「拝啓、グリーンキーパー様 !」

㈱サバンナブランからは芝草向けに。
㈱ブランからは農業、園芸向けに。
オススメ資材とニュースをお届けします!

こんにちは! サバンナブラン営業部です!

「カテゴリー」から 季節別の「オススメ資材」をご覧下さい!

草種別の弱点。その対策を考える。

2018-06-30 14:34:20 | 芝草「草種」関連

日本には四季があります。

年間を通して、気温と湿度が変化する。

一方、

ゴルフコースで使用している草種の母国である

米国では四季の変化が少ない。

 ・

米国では地域別に コースで使用している草種が違う。

しかし、

日本では

 ベント芝とコーライ芝が同じコースに存在する。

めまぐるしく変わる日本の四季の中、

お客様のターフの活性の推移を見ていて、

また同時に、

その草種の生まれ故郷(出自)を考えた時に

草種別の弱点を考えるようになりました。

私観ですが、傾向として、

 

「湿度に弱い」→

007やTyee、CY-2などの株立ち系の新草種(ニューベント)

*生まれ故郷の北米大陸西海岸側は

年間に2~3日しか雨が降らず、山火事も頻繁に起こる地域です。

 

「日照不足に弱い」→

ランナー系草種の

コーライ芝

バミューダ、テイフトン(チャンピオンドワーフ等の新種も含めて)

*バミューダ・テイフトンのグリーンで

有名なチャンピオンコースが存在するのは

さんさんと太陽が降り注ぐ、

オレンジ等の柑橘類の名産地であるフロリダやスペインですね。

 

「高温乾燥に弱い」→

ペンクロス、A-1、A-4、L93、ペンリンクス等の

クリーピングベント芝

*ペンクロの故郷ペンシルバニアの北緯(40度)は

岩手県や秋田県あたりなので

基本的に暑さには強くないと思われます。

 

みなさんはどう思われますか?

6月~9月は

高温乾燥する時期もあり、

高温多湿な時期もあり、

梅雨や台風などの日照が安定しない時期もあります。

それぞれの弱点にオススメの資材があります!

1)「湿度」には「コンパニオン」です。

 「コンパニオン」は 

 善玉菌バチルスGB03が

 根茎周囲に筒状のコロニーをつくり、

根茎周囲の有機残渣をゆっくりと分解しながら、

同時に、

 自ら生み出す抗生物質で

多湿環境で、侵入拡大しやすい

 ピシウムや炭疽、細菌病等の病害の菌核を疎外します。

 殺菌剤との相乗効果の高い資材なので

 混合散布がたいへん効果的です。

多湿な環境での

 菌態バランス(B/Fバランス)を整える資材の決定版です!

←バチルスGB03が病害を疎外します!

2)「日照不足」には「ターフバイタル・プロ」です。

 「ターフバイタル・プロ」は

グルタミン酸を主成分とするアミノ酸系資材で、

 グルタミン酸が 

日照不足な環境でも、

 光合成による炭酸同化作用にかわり

 活性を向上・持続します。

 ←光合成不足による炭酸同化作用の低下、

低温や高温による窒素同化の低下を、「グルタミン酸」が代行します。 

3)「高温・乾燥」には「エッセンシャル・プラス」です。

高温乾燥下で活性を持続する要素を

バランス良く含んだ資材です!

主成分は
アミノ酸 2.75%
フミン酸 7.0%
ケルプ抽出物(オーキシン様物質)
ジベレリン酸
リグニン、セルロース繊維
単糖、二糖類(トレハロース)、
ビタミンB2 ビタミンB6 

是非、お試し下さい!

(^。^)

 

 

 


名産地に高品質のターフあり!

2016-12-29 13:44:50 | 芝草「草種」関連

2016年ももうすぐ終わり、

新しい年を迎えようとしています。

お忙しい毎日のコース管理業務の中、

この1年間、このブログを読んでいただいた

グリーンキーパーの皆様、ありがとうございました!

来年もよろしくお願いします!!

東は茨城県、西は兵庫県まで

この1年、全国を営業させていただいている中で

気がついた事があります。

「名産地に高品質のターフあり!」という事です。

例えば、

「りんご」の名産地のコースでは

すばらしい洋芝のフェアウエイがありました。

「みかん」の名産地にあるコースでは

すばらしいバミューダティフトンのグリーン

見ることができました。

確かに、海外では

オレンジで有名なフロリダには

いくつものチャンピオンコースが存在します。

「みかん」は午前中の日照をとても必要とする果実です。

北限は茨城県といいます。

驚きなのが、

「ネギ」の名産地のコーライ芝のグリーンが素晴らしい事です。

「ネギ」も 地表を匍匐、分げつするからでしょうか?

それぞれの果実・野菜をおいしく創る気象条件が

それぞれの草種が求める気象条件にマッチしているからだと

思われます。

そして、

ベントグリーンに関して言えば、

本家イギリスや

ペンクロスの生地である米国の東海岸ペンシルバニア州に

有名な紅茶の老舗メーカーがあるように

「お茶」の名産地のベントグリーンは

生き生きとして、艶がありました。

お茶の生育が求める

日照と風通しが ベントグラスに適している事が

実感できました。

ということは

「お茶」と「みかん」が同時に生育が良い場所では

すばらしいベントのグリーンと

すばらしいコーライのフェアウエイを

同時に見る事ができるのかも。。。。

というような事を思いながら

2017年度も

全国津々浦々へと営業に向かいます。

来年もよろしくお願いします!

皆様も良いお年をお迎え下さい!!

( ´▽`)