「拝啓、グリーンキーパー様 !」

㈱サバンナブランからは芝草向けに。
㈱ブランからは農業、園芸向けに。
オススメ資材とニュースをお届けします!

こんにちは! サバンナブラン営業部です!

「カテゴリー」から 季節別の「オススメ資材」をご覧下さい!

乾燥下での張替えに!「パーマ・マトリックス」

2019-05-19 11:46:54 | 芝草「張り芝」にオススメの資材

菌根菌資材「パーマ・マトリックス」

「菌根菌」が

根の成長に良い事は、広く知られています。

でも

「菌根菌」が

根の周囲の水持ちを良くして

乾燥から植物を守る力にはびっくりさせられます!

 

乾燥時期の

コーライ芝、ノシバの張替えには、オススメです!

米国サンマーク社「パーマ・マトリックス」は

人気上昇中の「菌根菌」の資材です。

 

 

ターフにも、樹木にも

地上部成長にも、地下部(根)の成長にも

良いとされている代表的な菌根菌が全て

含まれています。

 

主成分は

内生菌根菌(4種)

外生菌根菌(7種)

活性炭

麻繊維(良性菌のすみかとして)

です。

散水設備のない

ソーラーパネル周囲に

コーライ芝を張りました。

 

ホームセンターで購入したソッドで

いつ切り出したものかは不明。

 

張り芝後に、散水はしたものの

雨水のみが頼りでした。

活着までの乾燥が不安でした!

 

張り芝直後 ↓

 


2週間後 ↓

 ターフはしっかり活着し、活性も充実していました!

お客様のホテル脇にある

小さな子供達のための「ミニ・コース」。

 

フェアウエイに該当する部分の床土に

「パーマ・マトリックス」を混ぜたところ

明らかに、

パーマ施用部分のかっ着が早く、芝の活性も上がりました!

パーマは

張り芝の床土に混ぜてもよし、

ターフの上から、ふりかけても良しです。

是非、お試し下さい!

(^。^)


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

播種、はりかえに最適な資材

2017-09-17 15:58:30 | 芝草「張り芝」にオススメの資材

この夏は

7月は

全国的に乾燥と強烈な高温。

8月は

東日本では

約3週間にわたる雨天・曇天による日照不足で活性が低下し、

炭疽病や細菌病が侵入し、

8月24~25日の急な晴天高温で、一気にターフは衰弱。

西日本では

7月以降、8月も高温が続き、

撥水乾燥部分へのリングの侵入、

透水性の悪い箇所でのウエットウイルト

等の状況が多く見られました。

 72候 9月2日ごろは

「禾乃登(こくものすなわちみのる)」<イネの実る頃>

とあるように、

この時期はイネ科植物の成長が充実してくる季節となりました!

この時期、夏越しのダメージ部分に

播種や張替えを計画されているコースも多いと思います。

オススメの資材があります!

インターシード(播種)や貼り芝の早期活着には

「エッセンシャル・プラス」「ミスト9号(8-32-5)」です!

「エッセンシャル・プラス」

発芽・発根促進に

定評のあるアミノ酸系資材です。

 オーキシン様物質(ケルプ抽出物由来)や

ジベレリン酸を含有しています。

主成分
アミノ酸 2.75%
フミン酸 7.0%
ケルプ抽出物
ジベレリン酸
リグニン、セルロース繊維
単糖、二糖類(トレハロース)、
ビタミンB2 ビタミンB6
です。

「ミスト9号(8-32-5)」

50%の緩効性窒素と共に、

土壌にとどまったリン酸も

無駄なく吸収する

発芽・発根を加速すると好評のリン肥です。

播種後の病害抑制や発芽率アップには

「コンパニオン」+ 殺菌剤(タチガレン等)です!

「コンパニオン」が含有する ”バチルス・ズブチリスGB03”

土壌内の菌態活性バランス(B/Fバランス)を整え、

土壌内の病害の菌核を破壊する”良性菌”です。

←バチルスGB03の保護膜が病害の侵入を抑制。

是非お試し下さい!

(^。^)

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする