潮風に乗って-北から南から

船や港に関係する地名を訪ねて、その土地の情報を発信します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

激変する携帯電話選び 三カ条

2006年07月05日 | Weblog
 
 「てくの生活入門」asahicom
 激変する携帯電話選び 三カ条
一、 今秋から、携帯電話会社を替えても番号継続
二、 メールアドレスが継続できない点は要注意
三、 多様化するサービスや端末、吟味して選ぼう


 今年、携帯電話選びが大きく変わります。電子マネーや交通乗車券としても使えるおサイフケータイの登場や音楽ダウンロード、ワンセグ放送によるテレビ視聴など、機能が大きく進化している一方、電話番号を変えずに携帯電話会社を変えられる新サービスが始まるからです。自分好みのケータイをどう選んだらいいか、ポイントを2回にわたって解説します。(通信ジャーナリスト・神尾寿)  今年11月1日までに「番号ポータビリティー制度(MNP、Mobile Number Portability)」が始まります。携帯電話番号を変えずに携帯電話会社(キャリアー)を替えられる制度で、ユーザーの利便性を高め、携帯電話会社間の競争を促すのが目的です。
 従来は、携帯電話を選ぶ場合、自分が契約している携帯電話会社の端末しか選べず、利用できるサービスの選択肢も限られていました。別の会社の料金が魅力的でも、電話番号が変わるのを嫌って断念していた人もいるでしょう。MNP開始後はこのハードルがなくなります。つまり今後は、ケータイの端末選びに、携帯電話会社選びも含まれるようになるのです。

 携帯電話会社を替える際、気をつけなければならないのは、会社によって利用エリアやサービス、端末ラインアップ、サポート体制などに差があることです。
 例えば利用エリアは、現在主流の第3世代携帯電話(3G)では、最大手のNTTドコモと業界2位のauがほぼ互角。第3位のボーダフォンは3G移行で出遅れ、都市部の屋外エリアは他社と同程度なものの、地方や屋内のカバー率では見劣りします。都市部の屋内や地方で利用する機会が多い人は要注意です。
http://www.be.asahi.com/20060701/W16/20060621TBEH0025A.html

最新の携帯電話情報:ウィルコム、デュアルキーボード/2.8型VGA液晶搭載
「W-ZERO3[es]」(PC Watch) 7月5日(水) 0:30

http://news.goo.ne.jp/news/mycom/it/20060705/20060705-01-mycom.html
 株式会社ウィルコムは、シャープ製のデュアルキーボードと2.8型VGA液晶を搭載したW-SIM対応データ通信/音声端末「W-ZERO3[es]」(エス)を7月14日より予約開始し、27日より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は29,800円(W-SIM付き、新規に1年間契約した場合)。(PC Watch)
IT情報ニュ-ス:http://news.goo.ne.jp/news/pc/it/20060705/pc2006070501-pc.html
http://www.willcom-inc.com/ja/lineup/ws/007sh/index.html