みなよか日記

NPO法人UDくまもとが発信するユニバーサルな観光情報です。
写真の無断転用は厳禁です。必ずご連絡下さい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

阿蘇ミルク牧場

2018-09-21 09:54:41 | 日記

 行楽の秋の季節がやって来ましたね!今回は市内からも割と近場で、大自
然に触れられる、阿蘇ミルク牧場を訪れました。

 文責は、UDくまもと ふとりねこのスタッフの北里にあります。

 抜けるような青空の下、空港に近い目的地には思ったより早く着きました。
ちなみに、営業時間は10:00からなのでご注意を!
 


実際、施設全体にUDの配慮がなされています。とは言え坂道が多いので、
自走の方はちょっとがんばらなきゃ、と言った感じです。、介助者がいた方
がより、ゆったり楽しめるかとは思いました。施設そのものにも車椅子が3
台あるそうです。詳しくはお問合せください。

 ちなみに、障がい者手帳があれば入場は無料です。
 

 通行口もUDに配慮された作りで、車椅子でも楽に通れます。
 



 親切に施設のイベントや内容を説明してくれる職員さん。
 



 ここには景色を見るためだけに来てもいい!と筆者は思いました。
(安心してくださいね、ここのメインは様々なイベントや体験コースです。)
 

 
 こころ安らぐのんびりした時間が流れています。
 

 

 

 
 
 



 ここでは乳しぼり体験や、工房でのソフトクリーム作りやソーセージ作り
なんかもありますよ~。

 ちなみにこの乳しぼり体験。スロープも付いてますので車椅子でも可能で
す。



 
  写真にはありませんが、美味しいレストランでの食事も楽しめます。



 物産館のミルク市場も、とにかく充実していてなにより凄い品揃え!
 




 フードコートでは屋根付きの屋外で食べるところもあります。
 

 
 

 お手洗いもUDに配慮されていて、車椅子でも使えるお手洗いが完備。
 




 



 とにかくこの阿蘇ミルク牧場は体験コースや美味しい食事はもちろんです
が、それら全部を包み込み流れている優しい時間にこころから癒されます。





 これからまさに食欲の秋、収穫の秋。是非ここ、阿蘇ミルク牧場を訪れて
みてはどうでしょう!詳しいお問合せは下記まで。




    入場料:  一般(3才以上) 350円

          団体(20名以上)300円


    営業時間: 10:00~17:00

   
    休業日:  11月末まで無休
          12月~1月まで長期休業あり(要問合せ)




    〒 861-2404 熊本県阿蘇郡西原村河原3944-1

    らくのうマザーズ 阿蘇ミルク牧場

    TEL 096-292-2100
    FAX 096-292-2107
E-mail milk-info@aso-milk.jp
HP http://aso-milk.jp

コメント

30年度会員のみなさま

2018-09-05 22:20:54 | 会員様
30年度 NPO法人UDくまもとの活動を応援していただいてる方々です。
UDくまもとは、企業会員1口5,000円、個人会員1口1,000円で
活動を支援していただいています。
ありがとうございます!



№3 8/10 西村さま 熊本市 継続
№2 4/27 芝田さま 山鹿市 継続
№1 4/ 1 工藤さま 熊本市 継続
コメント

阿蘇スーパーリング

2018-08-14 11:41:01 | 日記
 こんにちは。今日は阿蘇ロープウェイのりば2Fにある、阿蘇スーパーリング
に取材に行きました。なんでも開設当初の2014年には、日本最大の常設型
”屋内プロジェクションマッピング”施設ということで、期待も高まります。

 尚、文責はすべてUDくまもとスタッフの北里にあります。

 今回は晴天に恵まれ、抜けるような青空とはよく言ったものだ、という天気
での取材で、道中もとても楽しいものになりました。


 目的地に行く道すがら見かけた、放牧中の馬。阿蘇と言えば赤毛牛のイメージ
だったので物珍しさも手伝って写真を撮りました。それにしてものびのび気持ち
よさそうにくつろいでいましたよ~。





 道中は様々な山野草が目を楽しませてくれました。











 それにしても、この季節の阿蘇の自然に抱かれると、とても気持ちがいいです
よ~。








 道中を楽しんでいるうちに、目的地の阿蘇ロープウェーのりばに到着。




 今回はロープウェーに乗る事が目的ではなく、あくまでも2Fにある阿蘇スー
パーリングの取材です。

 早速、筆者は車椅子体験者と言うかたちで、車椅子に乗って介助者と建物内
に入ったのですが、そこには車椅子では到底上がれない階段がありました。







おずおずと1Fにいるスタッフに、2Fの施設に行きたいんだけど・・・と、
告げるや否やアポなし取材だったにもかかわらず、すぐさま対応してくれて、
2、3人のスタッフがばらばらと出て来てくれて、

「ヨッシャ!俺たちが運んだる!なーんも心配せんでよか!」と態度で示して
くれて、そのあまりの気持ち良い動きと心意気に筆者は慌てて、

「すいません!実はこれ取材なんです。歩けますから!」と車椅子からぴょこ
んと立ち上がって、こちらも姿勢を正しました。



 はっきり言ってしまえば、阿蘇ロープウェーのりば自体はユニバーサルデザ
インにはあまり配慮してはいないようですが、それを補って余りあるスタッフ
の人達のあたたかい人柄に感動して、本当のユニバーサルデザインってなんだ
ろう?と、考えさせられました。設備は整っていても補助金欲しさに設計だけ
したものより、私たちでなんとかする!と言う気持ちの方がずっと大切だし、
本当に車椅子で観光する方にとってどちらが気持ちのよいものか、敏感に感じ
取れると思います。

 本題の施設の説明に入る前にそこで働いているスタッフの記述が多くなって
しまいすいませんが、この事は是非伝えなければいけないと思いました。この
阿蘇ロープウェーのりばで働いているスタッフの皆さんは、誇りを持ってこの
仕事をしている事がよくわかりました。



 前置きが長くなりましたが、いよいよ阿蘇スーパーリングに到着です。写真
にはありませんが、外観は巨大な医療機器のようでした。


 もちろんくまモンもお出迎え。

 


 上映時間が来て中に入るとそこには真っ白で巨大な立体型スクリーンが。
 
 

 スクリーンが見にくい子供用の台や、車椅子の方にも配慮した椅子がありま
した。

 


 


 実際に始まるとマグマの様子など大迫力です。

 

 
 さすがに4年前からある施設だけに、最新の映像技術!とは言い難いのです
が、それでも阿蘇山全体がぐらぐら揺れる表現などは、オオっと目を瞠るもの
がありました。

 スタッフがここの職場に誇りを持って働いている事はすでに書きましたが、
阿蘇山に関するこぼれ話なども熱心にしてくださいました。



 スタッフから聞いたロープウェーのりばのすぐ隣にある、修験の色を残す
神社。

 

 
 青空に映える仏像。

 


 この神社に参拝して、今回の取材は終わったのですが、気持ちのいい景色を
通って、本当に気持ちのいい人たちに出逢う、という貴重な体験をさせてもら
いました。こころが晴れる一日となりました。

 みなさんもぜひ阿蘇ロープウェーのりばに来たら、ただロープウェーに乗っ
て火口を目指すだけでなく、のりばそのものを楽しんでくださいね~。そして、
ぜひ知られざる観光スポット、阿蘇スーパーリングを楽しんで行ってください。

 気持ちのいい人たちが待ってますよ~!


 ちなみに、阿蘇スーパーリングの料金は大人500円小人250円です。
団体割引もあるので詳しくは、HPを見るか、下記までお問合せください。



 九州観光ツーリズム(株)

 阿蘇山ロープウェー
 熊本県阿蘇市黒川808-5

 TEL:0967(34)0411

 http://www.kyusanko.co.jp/aso/

コメント

観光用車いすレンタル!

2018-06-28 09:05:24 | うんちく・小ネタ
みなさんこんにちは!

先日は砂浜用車いすのレンタルをご案内しましたが、7月1日より、観光などで熊本に来られるお年寄りや障害のある方へ向けて、車いすのレンタルも始めます。

熊本駅や熊本空港、熊本港などで貸し出しと返却ををいたしますので、お気軽に申し込まれてください。

到着便に合わせてお持ちしますよ!

帰りもJRや飛行機の時間に合わせて引き取りに伺いますから安心です。




こんな感じのおしゃれな車いすをレンタルします。
非常に軽く、小さく折りたためますので普通車のトランクにも入ります。
パンクの心配のないノーパンクタイヤですから、旅先のトラブルの心配も少ないですね。ちょっと乗り心地が硬いですが、安心を優先しています。



<レンタルの流れ>

UDくまもとに電話してください。096-344-5539

お名前や住所、到着便などをお尋ねして、申込書をおつくりします。

到着便に合わせて指定の場所にお届け。レンタル料は1日500円です。

お帰りの際は指定の場所でご返却ください。引き取りに伺います。

基本料金は1日500円です。長期利用をご希望の方はお尋ねください。
台数が限られていますので、必ずご予約くださいね。
コメント

水陸両用車椅子の貸し出し事業を始めます。

2018-06-27 13:03:41 | 芦北

 今回は海開きに合わせて、海水浴場で使える車椅子のレンタル事業を
始めました!のお知らせです。

 文責は、UDくまもと ふとりねこのスタッフの北里にあります。

 今回ロケハンとして選んだのは、芦北方面の湯の児海水浴場と、御立岬
海水浴場です。夏を先取りしてこの時期に行って来ました。その時の様子
をレポートします。

 まずは湯の児海水浴場からのスタートです。UDくまもとでは車椅子貸し
出しの際に、現地引き渡し現地返却と、子飼商店街にある、UDくまもと 
ふとりねこでの貸し出しと2形態選べる方式を採らせていただきます。
後で詳しくまた書きますが、まずは海を楽しみましょう。

 湯の児海水浴場は波も穏やかで、海水の透明度も高く、浜辺もなだらか
で、おあつらえ向きのスポットでした。

 まず海に着いて、その潮風の香りで、テンションが上がります。この感
覚ばっかりは、いくら言葉を重ねても足りません。いいから、行ってみて!
 気分がいいから!の一言です。


 トイレもシャワーもUDに配慮してあり、車椅子でも大丈夫です。




 トイレ自体はこんな感じです。



 

 スロープまではつり橋をわたります。この時点で期待度100%です。




 


 貸し出す専用車椅子は、砂浜を楽々移動することができます。



 

 浜辺ではしゃぐ、おっさん達。



 
 車椅子はあくまで、介助者が海水に膝ぐらいまで浸かるレベルを想定
しています。もちろん車椅子は海に浮かびますが、介助者は最低2名、
特に前輪の介助者にバランスも含め、かなりの負担がかかります。安全
を考えると、海中に浮かべるのはあまりお勧めはできません。

 十分に海を満喫したあと帰りにスロープになっている砂浜を登ります。
介助者にかなりの負担がかかりますが、ここ湯の児海水浴場唯一の難所
です。ちょっとだけ頑張りましょう。






 次に訪れたのは、御立岬海水浴場です。ここは県内屈指の海水浴場で、
ご存知の方も多いと思います。

 御立岬海水浴場の特徴と言えば、まさに「THE 海」と言った感じで、
広々とした解放感と、海に来たぞ~!と、言う感覚が特徴です。

 ロケハンしたのがシーズンオフだった為、海の家等はやっていません
でしたが、「みんな知ってる海水浴場。」って、言う海感はかなり感じ
ました。




 写真にはありませんが、車椅子専用のシャワー室もあります。ただし、
シャワー室は健常者のものも有料で、1回100円かかります。

 ここ御立岬海水浴場の難点は人工の海水浴場のため、砂浜から海にか
けて、湯の児に比べると多少急な点があげられます。海岸に降りるスロ
ープは何本かあり、スムーズに移動できるのですが、海に入ると、思っ
たより急に深くなりますから注意しましょう。


 あまり危ない危ないと言うと何もできなくなってしまいますが、海辺
を普通に散策する分には、どちらの海水浴場も十分安全に楽しめます。






 今回はロケハンと言うことで、撮影者も含めおっさん3人でシーズン
オフの海水浴場に行ったのですが、仕事と言うことも忘れて笑い声の絶
えない取材となりました。中年のおっさん3人でこれだけ楽しめるんだ
から、誰が来てもテンションが上がる事間違いなしです!ましてや、海
が初体験と言う車椅子の方の喜びは、考えるだけでこっちまで嬉しくな
ります。

 モノより思い出!レンタル料に見合う、いやそれ以上の忘れられない
体験になること請け合いです!
 

  
          <レンタル料金>

    (水陸両用車椅子、ライフジャケット含む。)


  海水浴場でのご利用・・・現地配達、現地返却 1日:3000円
            高速代、駐車場代等別途実費を頂きます。
            

  子飼のUDくまもと ふとりねこで受け渡し、返却の場合上記金額以外は不要です。
                      

 いずれも完全予約制となっておりますので、まずは下記UDくまもと 
ふとりねこにお問い合わせのお電話をお願いします。詳しい事はその
時に、注意事項も含めお話させていただきます。

   UDくまもと ふとりねこ TEL:096-344-5539
コメント