「拝啓、グリーンキーパー様 !」

㈱サバンナブランからは芝草向けに。
㈱ブランからは農業、園芸向けに。
オススメ資材とニュースをお届けします!

こんにちは! サバンナブラン営業部です!

「カテゴリー」から 季節別の「オススメ資材」をご覧下さい!

晩秋はカリウムで貯蔵糖分アップ

2017-11-19 10:07:29 | 芝草「秋」にオススメの資材

72候で 

11月27日は「朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)」

只今、木々は紅葉し、

西高東低の気圧配置で 

太平洋側は北風の強い季節です。

紅葉を終えた木々の葉を、北風が落とします。

紅葉は木々が「冬越し」の為の糖分の貯蔵を開始したサイン。

黄色い葉「黄葉」は貯蔵開始、

紅い葉「紅葉」は貯蔵最盛期、

「落葉」は貯蔵完了を示唆している

とも言えるので、

そのゴルフコースの地域の季節の推移

(=ターフの糖分貯蔵のタイミング)を

周囲の木々の「黄葉」「紅葉」「落葉」で知る事ができると思います。

「立冬が暖かい年の冬は気候不順」という諺があるそうです。

今年は例年よりも

西高東低の冬型の気圧配置が崩れやすく、

太平洋側で雨や曇が多いならば、

日照不足による光合成不足が

グリーン面の活性を鈍化させ、

それを補おうと

ターフは自身の貯蔵糖分を消費します。

そういう点でも、

この晩秋~初冬時期の肥培による

ターフへの貯蔵糖分の備蓄は重要といえます。

ターフの細胞を硬く細かくすると

吸収した養分(糖分=フルクタン等)は

成長の為でなく、

優先的に貯蔵に回されます。

コーライ芝は節間のランナーに

ベント芝は茎~葉の下部にある葉基付近に貯蔵されます。

↑ ネギでいう白い部分にあたります。

葉の上部の細胞を硬くするのは「カルシウム」

葉の下部~茎上部の細胞(ベントでいう成長点付近)を

硬くするのは「カリウム」や「マグネシウム」です。

*成長点付近の細胞を矮化(縮小)させる機能を持つ

「プリモ」や「ビオロック」を使用した場合、

コーライ芝の節間が短く太くなったり、

ベント芝の根茎やしっかりしてコンパクションが向上したり

するのと同じ様な仕組みです。

是非、晩秋施肥に

「カリウム」や「マグネシウム」を適宜に取り入れ、

貯蔵糖分を充実させて

「冬越し」と「来春の芽出し」を成功させて下さい!

オススメの資材があります!

(1)「カリウム」なら「ミスト6号(8-4-24)」

カリウムを

約10~14日間土壌に留まるメチレン尿素と共に

ゆっくりと無駄なくターフ内に吸収する設計です。

(2)「マグネシウム」「カルシウム」なら

「カル・マグ・マックス(7-0-3)」

まず、硝酸態窒素と共に葉身から「カルシウム」を吸収します。

その後、土壌内では「マグネシウム(2%)」が

ポンプの役割で「カルシウム(4%)」をターフ内へ吸い込み、

残留なく吸収できる設計です。

(3)気候不順(曇や雨)、低温なら「ターフバイタル・プロ」

ターフの活性が鈍ると資材への食いつきも鈍ります。

主成分「グルタミン酸」が光合成に代わり”タンパク質合成”し

ターフの活性を持続させ

資材への”食いつき”と”肥効”を良くするので

秋冬の資材と是非タンクミックスされてみて下さい!

よろしくお願いします!

(^。^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

旧暦72候が示唆する「冬越し」のテーマ

2017-11-12 09:40:00 | 芝草「冬」にオススメの資材

24節気で

11月7日は「立冬」

<初めて、冬の気配が現れてくる頃>で

「暦便覧」には「冬の気立ち始めて、いよいよ冷ゆれば也」とあります。

スポーツターフにとっては「冬越し」の始まりです。

グリーン面、テイーグラウンドにおいての「冬越し」の課題

”霜害(乾燥害)”と ”擦り切れの抑制”

”来春の芽出しのための三相バランスの持続”

になると思います。

旧暦72候を見ると、

グリーン面における「冬越し」のテーマをを示唆する暦があります。

”固結化の始まり”

”表層乾燥の始まり”を示唆する暦があります。

まず、

11月12日「地始凍(ちはじめてこおる)」

(大地が固く凍り始める頃)

ここからは”表層土壌の固結(酸欠)”に注意したいです。

そして、

11月22日「虹蔵不見(にじかくれてみえず)」

(大気中の水分がなくなり、虹を見かけなくなる頃)

ここからは”表層ターフの乾燥(冬のドライ)”に注意したいです。

最後に

12月7日「閉塞成冬(へいそくしてふゆとなる)」

(天地の気が塞がって冬となる)

ここから 一段と気温・地温は下がります。

”霜害”や”擦り切れ”に注意していきたいです。

「立冬の日が寒くないと、その冬は気候不順」

という、諺(ことわざ)があると、

先日、NHKラジオで気象予報士さんが言っていました。

今年の「立冬」

11月7日は関東では比較的暖かな一日でした。ので、

今年の冬は「西高東低の冬型の気圧配置」が崩れやすく、

太平洋側側でも 雨や曇の日が例年よりも多い冬になるそうです。

当たるか、どうかは、あくまでも予報なので 分かりませんが、

ただでさえ、日照時間が短い季節なので、

気候不順傾向ならば、

”日照不足、光合成不足”による

活性の鈍化には気をつけておきたいです。

そのためにも 12月上旬頃までに

晩秋施肥により貯蔵糖分をたっぷり蓄えて

冬を迎えたいものです

 

「冬越し」にオススメの資材をご案内します!

(1)固結・凍結抑制と

貯蔵糖分アップには「リストア・プラス(3-0-2)」です!

 寒冷期でも菌態活性を緩やかに活性向上し、

土壌の固結・凍結を緩和します。

残留を分解し、糖質に変換し、

貯蔵糖分として蓄えるので

ターフが乾燥・凍結しにくくなる資材です。

↑11月~3月まで「リストア・プラス」を毎月1.0cc/m2施肥されたコースで

 2月中旬の夜間に積雪があった翌朝6時ごろのグリーン面周囲の状況です。

 (2)乾燥害・霜害の抑制

と気候不順対策には「ターフバイタル・プロ」です!

 主成分の「グルタミン酸」を吸収したターフは乾燥・凍結しにくいので

 グリーンのみならず、

 休眠前のコーライ芝(テイーグラウンド)にも おすすめです。

 また「グルタミン酸」は光合成の代わりに

 タンパク質合成するので

 日照時間が短い季節のターフをしっかりさせるには最高です。

(3)擦切れの抑制には

「カル・マグ・マックス(7-0-3)」です!

カルシウム4%、マグネシウム2%の黄金比で、

カルシウムを完全吸収します。

葉身細胞を強くし、擦り切れを抑制します。

(4)冬のドライの抑制と三相バランスの持続には

「ハイドロ・マックス」を 

他の資材に混合散布するのをオススメします!

 100%天然の浸透資材で、理想的な三相バランスを持続します。

 含有するフミン酸表層土壌の気相を保持し、

 ユッカシジゲラの湿潤成分

 ターフに必要な最低限の液相を持続する能力に優れます。

 冬のドライを抑制する資材としてたいへん定評があります。

←フミン酸が土壌の固結を緩和

 

 以上です。

 よろしくお願いします!

 (^。^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

木枯らしと紅葉。スポーツターフ、1年の計は晩秋に有り?!

2017-11-05 11:06:19 | 芝草「秋」にオススメの資材

気象庁は10月30日、

冬の訪れを告げる「木枯らし1号」

関東、近畿地方で吹いたと発表しました。

木枯らし1号は冬型の気圧配置で、

最大風速が8メートル以上の

北寄りの強い風が吹いた際に気象庁が発表しているそうです。

「木枯らし」は冬型の西高東低の気圧配置の象徴で、

この頃から山の木々では「紅葉」が進みます。

「紅葉」は

山の木々、植物が地上部の生長を停滞させ、

根や茎に「貯蔵糖分」を蓄えはじめたサインといえます。

動物の冬眠同様、「貯蔵糖分」は植物にとって、

”冬越し”の栄養となり、”春の芽出し”のエネルギーとなります。

山の木々は「貯蔵糖分」を充分蓄えたら、「落葉」し、冬を迎えます。

スポーツターフ(芝草)にとっては

「貯蔵糖分」が多ければ、多いほど

乾燥しにくく、凍りにくいので

”乾燥害”や”凍害”、”擦り切れ”を抑制できます。

来春の”芽出し”も充実します。

冬にためる貯蔵糖分の最大量が多ければ多いほど

夏期へ残される貯蔵糖分も多い傾向にあり

”夏越し”にとっても有利です。

いわば、スポーツターフにとって、「1年の計は晩秋にあり」ですね。

太平洋側のコースでは 

10月は雨・曇りが多く、

日照不足傾向で、

光合成による炭酸同化作用と貯蔵糖分の生成が

不足していたと思われます。

特に、休眠前のコーライ芝にとって、

重要かつ、必要な

10月の光合成による炭酸同化・貯蔵糖分の生成

が不足した事は気になります。

是非、この先12月上旬頃までの晩秋の肥培で、

不足した貯蔵糖分を充実させて下さい!

10月の日照不足はターフの活性を鈍化させ、

今は、肥料へのくいつきが鈍いかもしれません。

晩秋の肥料吸収のきっかけをつくる

オススメの資材があります!

下葉を代謝させ、活性と

肥料へのくいつきを向上させる鉄系資材

 「エクストラアイアン(6-0-0)」です。

主成分は

硫酸鉄(クエン酸キレート)10.0%

硫黄 4.0%

尿素 6.0%

グリーン面はもちろん

テイー、フェアウエイでも 0.5cc/m2でも

充分、晩秋施肥への食いつきを向上させる資材です。

是非、お試し下さい!

(^。^)

 

 

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする