「拝啓、グリーンキーパー様 !」

㈱サバンナブランからは芝草向けに。
㈱ブランからは農業、園芸向けに。
オススメ資材とニュースをお届けします!

こんにちは! サバンナブラン営業部です!

「カテゴリー」から 季節別の「オススメ資材」をご覧下さい!

ムクはいつ?厳しい残暑と、予想される秋雨+台風。

2018-08-26 11:44:28 | 芝草「夏」にオススメの資材

暦の上では、

8月23日「処暑」(ようやく暑さが鎮まる頃)

なのですが、

依然として、まだ「熱い」。

夏の落ち込みを回復させる上でも

秋の新根を成長させる上でも

夏越し後の

酸欠気味の表層土壌を

ムクで刺し、

表層の三相バランスを回復させたいところです。

ムクのタイミングは

いつごろがベストなのでしょうか?

今年は

5月の強烈な乾燥や

7~8月の超高温により、

貯蔵糖分(フルクタン)は

かなり枯渇傾向にあるので

完全に涼しくなるまでは

グリーン面にストレスをかけたくはないです。

 

一体、いつ、涼しくなるのでしょうか?

72候で

8月28日「天地始粛(てんちはじめてしゅくす)」

<ようやく暑さが鎮まる頃>

9月8日「草露白(くさのつゆしろし)」

<大気が冷えてきて、露ができはじめる頃>

とあります。

これが、一応の目安と思います。

秋の更新作業(コアリング)時期に関してはどうでしょうか?

秋霖(しゅうりん、秋の長雨)

夏の間、日本を覆っていた太平洋高気圧が後退し、

大陸から移動性高気圧が日本を通るようになり、

新鮮な冷たい空気が流れ込んできます。

いわゆる秋雨前線です。

最近は、秋の長雨による日照不足が顕著です。

日照不足=光合成不足では

活性も鈍く、穴のふさがりも遅いです。

秋の長雨(秋霖)が収まるのは、

早くても

72候でいう

9月23日「雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)」

<雷が鳴り響かなくなる頃>頃

です。

 

そして、台風

「梨や栗の収穫が多い年は台風が多い」

という諺があるそうです。

みなさんの地域ではどうでしょうか?

また、

10月10日頃までは

秋雨前線と台風が重なり

記録的な豪雨になる心配もあります。

この辺りを考慮して

コアリングの時期を決めたいところです。

秋の長雨、台風の影響で

日照不足しがちなこの時期に オススメの資材があります!

「グルタミン酸」と「核酸」を主成分とする

 「ターフバイタル・プロ」です。

 

 植物は通常、光合成で 炭酸同化作用し、タンパク質合成を行い、

細胞を成長、活性を持続しています。

「グルタミン酸」は

日照不足で光合成が鈍った場合に 

ターフが直接摂取する事で

タンパク質合成を代行し、活性を回復・持続できるんです!

←「グルタミン酸」が炭酸同化作用を代行する

 トップアスリートが 

 疲労回復、筋肉痛解消に「アミノバイタル」(味の素)を

 使用するメカニズムとほぼ同じです。

また「核酸」は根の細胞分裂を刺激するので、

 グリーン面の 発芽・発根で回復をはかりたい 

この時期にたいへん効果的です!

←「核酸」が根毛と根量を増やす!

 ◆

よろしくお願いします!

 (^。^)

 

 

 

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

富士山麓。熱き、シニアの祭典

2018-08-26 10:30:30 | 「ゴルフ競技会・トーナメント」

先週末、8月17日からの3日間

富士山麓の客先様のコースで開催された

シニアトーナメントの

コース管理のお手伝いに参加させて頂きました。

「シニアの元気が日本の元気!」

の大会スローガンの下、

地元企業や地元自治体からのサポートも熱い上に、

参加選手、

スポンサー企業の従業員の方達、

クラブハウス、コース管理が

一体となって、

なんとか

このイベントを盛り上げよう!という

独特な熱気を、

毎年現場で感じる競技会です。

今年で18回目になるそうですが、

ここ数年は、

毎年約2万オーバーのギャラリーが来場する

人気のある競技会となっています。

 特に今年は

元プロ野球選手 原辰徳(60)さんが、

アマチュア枠で参戦され、

大会期間中、

コース周辺は見物客による「辰徳渋滞」も発生しました。

生で見る球界のレジェンドのプレーは凄かった!

スタープレーヤーとしてのオーラが

今なお漂い、

ショットも迫力満点でした。

最終日のパープレーには

多くのギャラリーが湧きました。

夏場、6月~8月に開催される競技会は

スポーツターフ(芝自体)にとっても、

コース管理にとっても

たいへんタフなのですが、

この大会の

コンパクションがしっかりした、転がりの良いグリーン面、

しっかり刈り込まれたフェアウエイと

凛々しい夏の富士山が生み出す光景は美しく、

シニア選手の多彩な技を

一層、魅力的に演出していて、

ギャラリーとしても

感動的でした!

また来年も行きたいと思います!!

 ◆

宜しくお願いします!

(^。^)

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

いわゆる「盆明けの落ち込み」に。

2018-08-15 08:30:26 | 芝草「夏」にオススメの資材

 

コースで見る「トンボ」の数も徐々に増えてきました。

8月13日は72候で「寒蝉鳴(ひぐらしなく)」

 猛暑の7月にはあまり聞こえなかった

セミの声も

よく聞こえるようになりました。

でも、

 8月28日「天地始粛(てんちはじめてじゅくす)」

<ようやく暑さが鎮まる頃>

9月の上旬までは

まだまだ残暑も厳しいので もうひと踏ん張りですね!

 今年の7月の平均気温は

例年より2℃前後高かったらしいです。

いわゆる「暑すぎる夏」でした。

その高温下で、病害といえば、炭疽が早めに動きました。

”赤焼け”へと発展してしまい、

落としたターフも少なくはなかったです。

スプリンクラーの不調から、散水が充分できずに

落ち込んだ場所も 見受けられます。

この先、8月後半は、いわゆる「盆明けのおちこみ」の時期

今年のポイントとしては

1)貯蔵糖分

これまでの猛暑でターフの貯蔵糖分(フルクタン)の値は

かなり低下しています。

5mgを下まわっているデータも、

何件か見せていただきました。

2)菌態活性バランス

殺菌剤も多く散布してきました。

散水も多く、表層は酸欠気味だった時間も長いです。

土壌内の良性菌が減少していると思います。

菌態活性バランス(B/Fバランス)が充分でなく、

残暑厳しい8月後半は、

さらなる病害が侵入しやすい時期でもあります。

3)秋の発根

既に、釣り糸のような白いヒゲ根が出てきていると思います。

この先、地温も徐々に下がり、

一気に、秋の新根が発根する時期です。

発根のエネルギーを補給したい時期です。

「盆明けのおちこみ」にオススメの資材があります。

1)枯渇した貯蔵糖分(フルクタン)に

「エッセンシャル・プラス」

貯蔵糖分を、

単糖、二糖(トレハロース)で

直接補給するだけでなく、

”おちこみ”を回復する上で効果的な

アミノ酸、ケルプ、ビタミンB2B6等を

バランス良く配合した資材です。

また

リグニンやセルロースは

”良性菌のえさ”として働き、菌態活性バランスを整えます。

「エッセンシャル・プラス」は

 USDA(米国農務省)公式認定の100%天然有機の資材です。



主成分は
アミノ酸 2.75%
フミン酸 7.0%
ケルプ抽出物(オーキシン、サイトカイニン)
ジベレリン酸
リグニン、セルロース繊維
単糖、二糖類(トレハロース)、
ビタミンB2 ビタミンB6
です。

 ←「フミン酸」には気相持続効果も!

2)殺菌剤や散水で崩れた

菌態活性バランスを回復するには「コンパニオン」

主成分の バチルス・ズブチリスGB03は

土壌内の有機残渣をゆっくり分解しながら

表層の透水性を向上させ、

病害菌核を破壊する抗生物質”アイトリン”

「盆明けのおちこみ」を抑える

根の成長を促すオーキシン様物質を生成します。

殺菌剤との相乗効果の高い資材なので

混合散布がたいへん効果的です!

←根周囲の保護膜が病害の侵入を抑制!

3)秋の発根には「ミスト12号(3-18-18)」

 「ミスト12号(3-18-18)」は

 晴天時は、

  6%の亜リン酸を葉身から吸収し、

  雨や曇りでも

 分子の鎖の長い 緩効性リン酸 12%が

 約2週間に渡り、表層土壌に留まり、

 無駄なくリン酸を吸収し、

秋の新根を伸長させます。

さらに、

 「ミスト12号(3-18-18)」のユニークな特徴は

 柳(ラテン語で、サリチル)抽出エキスを含有しているところです!

高温多湿な表層土壌内の

雑菌・細菌の繁殖を抑制します。

 柳の樹皮の抽出物に、

 消炎効果(雑菌の繁殖を抑制する効果)がある事は

 医薬学的には古くから知られています。

よろしくお願いします!

(^。^)


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ターフにも「お盆」休みを。

2018-08-09 14:04:55 | 芝草「夏」にオススメの資材

 「もうすぐ、お盆ですね。」

8月7日の「立秋」に

東日本を中心に台風13号が雨をもたらしました。

関東地方においては、

ここ3日間は、雨も降り、気温もそう高くはなかったので

フェアウエイの芝も少し潤い、回復したように思えます。

暦で季節の推移を見ると

「夏の土用」(7月19日~8月6日)

「立秋」(8月7日)

「お盆」

8月13日(迎え火=盆の入り)から8月16日(送り火=盆明け)までの4日間

となります。

「土用丑の日」はうなぎを食べて夏バテ防止!

よく耳にするフレーズと思います。

今年の夏は

7月20日と8月1日が「土用丑の日」でした。

確かに、暑さも湿度も厳しい日だったと、記憶しています。

中国五行説に由来する「土用」とは、
四立(立春・立夏・立秋・立冬)の前、
18日間のことです。

冬土用:1月17日~2月3日 
春土用:4月17日~5月4日 
夏土用:7月19日~8月6日 
秋土用:10月20日~11月6日

古来から、「土用」の期間は

次の季節へ移る前の調整期間でもあり、

人間も動植物も調子が出にくい時期

と言われています。

昔からの「暦」は一理あると思います。

 夏の土用の期間(7月19日~8月6日)は、

農作業で体調を崩さないようにとの戒めもあり、

「土用」に「う」のつくものを食べると

精がつく、あるいは、病気にならない

と言われてきました。

「ウナギ」「梅干し」「瓜」「うどん」などです。

そして

秋の到来を告げる「立秋」(8月7日)

その後の

 

「お盆」(8月13日~15日)には、

家族全員、農作業を一旦お休みし 夏の疲れを養生します。

「スポーツターフ」も「ヒト」と同様と思います。

夏場は

夏バテを回復させるような「えさ」をもらい

 芝草の「えさ」ならば、

「ウナギ」→アミノ酸、タンパク質

「梅干し」→クエン酸

「瓜」→ビタミンB2,B6

「うどん」→糖類、トレハロース

というところでしょうか?

そして、お盆の期間は

養生=たっぷりと散水し、表層を冷やす

と、してもらう方が

喜ぶのではないかと思います。

オススメの資材があります!

1)「土用のウナギ」に匹敵する

これまでの異常な高温による夏バテからの回復資材

「ブランZ(10-6-5)+エッセンシャル20%です。

 主成分とその効能です。

 ・完全微生物分解の超緩効性メチレン尿素を70%

 →「ヤケ」「徒長」などのリスクが少ないN(窒素源)でダメージを回復

 ・リン酸6.8%のうち、よこ根のコンパクションをつくる亜リン酸を4.5%

 →根あがりを抑制し、秋の新根発根を促進

 ・カリウムを5%

 →残暑も湿度も厳しい中、ターフのこしをしっかりさせます。

 ・芽数を回復させるエッセンシャルプラスを20%

 →暑さに強いアミノ酸+ビタミン。

 夏越しで消耗した貯蔵糖分を補給する糖類。根あがりに強いケルプ(オーキシン様物質)。

 などをバランス良く配合

 ・鉄、銅、亜鉛、マンガンなどの微量要素

 →藻苔や雑菌の繁殖を抑制できる微量要素です。

 2)「お盆」の「養生」 秋の新根伸長のエネルギーとなる

 「ミスト12号(3-18-18)」です。

 「ミスト12号(3-18-18)」は

 晴天時は、

  6%の亜リン酸を葉身から吸収し、

  雨や曇りでも

 分子の鎖の長い 緩効性リン酸 12%が

 約2週間に渡り、表層土壌に留まり、

 無駄なくリン酸を吸収し、秋の新根を伸長させます。

さらに、

 「ミスト12号(3-18-18)」のユニークな特徴は

 柳(ラテン語で、サリチル)抽出エキスを含有しているところです!

高温多湿な表層土壌内の

雑菌・細菌の繁殖を抑制します。

 柳の樹皮の抽出物に、

 消炎効果(雑菌の繁殖を抑制する効果)がある事

 医薬学的には古くから知られています。

宜しくお願いします!

( ´▽`)

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

草刈りの手間を軽減する景観緑化に挑戦!

2018-08-02 13:34:36 | 工事・緑化事業(S&S GREEN PROJECT)

日本は川の多い国です。

全国各地に河川があり、護岸(いわゆる土手)があります。

水田の多い地域には畦畔(あぜ道)があります。

その護岸や畦畔は

県が管理している場所もあれば、

市町村が管理している場所もあり

管理者は様々です。

氾濫防止や治水のために安全性は確保されている場所は多いのですが

問題は雑草とその駆除です。

日本には四季があり、

高温多湿な時期は

河川の護岸や畦畔は、すぐに、雑草に覆われてしまいます。

護岸(土手)や畦畔(あぜ道)脇の

雑草駆除対策には

地方自治体の管理が間に合っていない場所が多く、

町内会などの有志の方達で

定期的に雑草駆除されている場所が多いと聞いています。

しかし、

高齢化が進んでいる地域の町内会などでは、

雑草駆除(草刈り)が大きな課題です。

護岸や土手などの傾斜の強い場所での

高齢者の草刈り作業は危険も多く、

また

体力的にも、

広い面積を年に何回も雑草駆除するのは

大変な事です。

なんとか、雑草を抑制しながら

草刈の手間を軽減する

緑化工法はないものでしょうか?

今回、S&S GREEN PROJECT®は

地元の町内会さんとタイアップして

土手の雑草成長を抑制し

現在、年に4回 有志の方達が行っている

草刈の回数を軽減できる

景観緑化工事の方法を 模索する実験を始めました。

ただし、条件があります。

①この場所は地元の多くの方たちが

散歩される土手沿いの道なので景観が大切です。

②河川そばなので除草剤(薬剤)を使用する事は許されません。

③地方自治体からの資金援助にも限界があるので

低コストでできる緑化工事である事。

5月中旬に、5つの試験的な方法で緑化工事を行いました。

 ←5月17日に施工しました。

幸い、

7月下旬の現在は、

どの工法も、ある程度、雑草の成長を抑制できています!

①カラーウッドチップ

チップを積層し、日照を遮断する事で雑草の成長を抑制する方法で、

草刈り機などを入れにくい

太陽光パネルの下や

ゴルフコースの樹木周囲で成功している方法です。

今回の護岸では、只今こんな感じです↓

 

②コーライ芝のプレート

 コーラ芝のプレートを敷き詰める事で雑草の成長を抑制する方法です。

今回はコーライ芝プレート中心の穴に「タマリュウ」を定植しましたが

お好みで、四季に応じたフラワーポットに差し替えて戴いても良いです。

只今、こんな感じです↓

③ヒメイワダレソウ

 成長が早く、匍匐性の強い草種を密に成長させ、他の雑草を排他する方法です。

 ④ヒメツルソバ

 成長が早く、匍匐性の強い草種を密に成長させ、他の雑草を排他する方法です。

⑤センチピートグラス

 アレロバシー(排他性)の高い芝種を成長させ、他の雑草の成長を抑制する方法です。

 ◆

今後の進捗を見守りながら

ベストな工法が見つかれば良いと思っています!

宜しくお願いします!!

S&S GREEN PROJECT®

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

この「異常な暑さ」はいつまで続くのか?

2018-08-02 10:46:00 | 芝草「夏」にオススメの資材

(7/31tenki.jpから)

この7月は

多くの全国各地の気象台が

観測史上最高の暑さを発表しました。

7月23日は

埼玉県熊谷市では 全国記録の41.1℃。

岐阜県の多治見市でも 40℃超え他、多くの地域で体温を超える猛暑となりました。

7月に熱中症で救急搬送された人は昨年の3倍といいます。

7月28日の台風12号が

ゴルフコースにとっては、

恵みの雨をもたらしたものの、

この暑さ

気温で40℃であれば、地温はさらに高く、

グリーン面のベント芝にとっては、

35℃で呼吸が停止すると言われているので、もはや地獄。

フェアウエイのコーライ芝は

水をもらえない箇所は、色が変わっています。

 

グリーンキーパーさん達の

早朝や夜間の懸命な散水がなければ、

もはや、ゴルフコースには芝のない夏、といっても過言ではありません。

このままでは

キーパーさん含め、コースマンが倒れてしまいます。

ゴルフコースにも

屋外型エアコンが必要な時代が来たのかもしれません。

この暑さはいつまで続くのでしょうか?

72候で予想してみたいと思います。 

7月29日「土潤辱暑(つちうるおうてじょくしょす)」

暑さも湿度もピークの頃。

高温多湿で菌態活性バランス(B/Fバランス)が崩れやすい時期です。

ピシウムや炭疽などの病害の侵入・拡大に注意です。

 

8月3日「大雨時行(たいうときどき行う)」

今年の夏は、2010年に似ていると言われます。

ゲリラ豪雨のような にわか雨

その後の 表層の加湿状態、ウエットウイルトに注意です。

気象関係の諺に

「綿串のような雲が出ると天気は荒れ模様」とあります。

積乱雲の発生が多い地域(2010年の北関東が良い例です。)は

表層の透水対策・除湿対策を資材や扇風機などで考えたい時期です。

しかしながら、その後は

8月7日「涼風至(りょうふういたる)」(夕方、涼しい風が立ちはじめる頃)

8月13日「寒蝉鳴(ひぐらしなく)」(ヒグラシが鳴き始める頃)

とあり、

寒いセミと書いて「蜩(ヒグラシ)」とはよく言ったもので

この頃から徐々に

夕方からの温度が落ち始める頃と思われます。

夏のダメージの回復、

秋の新根成長のための肥培を始めたい頃とも言えます。

この先、2週間くらいにオススメの資材です!

1)高温に耐える

「ハイドロ・マックス」+「エッセンシャル・プラス」です。

「ハイドロ・マックス」は表層を冷やし、潤いを持続します!

 「ハイドロ・マックス」は100%天然の浸透資材で、

 主成分は

 ユッカシジゲラ抽出物90%→ステロイドサポニンの浸透剤効果

 フミン酸(天然レオナルダイト由来)2%→気相持続効果

←「フミン酸」で気相を持続!

 ・

 「エッセンシャル・プラス」は、高温に耐える成分をバランス良く配合しています。

 
主成分は
フミン酸 7.0%
ケルプ抽出物(オーキシン、サイトカイニン様物質を含む)
ジベレリン酸
リグニン、セルロース繊維
単糖、二糖類
ビタミンB2 ビタミンB6
です。

 2)高温多湿で病害が侵入しやすい状況では 

「殺菌剤」+「コンパニオン」です。

 「コンパニオン」は 

 善玉菌バチルスGB03が

 根茎周囲に筒状のコロニーをつくり、根茎を病害から守る資材です。

 自ら生み出す抗生物質で

 ピシウムや炭疽、細菌病等の病害の菌核を疎外します。

 殺菌剤との相乗効果の高い資材なので

 混合散布がたいへん効果的です。

 菌態バランス(B/Fバランス)を整える資材の決定版です!

←バチルスGB03が病害を疎外します!

 3)高温下でも白根(秋の新根)は出てきています。

根上り抑制と新根発根には

「ミスト12号(3-18-18)」です。

 「ミスト12号(3-18-18)」は

 晴天時は、

  6%の亜リン酸を葉身から吸収し、

  雨や曇りの時期でも

 分子の鎖の長い 緩効性リン酸 12%が

 約2週間に渡り、表層土壌に留まり、

 無駄なく リン酸を吸収し、「夏越し」のための健全な根を持続します

さらに、

 「ミスト12号(3-18-18)」のユニークな特徴は

 柳(ラテン語で、サリチル)抽出エキスを含有しているところです!

 柳の樹皮の抽出物に、

 消炎効果(雑菌の繁殖を抑制する効果)がある事

 医薬学的には古くから知られているそうです。

4)高温でダメージを受けた部分の回復には

「ブランZ(ゼット)(10-6-5)」です。

 主成分とその効能です。

 ・完全微生物分解の超緩効性メチレン尿素を70%

 →「ヤケ」「徒長」などのリスクが少ないN(窒素源)でダメージを回復

 ・リン酸6.8%のうち、よこ根のコンパクションをつくる亜リン酸を4.5%

 →根あがりを抑制し、秋の新根発根を促進

 ・カリウムを5%

 →暑さも湿度も厳しい中、ターフのこしをしっかりさせます。

 ・芽数を回復させるエッセンシャルプラスを20%

 →暑さに強いアミノ酸+ビタミン。

 夏越しで消耗した貯蔵糖分を補給する糖類。根あがりに強いケルプ(オーキシン様物質)。

 などをバランス良く配合

 ・鉄、銅、亜鉛、マンガンなどの微量要素

 →藻苔や雑菌の繁殖を抑制できる微量要素です。

5)散水を繰り返す中でも黒藻の除去・抑制には

「スーパー・コンバット(5-0-0)」です。

6%の硫酸鉄が藻苔を焼いてくれます。

 クエン酸キレートのPH2.5なので、

 表層土壌を 藻苔・雑菌の嫌がる弱酸性にし、繁殖を抑制できます。

 病害抵抗に有効な微量要素の

 銅、亜鉛、マンガン をバランス良く含有する鉄系資材です。

状況に応じて試してみて下さい。宜しくお願いします!

(^。^)

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする