「拝啓、グリーンキーパー様 !」

㈱サバンナブランからは芝草向けに。
㈱ブランからは農業、園芸向けに。
オススメ資材とニュースをお届けします!

こんにちは! サバンナブラン営業部です!

「カテゴリー」から 季節別の「オススメ資材」をご覧下さい!

2、3、4月も気温は低め?! 地温を高めに持続する資材。

2018-01-28 12:34:23 | 芝草「冬」にオススメの資材

関東地方では、

1月22日は48年ぶりの寒気とやらで、

お昼すぎから雪が降り

最高気温も低いままで、

今も尚、なかなか雪が溶けずに大変なコースが多いです!

1月26日朝、さいたま市では-9.8℃を記録し、

1977年の観測史上、最も低い気温となりました。

東京都心では53年ぶりに、2日連続で-3℃以下を記録した位です。

今年の冬は、やっぱり寒いですね!

 そんな中で、コース脇にあるスギの木を見ると

花粉をたわわに蓄え、今にも飛散しそうです。

太平洋側のコースでは

2月10日頃から花粉が本格的に飛散する模様です。

「花粉前線」=「よこ根」成長の始まり

と思います。

寒い冬ですが、

グリーン面のベント芝「ペンクロス」の名前の由来となった

米国の都市ペンシルバニアは北緯39度、

日本でいえば、

岩手県盛岡市付近なので

我々ヒトにとっては寒い今年の冬も

ベントにとっては、

そんなに特別でないのかもしれません。

気象庁発表の3ヶ月予報によれば、

2~4月の関東、東海、近畿地方は

例年よりも気温が低めで、晴れの日が多いらしいです。

3月上旬の長雨・日照不足の確立が低い事は良い事です!

これから始まる新根成長を順調に進める上でも

新根茎周囲の凍結、固結、乾燥を

少しでも緩和していきたいところですね!

表層の床土が固い=地温があがりにくい 。凍りやすい。乾きやすい。

葉身が乾く=擦り切れやすい。

オススメの資材があります。

 1) 凍結固結の抑制には「リストア・プラス」です。

酵母の力で寒冷時期でもくいつき、

フミン酸の力で空相を確保し、凍結を抑制します。

  

 ↑11月~3月まで「リストア・プラス」を毎月1.0cc/m2施肥されたコースで

 2月中旬の夜間に積雪があった翌朝6時ごろのグリーン面周囲の状況です。

2)乾燥固結の抑制には「ハイドロ・マックス」です。

 100%天然の浸透資材で、含有するフミン酸が表層土壌の気相を確保持続します。

ユッカシジゲラの湿潤成分が、葉身に潤いを持続させ、擦り切れから守ります。

←フミン酸が土壌の固結を緩和

3)発色向上=太陽吸収=地温上昇には

 鉄系資材「エクストラアイアン(6-0-0)」です。

ターフの色を濃くする事で太陽を吸収し、地温上昇を助けます。

「土壌再生炭」もほんのり表層を黒くし、

融雪促進、凍結緩和に貢献できる資材です。

   

散布後は 多孔質ゆえに、良性菌のすみかとして働き、

多孔質の外壁にはアミノ酸がたっぷり付着しているので、

良性菌のえさとして働きます。

(散布直後)

(3時間後)

(6時間後)

*タンク車で水と混合し散布される場合は、投入口にザルなどを使用し、

よくフラッシングしながら、タンク内の水の攪拌を最大にしながら 

資材を投入して下さい。

 

 以上です。

よろしくお願いします!

(^。^)

 

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ひと雨(雪)ごとに春へ。新根には 床素材 と 最適リン肥 の選択を!

2018-01-22 15:11:38 | 芝草「冬」にオススメの資材

1月22日の昼すぎから、

関東甲信越地方は広い範囲で雪となりました。

気象庁は22日、東京23区に大雪警報を発令しました。

東京23区の大雪警報は2014年2月14日以来約4年ぶりです。

ここからの季節、

雨や雪は 

冬の固結・乾燥した床土に 潤いを与え、ほぐして、

空相をつくっていきます。

その空相へと春の新根が発根します。

この先は、ひと雨(雪)ごとに 春が近づいて来ると言えます。

この先の季節の推移と 根の成長ステージを おおまかに整理すると、

 

ステージ1)「大寒(1/20)」~「立春(2/4)」ごろ

よこ根の赤ちゃんとも言える白根(ひげ根)が成長する時期です。

表層の地温もまだ低く、表層が固結凍結しやすい時期でもあります。

ステージ2)「立春(2/4)」~「雨水(2/18)」ごろ

よこ根の成長が始まる時期です。

リン酸を施肥したい時期でもありますが、

まだまだ地温も低く、くいつきが悪いかもしれません。

また、冬の間施肥している鉄やカルシウムとリン酸が吸着し、

土壌内に不可吸の状態で残留してしまう事も多いです。

ステージ3)2月下旬~3月上旬

「よこ根」はさらに充実し、「たて根」の成長が始まる時期です。

ただし、雨の降りやすい時期で

日照不足でターフの活性が落ち、吸肥が鈍い事も多いです。

ステージ4)3月中旬~4月中旬

「充実していくる根数」を「芽数」へとつなげ、

薄目砂やサッチングを行い、

ターフクオリテイをつくっていきたい時期です。

それぞれのステージにピッタリの

新根茎周囲の三相バランスをつくる床資材 と

新根の成長を促す「リン肥」をご案内します!

 

 ステージ1)「大寒(1/20)」~「立春(2/4)」ごろ

よこ根の赤ちゃんとも言える白根(ひげ根)が成長する時期です。

床資材:こうぼ+フミン酸が固結凍結を緩和する「リストア・プラス」

    

リン肥:葉から吸収する6%の亜リン酸+根からゆっくる吸収する緩効性リン酸12%の

「ミスト12号(3-18-18)」

 

ステージ2)「立春(2/4)」~「雨水(2/18)」ごろ

「よこ根」の発根が旺盛になる時期です。

床資材:鉄やカルシウムと吸着しているリン酸を開放する「フルボ酸9%」

リン肥:鉄やカルシウムとタンクや土壌内で吸着しにくい緩衝活性系リン酸の「ミスト5号(2-30-0)」

←高品質!北米のレオナルダイト層から採取精製する「フルボ酸9%」

 

ステージ3)2月下旬~3月上旬

雨の降りやすい時期です。

床資材:グルタミン酸が日照不足でも光合成に代りタンパク質合成し

吸肥するための活性を向上し持続する「ターフバイタル・プロ」

 

ステージ4)3月上旬~4月

「たて根」も伸長してくる時期です。

「充実していくる根数」を「芽数」へとつなげたい時期です。

床資材:アミノ酸+フミン酸+ケルプ+ビタミン等が発芽発根を促す「エッセンシャル・プラス」

リン肥:発芽発根を起爆させるグロース社の代表的リン肥「ミスト9号(8-32-5)」

以上です!

よろしくお願いします!

(^。^)

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

スギ花粉と新根の動き

2018-01-17 09:51:36 | 芝草「冬」にオススメの資材

例年よりも寒く感じられる一方で

季節の展開が例年より10日前後早く感じられる今年の冬です。

先週末、1/13~14頃から、

「目がかゆかったり、花がムズムズしたりする」

という声を関東地方のコースで時折耳にするので

少しずつスギの花粉が飛び始めているのかもしれません。

72候には

1月10日「水泉動(すいせんうごく)」(地中で凍った泉が動きはじめる頃)

1月15日「雉始雊(きじはじめてなく)」(雄の雉が鳴き始める頃)

1月20日「款冬華(かんとうはなさく)」(ふきのとうがつぼみを出す頃)

春が近づいてくる事を示唆する言葉があります。

ベントグリーンでは

春へのステップは

初春=白根(新根・ひげ根)の発根

早春=よこ根の発根

春=たて根の伸長

といえると思います。

スギ花粉の飛散が根の動きの目安になる気がしています。

徐々に花粉が飛び始める(花粉前線の約30日前)→ 白根(新根・ひげ根)の発根

スギ花粉が本格的に飛び始める(気象庁の花粉前線)→ よこ根の発根

花粉前線の約30日後 → たて根の伸長

また 

花粉の多く飛散する年の

夏の気温は高い傾向にあるような気がします。

今年は 関東、東海、四国の夏の気温が 

高くなりそうなので注意したいところです。

 ◇

春の根の動きにピッタリのオススメ資材があります!

1)

徐々に花粉が飛び始める頃(花粉前線の約30日前)→ 白根(新根・ひげ根)の発根

から

スギ花粉が本格的に飛び始める頃(気象庁の花粉前線)→ よこ根の発根

の頃は

核酸が新根の生長を刺激し、グルタミン酸が日照不足の活性鈍化を補う

「ターフバイタル・プロ」

←「ターフバイタル」の核酸効果

緩効性リン酸+亜リン酸が新根やよこ根の生長を促進する

「ミスト12号(3-18-18)」がオススメです。

(*「リストア・プラス」と混合施肥すると寒い時間帯でも、くいつきます!)

2)

花粉前線の約30日後 → たて根の伸長

の頃は

よこ根やたて根の生長を促進し、根数を増やし、

芽数アップへとつなげる

「ミスト9号(8-32-5)」がオススメです。

(*「エッセンシャル・プラス」と混合施肥するとさらに「根数・芽数」が充実します!)

よろしくお願いします!

( ´▽`)

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

13年ぶりの黒潮大蛇行。この寒い冬に。

2018-01-14 14:21:56 | 芝草「冬」にオススメの資材

今年の冬は全国的に寒いですね!

2004年~2005年の冬とよく似ていて、

寒気と暖気の境目を流れる偏西風が

日本列島付近で南に蛇行しているため、

大陸からの寒気が日本の上空へ流れ込み易い状況が続いているからです。

西高東低の気圧配置が強まった場合、

日本海側に大雪が降りやすい。

これに対し太平洋側では

東シナ海に発生した低気圧が日本列島の南岸沖を発達しながら東へ進み、

そこに北から寒気が流れ込んだ時に雪となりやすい状況です。

偏西風が南へ蛇行している箇所と地形を見ると

特に

伊勢湾、駿河湾、東京湾付近の半島の山沿い(ゴルフコースがあるよう場所)

乾いた寒気が北から流れ込み易く

この1~2月の

乾燥害、凍害、降雪には警戒したいところです。

表層の地温をなるべく高く保ち、

「霜」や「雪」を融けやすくさせ、

ターフを「乾燥害」「霜害」や「凍害」から守るオススメの資材があります!

 (1)表層土壌の固結・凍結抑制 には

「リストア・プラス(3-0-2)」です!

 主成分の「こうぼ」が

寒冷期でも菌態活性を緩やかに活性向上し、

土壌の固結・凍結を緩和します。

残留を分解し、糖質に変換し、

貯蔵糖分として蓄えるので

ターフが乾燥・凍結しにくくなる資材です。

 ↑11月~3月まで「リストア・プラス」を毎月1.0cc/m2施肥されたコースで

 2月中旬の夜間に積雪があった翌朝6時ごろのグリーン面周囲の状況です。

 (2)乾燥・固結・冬のドライ対策には

 「ハイドロ・マックス」です。

 100%天然の浸透資材で、

 含有するフミン酸が表層土壌の気相を保持し、

 ユッカシジゲラの湿潤成分が

 ターフに必要な最低限の液相を持続する能力に優れます。

 冬のドライを抑制する資材としてたいへん定評があります。

←フミン酸が土壌の固結を緩和

 (3)霜害抑制・擦切れの抑制には

 「カル・マグ・マックス(7-0-3)」です!

 カルシウム4%、マグネシウム2%の黄金比で、

 カルシウムを完全吸収します。

 葉身細胞を強くし、霜害や擦り切れを抑制します。

 (4)発色の向上・持続には

 「エクストラアイアン(6-0-0)」です。

 もっと、艶のある緑色を期待できる

 アイアンマックス(15-0-0)」も好評です。

 発色を向上させ、光合成不足を補い、活性を持続する「鉄+尿素」資材です。

(5)地温アップと降雪時の融雪には

「土壌再生炭」です。

   

タンク車などを使用し、散布できる粒子の細かい活性炭です。

グリーン面に留まると、ほんのり黒くなるので、太陽を吸収し、地温を向上させます。

多孔質ゆえに、良性菌のすみかとして働き、

味の素の生産工程で使用された資材なので、多孔質の外壁には

アミノ酸がたっぷり付着しているので、良性菌のえさとして働きます。

融雪剤としては、墨汁などよりも 長く雪の表面に留まり、融雪後は

すばやく茎の下へ浸透しますので、

黒くまだらになりにくいので好評価です。

(散布直後)

(3時間後)

(6時間後)

以上です。

よろしくお願いします!

(^。^)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今年の寒さ、乾燥や霜凍害からターフを守る

2018-01-14 13:00:25 | 芝草「冬」にオススメの資材

 

↑ 12日からの寒波は日本海側に大雪をもたらしました。

今年は例年より寒いです!

関東地方の12月の平均気温は例年よりも約1.5度低いかったです。

今週末のように、

西高東低の気圧配置が極まると、

日本海側は大雪、

太平洋側は低温・乾燥が強烈です。

1月12日から1月14日にかけて

日本列島にこの冬一番の寒波が居座りました。

日本海側は大雪となりました。

特に北陸では、まとまった雪となり、

24時間の降雪量が80センチに達した地域もあるといいます。

JR信越線 大雪で半日以上動けず 一時430人が車内に

↑ 新潟県三条市にあるJR信越線の踏切では

大雪の影響でおよそ430人が乗った電車が動けなくなり、

半日以上線路上に止まったままになってしまったくらいです。

 

強い寒波の影響は関東にも及び、

1月12日朝は 

関東地方も厳しい冷え込みとなり、

東京都心は最低気温が氷点下0.8℃とこの冬3回目の冬日となりました。

24節気では 2018年の「暦」では

「小寒」は1月5日で「寒の入り」

「大寒」は1月20日

「立春」が2月4日です。

つまり 

1月5日から2月3日までが「寒の内」となり

今年で一番寒い時期、というわけです。

太平洋側のコースにおいては

グリーン面と 

踏まれるコーライ芝(テイーグラウンド)を

なるべく、固結、乾燥、凍結させないようにしたいです。

(特にストレスのかかる日陰のレギュラーテイーなどは 

今年はシート掛けしても良い位と思われます。)

「床土が固いと凍り易くなる→地温が上がりにくい」

「葉が乾くと凍りやすい→擦り切れやすくなる」

順調な春の芽出しのために

ベントグリーンの場合は新根茎、

コーライテイーの場合はランナー周囲の

三相バランスを持続していきたいです。

2月下旬から3月にかけては

ここ数年は、

冷たい雨が続いて日照不足傾向にあり

”春らしい春”が保証されない場合がありうるので、

なるべく良い状態で、「冬越し」したいです。

「寒の内」~「立春」のこの時期に

グリーン面にも、テイーグラウンドにもオススメな資材です!

 1) 凍結や固結の抑制には「リストア・プラス」です。

  

酵母は地温が5度以下の寒冷期でも(0度以上あれば)活動します。

乳酸菌、こうじ菌、酵母菌などは

寒冷期の方が他の雑菌の活動が鈍くなるので、良い仕事をします。

旨い酒や味噌が寒冷期に仕込まれるのはこの理由です。

酵母が活動する土壌は空相が持続し、固結・凍結しにくくなります。

酵母は有機残渣を分解し、糖質に変換し、ターフは貯蔵しますので

春の芽出しも向上します。

糖質を多く含んだ植物細胞は乾燥しにくく、凍りにくいです。

2)乾燥・固結・冬のドライ対策には「ハイドロ・マックス」です。

 100%天然の浸透資材で、

 含有するフミン酸が表層土壌の気相を保持し、

 ユッカシジゲラの湿潤成分が

 ターフに必要な最低限の液相を持続する能力に優れます。

 冬のドライを抑制する資材としてたいへん定評があります。

←フミン酸が土壌の固結を緩和

3)「大寒」~「立春」頃の気候不順・日照不足には

「ターフバイタル・プロ」です!

主成分のグルタミン酸を吸収した植物細胞は乾燥しにくく、凍りにくいです。

また日照不足の時期に

グルタミン酸は光合成に代わりタンパク質合成を助けるので

冬期のターフの活性を向上し持続します。

以上です。

よろしくお願いします!

(^。^)

 

 

 

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

謹賀新年。本年もよろしくお願いします!

2018-01-04 09:52:49 | その他

謹賀新年。

本年もよろしくお願いします!

今年も

少しでも 皆様のお役に立てるような

資材のニュースを配信していきたいと思います。

よろしくお願いします。

まずは、

ここ1~2年の気象傾向から

2018年度の注目したいテーマを考えてみました。

1月 乾燥害、凍害

2月 白根発根、表層温度

3月 芽出しと春先の日照不足(特に踏圧のかかるコーライ芝への影響)

4月 芽数アップと春のターフクオリテイ

5月 ゴールデンウイーク前後のドライ(グリーン外周の強化)

6月 梅雨明けまでの表層透水性の確保、梅雨時期の徒長対策

7月 ドライ→リング→ピシウム対策(三相バランスと水管理)

8月 高温多湿病害対策(ピシウム、炭疽、細菌病)

9月 夏越し後の芽数回復と秋のターフクオリテイ

10月 台風の影響と秋の日照不足(特に休眠前のコーライへの影響)

11月 晩秋施肥と貯蔵糖分(冬越し準備)

12月 固結、乾燥、霜害対策

とにかく

健全なターフを維持するには

(無事な夏越しと病害の抑制のためには)

エアレーション(コアリング、ムクなど)と

根茎周囲の三相バランス(特に空相)を持続する資材

が鍵と思われます。

そして

スポーツターフとしての高いクオリテイ

(芽数、コンパクション、転がり)

を持続するには

グルーミング、サッチングと薄目砂に耐えられる 

ターフの活性充実

=栄養の摂取と代謝

根茎周囲の菌態活性バランス

大切と思われます。

故に

それぞれの時期に応じて

タイムリーに

最も効果的と思われる

1)三相バランスのための資材

2)良性菌の餌、良性菌のすみか、良性菌そのもの

ご案内していきたいと思っています。

よろしくお願いします!

(^。^)

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする