Patissiere@aoiの日常

パティスリーMAUVE(モヴ)のオーナー兼パティシエールの日記です。

初日は雨、、、、。

2015年10月16日 | お店のこと
秋色満載で行くぞ~!!
と色々わくわくしながら、ケーキを作り、
ポップを作り、南瓜を飾ったりと
気合を入れたら、天気は雨、
ショーケースは



地味、、、、。
そだよね。
秋色って言ったら
茶色とか、黄色とか紫だもんね、、、。
フルーツキラキラにはならないですよね~、、、、。

でも



バースデーケーキがお嫁に行くまではちょい華やかだったんですよ。
シャインマスカットの緑とか、ルビーとか、ね。
お迎えが早かったんで、あっという間でしたが、、、。

いいの、色合いが地味でも、美味しい素材が集まる秋だもん。
素材重視で行きますよ!



おまちかねの
「かぼぷりん」
北海道産のかぼちゃをたくさん裏ごして
シンプルな材料で、
単調になりがちですが、
すこしのラム酒と苦めのキャラメルがいい仕事をしてくれます。
10月限定の「かぼプリン」
ぜひお試しください。



「キャラメルポム」
これも秋には絶対作りたいケーキです。
青リンゴのムースとキャラメルノームースが
ショコラのビスキュイジョコンド生地でサンドされています。
上面には紅玉をバターとお砂糖でキャラメリゼしてあります。
カルヴァドスのフランベ、久しぶりでちょっとドキドキしちゃった。



「無花果のタルト」
この子も見た目地味、、、、。
でも、横!横見て~。
カシスのぺパンがね、赤紫色なの。
無花果は赤ワインとオレンジとレモンの皮で一煮立ちさせてから漬け込んであります。
寒くなってくると飲みたくなるホットワイン「バンショー」が発想の基点でした。



「自家製渋皮栗のモンブラン」
あえて、品名から「自家製」入れちゃう!
右手にサポーター巻いて鬼皮剝きをもう何十㎏やっただろうか、、、。
保存便と保存場所、そしてなにより「利平」が終わってしまったので
私の毎年の任務も終わりました。
今年はいつまでもつかしら??
いつもの市販品とは違う、ちょっとほっくりとした
甘すぎない渋皮煮です。
ぜひどうぞ。


「巨峰のショートケーキ」
苺が出てくるまで、何のショートケーキにしようかと迷っていたのですが、
巨峰にしてみました。
サンドの巨峰は剥いてありますが、
トップのは渇いちゃうし、崩れちゃうしで剥いてません。
食べる時、セルフでお願いします。
種なしなんで~
といいつつ、種っぽいのがちらほらあって
それをちまちまとってたらえらい時間がかかってしまった。
そんなちょっと大変な変わったショートケーキ。
これも期間限定です。



「マロンロール」
こちらの栗も自家製の渋皮煮を使用しています。
旦那様お気に入りの一品。

焼菓子にも、秋冬に出てくる



「ブラウニー」

とか




「ダックワーズ」
なんかもスタンバっています。



パッケージや店内はちょこちょことハロウウィン。
皆様のお越しをお待ちしております。

Facebookでも情報チェックできます。
平日はこちらにUPすることが多いです。
もしよかったらこちら↓もお願いします。
PatisserieMAUVE Facebookページ
Patisserie MAUVE HP(パティスリー・モヴ ホームページ)
http://patisserie-mauve.info/
《店舗住所》栃木市平柳町2-16-56エクステリア&ガーデンタカキュー様敷地内
営業日:金・土・日 13時OPEN
  
↑ぽちっとおしてください。
いつでも里親募集中
↑ペットを買いに行く前にぜひお願いします。
『スイーツ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 焼き菓子ギフト色々 | トップ | どれがいいですかね、、、、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

お店のこと」カテゴリの最新記事