「拝啓、グリーンキーパー様 !」

㈱サバンナブランからは芝草向けに。
㈱ブランからは農業、園芸向けに。
オススメ資材とニュースをお届けします!

こんにちは! サバンナブラン営業部です!

「カテゴリー」から 季節別の「オススメ資材」をご覧下さい!

「花冷え」「菜種梅雨」「花曇り」。。人気資材「デ・サッチャー」の相方は?

2018-03-25 09:57:06 | 芝草「春」にオススメの資材

72候で3月26日は「桜始開(さくらはじめてひらく)」

関東地方でも桜が咲き始め、まもなく満開の地域も多いです!

桜は累積温度で開花します。

地温としても、かなり、暖かくなってきた証拠です。

「春雷」

昨日3月24日の夜、首都高から 遠くで光る雷を見ました。

72候で3月31日は「雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)」

寒冷前線の影響で、暖かい空気の下に冷たい空気が流れ込む影響で

発生する積乱雲(入道雲)が、春の雷を生みます。

雷の発生は、大気中に温度も湿度も出てきた証拠です。

毎年 この季節になると

ゴルフコースの多い千葉県の房総半島は

「菜の花」が咲き乱れ、たいへん綺麗です。

「菜の花」と聞くと「菜種梅雨」。

この時期は大気の状態が安定せず、

時折、雨が降り、日照も安定しません。

これからの時期は新根新芽も生長します。

この生長と同時に、

当然、古茎根も表層で蓄積し、

透水性や新根茎のための空相の妨げとなります。

春の更新作業と

資材の併用で、適切に古根茎を代謝させたいところです。

しかし、気候も安定しない時期でもあります。

「花冷え」気温が上がらない日もあります。

「花曇り」いまひとつ曇が続き活性が鈍る時期もあります。

「菜種梅雨」雨が続き、グリーンにあまり機械を載せたくない日もあります。

その地域の気象条件や

グリーン面の目的に応じて

エアレーションと相乗効果のある分解資材を選択し、

春の芽数アップにつなげていきたいところです。

オススメの資材が

エアレーション効果に定評のある「デ・サッチャー」です!

「デ・サッチャー(15-0-0)」は 

古茎根を分解する良性菌3種類を含有し、

新茎根成長のための土壌三相バランスを確立持続する資材です。

グリーンの透水性を大幅に改善します。

しつこいドライ状態やリングの原因となる撥水層も改善できます。

3月~6月、9月~12月の更新作業と並行して施肥するとたいへん効果的です。

 上の写真は

 雨が降り出して、5分もするとグリーン面に水が浮いてしまうよう状況(写真左)で、

 「デ・サッチャー」+その餌として「エッセンシャル・プラス」

 を第1週、第3週、第7週にわたり合計3回施肥した3ヶ月目の土壌(写真右)です。

 更新作業と資材を並行使用した結果、ブラックレイヤーが減少し、

 長く新しい根が成長している事が観察できます。

主成分は

バチルス・ズブチリス(5~55℃で活動)、バチスルメガテリウム(3~45℃で活動)、

バチルス・リヘニフォルミス(15~55℃で活動)のバチルス3種

プロテアーゼ、セルラーゼ、アミラーゼの分解酵素3種類

窒素 15.0%(*85%緩効果性メチレン尿素につき、徒長のリスクはほとんど見られません)

Lアミノ酸 9.5%

等です。

資材「デ・サッチャー」を効果的に動かす「良性菌のえさ」が

アミノ酸やフミン酸系資材です。

条件別にベストな「相方」を紹介します!

1)「花冷え」なでどで

気温が低い環境では「リストア・プラス」です。

 主成分は アミノ酸+フミン酸+こうぼ で

”こうぼ”が地温0~5℃の環境でもくいつき、

混合施肥した資材を動かします。

2)「花曇」「菜種梅雨」などで

日照が不足している状況では「ターフバイタル・プロ」です。

グルタミン酸を主成分とするアミノ酸系資材で、

グルタミン酸が 

光合成による炭酸同化作用にかわり

活性を向上・持続します。

3)根の生長を促したい時は「フルボ酸9%」です。

フルボ酸は 

フミン酸系資材の中で最も

土壌内にリン酸と吸着している鉄やカルシウムを引き離す

効果が高いと言われています。

施肥したリン酸の食いつきと吸肥を向上させ

新根の成長を促します。

 

←高品質!北米のレオナルダイト層から採取。

 このフルボ酸は

 古い地層である北米のレオナルダイト層から採取した

 高品質のフミン酸を さらにもう一段階精製した

 たいへん分解能力にすぐれた資材です。

←「フミン酸」をもう1段階精製した「フルボ酸」

4)芽数アップを促す時は「エッセンシャル・プラス」です。


主成分は
アミノ酸 2.75%
フミン酸 7.0%
ケルプ抽出物(オーキシン、サイトカイニン)
ジベレリン酸
リグニン、セルロース繊維
単糖、二糖類
ビタミンB2 ビタミンB6
です。

春のよこ根、たて根を充実させ 芽数へとつなげます。

 ◆

宜しくお願いします!

(^。^)

 

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

桜開花。「花冷え」と菌態バランスの崩れに。

2018-03-18 08:37:04 | 芝草「春」にオススメの資材

24節気で3月21日は「春分」

まだまだ肌寒い日はあるものの

日差しは「春」そのものですね!

72候で3月26日に「桜始開(さくらはじめてひらく)」とあります。

17日に東京で開花が発表されました。

平年より9日早い開花でした。

今年の冬は、寒気が日本付近に流れ込みやすく、寒い日が続きました。

特に2月は非常に厳しい寒さとなったため、

花芽の成長は2月末時点ではやや遅れ気味だったとみられます。

しかし、3月に入ってかなり暖かい日が多くなってきたため、

2月の遅れを一気に取り戻す形で、

全国的に平年より早い開花となる地域が多いです。

一方で、

72候の3月31日「雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)」

とあるように

3月後半~4月前半は気圧配置が変化しやすく、

日照も気温も安定しない時期です。

「花冷え」や「遅霜」などの言葉があるように

ターフの活性が上がりにくい気象条件

+

土壌内の菌態バランスの崩れから

「細菌病」などが侵入しやすい時期と思われます。

>日照不足(光合成不足)に負けないような肥培

>遅霜への対策

>菌態活性バランスが原因で侵入する病害への施薬

が大切な時期と思われます。

しかし、

72候の4月25日「霜止出苗(しもやみてなえいずる)」

(霜が終わり稲の苗が生長する頃)

の頃には気候も安定し、

ターフクオリテイの向上に専念できる時期の到来です!

この春の「日照不足」「花冷え」「遅霜」に効果的な資材があります。

1)日照不足、霜害軽減には

「ターフバイタル・プロ」です。

 主成分はグルタミン酸+核酸です。

 グルタミン酸を吸収する事で、

光合成による炭酸同化作用になりかわり、

 タンパク質合成でき、活性を持続します。

 トップアスリートが 疲労回復、筋肉痛解消に

 「アミノバイタル」(味の素)を

 使用するメカニズムと同じ資材です。

 さらにグルタミン酸を吸収したターフは、乾燥しにくく、凍結しにくいので

 4月上旬の遅霜対策としても(コーライ芝にも)効果的です。

 

 2)花冷えには

「リストア・プラス」です。

主成分は こうぼ+アミノ酸+フミン酸で

”酵母(こうぼ)”は

地温0~5℃でも動く良性菌で

低温時間帯の菌態活性を向上させ

他資材のくいつきを向上させます。

3)病害侵入抑制と回復には

 薬剤+「コンパニオン」が効果的です。

 日照不足と低温による活性鈍化が起こる3月下旬~4月上旬に、

細菌病などの病害が侵入しやすいのも、ここ数年の傾向です。

殺菌剤や抗生物質(銅剤やアグリマイシン等)の投与と共に、

 「コンパニオン」を混合施用すると

崩れた菌態活性バランスをたてなおし、効果的に回復を図ります。

 「コンパニオン」は 

 米国EPA(米国環境保護庁)に液肥としては初めて登録された

 「生物学的抗菌資材(バイオロジカル・ファンジサイド)」です。

 主成分は

 バチルス・ズブチリスGB03(7~55℃で活動)です。

 施肥後、素早く毛根周囲に群生し、

 筒状のシールド(保護膜)を形成し、根を守ります。

 効能としては

 ・古茎根や有機残渣を分解しながら、

 病害の菌核を自ら生成する抗生物質で破壊する

 ・ケミカル殺菌剤と混合使用する事により、

 ケミカル殺菌剤の効きが良くなると同時に

 病害が耐性を獲得する事を抑制する

 ・殺菌剤の使用により減少した良性菌を補充する事で、

 菌態バランス(B/Fバランス)が整い、病害からの早期回復を図ります。

 ・自らオーキシン様物質を生成。根の発達を刺激します。

よろしくお願いします!

(^。^)

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今年の梅はどっち向き?季節の推移とアミノ酸系資材の選択

2018-03-11 10:25:57 | 芝草「春」にオススメの資材

ことわざに

「梅の花が上を向いて咲く年は遅霜」とあります。

梅の咲く頃に晴天が多い年、

つまり放射冷却現象が多い年は遅霜に注意との事です。

「下向きに咲く年は長雨に注意」といわれています。

雨で花粉が流亡しないように梅の花弁が下を向くそうです。

みなさんの地域の梅は 

上向きですか?下向きですか?

気象庁「梅の開花前線」↓

http://www.data.jma.go.jp/sakura/data/phn_000.html

気象庁の向こう3ヶ月の気象予報によれば、

関東、東海、近畿地方とも

3月は気温は高め、雨多め(気候不順)

4月は気温は平年並み、雨少ない(晴れ傾向)

とあります。

春先の気候は

この一年のターフの生育と

ターフクオリテイを左右するので

これからの気候不順による影響をなるべく回避したいところです。

ことわざと気象庁予報から推測すれば、

この春のテーマは

1)3月の雨と日照不足

2)3/25~4/上旬の活性鈍化と病害の侵入

と思われます。

N-P-Kに関しては、

活性があがってくるまでの液体肥料、

くいつきだしてからの固形肥料と思います。

フォロー資材としては、

日照不足、光合成不足には

アミノ酸系資材が効果的です。

活性向上には

良性菌の餌となるようなフミン酸系資材が効果的です。

その地域の季節の推移に合わせて

「NPK+フォロー資材」を選択されてはいかがでしょうか?

この春の気候不順に効果的な資材があります。

1)日照不足、光合成不足には「ターフバイタル・プロ」です。

主成分はグルタミン酸+核酸です。

グルタミン酸を吸収する事で

光合成による炭酸同化作用を代替し、

タンパク質合成でき、活性を持続します。

 トップアスリートが 疲労回復、筋肉痛解消に

「アミノバイタル」(味の素)を

 使用するメカニズムと同じ資材です。

さらにグルタミン酸を吸収したターフは

乾燥しにくく、凍結しにくいので

4月上旬の遅霜対策としても(コーライ芝にも)

効果的です。

 

2)まだ地温が低い地域の活性向上には

「リストア・プラス」です。

主成分は こうぼ+アミノ酸+フミン酸で

低温時間帯の菌態活性を向上させ

他資材のくいつきを向上させます。

3)春の根を充実させ、芽数をアップさせるには

「エッセンシャル・プラス」です。


主成分は
アミノ酸 2.75%
フミン酸 7.0%
ケルプ抽出物(オーキシン、サイトカイニン)
ジベレリン酸
リグニン、セルロース繊維
単糖、二糖類
ビタミンB2 ビタミンB6
です。

春のよこ根、たて根を充実させ 芽数へとつなげます。

4)3月下旬~4月上旬の病害侵入には

薬剤+「コンパニオン」が効果的です。

日照不足による活性鈍化の後に

3月下旬に、病害が侵入しやすいのも事実です。

細菌病、かさがれ病などの発生がみられる事もあります。

もちろん

薬剤や抗生物質(銅剤やアグリマイシン等)の投与も効果的ですが

「コンパニオン」と混合施用すると一層効果的に回復します。

「コンパニオン」は 

米国EPA(米国環境保護庁)に液肥としては初めて登録された

「生物学的抗菌資材(バイオロジカル・ファンジサイド)」です。

 主成分は

 バチルス・ズブチリスGB03(7~55℃で活動)です。

 施肥後、素早く毛根周囲に群生し、

 筒状のシールド(保護膜)を形成し、根を守ります。

 効能としては

・古茎根や有機残渣を分解しながら、

病害菌の細胞壁を自ら生成する抗生物質で破壊する資材です。

・ケミカル殺菌剤と混合使用する事により、

 ケミカル殺菌剤の効きが良くなると同時に

 病害が耐性を獲得する事を抑制します。

 ・殺菌剤の使用により減少した良性菌を補充する事で、

菌態バランス(B/Fバランス)が整い、病害からの早期回復を図ります。

・自らオーキシン様物質を生成。根の発達を刺激します。

是非試してみて下さい!

よろしくお願いします!(^^)


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする