詰将棋解答選手権 速報ブログ

解答選手権のお知らせと速報です
主催:詰将棋解答選手権実行委員会
後援:朝日新聞社 詰将棋パラダイス 日本将棋連盟

最新のお知らせ

第18回詰将棋解答選手権オンライン会場の結果

4月10日(土)に詰将棋解答選手権オンライン会場が開催されました。
たくさんの皆様のご参加に感謝申し上げます。

【初級戦】
参加総数568名。そのうち全問正解者は318名でした。
第3問目に角限定打の問題がありましたが、残念ながらそこで約3割の誤解者が出ました。
詳しくは解説をお読み下さい。

【一般戦】
参加総数312名。そのうち全問正解者は61名でした。

来年もオンライン会場を実施する予定ですので、またのご参加をお待ちしております。

詰将棋解答選手権実行委員会

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第7回詰将棋解答選手権出題作品 公募のお知らせ

2009年06月10日 22時41分10秒 | 第7回お知らせ

 易しい1手詰から、手数の長いものまで、幅広く作品を募集します。メール投稿も可です。
 次の投稿規定に従って、どしどしご応募ください。投稿数の制限はありません。

【第7回詰将棋解答選手権出題作品 投稿規定】
*作意順および主要な変化・紛れを必ず書くこと。
*発表を希望する部門(初級・一般・チャンピオン戦)を明記すること。手数の目安は、初級戦が1手から5手まで、一般戦が5手から17手まで、チャンピオン戦が7手から39手まで。
*採否は実行委員会が決定する。
*事前に採否は通知しない。他の発表媒体への二重投稿はかたく禁止する。
*選手権で採用されなかった作品は、それ以降どこに投稿してもいい。
*競技の公正を期すため、事前に他人に見せたり、ネットで公開した作品を投稿したりすることはできない。また、投稿後も外部への公表をくれぐれも慎むこと。
*投稿者は、投稿した部門に選手として参加することはできない。
*採用された作者には、選手権実施後に発行する『詰将棋解答選手権2010』を1部贈呈する。
*公募で採用された作品の中から、優秀作を選んで表彰する。

締切:2009年12月31日(消印有効)
宛先:562-0005 箕面市新稲7-8-13 若島正
メールアドレス:tadashi@hcn.zaq.ne.jp (お手数ですが「@」を半角に修正してお送りください)