みなよか日記

NPO法人UDくまもとが発信するユニバーサルな観光情報です。
写真の無断転用は厳禁です。必ずご連絡下さい。

実はこんなに変わってます!菊南温泉「あがんなっせ」

2012-12-30 14:28:04 | 菊池
こんにちは

リニューアル後、気になっていた温泉施設「あがんなっせ」さんを取材してきましたので、早速ご紹介します。

以前の菊南温泉をイメージしていると、びっくりしますよ!

 
Dsc_0001


駐車場も広々!
駐車場から入口までの歩道には傾斜がありますが、車いす自走でも大丈夫なレベルです。心配な方は入口の車寄せで降車するといいでしょう。
 
早速中へ入ります。
玄関にもスロープがあり、施設内はバリアフリーです。
また、施設内はほとんどが畳敷きですが、移動し難いという柔らかさではありません。
貸し車いすもありますので、普段は杖を使う方も広い館内を移動するので車いすを借りてゆっくり過ごすのもいいですね。
Dsc_0010


Dsc_0013


受付を済ますと、専用ロッカーの鍵と館内着やタオル、チムジルバンという温浴施設専用の服などを借りれます。
Dsc_0141


Dsc_0144

館内での飲食や会計は、鍵についているバーコードで清算できます。チェックアウトの時にお支払い。
財布を持ち歩かなくていいので、とっても便利!

 
さて、まずは大浴場から。
広いロッカールーム。大きなソファーがあるので、車いすユーザーも脱衣しやすいですね。これがあると助かります。
Dsc_0053


Dsc_0051

 
脱衣場から浴室まで一切段差はありません。
それぞれの入口の幅も十分で、車いすでの不便さは感じませんよ。

浴室も広いですねー!
Dsc_0019


Dsc_0022


Dsc_0024


Dsc_0028


Dsc_0029


 
シャワーチェアももちろん設置してあります。利用される時にスタッフの方に声をかけると、シャワーまで運んで下さいます。
こういう心遣いがうれしいですね!
Dsc_0027


 
露天風呂も居心地よさそうです。
なんだか南国のリゾートのような雰囲気。一般の温泉施設とはちょっと違いますね。ゆったり過ごせそうです。

Dsc_0032


Dsc_0033

 
ただし、ちょっと気をつけて頂きたいのは、露天風呂入口の幅です。
僕の車いすはかなりコンパクトですが、結構ギリギリ。介助用車いすではちょっと厳しいかもしれませんね。


Dsc_0042


 
次に家族風呂。家族風呂は大浴場と違い、別料金が発生しますが、館内のその他の施設を利用しないのであれば、家族風呂だけの利用も可能です。

まずは、一般の浴室。
ここでも十分バリアフリーの状態ですよ。

Dsc_0102


Dsc_0107


Dsc_0110

 
浴槽の縁も高めなので、車いすからの移乗もしやすい感じですね。
Dsc_0109


 
続いて、話題のバリアフリーの家族湯。親孝行風呂という名前がついています。その名の通り、高齢者や車いすユーザーでも使いやすいよう、様々な配慮がありますよ。
Dsc_0124


広めの脱衣所。ここにもソファーがありますので、助かります。
Dsc_0126


大きな浴槽は二つに分かれていて、真ん中に車いすから移乗するためのスペースが半円状に設けられています。
ここに移乗する事で、左右どちらの浴槽にも入りやすくなるんです。すばらしいアイデアですね!
Dsc_0130


Dsc_0131


Dsc_0139

 
洗い場も使いやすいですよ。シャワーチェアは最初から設置してあります。

Dsc_0137


 
それでは、とってもめずらしい韓国で大人気の低温サウナ「チムジルバン」をご紹介しましょう!
Dsc_0062


 
この施設は男女それぞれのお風呂からも繋がっていて、専用の服を着て利用します。
室内はとても広く、思い思いにゆったり過ごしながら汗を流します。

右側の設備が火釜。部屋全体に熱気が行きわたり、身体がぽかぽかしてきます。
この施設の特徴は、汗の質が徐々に変わる事。最初は普通の汗をかきますが、だんだんサラサラの汗に変わって行くそうです。
Dsc_0066

自分の好みで火釜に近い位置で横になって過ごしてもいいし、少し離れたところでゆっくり汗をかいてもいいとのこと。
さらに、岩盤浴用の設備もあります。個室みたいになっているので落ち着いて横になれそうです。

Dsc_0068

男女とも利用できる施設ですが、横になる女性のために、岩盤浴の施設は2階に女性用が設けられています。これなら女性が一人でも安心ですね。

Dsc_0069


Dsc_0070


 
室内には岩塩の壁があります!ここからマイナスイオンが出るそうで、複合的な効果が期待できるとのこと。なんだかずいぶん身体に良さそうな感じです。
Dsc_0072


 
さて、お風呂を楽しみ、汗をしっかりかいたら、ゆっくり休憩したいですね。
そんなときは、この休憩室を利用できます。

Dsc_0093

それぞれのシートにモニターが付いていて、好きな番組を楽しみながらのんびり過ごせます。もちろんほぼ水平にまでリクライニングしますので、仮眠もOK。さらに手元のボタンでスタッフにお願いすると飲み物や軽食も持ってきてもらえます。まさに至れり尽くせり!
漫画や小説もあり、ゆっくり身体と心を休ませることが出来ますよ!
Dsc_0094



 
本格的にお腹がすいたらこちら。
レストランから広島風お好み焼き、イタリアンまで、本格的な料理を楽しめます。
経営されている会社が広島の会社ということで、お好み焼きも広島風なんだそう。
シェフが作る料理は、冷凍とは全く違うものですから、お風呂からサウナ、休憩に食事と全てそろっている施設なんですよ。
Dsc_0078


Dsc_0087


Dsc_0088


 

 
一度入館料を払って中に入ると、大浴場、チムジルバン、休憩施設は自由に利用できます。時間の制限はありませんので、営業時間内であれば、どれだけのんびり過ごしても大丈夫。飲食代金は前述した通り、鍵についたバーコードでチェックして、最後に清算です。

 
このシステムの入浴施設は都市圏にもいくつか出来ていますが、価格的にはとても安い料金設定だと思います。
理由の一つが自前の温泉を持っている、ということでしょうね。

女性が一人で利用する事も多いというのも、頷けます。清潔で落ち着いた雰囲気と、スタッフの目配りが効いた安心が感じられます。

今までの菊南温泉のイメージを一度で払しょくされる取材でした。
もちろん、多目的トイレも随所に設置されていますので、安心ですよ。

Dsc_0082


 
自分への御褒美に、一人で行くのもいいですし、家族や友人とゆったり過ごすのもいいでしょう。
とにかく、一度行ってみて下さい。
目から鱗ですよ!

 
気になる料金体系はこちら!

Dsc_0006


 
自信を持っておススメします。地元の方も是非体験してみて下さい。

 
菊南温泉スパリゾート あがんなっせ
ホームページ http://agannasse-spa.jp/
 
〒861-5517 熊本県熊本市北区鶴羽田3丁目10番1号
【営業時間】朝10:00~深夜1:00
【TEL】096-344-1126(いいふろ)
 
<iframe width="425" height="350" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" src="https://maps.google.co.jp/maps?f=q&amp;source=s_q&amp;hl=ja&amp;geocode=&amp;q=%E7%86%8A%E6%9C%AC%E7%9C%8C%E7%86%8A%E6%9C%AC%E5%B8%82%E5%8C%97%E5%8C%BA%E9%B6%B4%E7%BE%BD%E7%94%B03%E4%B8%81%E7%9B%AE10%E7%95%AA1%E5%8F%B7&amp;aq=&amp;sll=32.820133,130.700221&amp;sspn=0.480672,0.891953&amp;brcurrent=3,0x3540f0c51b75fe17:0x93c49d5cc05a5b20,0,0x3540f0c509617617:0x8cfdf9d73b196426&amp;ie=UTF8&amp;hq=&amp;hnear=%E7%86%8A%E6%9C%AC%E7%9C%8C%E7%86%8A%E6%9C%AC%E5%B8%82%E5%8C%97%E5%8C%BA%E9%B6%B4%E7%BE%BD%E7%94%B0%EF%BC%93%E4%B8%81%E7%9B%AE%EF%BC%91%EF%BC%90%E2%88%92%EF%BC%91&amp;t=m&amp;z=14&amp;ll=32.859843,130.728137&amp;output=embed"></iframe>
大きな地図で見る

コメント

鞠智城の赤米

2012-09-06 15:54:22 | 菊池
こんにちは

 
歴史公園鞠智城は、今古代米の赤米が見頃です。
まさに、その時代に実っていたであろう、古代の赤米。何とも言えない風情を楽しむことが出来ますよ。

 
物産館や車いす対応トイレなど設備は整っていますので、どなたでも安心ですよ。

Dsc_0001



赤米の田んぼは鼓楼の少し上です。農道ですが、車で入れるので車いすでも安心です。
Dsc_0015

ここからの眺めは最高です。時間帯は夕方がおススメ。この日は曇りがちでしたが、夕日が落ちる頃、赤米の田んぼが深紅に染まる様子はなんともいえませんよ。

Dsc_0028



 
僕もこの日初めてゆっくり赤米を観察したんですが、米粒が赤いんじゃないんですね。そこから伸びている髭が赤いんです。ふしぎなお米ですよね。
Dsc_0033


やはり、鞠智城跡は秋が一番いいのかなあ、と思います。当時の人々がこの丘の上からどんな思いでふるさとを想っていたのだろう、と考えると、深い感慨を覚えますね。

赤米は徐々に色を黒く変えてしまいますので、見頃はまさに今です。お早めに足を運んでみて下さいね。

 
 
 
<iframe width="425" height="350" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" src="https://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&amp;safe=off&amp;ie=UTF8&amp;q=%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E5%85%AC%E5%9C%92%E9%9E%A0%E6%99%BA%E5%9F%8E&amp;fb=1&amp;gl=jp&amp;hq=%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E5%85%AC%E5%9C%92%E9%9E%A0%E6%99%BA%E5%9F%8E&amp;cid=0,0,11063962022451998292&amp;t=m&amp;iwloc=A&amp;brcurrent=3,0x3540fd508ed429f7:0x6ec26c2d404d859a,0&amp;ll=33.003774,130.787429&amp;spn=0.006295,0.006295&amp;output=embed"></iframe>
大きな地図で見る


コメント

<特派員レポート> 大谷の湯

2012-07-14 17:56:02 | 菊池
天然温泉「大谷の湯」と食事処「望乃」とテクノ中央公園のご紹介
≪ボランティア特派員 柴田佳吾さん≫
今日は、UDくまもとの取材を兼ねて、父の誕生日祝いと父の日のお祝いに「大谷の湯」に行きました。九州でも数少ない琥珀色のにごり湯で、美肌の湯と言われています。私は、腰痛治療のために「大谷の湯」に行きますが、「大谷の湯」の温泉に入ると痛みが和らぎます。効能は、きりきず・神経痛・筋肉痛・関節痛・冷え性などなど。
Photo


Photo_2


 
道に看板が出ていますが、小さくて初めて行く方には少しわかりにくいかもしれません。SONYの工場と、貯水池の間から入ったところにあります。詳しくは地図を載せておきますね。
正面玄関右側には、身障用駐車場も設けてあります。正面玄関は扉式になっています。今回はありませんでしたが、玄関左側ではテントの下で野菜などの販売も行われています。
 多目的トイレもしっかり完備!掃除も行き届いており、とても清潔です。おむつ交換台もありますので、小さな子どもを連れたご家族も安心ですね。野菜の販売などでトイレまで通りにくい場合は、お店の方に声をかけるとすぐに対応して頂けます。

Photo_3


Img_1532_r



 大浴場はもちろん、家族風呂も3室あります。今回は大浴場のみをご紹介です。
大浴場は浴槽のふちに手すりも設けてあり、お年寄りも入りやすいですね。浴槽のふちが少し低いので、車いすユーザーはお手伝いがあるといいでしょう。シャワーチェアーがありませんので、ご自身の状態に合わせて入られてください。単純アルカリ性で、ぬるぬるのお湯は気持ちよく、おすすめです。
大浴場へ入る部分で10㎝ほどの段差があります。ここで靴を脱いで、中に入るかたちになっています。脱衣所から浴室までは段差もなくスムーズに入ることができますよ。脱衣所にはベンチも設置してあるので、着替えの時などに便利です。

Photo_4
こちらがベンチ。温泉の後のコーヒー牛乳は、幸せを感じるひと時ですね。

 
 

同じ施設内にある、レストラン「望乃」です。
Photo_5

食券を購入してからの食事になりますが、発券機のお金を入れるところがちょっと高いので、車いすユーザーはお手伝いがあると良いですね。レストラン内のテーブルの間隔は広々としているので車いすでも利用しやすいようでした。テーブルの高さも、少し高めですので、安心ですね。
 おすすめはにぎり寿司(1200円・吸い物と茶碗蒸し付き)や刺身膳(880円)。

Photo_6


Photo_7


 
父と私が食べた松風ご膳(1200円)です。お刺身・お寿司・天ぷら・から揚げ・茶碗蒸し・お吸い物・サラダ・コーヒーゼリーなど、品数が多いのにリーズナブルでとってもおいしく大満足でした。(写真は私の両親です)
Photo_8

 
店内にはカウンター席や小さなテーブル席もあります。

Photo_9


Photo_10


 
お天気のいい時にはお洒落なウッドデッキのテラス席で食事も気持ちがいいでしょうね!
Photo_11



 
近くのセミコンテクノパーク内にテクノ中央公園もあり、天気の良い日に家族でお出かけも楽しいでしょうね!公園・温泉・食事となんでも揃ってますから、一日過ごせそうです。テクノ中央公園には多目的トイレも完備されていますので安心ですよ。おすすめです。
Photo_12

 
広場内多目的トイレ


Photo_13


 
下大谷温泉 天然温泉大谷の湯
熊本県菊池郡菊陽町原水下大谷3880-14
TEL 096-233-9477
営業時間 10:00~21:30(受付)
休日 月1回不定休
駐車場 60台
大浴場料金
・大人(中学生以上)・・・500円
・小人(小学生以下)・・・300円
・3歳未満・・・・・・・・無料
*回数券(10枚セット)・・3,500円
泉質・・・ナトリウム塩化物・炭酸水素塩温泉

 
<iframe width="425" height="350" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" src="https://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&amp;safe=off&amp;ie=UTF8&amp;q=%E7%86%8A%E6%9C%AC+%E5%A4%A7%E8%B0%B7%E3%81%AE%E6%B9%AF&amp;fb=1&amp;gl=jp&amp;hq=%E7%86%8A%E6%9C%AC+%E5%A4%A7%E8%B0%B7%E3%81%AE%E6%B9%AF&amp;hnear=%E7%86%8A%E6%9C%AC+%E5%A4%A7%E8%B0%B7%E3%81%AE%E6%B9%AF&amp;cid=0,0,10425281630809803883&amp;ll=32.893206,130.842195&amp;spn=0.006295,0.006295&amp;t=m&amp;iwloc=A&amp;brcurrent=3,0x3540e519c8e4e4e7:0xf1426822f5af7fcb,0&amp;output=embed"></iframe>
大きな地図で見る

コメント

ホタル情報 渡瀬川 2011

2011-06-15 08:48:03 | 菊池
こんにちは


実はちょっとタイミングを外しました

天気と出張と編集の三重苦にさいなまれている間に、さらに取材前日の大雨で、あまりいい環境ではありませんでしたが、とにかく撮影に行きました。

さて、旭志の渡瀬川といえば二鹿来川とともに名所中の名所。
ここは車いすでのホタル観賞にはぴったりの、安心安全なスポットです。


駐車場は前回紹介した、二鹿来川と同じ。
あとは、とことこ車いすを転がして進みます。
Dsc_0004


川沿いに遊歩道が設けられているので、車も来ないし安心です。セメント舗装なので車いすも楽々。柵があるので暗くても転落の危険もありません。

道沿いの電柱に1ヵ所だけ赤いランプが小さく点灯しているところがあります。
そこが1番のホタルスポット。
だんだん暗くなってきましたよ。
Dsc_0008



 
これでも全然少ないらしいです
しまったなあ・・・
あと4、5日早ければなあ・・・・
Dsc_0036


 
駐車場からここまで、少々距離がありますが、基本的にほとんど傾斜がありませんので、のんびり散歩がてら歩くのもいいですね。
有名な「ヒメホタル」のスポットはここから車で少し登ったところにありますが、急傾斜のため、お年寄りや車いすユーザーにはおススメ出来ません。

 
熊本の平野部のホタルはそろそろおしまい。

あとは阿蘇地方ですね。

今度はタイミングを外さずに取材してきます。

 
 お問い合わせ
菊池市役所
〒861-1392 熊本県菊池市隈府888
商工観光課
0968-25-7223
 

大きな地図で見る

 



コメント (2)

ホタル情報 旭志 二鹿来川

2011-05-25 15:13:36 | 菊池
こんにちは


どうやら今年は例年より1週間から10日ほどホタルも遅れているようです。
ようやく菊池市旭志の二鹿来川周辺が見ごろになりました。

駐車場は一般用が200円の有料。
62350020

一般駐車場はグラウンドで少し下がったところになります。


 
うれしいことに高低差のない橋のたもとに身障者用駐車場を作ってありました。
62350018

ここからならお手伝いなしでそのまま道路へ出られます。

62350019


橋を渡ると堤防沿いの道が見学路です。見学路は午後7時~午後10時まで車両進入禁止になりますので、安心して移動できます。
62350023


この時期は川の上流が見頃。傾斜はわずかですから気になりません。どんどん行きますよ~!
62350024


さて、午後8時前くらいから一斉に光り始めました。
風が無ければ、かなりの数のホタルを楽しむことが出来ますよ。
62460003


橋の上からのんびり眺めることができます。
足元も舗装道路ですから、安全ですね。ガードレールがありますから、転落の心配もありません。
さすがに有名なホタルスポットだけあって、ホタルの数は多いです。風のない暖かい日ならば、まさに「乱舞」するようすを見ることが出来ますよ。

すぐ隣を流れる渡瀬川は来月に入ってからが見頃のようです。そちらは林の木にクリスマスツリーのように光るホタルも楽しめます。

仮設トイレが設置されていますが、一般用のみになります。最寄りの車いす対応トイレとしては、道の駅きょくしの公共トイレが便利でしょう。広い駐車場と明るいトイレがあります。
いよいよシーズン本番ですよ!
天気予報をよくチェックして、出かけてみて下さいね。

 
道は少しわかりにくいですが、看板が立っていますので、看板に沿って進むと大丈夫です。
下記ホームページにマップがありますので参考にされて下さい。

<お問い合わせ>
参考ホームページ http://www.kikuchikanko.ne.jp/modules/page/index.php?lid=264

菊池観光協会 〒861-1331 熊本県菊池市隈府1273-1 TEL:0968-25-0513 FAX:0968-25-0576

 
大きな地図で見る
 
 


コメント