事通信 3月15日(火)5時41分配信  【パリ時事】仏核安全局(ASN)のラコスト局長は14日の記者会見で、東日本大震災で被災した東京電力福島第1原発の事故の深刻さについて、史上最悪とされる旧ソ...