みなよか日記

NPO法人UDくまもとが発信するユニバーサルな観光情報です。
写真の無断転用は厳禁です。必ずご連絡下さい。

新しい活動です!観光ボランティア 1日目熊本城編

2011-08-27 16:42:29 | うんちく・小ネタ
こんにちは


UDくまもとでは、あらたな取り組みとして観光ボランティアをはじめました。
これは主に「一人旅で、かつ、お手伝いが必要な障がい者」の旅のお手伝いをする活動です。県外からの観光客を想定した取り組みで、ほとんどの場合視覚障がい者向けのお手伝いになりますね。ご夫婦とも視覚障がいをお持ちの場合も含まれます。介助者のいない車いすユーザーなどにも利用してもらいたいなあ、と考えています。

 
あくまでも旅のお手伝いですので、一般的な生活の介助は含まれません。ヘルパーさんとは違うところですね。基本的に駅の改札から、宿泊先のホテルロビーまでの間のお手伝い。
UDくまもとがこれに関わるのは、「観光ガイド」ができるから。

それぞれの障害に応じた観光ルートの作成や宿泊先の紹介、現地でのガイドなど、さまざまなお手伝いをします。

 
さて、そんなことを計画していると早速お電話がありました。
東京から、一人旅で熊本へ観光に来る全盲の男性からでした。お付き合いのある島根のNPOからの紹介で、まさにグッドタイミング。
当日までさまざまな打ち合わせをして、準備もしっかり行いました。

今回は、撮影とブログなどへの掲載も快く許可して頂きましたので、楽しい旅の様子を紹介しますね。
熊本空港からまずは熊本城へ。今回の旅の目的はお城めぐりと球磨川急流下り。

 
1日目は熊本城と田原坂巡り。2日目は人吉に入って人吉城と球磨川下り。3日目は八代城と宇土城を巡って熊本ラーメンをいただくコースです。

 

予定通り、熊本空港に到着されましたので、あいさつをすませ早速2代目Uくま号に乗り込んで、さあ出発!
Dsc_0001


熊本城のすぐ下に新しく出来た歴史体験施設「湧々座」で、熊本城の歴史などを体験。いろいろ触れるので、視覚に障害があっても楽しめますよ。
Dsc_0004


 
お昼は熊本名物の太平燕。
UDくまもとの案内ですから、当然グルメツアーになります(笑)

Dsc_0010


食後に甘い白玉団子を食べる、似たような体型の二人(笑)
Dsc_0011_2


 
午後からはメインの熊本城へ。
本人さんは全国のお城を巡っていて、とてもくわしいので、ここは助っ人としてボランティアガイドの草部さんにお願いしました。いつもお世話になっているベテラン中のベテランガイドさん。ありがとうございます。

Dsc_0015


お城の石垣に触ってもらって角度を感じてもらったり、柱を触ってもらって大きさを感じてもらったり。
楽しみ方はいろいろですね。

Dsc_0018


Dsc_0021


Dsc_0030


Dsc_0062


熊本城のあとは加藤清正にゆかりのある田原坂へと足をのばしました。一連の歴史に繋がりのある場所なので、わかりやすいコースですね。
Dsc_0102


ここから、ホテルへ一度戻って夜は繁華街に繰り出して、ご希望のあった熊本の銘酒「美少年」を楽しみました。

 
翌日は人吉城へと向かいます。
続きは次の記事で。

 
 
 

コメント (2)

2011 花火大会!のしこら祭

2011-08-27 14:22:25 | 玉名
こんにちは

アップが遅くなりましたが、玉名で行われたのしこら祭の様子をレポートします。

 
昨年は他の花火大会と被ってしまい、取材できなかったお祭りですが、会場が「金魚と鯉の郷」ということで、UDなお祭りではないかと、期待して出かけました。

 
駐車場はすぐお向かいのユニバーサル造船の駐車場。広大な敷地で、満車になる事はありませんでした。はっきり言って他のどの花火大会の駐車場より広いです。いつ行っても大丈夫。
Dsc_0005



 
身しょう者用駐車スペースはありませんが、比較的左右に余裕があるのでさほど困る事はないように感じます。
あとは平坦な道をぼちぼち進んで会場へ。
今回は久しぶりに夏休み中の大川さんの娘さんにも参加してもらいました。
Dsc_0011




さて、会場ではそろそろ恒例の金魚みこしレースが始まります。
ただ、この会場は芝生が深く、走り回る子供たちにはいいでですが、車いすユーザーにはとてもじゃないですが厳しい状態です。Dsc_0028

 
お手伝いがあってもちょっときびしいかな、と言う感じ。あまりウロウロはできません。

金魚みこしレースは迫力があってなかなかの見ごたえ。特に大人用の神輿は重さなんと300kg!
賞金がかかっていますので、みなさんマジです(笑)


Dsc_0052


 
優勝はこちら。造船技術の研修に来日しているベトナムチーム。早い早い!

Dsc_0068


 
ちなみに「くまもん」も参加(笑)
すごい早さで走ります。彼はなかなかやりますね。

Dsc_0059


 
会場にはステージもあり、イベントも様々に行われます。みんな楽しそうに過ごしていますよ。
夜店もたくさん出ますので、子供たちにもいいですね。
Dsc_0082

 

 
すっかり日も暮れて、そろそろ花火大会です。駐車場から会場までの通路のうち、園内を通る平坦な通路は花火大会開始前に通行止めになりますので注意が必要です。
会場内は前述の通り足元が悪いので入口の駐車場側から見るか、あるいは一番簡単なのは、最初に車を置いた広い駐車場からそのままみるかのどちらかをおススメします。
帰りに確認しましたが、駐車場からしっかり見れます。実際にそこに座って見ている方もいましので、花火だけならその方法もありかな、と思います。
僕らは、入口付近から見物。花火も近くて大迫力です。

Dsc_0091


Dsc_0097


Dsc_0110




 
最後にトイレの情報です。
会場内には2ヶ所の公共トイレがあり、どちらにも車いす対応トイレがあります。
かなり古いタイプの便器ですが、広さは十分です。身体の状態に合わせてご利用下さい。

Dsc_0016




 
全体としては、混雑も少なく楽しみやすいお祭りです。会場内が車いすではほとんど移動できないのが残念ですが、花火を楽しむならとても見やすい環境です。
 
混雑を避けて、クーラーの効いた車内からのんびり花火大会を楽しむのもいいですね。

それぞれの状態に合わせて楽しんでみて下さい。
来年の参考にしてくださいね。

 

大きな地図で見る

コメント (1)