「拝啓、グリーンキーパー様 !」

㈱サバンナブランからは芝草向けに。
㈱ブランからは農業、園芸向けに。
オススメ資材とニュースをお届けします!

こんにちは! サバンナブラン営業部です!

「カテゴリー」から 季節別の「オススメ資材」をご覧下さい!

ことわざ「梅の花が上を向いて咲く年は遅霜」

2016-02-27 11:08:34 | (資材)日照不足に「ターフバイタルプロ」

NHKラジオの気象予報士さんが

気になる事を言っていました。

「梅の花が上を向いて咲く年は遅霜」

梅の咲く頃、晴天が多い年

つまり放射冷却現象が多い年は

遅霜に注意との事です。

2016年の梅の開花状況は 例年より2週間程早めでした。

 気象庁 ウメ開花状況 → http://www.data.jma.go.jp/sakura/data/phn_000.html

みなさんの地域の梅は 上向きですか?下向きですか?
 

 

ちなみに

「下向きに咲く年は大雨に注意」

だそうです。

雨で花粉が流亡しないように

梅の花弁が下を向くそうです。


◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

コーライ芝の 

遅霜対策・黄化抑制にも、

ベントグリーン

気候不順・日照不足(光合成不足)による活性鈍化対策にも

おすすめの資材は

「グルタミン酸」と「核酸」を主成分とする

「ターフバイタル・プロ」味の素(株)です。

 

〇「グルタミン酸」を吸収した植物細胞は

 乾燥・凍結しにくいので

 遅霜によるダメージ抑制、コーライ芝の黄化対策にもなります。

 

 〇 植物は通常、

光合成で 炭酸同化作用するか、

窒素成分を吸収し窒素同化作用し、

タンパク質合成を行い、細胞を成長させます。

「グルタミン酸

日照不足で光合成が鈍ったり、寒くて窒素吸肥が鈍る場合に

直接摂取する事でタンパク質合成を代行できるんです!

トップアスリートが 

疲労回復、筋肉痛解消に「アミノバイタル」(味の素)を

使用するメカニズムとほぼ同じです。

〇核酸

また「核酸」は根の細胞分裂を刺激するので、

新根の成長するこの時期

(生殖成長が栄養成長よりも優先する時期)

に最高です!

是非試してみて下さい!

よろしくお願いします!(^^)


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今年の春はどんな春?その2 「3月の日照不足対策」

2016-02-07 12:57:32 | (資材)日照不足に「ターフバイタルプロ」

気象庁の3ヶ月予想によれば

3月

太平洋側では関東、中部、近畿地方ともに、

気温平年並み、雨多めです。

気象庁→ http://www.jma.go.jp/jp/longfcst/pdf/pdf3/001.pdf

気になるのは

2月下旬~3月の 雨天時の日照不足です。

2月下旬~3月の日照不足や低気温は、

バジカルや 鉄系資材 などで

活性を向上させた後の、

コーライ芝の初期生育に大きな影響を与えるからです。

何らか対策をしたいところです。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ 

おすすめの資材は

「グルタミン酸」を主成分とする

「ターフバイタル・プロ」味の素(株)です。

 

植物は

光合成で 炭酸同化作用するか、

窒素成分を吸収して タンパク質合成を行い、細胞を成長させます。

「グルタミン酸

日照不足で光合成が鈍ったり、

低温で窒素吸肥が鈍ったりした場合に

直接吸収する事でタンパク質合成を代行できるんです!

アスリートが 疲労回復に

「アミノバイタル」を使う仕組みを応用して、

味の素(株)さんに 作ってもらった資材なんです!

しかも

「グルタミン酸」を吸収した植物細胞は

乾燥・凍結しにくいので

3月下旬~4月上旬に 心配な

遅霜によるダメージへの防御にもなりますね!

 

是非試してみて下さい!

よろしくお願いします!(^^)


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする