「拝啓、グリーンキーパー様 !」

㈱サバンナブランからは芝草向けに。
㈱ブランからは農業、園芸向けに。
オススメ資材とニュースをお届けします!

こんにちは! サバンナブラン営業部です!

「カテゴリー」から 季節別の「オススメ資材」をご覧下さい!

古茎根を分解する良性菌「デ・サッチャー(15-0-0)」

2016-01-14 12:52:22 | (資材)春・秋の良性菌「デサッチャー」

「デ・サッチャー(15-0-0)」は 古茎根を分解する良性菌3種類 です。

透水性を向上させ、新茎根成長のための 土壌三相バランスを確立持続 する資材です。

もちろんマット状況にあるグリーンの透水性も大幅に改善 します。

しつこいドライ層やドライ状態やリングの原因となる撥水層も改善できます。

3月~6月、9月~12月の更新作業と並行して施肥するとたいへん効果的です。

 上の写真は

 雨が降り出して、5分もするとグリーン面に水が浮いてしまうよう状況(写真左)で、

 「デ・サッチャー」(2cc/m2)+その餌として「エッセンシャル・プラス」(1cc/m2)

 を第1週、第3週、第7週にわたり合計3回施肥した3ヶ月目の土壌(写真右)です。

 更新作業と資材を並行使用した結果、ブラックレイヤーが減少し、

 長く新しい根が成長している事が観察できます。

主成分は

バチルス・ズブチリス(5~55℃で活動)、バチスルメガテリウム(3~45℃で活動)、

バチルス・リヘニフォルミス(15~55℃で活動)のバチルス3種

プロテアーゼ、セルラーゼ、アミラーゼの分解酵素3種類

窒素 15.0%(*85%緩効果性メチレン尿素につき、徒長のリスクはほとんど見られません)

Lアミノ酸 9.5%

単糖・多糖類(トレハロース等)、ケルプ抽出物、炭水化物 等です。

主な効能は

・古茎根の分解と透水性の向上

・サッチ、マット除去と根茎部の成長促進(新茎根のための三相バランス確立持続)

・ドライスポットやフェアリーリングの改善と抑制

です。

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする