「拝啓、グリーンキーパー様 !」

㈱サバンナブランからは芝草向けに。
㈱ブランからは農業、園芸向けに。
オススメ資材とニュースをお届けします!

こんにちは! サバンナブラン営業部です!

「カテゴリー」から 季節別の「オススメ資材」をご覧下さい!

やっぱり今年の乾燥はキツイ?!

2018-04-30 10:53:18 | 芝草「春」にオススメの資材

今年は、 高めの日中温度とキツイ乾燥が

梅雨明けまでの課題ですね!

高温・乾燥がキツイ時期としては

梅雨明けまで3回

(4月後半、5月中旬、7月上旬)と思われます。

例えば、「コーライ芝の穂」です。

4月後半の太平洋側では、

気温が高い傾向もあってか、

急な成長の結果、

コーライ芝が茶色い穂をつけている状況を多く目にしました。

もう一つ、気になる事が、

3月下旬の「桜開花」以降、

どうも季節の展開が例年よりも10~14日早い事です。

例えば、コガネ。

関東地方のコースでは、

例年5月上旬に発生がピークになるコガネも

今年は4月後半に多発したコースが多かったような気がします。

72候の5月21日頃「蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)」

<蚕が桑を盛んに食べる>

その頃には

大気中の湿度も適度に出てくると思いますが、

その頃迄の、

日中の気温上昇と

グリーン面のキツイ乾燥には

有効な一手を打ちたい所です。

有効と思われる「高温と乾燥」に強い肥培としては

①浸透湿潤資材=「潤い」

②フミン酸系資材=「空相」

フミン酸は空相を確保し、乾燥を抑制します。

フミン酸+アミノ酸資材=乾燥からの回復を促します。

フミン酸+ケイ酸資材=葉の気孔を締め、蒸散を抑えます。

③緩効性の窒素源=「戻る力」

硝安や硫安のような速攻性のNは、ヤケ(濃度障害)の原因です。

ゆっくりと吸収できる窒素源が

乾燥したターフの回復(葉のツヤ、潤い)を促します。

オススメの資材があります!

①浸透湿潤資材=「潤い」には

「ハイドロ・マックス」です。

 「ハイドロ・マックス」は

 北米大陸の砂漠に自生する「ユッカシジゲラ」から抽出した

 100%天然の浸透湿潤資材です。

 さらに、

 気相を持続する フミン酸2%含有で、

 三相バランスを確保、持続する資材です。

 資材自体が良性菌のえさとなる 100%有機の資材です。

 主な成分は

 ユッカシジゲラ抽出物 90%以上

 フミン酸(天然レオナルダイト由来)2%

 です。

  ②フミン酸系資材=「空相」

 フミン酸は空相を確保し、乾燥を抑制します。

②-1 フミン酸+アミノ酸資材=「空相」+「回復」

「エッセンシャル・プラス」です。


主成分は
アミノ酸 2.75%
フミン酸 7.0%
ケルプ抽出物(オーキシン、サイトカイニン)
ジベレリン酸
リグニン、セルロース繊維
単糖、二糖類
ビタミンB2 ビタミンB6
です。

②-2フミン酸+ケイ酸資材=「空相」+「蒸散・徒長抑制」

「グリーン・スピード(0-2-7)」です。

 7%のケイ酸を 2%の亜リン酸と共に素早く吸収し、 

葉身を硬く、細くスリムにします。

気孔を閉じて水分の蒸散を抑制します。

5%のカリウムは「ターフのこし」をつくり、

気温の高い時期の「徒長」を抑制します。

 ③緩効性の窒素源=「戻る力」としては

「ブランZ(10-6-5)+エッセンシャル20%です。

 主な成分とその効能です。

 ・完全微生物分解の超緩効性メチレン尿素を70%

 ・リン酸6.8%のうち、吸収の早い亜リン酸が4.5%

 ・カリウムを5%。徒長を抑制。

 ・芽数、根量を向上させるエッセンシャルプラスを20%

・鉄、銅、亜鉛、マンガンなどの微量要素

 

 是非お試し下さい!

 (^。^)

 

 

 

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

急な傾斜地の伐採

2018-04-22 11:00:03 | 工事・緑化事業(S&S GREEN PROJECT)

コースの進入路脇の

急な傾斜地にスギ林があり、

過去の台風や大雨の際に

コース外側の

土地に倒木する心配がある現場でした。

コース管理の方が、

下から切るには傾斜がかなり急な場所で

地面の柔らかく足場が悪い。

しかも

スギとスギが 太いフジのツルでつながっていて

切ったとしても、倒すのが用意でない。

課題の多い現場でした。

 S&S GREEN PROJECT®は

25tのクレーンを準備しました。

 クレーンで吊ったカゴで近くまで行って

 チエンソーで切断します。

クレーンで吊り上げて 倒していきます。

これで

台風や大雨が来ても

倒木の心配がなくなりました!

安心です!!

S&S GREEN PROJECT®

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

池の護岸工事(マキセル多段積工法)

2018-04-22 09:54:51 | 工事・緑化事業(S&S GREEN PROJECT)

お客様のコースの池の護岸の一部が

昨年の台風や豪雨などで、ダメージを受けていました。

プレイゾーンからも近いので、

安全性の確保と

池外周のカートパスからも見える範囲なので

早期修繕が望まれていました。

「ふとんカゴ」や「ブロックマット」等が

一般的に採用されている工法なのですが、

今回は、

(おそらく)ゴルフコースとしては日本で初めての

「マキセル多段積み工法」という方法で工事を

させていただきました。

三井化学が開発した最新の工法で

筒状にしたテンサーをテンサージョイナーで接続し、

現地発生土を充填した構造体(マキセル)を切土面に設置する工法です。

資材が軽量で、

組立てや現場合わせが容易で工期短縮が図れます。

従来のふとんかご等の設置が困難な箇所、

錆などによる耐久性に懸念がある箇所にメリットがあるようです。

重機の乗り入れが少ないので

ゴルフコースへのダメージが少ないのも特徴です!

マキセルを積みます。

トップにはコーライ芝を貼ります。

マキセル周囲には

植生シートを巻いて、暫くすると

種子の発芽成長により、グラスカバーされます。

←グラスカバーされたマキセル

 ◆

グラスカバーされたマキセルを見るのが

楽しみです。

宜しくお願いします!

S&S GREEN PROJECT®

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

土木のエキスパート「三枝組」(千葉県茂原市)

2018-04-21 13:22:47 | 工事・緑化事業(S&S GREEN PROJECT)

 

 

昨年の暮れに 

千葉県茂原市にある 

土木の老舗「三枝組」さんと

とある縁で、知り合う事なり、

三枝組xサバンナブラン という形で、

企業コラボレーションを行い

S&S GREEN PRJCT® と称して

ゴルフコース様向けの工事や緑化事業をすすめていく事になりました。

(株)三枝組さんのホームページ

http://www.saegusagumi.co.jp/services/

三枝組さんは凄いです!

まず、会社の歴史が凄い!

創業90年を超える会社だそうで、

地元にほど近い

房総半島 勝浦にJR(当時は国鉄)が出来た頃、

最初に線路の枕木を敷いたのが三枝組さんがそうです。

それ以降、長い間、JR関連の工事を多く手がけていらっしゃいます。

次に、所有している重機関係が凄い!

工事に使用する重機は

ほとんど、リースしなくても 対応可能だそうです。

従業員さんも約40名が常勤されています。

内作中心の対応です。

最後に、

その高い技術・品質と安全管理体制は圧巻です!

圏央道インターチエンジの造成と緑化(国土交通省)を

元請けとして施工されている例にみるように、

その高い技術、品質と安全性が

お客様から長い間支持されている理由だと、感じます。

その三枝組さんと一緒に

ゴルフコース様向けの工事関係

お手伝いさせていただきたいと思い、

S&S GREEN PROJECT®として

この春から営業を始めました!

*護岸修正

*崩落法面の修正

*テイーグラウンドの改修

*カートパス舗装

*伐採・伐根

*橋の修繕、耐震工事

などの機会が

ございましたら、

是非 お見積もりさせて下さい!

S&S GREEN PROJECT®

 

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

あばれる季節の切り札「ブランZ(ゼット)(10-6-5)」

2018-04-21 09:56:39 | 芝草「春」にオススメの資材

24節気でいうと

「穀雨」(4月20日頃)で雨が降り、

「立夏」(5月6日頃)で気温が上昇します。

今週末は関東地方でも、最高気温が28℃~30℃と

「立夏」の名の通り、

早くも、夏の気配が感じられる季節となりました。

 気象用語では、

最高気温が25℃を超えた日を夏日、

30℃を超えた日を真夏日、

35℃を超えた日を猛暑日

です。

「猛暑日」という言葉は、

2007年に出来た言葉で、昨今の地球温暖化をあらわしていますね。

結局、今年は3月下旬に 一瞬の春があっただけで

冬からいきなり初夏の到来、というような今年の気候です。

土壌や大気中の水分と温度が上昇すれば

ターフは伸びます。

播出も揃わず、暴れ気味で、

ボールの転がりを良好に保つのは容易ではありません。

ましてや

この時期はコアリングなどの更新作業を行う時期です。

肥培のタイミングと資材を工夫して、

地上部の動きをなるべく抑えつつも、

栄養をしっかり摂取させ

夏に向けたしっかりとした地下部(根)を

つくりたい時期です。

オススメのNPKが、

暴れないミスト

「ブランZ(10-6-5)+エッセンシャル20%です。

 主な成分とその効能です。

 ・完全微生物分解の超緩効性メチレン尿素を70%

 →「徒長」のリスクが少ないN。あばれない窒素源。

 ・リン酸6.8%のうち、よこ根のコンパクションをつくる亜リン酸を4.5%

 → 芽数を充実、コンパクションと根量をつくる。

 ・カリウムを5%

 → ターフのこしをしっかりさせます。軟弱徒長も抑制。

 ・芽数、根量を充実させるエッセンシャルプラスを20%

 → 急激な気温上昇に強いアミノ酸+ビタミン。根を成長させるケルプ(オーキシン様物質)

・鉄、銅、亜鉛、マンガンなどの微量要素

 → 気温・湿度の上昇に伴う、

藻苔や雑菌の繁殖を抑制する微量要素をバランス良く配合

 

 是非お試し下さい!

 (^。^)

 

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

この時期「穀雨」に 「夏越し」のための根を準備!?

2018-04-16 08:44:48 | 芝草「春」にオススメの資材

24節気で 4月20日ごろは「穀雨(こくう)」

穀雨とは、穀物の成長を助ける雨の事で、

暦便覧には「春雨降りて百穀を生化すればなり」とあります。

グリーン面のベント芝も、

フェアウエイのコーライ芝も

根数、芽数をつくっていける時期が来ました!

72候で見ると、

4月15日「虹始見(にじはじめてあらわる)」

(雨の後に虹が出始める頃)とあります。

確かに、先週は 蒸し暑い日もありました。

ターフにとって、水分は大切で、乾燥は大敵です。

4月25日「霜止出苗(しもやみてなえいずる)」

(霜が終わり稲の苗が生長する頃)とあります。

もう、遅霜・霜害の心配もないので

コアリングやバジカル等のエアレーションも

リスクなく可能な時期となりました。

ターフクオリテイ(芽数)を充実できる時期の到来です!

更新作業、グルーミング、サッチング と相乗効果のある

分解資材を使い、

根数や芽数を充実させる施肥を行い、

ケイ酸やカルシウム、マグネシウムで

地上部の生長を抑制する事で

この時期に、

しっかりとした根をつくれば

例年よりも、

厳しそうな(乾燥が強そうな)

今年の夏を乗り切れるような気がします。

「新根の成長環境」「新根の成長」「根量と芽数の充実」

の各ステージで オススメの資材があります!

1)「新根の成長環境」をつくるオススメ資材は

「ブランXエックス」または「デ・サッチャー」です。

「ブランXエックス」は、グロース社の代表的な三相バランスのための資材である

 「デ・サッチャー」、「ハイドロ・マックス」、

 「エッセンシャル・プラス」

 を1/3ずつブレンドした資材です。

 

撥水層を分解して,ドライ相を改善する「デ・サッチャー」が1/3

 主成分は

 床砂の表面に付着した有機残渣や

 古茎根を分解する良性菌3種類と分解酵素3種類”です。

 

 グリーン面の潤いを持続し、乾燥を抑制、三相バランスを持続する

 「ハイドロ・マックス」が1/3

 「ハイドロ・マックス」は

100%天然の浸透資材で、

 主成分は

 ユッカシジゲラ抽出物90%→ステロイドサポニンの浸透剤効果

 フミン酸(天然レオナルダイト由来)2%→気相持続効果

←「フミン酸」で三相バランス持続!

  +

 新根新芽の成長を促進する「エッセンシャル・プラス」が1/3

主成分は
アミノ酸 2.75%
フミン酸 7.0%
ケルプ抽出物(オーキシン様物質)
ジベレリン酸
リグニン、セルロース繊維
単糖、二糖類(トレハロース)、
ビタミンB2 ビタミンB6 

 です。

2)「新根の成長」を促進するには

「ミスト9号(8-32-5)」がオススメです。

 (*「エッセンシャル・プラス」と混合施肥するとさらに「根数・芽数」が充実します!)

 「ミスト9号(8-32-5)」は

 メチレン尿素+水溶性リン酸のNPKミストで

 1~2cc/m2で 2~3週間の肥効があります。

春と秋の根数充実(よこ根→たて根)、

 芽数アップ、発芽・発根、更新作業後の穴の早いふさがりに

 たいへん好評価な資材です。

 3)「根量と芽数の充実」には

「ミスト12号(3-18-18)」がオススメです。

根量の充実→芽数UPには、

「グルーミング、サッチング」と「薄目砂」が欠かせません。

 まず、薄目砂+PK資材は

 芽数を増やし、

 よこ根によるコンパクションを向上させます!

 「ミスト12号(3-18-18)」は

 気象不安定でも、吸収の良いPK資材として好評可です!

 そして、

グルーミング、サッチング後に、

ターフの腰をしっかりさせるK(カリウム)や

徒長(茎の軟弱徒長)を抑制するMg(マグネシウム)は

地上部の生長を抑制し、分げつを促すので、

芽数をアップさせる上で、大切な要素と思われます。

ケイ酸+K 資材の

「グリーンスピードSi(0-2-7)」

カルシウム+Mg資材の

「カル・マグ・マックス(7-0-3)」

たいへん効果的な資材です。

 よろしくお願いします!

(*´∀`*)

 

 

 

 

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今年は特に不安!? 5月中旬のドライに備える。

2018-04-01 11:25:21 | 芝草「春」にオススメの資材

3月後半の気温の上昇により 

今週末、桜満開の地域も多いです。

ナイターコースの夜桜も綺麗です。

4月5日は24節気の「清明」

暦便覧には「万物がすがすがしく明るく美しい頃」とあります。

いよいよ春本番、

ターフクオリテイをつくる季節ですね!

ただ、少し気がかりな事があります。

今年の5月中旬、7月上旬のドライがたいへん不安なのです。

1つは短期間の気温上昇が気になります。

3月21日は全国各地で気温が下がり、関東地方では雪やミゾレになりました。

その1週間後の

3月28日はとても気温が上昇し、

100年ぶりというような

観測史上まれな「3月の夏日」を記録した地域がありました。

 ・

もう1つ、季節感のズレも気になります。

「菜種梅雨」らしい雨も、例年よりは少なかったです。

梅とこぶしと桜がほぼ同時に開花する。

入学式には桜が散ってしまう。。。

このような季節感のズレ、

急激な気候の変動に

少しでもターフの活性が追いついていけるように

根茎周囲の三相バランスは、

健全に持続していきたいところです。

この春の更新作業と資材で、

三相バランスを整え

それでも5月中旬以降

撥水部位やドライ傾向な部分を見つけたら

是非、梅雨明けまでに

徹底的に叩いて

7月上旬以降の高温乾燥時期に備えていただきたいです!

ドライ体質な部分や撥水相を改善する上でオススメの資材があります。

「デ・サッチャー」+「ハイドロ・マックス」です。

 1) 撥水層を叩くなら「デ・サッチャー」です!

「デ・サッチャー(15-0-0)」は 

古茎根を分解する良性菌3種類を含有し、

新茎根成長のための土壌三相バランスを確立する資材です。

グリーンの透水性を大幅に改善し、

しつこいドライ状態やリングの原因となる撥水層を改善できます。

3月~6月、9月~12月の

エアレーション、更新作業と並行して施肥するとたいへん効果的です。

 上の写真は

 雨が降り出して、5分もするとグリーン面に水が浮いてしまうよう状況(写真左)で、

 「デ・サッチャー」を第1週、第3週、第7週にわたり

 合計3回施肥した3ヶ月目の土壌(写真右)です。

 更新作業と資材を並行使用した結果、ブラックレイヤーが減少し、

 長く新しい根が成長している事が観察できます。

主成分は

バチルス・ズブチリス(5~55℃で活動)、バチスルメガテリウム(3~45℃で活動)、

バチルス・リヘニフォルミス(15~55℃で活動)のバチルス3種

プロテアーゼ、セルラーゼ、アミラーゼの分解酵素3種類

窒素 15.0%(*85%緩効果性メチレン尿素につき、徒長のリスクはほとんど見られません)

Lアミノ酸 9.5%

等です。

2)資材を表層全体に到達させ、

三相(適切な気相と液相)を持続するには

「ハイドロ・マックス」です。

 「ハイドロ・マックス」は

北米大陸の砂漠に自生する「ユッカシジゲラ」から抽出した

100%天然の浸透湿潤資材です。

 さらに、

気相を持続する フミン酸2%含有で、

 三相バランスを確保、持続する資材です。

 資材自体が良性菌のえさとなる

 100%有機の資材です。

 主な成分は

 ユッカシジゲラ抽出物 90%以上

 フミン酸(天然レオナルダイト由来)2%

 です。

 「ユッカシジゲラ」とは

 

 主に北米大陸に自生する植物で、

 ステロイド・サポニン と ポリフェノールを豊富に含みます。

 北米の原住民インデイアンが 

シャンプー、すり傷治療、皮膚炎治療等の

 薬用として活用していたといわれます。

 「ハイドロ・マックス」の主な効能は

 ・土壌三相(固体/液/気)バランスを理想的に持続します。

 ・土壌の乾燥・固結を修復します。ドライスポットを抑制します。

 ・エアレーション後の乾燥、切り口からの病害侵入から根茎を守ります。

 よろしくお願いします!

(^^)

 

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする