「拝啓、グリーンキーパー様 !」

㈱サバンナブランからは芝草向けに。
㈱ブランからは農業、園芸向けに。
オススメ資材とニュースをお届けします!

こんにちは! サバンナブラン営業部です!

「カテゴリー」から 季節別の「オススメ資材」をご覧下さい!

暑い年は暑いなりに。。。

2016-08-28 08:56:34 | 芝草「夏」にオススメの資材

24節気72候でいえば、

8月28日ごろ「天地始粛(てんちはじめてじゅくす)」

例年ならようやく暑さも静まって来る頃ですが、

今年は

近畿地方はかなりの高温で推移し、

関東地方、東海地方も、まだまだ暑い日が続いています。

しかしながら、

9月2日ごろ「禾乃登(こくものすなわちみのる)」

とあるように、

今週は、稲の実った水田も見かける事もあり、

秋は確実にやって来ているように思います。

 暑い中での「更種更新作業」は

グリーン面にストレスをかけるので

グリーン面に機械をのせるのは、

もう少し気温地温が下がってからになると思います。

けれども、ターフを順調に秋へと進めるために

「更種更新作業」的な液体資材を

使っていく手もあります。

「更種更新作業」的な性能を持ち、

「更種更新作業」との相乗効果の高い、液体資材をご案内したいと思います。

1)サッチング(代謝・分げつ)

サッチングは下葉を代謝し、分げつを促し、

新茎根・新芽の成長を促します。

「スーパー・コンバット (5-0-0)」

 高温下で2cc/m2散布しても、やけにくい、安心の鉄系資材です。

 硫酸鉄が下葉を代謝させる「サッチング」的資材です。

2)薄目砂(「よこ根」成長)

「薄目砂」同様に、

「亜リン酸」も「よこ根」の成長を促し

コンパクションを向上させます。

「ミスト10号(0-29-26)亜リン酸」

または

「ミスト12号(3-18-18)」

が「薄目砂」的資材です。

「ミスト12号(3-18-18)」

晴れている状況では、6%の亜リン酸を葉面吸収させます。

台風や雨など気候の安定しない状況でも

12%の緩効性リン酸が土壌にとどまりリン酸を供給します。

 つまり、施肥したリン酸を

 無駄なく「よこ根」の成長へつなげる資材です。

3)エアレーション・ムク(三相バランス

「ムク」でついて、

夏越しした土壌の硫化ガスを抜き、

酸素をたっぷり与え、

三相バランスを整える事は

秋の新茎根成長にとって、とても効果的です。

「ムク」によるエアレーション的資材が

「ハイドロ・マックス」

です。

主な成分は

 ユッカシジゲラ抽出物 90%

 フミン酸(天然レオナルダイト由来)2%

 です。

 「ユッカシジゲラ」は

 ”ステロイド・サポニン”と”ポリフェノール”を豊富に含みます。

サポニンによる浸透剤としての効果

フミン酸による気相持続効果

ポリフェノールによる硫化ガス除去効果

が同時に期待できる資材です。

←「フミン酸」で三相バランス持続!

 4)更新作業・コアリング(古茎根の除去

高温で推移している本年は

更新作業(コアリング)は9月下旬~10月上旬になる

コースも多いと思われます。

更新作業(コアリング)で古根茎を除去・分解する事は

秋の新根茎を成長させる上で大切なポイントです。

「デ・サッチャー(15-0-0)」

更新作業(コアリング)的資材です。

主成分は

”古茎根を分解する良性菌3種類と分解酵素3種類”です。

 とにかく表層透水性を向上させ、

新茎根成長のための土壌三相バランスを持続する資材です。

しつこいドライ層やリングの原因となる撥水層も改善できます。

←継続使用でブラックレイヤーも解消!

 

是非、9月の資材として

試してみて下さい! ( ´▽`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

残暑厳しい「初秋」に下葉をさばく

2016-08-21 14:44:40 | 芝草「夏」にオススメの資材

本年は8~9月の気温が例年より高めで推移していて

まだまだ全国的に残暑厳しいですが、

8月28日は24節気「中秋」の「処暑」。

暑さが峠を越えて、後退し始める頃です。

連続して発生している台風も、秋の訪れを感じさせます。

この週末は富士山麓のお客様のコースの

シニアツアーの応援に

出かけていたのですが、

夜に、「秋の虫」の鳴き声を聞いてビックリしました!

まだまだ、日中の気温は暑いですが、

朝晩の地温は徐々に下がってきています。

8月下旬~9月中旬は

まさに、

秋の新根の発根シーズンです。

この時期のよこ根の成長が

秋のターフクオリテイを創るといっても

いいかもしれません。

ターフの下葉を代謝させ(さばいて)、

(熱をもたないように、散水でおちる位の軽めの)

薄目砂をすると、

ターフは一気に秋へ向かうと思われます。

たとえ今年が

例年より暑くても、

一度きっかけを掴んだターフは

8月下旬~9月中旬の「よこ根成長」

9月中旬~下旬の「たて根伸長」

9月下旬~10月上旬の「根数アップ→芽数アップ→ターフクオリテイ」

順調に進んでいくと思われます。

おすすめの資材です。

1)下葉の代謝「スーパー・コンバット」

高温下で2cc/m2散布しても、やけにくい、

安心の鉄系資材です。

硫酸鉄が下葉を代謝させ、

硫酸鉄、硫酸銅、硫酸亜鉛が 

この時期 気になる 

表層の黒藻を抑制する資材です。

 

2)よこ根の成長「ミスト12号(3-18-18)」

台風やにわか雨など気候の安定しないこの時期に

12%の緩効性リン酸が土壌に留まりリン酸を供給します。

晴れている状況では 6%の亜リン酸を葉面吸収します。

つまり、施肥したリン酸を

無駄なく

よこ根の成長へつなげる資材です。

 

3)芽数の回復「ブランZ(10-6-5)」

7~8月の病害や高温により

芽数の減った部分の

回復促進に効果的な資材です。

「色は出るけど、徒長は、ほとんどしない」と好評の

超緩効性メチレン尿素を含有するNPKミストです。

6%の亜リン酸も効果的に働き、回復を促します。

高温下で効果的な

アミノ酸、ケルプ、トレハロース、ビタミンB2B6

をバランス良く含有する

「エッセンシャル」を20%含み、

この夏、疲れきったターフを養生させる資材です。

是非、お試し下さい!

よろしくお願いします!

( ´▽`)

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

お盆明け、「菌態バランス」の崩れやすい頃です!

2016-08-15 11:38:57 | 芝草「夏」にオススメの資材

24節気72候「立秋」の次項

 8月13日ごろ 

「寒蝉鳴(ひぐらしなく)」とあります。

徐々に朝夕の気温も下がって来る頃です。

8月28日ごろ 

「天地始粛(てんちはじめてじゅくす)」

この頃から徐々に暑さも静まって来る頃です。

暑さが徐々に静まるにつれ、

秋の新根(よこ根)も発根を始めます。

1)貯蔵糖分(フルクタン)の枯渇

この暑い夏をのりこえて

梅雨前には

15~25mgあった貯蔵糖分(フルクタン)も

盆明けには

5~10mgまで下がってきます。

秋の新根発根にも、

貯蔵糖分(フルクタン)を消費します!

2)良性菌の減少、菌態バランスの崩れ

この夏の

殺菌剤や抗生物質の使用で

土壌内の良性菌の数も減少しています。

また、

散水の多い時期は

液相が増え

気相が減少し(酸欠になりやすく)、

土壌内の良性菌も減少しやすいです。

1)~2)のような要因で

盆明け~9月上旬は

菌態バランスが崩れやすく、

ターフの抵抗力である

フルクタン(貯蔵糖分)も枯渇し、

8月後半から9月上旬は

残暑の中、

炭疽等の病害が侵入しやすい頃です。

炭疽が赤焼けに進展すると厄介なので

この時期の病害侵入は

是が非とも、阻止したいところです。

菌態バランスを整え、

病害の侵入を抑制し、

ダメージの回復を促し

盆明けのおちこみを

抑える資材をご案内します!

A)良性菌のえさ

「エッセンシャル・プラス」

高温下で効果的に働き、

”おちこみ”を抑制する上で効果的な

アミノ酸、トレハロース、ケルプ、ビタミンB2B6等を

バランス良く配合した資材で、

”良性菌のえさ”として働き、菌態バランスを整えます。

「エッセンシャル・プラス」

 USDA(米国農務省)公式認定の100%天然由来の資材です。



主成分は
アミノ酸 2.75%
フミン酸 7.0%
ケルプ抽出物(オーキシン、サイトカイニン)
ジベレリン酸
リグニン、セルロース繊維
単糖、二糖類(トレハロース)、
ビタミンB2 ビタミンB6
です。

 ←「フミン酸」には気相持続効果も!

B)良性菌そのもの

「コンパニオン」

主成分の バチルス・ズブチリスGB03は

土壌内の有機残渣をゆっくり分解しながら

表層の透水性を向上させ、

病害菌核を破壊する抗生物質”アイトリン”

"盆明けのおちこみ"を抑える

根の成長を促すオーキシン様物質を生成します。

殺菌剤との相乗効果の高い資材なので

混合散布がたいへん効果的です!

根周囲の保護膜が病害の侵入を抑制!

よろしくお願いします!

(^。^)

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

冷やすには水!?「散水の味方」

2016-08-07 08:16:35 | 芝草「夏」にオススメの資材

暑いですね!

日本付近が高気圧に覆われた8月6日、

全国的に気温が上昇しました。

35度以上の猛暑日を記録したのが、今年に入って最多の113地点!

各地で今年の最高気温が記録されました。

大阪府豊中市で38.1度、京都市で37.9度、

岐阜県揖斐川町、群馬県館林市で37.2度まで上昇しました。

「猛暑」と「ゲリラ豪雨」

この時期は大気の状態が不安定でもあります。

72候8月3日「大雨時行(たいうときどきおこなう)」

 とあります。

今週、

各地で見られた 雷雨、夕立に

夏のステージ移行を感じます。

7月下旬の多湿時期

頻繁な「雷雨・夕立」

大気の不安定な状態

8月中旬の高温時期

蝉の抜け殻も

7月は地面の湿度を避け、高い位置にありましたが、

近頃は 少し低い位置に変わってきました。

とにかくベント芝のグリーン、洋芝のフェアウエイにとって

湿度(気温30℃以上での)は大敵で、

7月は「多湿」・「ムレ」による

「ピシウム」・「炭疽」等の病害抑制が

大きなテーマでした。

この先のテーマは

「高温」「おちこみ」です。

地表温度を下げ、

ターフを養生して、現在の根を守り、

8月下旬~9月中旬の

秋の新根(よこ根)発根へ

つなげていく事が大切かと思われます。

地表温度を下げる手段は

もちろん「扇風機」、そして

やはり「散水」ですね!

「散水」の味方な資材をご案内します!

1)透水性

散水をお湯にしないために

表層透水性は重要です!

「ハイドロ・マックス」

散水を表層全体にゆきわたらせた後、

表層の気相を持続する

100%天然の資材です。

←「フミン酸」は気相持続効果!

 2)黒藻

散水が多くなれば当然、黒藻もでます。

「スーパー・コンバット」

硫酸鉄が表層の黒藻をやき、

硫酸銅がその後の黒藻や雑菌の繁殖を抑制します。

もちろん下葉を代謝させるので

秋の新根発根時期には

効果的な微量栄養素ミストです。

3)徒長

水分と温度はターフを成長させます。

伸び過ぎて、軸刈りして、

病害が侵入するリスクもあります。

「カルマグマックス」

細胞を硬く強くし、

徒長を抑制する上で好評価な資材です。

4)菌態活性バランス

散水すれば液相が増え、気相が減少し、

酸欠気味になりやすいです。

殺菌剤・抗生物質も多く使用する時期なので、

良性菌が減り、

菌態バランスの崩れやすい時期です。

「コンパニオン」

菌態活性バランスを回復持続させ、

病害を抑制する良性菌資材です。

根周囲の保護膜により病害の侵入を抑制

 

よろしくお願いします!

(^。^)

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする