潮風に乗って-北から南から

船や港に関係する地名を訪ねて、その土地の情報を発信します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

G20サミット開幕、経済問題を議論

2010年06月27日 | Weblog

2010/06/27(日) TBS NEWS
G20サミット開幕、経済問題を議論

TBSニュースで『G20サミット開幕、経済問題を議論』
について報じていましたので掲載します。(06/27放映)
http://nakate.nawata01.com/10TV_movies/TBS/0601/tbs_summit_20100627.asf


 カナダで行われているサミット、主要国の首脳会議は、舞台をトロントに移し、経済問題を話し合うG20=20か国・地域首脳会合が始まりました。
 毎年恒例のサミット、今年からは経済問題の議論はG8=8か国ではなく、中国やインドなども加えたG20という新しい枠組みで行っています。
 26日夜、夕食会でスタートしたG20首脳会議の最大の焦点は、ヨーロッパの財政危機を受けて財政赤字の削減と足元の景気刺激のバランスをどうとるかという問題で、アメリカなどは当面、経済成長促進を重視すべきだと強く主張しています。

 また、世界的な経済の不均衡の象徴ともなっている中国の人民元相場について、どのように意見が交わされるかも注目点です。
 これに先立ちアメリカのオバマ大統領は中国の胡錦濤国家主席と6回目の首脳会談を行い、この中で、中国がサミット直前に発表した人民元相場の弾力化を「最初のステップ」と歓迎しながらも、「実行が重要だ」とクギを刺しました。
 また、韓国の哨戒艦沈没事件についても、「国連安保理ではっきりとしたメッセージを送らなければならない」との考えを胡主席に伝えました。

 一方、日本の菅総理大臣は、この事件に関して、G8首脳宣言に北朝鮮を非難する文言を盛り込むべく努力したとその成果に胸を張りました。
 「非難すべきところは非難すべきだと私の方から申し上げました」(菅 直人 首相)
 また、菅総理はロシアのメドベージェフ大統領と初めての首脳会談も行い、領土問題の解決に向けて進展を図っていくことで一致しました。



実業家が選ぶ上半期重大経済ニュース

2010年06月26日 | Weblog

2010/06/26(土)TBS NEWS
実業家が選ぶ上半期重大経済ニュース

TBSニュースで『実業家が選ぶ上半期重大経済ニュース』
について報じていましたので掲載します。(06/25放映)
http://nakate.nawata01.com/10TV_movies/TBS/0601/tbs_keizai wadai_20100626.asf


 高額所得者向けの求人情報を扱う会社の調査で、年収1000万円以上の実業家に今年上半期の重大な経済ニュースを聞いたところ、日本航空の会社更生法申請やトヨタ自動車の大規模リコールが上位に入りました。
 年収1000万円以上の求人情報を専門に扱う「ビズリーチ」が会員を対象に行ったアンケートによりますと、今年上半期の重大経済ニュースは、1位が「日本航空の会社更生法申請」、2位は「トヨタ自動車のアメリカでの大規模リコール」、3位は「ギリシャ・ショック」となりました。

 このほか、6位には「キリンとサントリーの統合断念」が入るなど、市場や企業戦略の波乱材料が多かった上半期を表す結果となりました。
 一方、上半期のヒット商品については、アップルの「iPad」や「ツイッター連動サービス」といったビジネス関連のツールと並んで、「食べるラー油」や村上春樹さんの「1Q84 BOOK3」など、幅広い層で売り上げを伸ばした商品もランクインしています。



ユリの花が見ごろに、群馬・太田

2010年06月21日 | Weblog

2010/06/21(月) TBS NEWS
ユリの花が見ごろに、群馬・太田

TBSニュースで『ユリの花が見ごろに、群馬・太田』
について報じていましたので掲載します。(06/20放映)
http://nakate.nawata01.com/10TV_movies/TBS/0601/tbs_gunma_20100620.asf


 群馬県太田市ではユリの花が見ごろになり、訪れた人たちを楽しませています。
 広大な土地に絨毯のように敷きつめられたユリ。太田市にある「太田吉沢ユリの里」では、赤や黄色などのユリが見ごろを迎えています。

 およそ8万平方メートルの敷地には色とりどりのユリが50種類、およそ150万輪植えられていて、訪れた人たちは漂う甘い香りといっしょに楽しんでいました。
 また、これからは別の種類のユリが咲き始め、7月中旬まで楽しめるということです。

列島各地で30度超、今年一番の暑さ

2010年06月19日 | Weblog

2010/06/19(土) TBS NEWS
列島各地で30度超、今年一番の暑さ

TBSニュースで『列島各地で30度超、今年一番の暑さ』
について報じていましたので掲載します。(06/17放映)
http://nakate.nawata01.com/10TV_movies/TBS/0601/tbs_natsu_20100619.asf


 17日の日本列島は梅雨にもかかわらず、各地で今年一番の暑さとなりました。
 真夏のような日差しが照りつけた日本列島。東京大手町では、8月上旬なみの31.6度。京都・舞鶴では33.8度を記録しました。梅雨とは思えないほどの暑さ。日本列島の各地で30度を超えました。
 「もう暑いですよね。すごく暑くてプール入りたい・・・」(女性 東京・新宿)

 街に出て歩いてみると、公園では子どもたちが水遊び、日焼けする人の姿も・・・。晴れているのに傘が目立ちます。差していたのは日傘でした。
 「もう暑いのでサングラスと日傘で完全防備しています」(日傘の女性)
 渋谷のアイスクリーム店の前には、行列ができていました。

 「急に暑くなったんで、これはキツイですよね」(アイスを食べる男性)
 「きょうはとても暑いのでお客さまが大変いっぱいいらしています。3割ぐらいいつもより多くいらしていらっしゃいます」(アイスクリーム店店員)


「はやぶさ」カプセル回収、日本で分析へ

2010年06月15日 | Weblog

2010/06/15(火) TBS NEWS
「はやぶさ」カプセル回収、日本で分析へ

TBSニュースで『「はやぶさ」カプセル回収、日本で分析へ』
について報じていましたので掲載します。(06/15放映)
http://nakate.nawata01.com/10TV_movies/TBS/0601/tbs_jaxa_20100615.asf


 JAXA=宇宙航空研究開発機構は、7年ぶりに帰還した小惑星探査機「はやぶさ」が持ち帰ったカプセルを回収しました。今後、日本で分析することにしています。
 夜空に広がる無数の火花。7年間におよぶ長旅を終えた小惑星探査機「はやぶさ」の最後の姿です。
 JAXAによりますと、「はやぶさ」は日本時間の13日午後7時51分、小惑星「イトカワ」の砂が入った可能性があるカプセルを分離、午後10時52分に大気圏に突入した後、燃えつきました。

 「はやぶさ自身に非常に助けられている。神がかり的というか、困難さが乗り越えられないと思うようなことを乗り越えている」(JAXA・川口淳一郎プロジェクトマネージャー)
 「はやぶさ」は2003年に地球を出発、2005年に地球から3億キロ離れた小惑星「イトカワ」に着陸、砂の採取を試みました。
 しかし、その後、「はやぶさ」は多くのトラブルに見舞われ、通信不能になるなど、何度も帰還が絶望視されました。

 この「はやぶさ」を救ったのが日本が誇る高い技術でした。
 「燃料を燃やすエンジンに比べると10倍燃費がいい。開発を始めて15年くらいたつエンジンで、愛着のある15歳の子供のようなエンジン」(NEC宇宙システム部マネージャー・萩野慎二さん)
 4台のイオンエンジンのうち、3台が故障するトラブルも発生しましたが、生みの親である技術者たちの執念で最後の試練を乗り越えました。
 「(カプセルが離れた瞬間)思わず拍手をしました。その時一番ホッとした。これで我々の手を離れた。あとはカプセル頑張ってくれ!と」(NEC宇宙システム部マネージャー・萩野慎二さん)

 「はやぶさ」のカプセルはオーストラリア南部のウーメラ沙漠に着陸しました。砂が入っていれば、アポロ計画で採取した月の石などに続く貴重なもので、14日午後、回収されました。果たして、カプセルの中に「イトカワ」の砂は入っているのでしょうか。
 JAXAでは今後、現地の本部でカプセルを確認した後、チャーター機で日本の専用施設に運び込み、開封作業を行うことにしていますが、「イトカワ」の砂か判明するには数か月かかる見通しだといいます。
 「はやぶさ」が飛行した距離は地球・太陽間の40倍にあたるおよそ60億キロ。日本の技術の高さを世界に示した「はやぶさ」の奮闘は多くの人に感動を与えました。




巨大電子看板、5年後1兆円市場も

2010年06月12日 | Weblog

2010/06/12(土)TBS NEWS
巨大電子看板、5年後1兆円市場も

TBSニュースで『巨大電子看板、5年後1兆円市場も』
について報じていましたので掲載します。(06/08放映)
http://nakate.nawata01.com/10TV_movies/TBS/0601/tbs_electronic sign_20100612.asf


7日、シャープが巨大な液晶モニターを発表しました。広告や宣伝などを表示する最新の「電子看板」ですが、5年後には市場規模は1兆円に急成長すると言われています。
 東京・戸越銀座商店街にある美容院。
 「最近、非常に飛び込みのお客さんが増えました。驚くような集客効果があるので、びっくりしています」(ヘアスタジオ「ジェイワン」、菅野義行さん)
 客が増えた秘密は店の前に設置した電子看板。1日平均2~3人、月で10万円以上売り上げがアップしたと言います。
 「やっぱり目が行きますね」(通行人)
 「どういうふうに髪を染めてくれるか、分かりやすいので」(通行人)

 一方、シャープが発表したのは、60型の液晶パネルを30台つなげた巨大電子看板。世界一狭いつなぎ目を開発し、映画のスクリーンより高画質な巨大看板を実現しました。
 電子看板と言えば、これまで赤い文字が流れるタイプが主流でしたが、それぞれの店やショールームが映画館のようなスクリーンを持つことも可能です。
 「5年後には街の景色がガラッと変わります。弱っている日本経済の中で数少ない急成長市場」(慶應義塾大学 中村伊知哉 教授)

 2015年には1兆円を超えるという試算もある電子看板市場。業界の垣根を越え大手企業が続々参入する中、液晶テレビ世界一の韓国・サムスンも日本向け新製品を発表。
 「ホテルのロビー、飲食店などに、このサムスンの電子看板を今年1万台販売したいと思います」(サムスンの販売代理店エヌジーシー、河村英之さん)
 「売ったら終わりの単品売り切りではなく、サービスやコンテンツ、広告まで含めた新しいビジネスモデルを作っていきます」(シャープ 岡田守行 常務)
 液晶テレビでは低価格の海外勢に押されている国内メーカー各社は、電子看板とコンテンツや広告をセットにした新しい収益モデルを模索しています。



観光客に人気、谷川岳・一ノ倉沢の「雪渓」

2010年06月06日 | Weblog

2010/06/06(日) TBS NEWS
観光客に人気、谷川岳・一ノ倉沢の「雪渓」

TBSニュースで『観光客に人気、谷川岳・一ノ倉沢の「雪渓」』
について報じていましたので掲載します。(06/06放映)
http://nakate.nawata01.com/10TV_movies/TBS/0601/tbs_tanigawa_20100606.asf


 日本三大岩壁の一つ、谷川岳の一ノ倉沢の「雪渓」が観光客に人気です。
 澄みきった青空の下に広がる岩壁の雪渓と新緑の木々。
 群馬県と長野県の県境に位置する谷川岳は、冬の間に閉鎖されていた登山道が先月下旬に開通し、岩壁の一つである一ノ倉沢に多くの観光客が訪れています。

 一ノ倉沢の岩壁は日本三大岩壁の一つですが、首都圏に近いため多くの登山者に人気があります。訪れた観光客は、双眼鏡で雪渓を見上げたり記念撮影をして初夏の谷川岳を満喫していました。