「拝啓、グリーンキーパー様 !」

㈱サバンナブランからは芝草向けに。
㈱ブランからは農業、園芸向けに。
オススメ資材とニュースをお届けします!

こんにちは! サバンナブラン営業部です!

「カテゴリー」から 季節別の「オススメ資材」をご覧下さい!

コーライ芝。匍匐と成長には「菌根菌」、三相バランスに「バチルス菌」?!

2018-05-07 11:23:50 | 芝草「コーライ芝・フェアウエイ」関連

24節気 6月6日頃は「芒種」

江戸時代の暦を解説する暦便覧には

「芒(のぎ)のある穀類、稼種する時なり」とあります。

実際のイネなどの播種はこれよりも早いのですが、

この時期は、湿度や温度が

穀類の発芽、成長にとって

最適ということなのでしょう。

昨今のテイーグラウンドは

来場客数に対して、面積が狭く

踏圧などのストレスで擦り切れが目立ちます。

特に

コーライ芝にとって午前中の日照は大切なので

日当たり・風通しの悪い

PAR3のテイーなどは

デイポットや擦り切れ等のダメージが目立ちます。

この時期~梅雨入り頃までの

コーライ芝の成長が旺盛な時期に

テイーグラウンドや外周の

ダメージ回復のための施肥、

貼り替えを予定されているコースも

多いと思います。

コーライ芝の成長に

評判の良い資材をご案内します!

まず、匍匐と成長には ”内外性菌根”

「パーマ・マトリックス」米サンマーク社)です。

目砂と混ぜてデイポットを早期回復したり、

貼り芝の床に混ぜれば、早期かっ着を促したりするので

近頃、とても好評価です!

主成分は

内生菌根菌(4種)

外生菌根菌(7種)

バイオ炭、泥炭、麻繊維

多孔質有機保水ポリマー等です。

そして、三相バランスと病害抑制には ”バチルス菌”

「バイオ8-0-9」(米グロース社)です。

古茎根を分解し、透水性を向上、ラージ等の病害を軽減。

しつこい古ランナーも早期分解するのでマット状態を早期解消。

散布後は、節間の短いランナーが成長し、徒長も抑制。芽数も充実。

等の効果があり、

テイーグラウンド、外周、フェアウエイへ

定期的に散布されているお客様が多い人気資材です。

  

主成分は

 古茎根、サッチを分解する バチルスが2種類

 低温下でも食いつくように 酵母を含有

 空相確保・持続するフミン酸

 ランナー成長を促進するアミノ酸

 根茎周囲の潤い を持続するために

 ユッカシジゲラ抽出物を含有しています。

 ←ユッカシジゲラの浸透湿潤効果

 

宜しくお願いします!

(^。^)

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

花粉飛散、春の雨。コーライ芝、春への準備

2018-02-11 19:01:21 | 芝草「コーライ芝・フェアウエイ」関連

 

先週、2月5日~8日は 強烈な寒波の影響で

北陸地方では昭和56年以来、37年ぶりの豪雪になりました。

福井県では、この大雪の影響で、130cm超えの積雪を記録し、

福井県あわら市では6日1,500台以上の車が立ち往生し、死傷者も出ました。

最近はこのように予期せぬ気象的な災害が多いですね。

対照的に、太平洋側は晴天。

2月10日(土)関東地方では、

この時期としては暖かい空気が流れ込みました。

関東地方は18日ぶりに、最高気温が10度を超えました。(千葉県南部で13℃)

夕方から広い範囲で雨が降りました。

気温も高めで、春めいた雨でした。

11日(日)も晴れ、

最高気温は12~14度になりました。

少しずつ花粉の飛散が開始したのか、

「目がかゆい」「鼻水が止まらない」と花粉症の症状を耳にする頃となりました。

←「花粉飛散」=「春の訪れ」?!

季節の推移を伝える24節季には2つの「雨」があり、

植物の成長のタイミングを示唆しているような気がします。

2月19日は「雨水」→ターフの地下部の成長(=根・ランナー)がスタートする為の雨か?

4月20日は「穀雨」→ターフの地上部の成長(=クオリテイ)が充実する為の雨か?

とも思います。

暦をさらに細かく分けた

72候で2月19日は

「土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)」 <雨が降って土湿り気を含む>

とあります。

「春の雨」は冬の間に固結・乾燥した土壌をほぐし(気相)、

潤い(液相)をもたらします。

土壌の三相バランス(固相・気相・液相)が整うと、

植物の地下部が動きだします。

2月下旬~3月上旬は

コーライ芝の地下部(ランナー)も動き出す頃。

 スイーパーでサッチを取り除き、ランナーに春の光を当てる

 下葉を鉄系資材でやいて、ターフの活性を向上させる

 尿素や硫安で、肥料吸収のきっかけをつくる

すべては

3月後半~4月のコーライ芝の「春の芽出し」を充実させる為の準備として

効果的と思われます。

特に、昨年10月の約3週間に渡る長雨で

休眠前のコーライ芝の糖分貯蔵が

例年よりは欠乏していると思われるので

今春のコーライ芝の立ち上げは

手厚くしても良いのかもしれません。

 「雨水」から「桜開花」の頃までの

コーライ芝の立ち上げにオススメな資材があります!

1) 吸肥環境と三相バランスを整えるのは

「バイオ 8-0-9」です。

  

 主な成分は

 古茎根、サッチを分解する バチルスが2種類

 低温下でも食いつくように 酵母を含有

 空相確保・持続するフミン酸

 ランナー成長を促進するアミノ酸

 根茎周囲の透水性と潤い を持続するために

天然の浸透資材「ユッカシジゲラ」を含有しています。

 

 この資材の働きにより、

糖質を吸収したランナーは

乾燥しにくく、凍りにくいので

3月下旬~4月上旬に心配な「遅霜対策」としても

たいへん有効な資材です!

もちろんスイーパーやバジカル等の

更新作業と併行すれば さらに効果的です。

2)下葉を代謝させ、ランナーに日照を与え

ターフの活性を向上させる鉄系資材は

 「エクストラアイアン(6-0-0)」です。

 

 3)芽出しを向上させるのは

硫安+尿素+緩効性窒素の

「ミスト11号(22-0-0)」です。

 いよいよですね! 

よろしくお願いします!

(^。^)

 

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今年は遅かったタケノコ。コーライ芝はいつ食いつく?

2017-04-30 16:47:53 | 芝草「コーライ芝・フェアウエイ」関連

やっと最近になって

スーパーでも 大ぶりなタケノコを見るようになりました。

例年のピークより、2~3週間遅かったように思います。

タケノコの芽出しが遅かったように、

同じランナー系植物の コーライ芝のフェアウエイも

4月に粒肥料を散布したものの、

もう5月になろうかという今になっても

十分に活性が上がらないというコースを

全国各地で多く耳にします。

1~2月の固結・乾燥した土壌は

地温の上昇が遅れたと思われます。

3月下旬~4月上旬の気候不順、日照不足により、

土壌内の栄養分を分解する良性菌の活性が

4月になっても、鈍かった思われます。

早春にバジカルをかけた部分のうち、

特に踏圧ストレスのかかる外周や

午前中の日照の不足するテイーグラウンドの

芽数が薄くなっているコースを

この4月後半にも多く目にしました。

72候では

★ 5月15日頃「竹笋生(たけのこしょうず)」

<タケノコの生長が本格的となる>

ランナー系植物の生長が本格的となる時期。

コーライ芝も旺盛に生長する時期です。

★ 5月21日頃「蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)」

<蚕が桑を盛んに食べる時期>

この頃から湿度が出てきます。

とあり、

5月中旬からは、

ようやっとコーライ芝も

施肥にくいついてくれる時期となるはずです。

効果的な肥料や活性剤を活用し、

薄い部分の芽数を回復させたいところです!

オススメの資材が

コーライ芝回復のための”ふりかけ”、

「リペア・プラス」です。

薄い部分や傷んだ部分、

養生マットの上からパラパラとふりかければ

10~14日でランナーがぐいぐい差し込んできます。

目砂や粒肥料とブレンドして施肥してもたいへん効果的です!

内容成分は

ほぼ、人気資材「バイオ 8-0-9」と同じですが

「バイオ8-0-9」は分解系、

「リペアプラス」は成長系 

成分を主体に配合してあります。

是非お試し下さい!よろしくお願いします!

(^。^)

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

桜開花前後のコーライ芝に!(フェアウエイ)

2017-03-20 13:00:44 | 芝草「コーライ芝・フェアウエイ」関連

3月20日は 24節気の「春分」

72候に<3月26日>「桜始開(さくらはじめてひらく)」

とあり、

もうじき、桜の開花する頃となりました!

2017年の桜(ソメイヨシノ)の開花は、

九州から東海、北陸地方では平年並みかまたは遅く、

関東甲信地方から北海道までほぼ平年並みの予想だそうです。

九州から関東地方の多くの地域で3月末までに続々と開花の便りが届くでしょう。

これらの地域では、開花から7日~10日程度で満開となります。

梅の花が咲く頃から

ベント芝(グリーン)は新根の動きが始まりました。

一方で、

桜の花が咲く頃から

コーライ芝(テイー、フェアウエイ)は

新根茎(ランナー)の動きが始まります。

この時期、

ランナー周囲のサッチを除去し、下葉を代謝させ、

ランナーに日照をたっぷりあてることは

4月以降のコーライ芝の芽出しを充実させる上で

とても大事だと思います。

桜開花前後の気象は、

コーライの春の芽出しに 大いに影響があります。

 1)桜開花前は

 気象不安定で、日照不足も、遅霜も心配。

下葉をさばく事で代謝も一気に向上します。

「バイオ8-0-9」+「ターフバイタル・プロ」

+「エクストラアイアン(6-0-0)」

がオススメです。

  

「バイオ 8-0-9」

は バチルスが分解した古茎根やサッチを

酵母が糖質に変換し、ランナー成長エネルギーとして使います。

余った糖質はしっかりランナーに貯蔵します。

糖質を含有した植物細胞は 乾燥しにくく、凍りにくいので

3月下旬~4月上旬に心配な 

遅霜対策としても たいへん有効な資材です!

「ターフバイタル・プロ」

 主成分「グルタミン酸」が光合成に代わり、

 タンパク質合成し、活性を向上・持続します。

 「グルタミン酸」を吸収したランナーは、

乾燥害や霜害に強い体質へと変化します。

 

「エクストラアイアン(6-0-0)」

下葉を代謝させ、活性を向上する鉄系資材です。

2)桜開花の後は 気温もさらに上昇し、

日照時間も増えてくるので、

一気に芽出しと発色を向上したいところです。

 芽出しと発色には

「バイオ8-0-9」+「ミスト11号(22-0-0)」

 がオススメです。

 「ミスト11号(22-0-0)」は

ランナー成長を促し、

発色を持続する”硫安+尿素+メチレン尿素”の液肥です。

「バイオ 8-0-9」との相乗効果のたいへん高い資材です。

よろしくお願いします!

(^^)

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今年はコーライで差をつける!

2017-03-04 11:00:44 | 芝草「コーライ芝・フェアウエイ」関連

3月1日は24節気の「雨水」

72候では「草木萌動(そうもくめばえいずる)」

<草木が芽吹きはじめる頃>とあります。

先日の「春一番」から、

この先の「桜開花」まで

ひと雨ごとに地温、気温は上昇し、

コーライ芝(フェアウエイ)の立ち上がる季節となりました。

グリーン面に比べて

コーライ芝のフェアウエイは面積が広いので、

視覚的にアピールする力があります。

春先にばっちり芽吹いたフェアウエイは、

プレイヤーや施主に感動を与えます。

高級ホテル等では、

繊維をキメ細かく織り込んだ

緞通(だんつう)、ペルシャ絨毯のようなカーペットが敷いてあります。

見た目が美しいだけでなく、

触れば、肌触りが良い。

その割に

歩けば、しっかりしていて、膝や腰への負担が少ないといいます。

フェアウエイの理想形かもしれません。

良いフェアウエイ(コーライ芝)の条件について

考えてみたいと思います。

・発色が良い(青々としている)

・葉にツヤと潤いがある(活性が高い)

・透水性が良く、病害(ラージ等)が少ない

・無駄なサッチ層がなく、マット感が少ない。

・ランナーが太く、節間(せっかん)が短く、しっかりしている。

・目砂が適切に施してあり、葉が立っている

等などが

考えられます。

時々、ベテランのキーパーさんから

「コーライ芝は

肥料をくれるだけ、くれてやり、

刈れるだけ、刈り倒してやれば、良くなる

「コーライ芝には午前中の日照が大切。

春先はサッチをとりのぞき、

ランナーに日照を当てる事が

良い春の芽出しにつながる。」

と聞いた事があります。

たいへん参考になります。

是非、

今年のコーライの春の芽出しを成功させ、

ライバルに差をつけてみて下さい!

春先のコーライ芝(フェアウエイに)オススメの資材です。

1)立ち上げには「バイオ 8-0-9」です。

  

この資材の働きは

バチルスが分解した古茎根やサッチを

酵母が糖質に変換し、ランナー成長エネルギーとして使います。

余った糖質はしっかりランナーに貯蔵します。

糖質を含有した植物細胞は

乾燥しにくく、凍りにくいので

3月下旬~4月上旬に心配な 

遅霜対策としても たいへん有効な資材です!

もちろん バジカル等の更新作業と併行すれば さらに効果的です。

2)活性向上には「エクストラアイアン(6-0-0)」です。

下葉を代謝させ、活性を向上する鉄系資材です。

3)発色と芽出し向上には

「ミスト11号(22-0-0)」です。

ランナー成長を促し、

発色を持続する”硫安+メチレン尿素”の液肥です。

4)3月の気候不順・日照不足と遅霜対策には

「ターフバイタル・プロ」です。

主成分「グルタミン酸」が光合成に代わり、

タンパク質合成し、活性を回復・持続。

「グルタミン酸」を吸収したランナーは、乾燥害や霜害に強い体質へと変化します。

よろしくお願いします!

(^^)

 

 

 

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

春一番吹きました!コーライ芝の立ち上げに。

2017-02-19 10:57:00 | 芝草「コーライ芝・フェアウエイ」関連

2月13日(月)

気象庁は関東地方の「スギ花粉の飛散開始」を発表しました。

 昨年より2日早く、例年より5日早い発表でした。

*スギの花粉の薬のCMをよく見る頃は、

グリーン面の春の新根の成長が旺盛になる頃と、感じます。

2月17日(金)

太平洋側では強烈な南風が吹き、気象庁は「春一番」を発表しました。

日中温度が20度近く上昇した地域もありました。

地温もぐっと上昇してくる頃です。

*「春一番」の頃から

コーライのランナーが徐々に動きを開始する頃と感じています。

2月18日(土)は旧暦24節気の「雨水」

「雨水」の雨は 

植物にとって「スタート」の雨。

冬の土壌の固結・乾燥を緩め、

潤いと空相をもたらし、ターフを一気に春へと導きます。

コーライ芝(フェアウエイ、テイー)は

この先、桜が開花する3月下旬にかけて 

ゆっくり立ち上がってゆくと思われます。

しかしながら、

3月中下旬は冷たい雨が降ったり、

日照が不足したりする事も多いので、

できるかぎり、

早い段階で、活性を上昇させておきたいところです!

 「雨水」から「桜開花」の頃までの

コーライ芝の立ち上げに好評価な資材が

「バイオ 8-0-9」です。

 

  

 主な成分は

 古茎根、サッチを分解する バチルスが2種類

 低温下でも食いつくように 酵母を含有

 空相確保・持続するフミン酸

 ランナー成長を促進するアミノ酸

 根茎周囲の透水性と潤い を持続するために

天然の浸透資材「ユッカシジゲラ」を含有しています。

 

 この資材の働きにより、

糖質を吸収したランナーは

乾燥しにくく、凍りにくいので

3月下旬~4月上旬に心配な 遅霜対策としても

たいへん有効な資材です!

もちろん

バジカル等の更新作業と併行すれば さらに効果的です。

さらに

下葉を代謝させ、ランナーに日照を与え

活性を向上させる鉄系資材

 「エクストラアイアン(6-0-0)」

 

 

芽出しを促し、

発色を持続する硫安+メチレン尿素の

「ミスト11号(22-0-0)」

 との混合施肥もたいへん効果的です!

 いよいよですね! (^。^)


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「麦雨(ばくう)」を利用したテイー、フェアウエイの活性化

2016-06-11 12:20:07 | 芝草「コーライ芝・フェアウエイ」関連

 

麦の写真

麦秋至(むぎのあきいたる)

3月下旬~4月中旬に

日照が不足した地域が多く

本年度前半は

テイーグラウンドやフェアウエイの活性化に

苦心されているコースが多いです。

72候に「麦秋至(むぎのときいたる)」とあります。

百穀が成熟する時期です。

梅雨初期の雨、

この時期に穂を揺らしながら降る雨を

「麦雨(ばくう)」と呼びます。

梅雨時の

断続的に降る雨を活用して、

テイー、フェアウエイを

充実させたいところです!

活性の鈍かった日陰のテイー、

面積の狭いショートホールのテイー、

踏圧のかかるグリーン外周、アプローチ

の活性化、芽数回復には、

雨の時期に散布する

 「バイオ 8-0-9」がたいへん効果的です。

  

「バイオ(8-0-9)」の主な成分

 コーライ、バミューダ、テイフトン等の

 太い古根茎やサッチを分解するバチルスが2種類

 空相確保・持続するフミン酸

 ランナー成長を促進するアミノ酸

 根茎周囲の空相と潤いを持続するために

 ユッカシジゲラ抽出物(浸透剤)を含有しています。

この資材の働きは

バチルス

古茎根や有機残渣を分解しながら

ふり続く雨と共に、

ドリルでトンネルを堀り進むように

浸透成分(ユッカシジゲラ)により、

さらに深層へ、さらに全体へと 浸透します。

 

アミノ酸が分解した栄養素を

ランナー成長エネルギーへ変換します。

フミン酸が確保した空相へ

新根やランナーが成長していく

というメカニズムです。

 

是非 

試してみてください!

(^。^)

 

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

フェアウエイのラージを抑える

2016-05-22 08:32:05 | 芝草「コーライ芝・フェアウエイ」関連

田植えもほぼ終わり

植物全ての成長が充実する

24節気の「小満」(5月21日)、

当然、

コーライ芝の活性も

充実してくるべき時期なのですが、

コーライの立ち上がり時期である

3月下旬~4月上旬の

日照不足の影響を受けたコースも多く

今年のフェアウエイやテイーは

まだまだこれから!と、思われます。

4/1~20日の日照ですが、

太平洋側の海や湾に近いコースで

例年の70%~80%

かなりの光合成不足ですね!

←関東甲信越

←中部東海

←近畿

3~4月の日照不足・活性不充分の影響からか

フェアウエイに関しては

透水性の悪い部位等では

ラージパッチが

例年より多く出ているコースも多いです。

エアレーション暗渠等

透水性を向上させたり、

ラージ剤を適宜に使用して、

抑制・改善していきたいところですね!

 おすすめの資材としては

まずは

「ミスト11号(22-0-0)」です。

ラージ菌が嫌がる硫黄成分を4%含みます。

コスト的にも、リーズナブルな資材です。

緩効性40%のメチレン尿素とともに

硫黄成分が

数週間にわたり土壌内に滞在し、

土壌内のPHを弱酸性に保ち、

ラージ菌の動きを抑制し、

ラージ薬剤の効きを高めます。

しつこいラージには

「コンパニオン」です。

 

ピシウムと複合したようなラージや、

←ラージ+ピシウム

芽出し時期の春はげ症状から、

そのままラージパッチに移行したような

リゾクトニア性疑似葉腐病

リゾクトニア性疑似葉腐病

しつこいラージには

スポット散布で

「コンパニオン」+「ラージ剤」

を試してみて下さい。

「コンパニオン」の主成分である

「バチルスGB03」が

ランナー周囲に

筒状の保護膜を創り、

病害菌の菌核を破壊します。

●「バイオ 8-0-9」もおすすめです。

  

主成分の

 古茎根、サッチを分解するバチルスが2種類

 空相確保・持続するフミン酸

 ランナー成長を促進するアミノ酸

 根茎周囲の透水性と潤いを持続するための

 ユッカシジゲラ抽出物

これらが、

ラージ発生下の

床土の

透水性と三相バランスを改善し、持続します。

是非、試してみて下さい!

よろしくお願いします!

(^^)

 

 

 

 

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

春本番。グリーンアップに「ミスト11号(22-0-0)」

2016-03-12 11:27:14 | 芝草「コーライ芝・フェアウエイ」関連

そろそろ、春本番ですね!

この時期、3月~4月上旬は雨天、曇天も多いため、

グリーン面の鮮やかな緑は プレーヤーの心をとらえます。

暖冬を超えたファウエイ、テイーのコーライ芝

例年よりも 少し動きが早く

芽出し間近という感じです。

春先、ターフの活性が充分にあがるまでは

根による吸肥が遅いために、

粒肥料よりも

葉面吸収も期待できる

液体肥料でグリーンアップを図るケースも多いと思います。

おすすめは

「ミスト11号(22-0-0)」です。

 

主成分

全窒素 22%

 硫安 4%

 尿素 9%

 緩効性メチレン尿素 9% です。

効果的には

尿素、硫安が 速効で吸収される一方、

40%のメチレン尿素は

分子構造 C(炭素)ーN(窒素)の鎖が長く、

土壌 根茎周囲に留まり、微生物分解なので 肥効も長いです!

水溶性の尿素、硫安よりも

長い期間グリーンアップします!

米国では

テレビ中継が入るスポーツターフ競技場も多く、

ヤンキーススタジアム や

  

←営業担当のHowie Goldさん(ナイスガイ!です)

セントラルパーク

他 多くの競技場

レーストラック

別称「アムモス(アンモニア・マンモス)」と呼ばれる

「ミスト11号(22-0-0)」が使用されています。

リーズナブルなコストも好評価で、

グリーン面のさらなるグリーンアップにも、

芽出し前後のテイー、フェアウエイの初期活性向上にも

おすすめです!

よろしくお願いします。

(^。^)

 

 

 

 

 

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする