詰将棋解答選手権 速報ブログ

解答選手権のお知らせと速報です
主催:詰将棋解答選手権実行委員会
後援:朝日新聞社 詰将棋パラダイス 日本将棋連盟

最新のお知らせ

第18回詰将棋解答選手権オンライン会場の結果

4月10日(土)に詰将棋解答選手権オンライン会場が開催されました。
たくさんの皆様のご参加に感謝申し上げます。

【初級戦】
参加総数568名。そのうち全問正解者は318名でした。
第3問目に角限定打の問題がありましたが、残念ながらそこで約3割の誤解者が出ました。
詳しくは解説をお読み下さい。

【一般戦】
参加総数312名。そのうち全問正解者は61名でした。

来年もオンライン会場を実施する予定ですので、またのご参加をお待ちしております。

詰将棋解答選手権実行委員会

第18回詰将棋解答選手権オンライン会場の結果

2021年04月11日 17時30分00秒 | 第18回お知らせ
4月10日(土)に詰将棋解答選手権オンライン会場が開催されました。
たくさんの皆様のご参加に感謝申し上げます。

【初級戦】
図面
解説
成績表
参加総数568名。そのうち全問正解者は318名でした。
第3問目に角限定打の問題がありましたが、残念ながらそこで約3割の誤解者が出ました。
詳しくは解説をお読み下さい。


【一般戦】
図面
解説
成績表
参加総数312名。そのうち全問正解者は61名でした。

来年もオンライン会場を実施する予定ですので、またのご参加をお待ちしております。

詰将棋解答選手権実行委員会

第18回詰将棋解答選手権オンライン会場のご案内

2021年03月25日 21時15分00秒 | 第18回お知らせ
4月10日(土)に詰将棋解答選手権オンライン会場を開催します。
インターネットに接続できれば、どなたでも参加できます。
参加無料で事前の申し込みも必要ありません。

https://shogi-problem.org/2021/join2021CyberStage.html

13時30分より初級戦がスタート。1手~5手詰が合計6題。
15時20分から一般戦がスタート。5手~15手詰が合計6題。
勿論両方に参加して下さって結構ですので、奮ってご参加下さい。

(解答方法)
将棋ソフトの操作のように駒を動かして解答して頂きます。
まず左クリックかデバイスタッチで着手する駒を選択すると、そのマス目が黄色になります。
次に移動先のマス目を選べば、その駒が移動します。
あるいはドラッグ・ドロップ(着手する駒をつまんで、動かしたい場所で離す)でも移動します。
「成・不成」が選択できる局面では、着手直後には「成」になります。
もし「不成」が正解だと思ったら、右上の「成・不成」を選んで「不成」に変更して下さい。
詰んだ局面で「詰み」とは出ませんので、詰んでいるかどうかはご自身で判断して下さい。
全部の解答が終了したら送信ボタンをクリックして下さい。

(ルール等)
自動採点のため、部分点や誤入力の救済措置はありません。
順位は正解数が多いものが上位となり、同点の場合は解答時刻の早い順になります。
スタート時刻前にアクセスしてご準備の上、開始時刻をお待ち下さい。
解答は1人1回限りです。
複数回の解答があった場合は、最後の1回のみが有効になりますのでご注意下さい。

(操作方法お試し)
昨年の問題を使った「操作方法のお試し」がありますので、事前に操作方法の練習をしてみて下さい。
まずお名前と居住県を入力すると、空白だった盤に問題が出てきます。
解答する問題をクリックすれば駒を動かすことができます。

初級戦 操作方法お試し
https://shogi-problem.org/2021/tutorial2021c/

一般戦 操作方法お試し
https://shogi-problem.org/2021/tutorial2021b/

各地会場での「初級戦・一般戦」中止のお知らせ

2021年01月16日 09時00分00秒 | 第18回お知らせ
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、緊急事態宣言が出された地域が全国に拡大しています。
感染防止の観点から4月10日(土)に予定されていた全国各地会場での解答選手権「初級戦・一般戦」は中止といたします。
楽しみにしていた皆様には、事情ご理解くださいますようお願いいたします。

ただし昨年と同様に解答選手権「初級戦・一般戦」のオンライン会場4月10日に実施いたします。
こちらはどなたでも自由に参加できますので、発表までしばらくお待ち下さい。
詳しくは本ブログに掲載予定です。

詰将棋解答選手権実行委員会

【開催中止】第18回詰将棋解答選手権チャンピオン戦について

2021年01月09日 09時00分00秒 | 第18回お知らせ
詰将棋解答選手権実行委員会から緊急にお知らせいたします。

都やいくつもの県に対して緊急事態宣言が発令されて、連日多数の新型コロナウイルスの感染者が出ております。
この状況を考えまして、今年も解答選手権チャンピオン戦中止したいと思います。
参加を楽しみにしていた皆様には残念なお知らせになってしまいましたが、どうかご了承ください。
なおチャンピオン戦については、誤記減点など採点上の微妙な問題があり、選択解答方式によるオンライン会場は考えておりません。

チャンピオン戦向け作品を投稿された皆様には、せっかくの作品を使うことができず誠に申し訳ありません。
17手詰以上の作品およびチャンピオン戦希望の15手詰以下の作品は使用されませんので、各雑誌への投稿など別な発表場所をお考え下さい。

なお初級・一般戦はまだ最終決定には至っておりません。
決まり次第、速報ブログにてお伝えしますので、しばらくお待ち下さい。

どうぞよろしくお願いいたします。

詰将棋解答選手権 実行委員長 柳田明

作品募集の締切の延長

2020年12月02日 23時00分00秒 | 第18回お知らせ
先の募集記事では年末締切となっていますが、これでは正月休みが使えませんので
来年1月12日締切に変更させて頂きます。
まだまだ作品が足りていませんので、奮ってご応募下さい。

第18回詰将棋解答選手権作品募集

2020年11月03日 09時00分00秒 | 第18回お知らせ
第18回詰将棋解答選手権で出題する詰将棋を募集いたします。

誰にも見せたことがない詰将棋(できれば新作)をご投稿下さい。
図面、作意手順、主要な変化と紛れを書いて下さい。
次の手数区分ですので、ご希望の部門を明記の上、ご投稿下さい。

初級戦:1手詰〜5手詰
一般戦:5手詰〜15手詰
チャンピオン戦:7手詰〜39手詰

投稿された部門には解答者として出場できなくなりますのでご注意下さい。
また投稿された作品は開催当日を過ぎるまで、他誌への投稿や人に見せることはできませんのでご注意下さい。
作者名も含めた作品情報を伏せるため採否通知はしておりませんので、当日の速報ブログ等をご覧下さい。
採用作者には、翌年発行予定の「解答選手権2021」を1部進呈いたします。
終了後、実行委員の投票により公募作品の中から最優秀作を選んで表彰します。

投稿先のメールアドレス(添付ファイル可)kaitousensyuken.yanagida@gmail.com
締切は12月31日まで。
採用された作品は、詰将棋解答選手権に関係する各種メディアの記事、
出版物に掲載することがあります。

詰将棋解答選手権実行委員長  柳田明

オンライン会場βテスト開催のお知らせ

2020年10月29日 19時00分00秒 | 第18回お知らせ
第18回(2021年)以降の詰将棋解答選手権で、オンライン会場の開設を計画しております。
(開設するかどうか現時点では決定していません)
使用予定のツールの動作検証のため、初級戦・一般戦を対象として、11月22日(日)公開βテストを実施します。

(公開βテスト)詰将棋解答選手権 オンライン会場

開始時刻は、初級戦13:30一般戦15:00です。
解答は11月23日以降も受け付けます。
多くの方のご参加、お待ちしております。

解答選手権「オンライン会場」のアンケートから

2020年04月29日 20時40分00秒 | 第17回お知らせ
★4月11日に開催した解答選手権「オンライン会場」では、多くの方にご参加いただきありがとうございました。サイト内にアンケートを設置しましたところ、こちらにも沢山のご意見をいただきました。ごく一部ですが、ご紹介させていただきます。

『コロナ騒動で大変な中、気軽に参加できる場を設けていただいて嬉しかったです』
『このような形式でも詰将棋選手権を開催してくださり、ありがとうございました』
『初めての参加が中止となってしまいがっかりしていたところ、オンラインでの開催を知りとても嬉しかったです。来年はぜひ会場で参加してみたいと思います。ありがとうございました』

★このように「オンライン会場」についてはお褒めの言葉を頂きました。しかし選択形式の解答方法や時間については様々なご意見を頂きました。

『手軽に挑戦できる試みで非常によいと思いました。制限時間がわかるともっとよかったと思います』
『選択問題式じゃないほうが良い気がしました』

★運営側も急遽「オンライン会場」を開催することにしたので、準備期間がほとんど無かったのです。既存のフォームを利用しているので、時間表示や計測などはできませんでした。それでもせっかく楽しみにしてくださっていた皆様に、選んだ問題を解いていただくことに意義はありました。解答方式ですが、やはり数百にも及ぶ解答を採点するのは困難で、自動採点ができる方式になりました。

『2回目ログインなどが多そうで、競技としての限界はあったと思いますが、今回のオンライン開催は英断だったと思います』
『住んでいる所は田舎なので、もともと本大会が行われる予定がなかったのですが、今回こんな形で参加することができてありがたかったです』
『もっと多くの会場で初級戦一般戦を開いて欲しい。大会のためだけに他県まで数時間もかけて移動できないから参加していなかったので』
『今回はこのような形式での開催になってしまいましたが、初めての方を呼び込むという意味ではこれで良かったのかもしれませんね。次回はいつものように開催されると祈っています。もちろん参加するつもりです。実行委員会の皆様も健康に気を付けて下さい』

★開催が無い県の方からは、ぜひ私の地元でも開催して欲しいです、というご意見をいくつも頂きました。しかし全県にお願いできる知り合いがいる訳もありません。こちらは「当地でも開催したいです」というお申し出が来るのを待っている状況です。どうか皆さんも地元で開催して下さりそうな方を探してみて下さい。

『次回は会場で挑戦します』
『初参加でしたが、気軽に参加できて、とても楽しめました。オンライン会場のご用意ありがとうございます。来年は、ぜひ会場で参加したいと思います。』

★多くの方の次回の挑戦を心よりお待ちしております。入試会場のようなピンと張りつめた雰囲気は何物にも代えがたい経験になるはずです。オンライン会場の併設も検討しますが、不正防止ができませんので、あくまで参考記録になってしまいます点はどうかご容赦下さい。

第17回詰将棋解答選手権 一般戦解答

2020年04月12日 10時50分00秒 | 出題作品・解答・成績
第17回詰将棋解答選手権 一般戦解答です。下記リンクをクリックすると表示されます。

第17回詰将棋解答選手権 一般戦解答

作者 1番 宮田敦史/2番 杉田透/3番 沖昌幸/4番 角建逸/5番 藤井聡太/6番 須藤大輔

詰将棋は作者にとって大切な創作物です。転載の場合は全日本詰将棋連盟のガイドラインをお守りください。

第17回詰将棋解答選手権 初級戦解答

2020年04月12日 10時30分00秒 | 出題作品・解答・成績
第17回詰将棋解答選手権 初級戦解答です。下記リンクをクリックすると表示されます。

第17回詰将棋解答選手権 初級戦解答

作者 1番 須藤大輔/2番 青木裕一/3番 柳田明/4番 井上賢一/5番 沖昌幸/6番 杉田透

詰将棋は作者にとって大切な創作物です。転載の場合は全日本詰将棋連盟のガイドラインをお守りください。