みなよか日記

NPO法人UDくまもとが発信するユニバーサルな観光情報です。
写真の無断転用は厳禁です。必ずご連絡下さい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2011 花火大会! なみの高原納涼祭り

2011-08-16 11:41:50 | 阿蘇郡 波野村
こんにちは

しばらく雨が続いていますが、おかげで猛暑も一息ついていますね。

 
雨が降ると困るのが花火大会です。先日の御船町の花火大会も雨で順延。
今回のなみの高原納涼祭りも、お天気が怪しいので、どうかなあ、と思いながら取材に行きました。

 
このお祭りは道の駅波野に併設されている神楽苑がメイン会場なので、駐車場やトイレの心配はまったくありません。道の駅側の広い多目的トイレにはオストメイト対応便器までありますから、小さな子供からお年寄りまで誰でも一緒に楽しめる会場です。
有名なそばも食べられるし、のんびり過ごせるお祭りですよ。

 
案の定、雨がやみません。ですが、おもったより多くの人で賑わっていてお祭り気分も盛り上がっています。

 
神楽苑は、少し高台にあります。物産館から進むと階段になっていますので、車いすユーザーは駐車場側から進んで下さい。すぐ近くまで車道があります。最後にアーチ状の歩道を渡るのですが、ここがなかなかの傾斜です。お手伝いがあったほうが安心ですね。
Dsc_0050


子どもたちのお楽しみ、魚のつかみ取りです!海沿いの会場のイベントではタイやハマチなど海の魚がメインですが、さすが山里つかみ取りの魚はヤマメです。
Dsc_0063

 
こうなると雨も関係ありませんね(笑)
びしょぬれが当たり前。すばしっこいヤマメを上手に捕まえていましたよ。

Dsc_0067


 
ステージではさまざまなイベントが予定より少し早めに進行。
最近話題の肥後ライダーショーでは、子供たちも大喜び。
ストーリーには若干大人向けのネタも含まれており、時代の流れを感じます。

Dsc_0090


 
今回のお目当てのひとつが神楽です。
完成度の高い笛や太鼓の演奏とともに、迫力のある神楽を楽しめました。

Dsc_0156


Dsc_0161



 
日が暮れて夜になるとお楽しみ抽選会などがあり、最後に花火が上がります。
花火は駐車場側に上がりますので、もちろん神楽苑からも見えますが、駐車場に出て楽しんでもいいでしょう。
神楽苑の夜店がある広場以外は、舗装されていますので、足元も安心です。

 
ただ、この日は残念ながら雨。途中でさらに強く降り出したのでほとんど写真は撮れず・・・・

Dsc_0172


Dsc_0173



 予定より30分も早く打ち上げが始まり、あわてて車から飛び出しての撮影でした。
さらにレンズに水滴がついて悪戦苦闘。なんだかずいぶんファンシーな写真になってしまいました。

 
 
まあ、花火大会はおまけという感じです。どちらかというと山深い波野の地で、伝統の神楽を楽しみながらおいしいものをいただいたりするのがメインです。
駐車場の警備もしっかりしていて、安心感があり、たくさんの人で賑わうわりには混乱もありません。お祭り終了後の駐車所混雑も最低限に抑えられていてスムーズに帰路に就くことが出来ました。

 
お天気がよければ、もっともっと楽しめたのになあ、とちょっと残念でした。
 
この時期は夏の新そばも出ていますから、それを楽しみに行くのもいいですね。
 
駐車場やトイレも心配ありませんから、どなたでも楽しめます。ちょっと足を延ばして波野までドライブしてみませんか?
 
来年の参考にされて下さいね。

 

大きな地図で見る

コメント (1)