潮風に乗って-北から南から

船や港に関係する地名を訪ねて、その土地の情報を発信します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

花巻「イギリス海岸」で川底の景観が

2009年09月27日 | Weblog

2009/09/27(日) TBS NEWS
花巻「イギリス海岸」で川底の景観が

TBSニュースで『花巻「イギリス海岸」で川底の景観が』について報じていましたので掲載します。(09/22放映)
http://nakate.nawata01.com/09TV_movies/TBS/0901/tbs_hanamaki_20090927.asf


 岩手県花巻市の北上川の景勝地、「イギリス海岸」で21日、10数年見られなかった川底の特徴ある景観の一部が出現しました。

 名づけ親の宮沢賢治の命日にあわせて、上流の5つのダムの放水量を抑えたもので、イギリスのドーバー海峡を思わせる大規模な岩の層は全ては現れませんでしたが、訪れた観光客は岩肌にさわるなどして、賢治の作品の世界を感じていました。






鳩山首相、国連で「25%削減」を表明

2009年09月24日 | Weblog

2009/09/24(木) TBS NEWS
鳩山首相、国連で「25%削減」を表明

TBSニュースで『鳩山首相、国連で「25%削減」を表明』について報じていましたので掲載します。(09/23放映)
http://nakate.nawata01.com/09TV_movies/TBS/0901/tbs_hatoyama_20090924.asf


 アメリカを訪問中の鳩山総理は、国連の気候変動に関する首脳会合で、日本が温室効果ガスを2020年までに25%削減するという目標を表明しました。
 国際会議のデビューとなった演説で、鳩山総理は、気候変動問題に対する日本の積極的な姿勢をアピールしました。
 「中期目標としては、日本は(温室効果ガスを)2020年までに1990年比で25%削減することを目指します」(鳩山首相)

 鳩山総理が、2020年までに温室効果ガスの排出量を25%(1990年比)削減する目標を表明すると、会場内から大きな拍手が湧き起こりました。
 さらに、鳩山総理は、途上国の温暖化対策を技術や資金の援助で後押しする「鳩山イニシアチブ」を提唱しました。
 一方、アメリカのオバマ大統領は、全ての国々が早急に取り組むべき課題だと強調したものの、具体的な削減目標には触れませんでした。

 また、中国の胡錦濤国家主席も、化石燃料以外のエネルギー消費の割合を上げる目標を掲げるにとどまりました。
 「強い約束をした新しい日本政府のリーダーシップを称賛したい」(フランス・サルコジ大統領)
 「(温暖化の解決に向けて)日本はEU各国と並んで非常に重要なリーダーシップをとってきました。鳩山首相の演説はすばらしかった」(アメリカ・ゴア元副大統領)

 鳩山総理の演説に、多くの国から歓迎の声があがっています。
 「(25%削減の表明で)気候変動に熱心な国々の人から拍手が起きました。うれしいですね。やっぱり、これだけ我々が誓ったんですからね、きちんとやらなければいけないですよね」(鳩山首相)
 日本の削減目標は、これで国際公約となり、今後は実行性が問われることになります。また、鳩山総理は、日本時間の23日夜には、アメリカのオバマ大統領と初めての首脳会談に臨みます。



日光・戦場ヶ原から初霜の便り

2009年09月22日 | Weblog

2009/09/22(火) TBS NEWS
日光・戦場ヶ原から初霜の便り

TBSニュースで『日光・戦場ヶ原から初霜の便り』について報じていましたので掲載します。(09/21放映)
http://nakate.nawata01.com/09TV_movies/TBS/0901/tbs_nikko_20090921.asf


 9月も半ばを過ぎ、朝方の空気も日に日に涼しくなってきましたが、栃木県日光市の戦場ヶ原からは初霜の便りが届きました。
 男体山から差し込む朝の光に包まれた奥日光・戦場ヶ原。麓に拡がる草花がうっすらと霜をまとって一面にきらきらと輝きます。

 気象庁によりますと、21日朝の日光市の最低気温はこの秋一番の冷え込みとなる5.6度。さらに標高の高い奥日光の戦場ヶ原では氷点下2.5度まで気温が下がり、今年最初の初霜が観測されました。
 今年は、去年よりも10日遅れての観測ということです。
 また、近くにある土産物屋の軒先に置かれたバケツにも今年最初の氷が張り、訪れた観光客は一足早い冬の便りに見入っていました。







シルバーウィーク、渋滞は春連休並み

2009年09月19日 | Weblog

20090919(土) TBS NEWS
シルバーウィーク、渋滞は春連休並み

TBSニュースで『シルバーウィーク、渋滞は春連休並み』について報じていましたので掲載します。(09/19放映)
http://nakate.nawata01.com/09TV_movies/TBS/0901/tbs_silver week_20090919.asf


 19日から秋の大型連休「シルバーウィーク」が始まります。高速道路では春の連休並みの渋滞が予想されています。
 日本道路交通情報センターによりますと、東名高速道路では午前5時半現在、沼津インターチェンジ付近を先頭に最大でおよそ17キロの渋滞が出ています。また、中国自動車道下り線では中国吹田インターを先頭に13キロの渋滞が出ています。

 また、上り方面では、連休終盤の21日、22日に東北自動車道矢板インター付近や東名・大和トンネル付近などでおよそ40キロの渋滞が発生するとしています。
 鉄道の状況ですが、東海道新幹線は19日、20日の午前中の指定席は上り、下り方面ともほぼ満席。ただ、午後はまだ空席があるということです。
 一方、空の便ですが、日本航空、全日空とも国内線、国際線ともにほぼ満席だということです。



第93代首相に鳩山氏、新政権が誕生

2009年09月17日 | Weblog

2009/09/17(木)
第93代首相に鳩山氏、新政権が誕生

TBSニュースで『第93代首相に鳩山氏、新政権が誕生』について報じていましたので掲載します。(09/17放映)
http://nakate.nawata01.com/09TV_movies/TBS/0901/tbs_hatoyama_20090917.asf


 第93代の内閣総理大臣に民主党の鳩山代表が選ばれ、新内閣が発足しました。
 午後1時、衆議院本会議では、議長に民主党の横路前副議長が選ばれました。そして、総理指名選挙が行われ、民主党の鳩山由紀夫代表が327票を獲得。参議院でも124票、両院で過半数の票を獲得して総理指名を受け、第93代の内閣総理大臣に選ばれました。

 「歴史的瞬間だよね、本当に」(民主党・岡田克也前幹事長)
(Q.鳩山さんが総理指名されましたが、感想をお願いします)
 「・・・」(民主党・小沢一郎幹事長)
(Q.これからの国会運営については心配はないですか?)
 「そうですね。心配というよりも、私どもは『なんだ、3分の2を使って』なんて文句を言ったわけですよね、自公の政権に対して。そういうことは私どもの方にもろに来ますから。それだけに参議院の議論は大事だろうと」(民主党・輿石東参院議員会長)

 「我々は堂々たる野党を目指すと。そして正しい議論をやっていくということが第一ですね」(自民党・細田博之幹事長)
 「心からお祝い申し上げたい。環境とか郵政については、私がアドバイザーだったら一番いいアドバイザーになれるんじゃないですか」(自民党・鳩山邦夫元総務相)
 「国民が望んでいるのは、自民党・民主党関係ない、与党野党関係ない。この国を良くしてくれと」(自民党・小泉進次郎衆院議員)

 夕方には官房長官に就任した平野氏が閣僚名簿を発表しました。新内閣には、副総理兼国家戦略担当大臣に菅直人氏、外務大臣に岡田克也氏、財務大臣に藤井裕久氏のほか、「ミスター年金」と呼ばれる長妻昭氏が厚生労働大臣に就任するなど、民主党を代表する論客や専門家が顔を揃えました。
 これまでの自民党政権では、新閣僚を官邸に呼び込んだ後、直ちに閣僚記者会見を行っていましたが、官僚主導から政治主導を掲げる鳩山政権では皇居での任命式、認証式後に、変更されています。

 総理就任後、初の記者会見で鳩山新総理は決意を述べました。
 「この国を、本当の意味での国民主権の世の中に変えていかなければならない。いろんな試行錯誤の中で失敗することもあろうかと思います。是非国民の皆さんにもご寛容を願いたいと思っております。ご辛抱の中でご指導ご支援いただきますことを心から祈念をいたします。どうぞよろしくお願いをいたします」
 また、自らの政治献金の問題については次のように述べました。
 「なかなか国民の皆さま方にはご理解を頂いていないということが事実だと思っておりますので、もっと説明を尽くす努力をしてまいりたい」(鳩山由紀夫首相)

北海道・大雪山系の旭岳、初冠雪

2009年09月13日 | Weblog

2009/09/13(日) TBS NEWS
北海道・大雪山系の旭岳、初冠雪

TBSニュースで『北海道・大雪山系の旭岳、初冠雪』について報じていましたので掲載します。(09/12放映)
http://nakate.nawata01.com/09TV_movies/TBS/0901/tbs_hokkaido_20090912.asf


 ひと足早い冬の便りです。
 北海道・大雪山系の旭岳で12日朝、初冠雪が観測されました。気象庁によりますと、平年より12日早い観測で、この秋は紅葉の色づきも例年より早く進んでいます。
(写真は共同通信より)


H2Bロケット、打ち上げ成功

2009年09月12日 | Weblog

2009/09/12(土) TBS NEWS
H2Bロケット、打ち上げ成功

TBSニュースで『H2Bロケット、打ち上げ成功』について報じていましたので掲載します。(09/11放映)
http://nakate.nawata01.com/09TV_movies/TBS/0901/tbs_jaxa_20090912.asf


 日本初の宇宙物資輸送機を搭載した新型ロケットH2B1号機が、11日未明、鹿児島県の種子島から打ち上げられ、打ち上げは成功しました。宇宙物資輸送機は順調に飛行しています。

 新型ロケットH2Bは、11日午前2時1分に種子島宇宙センターから打ち上げられました。そして15分後、搭載していた宇宙物資輸送機HTVが予定どおり軌道に投入され、打ち上げは成功しました。

 HTVは、国際宇宙ステーションに食料や実験装置などを運ぶ日本初の無人輸送機で、来年退役予定のスペースシャトルに代わり補給の中核的な役割を期待されています。順調にいけば1週間後に宇宙ステーションとのドッキングが行われる予定です。


「山手線」100周年の記念電車が登場

2009年09月07日 | Weblog

2009/09/07(月) TBS NEWS
「山手線」100周年の記念電車が登場

TBSニュースで『「山手線」100周年の記念電車が登場』について報じていましたので掲載します。(09/07放映)
http://nakate.nawata01.com/09TV_movies/TBS/0901/tbs_tokyo_20090907.asf


 東京都心をぐるりと回って走る黄緑色がトレードマークの山手線。その誕生100年を記念した「ラッピング電車」が登場しました。
 色は、昭和30年代の車両を復元した「茶色」をしています。

 山手線は明治2年10月に当時の鉄道院が品川-新宿-赤羽を結ぶ品川線と、池袋-田端間を走る豊島線など、山の手エリアを走る路線をまとめて命名し誕生しました。
 「ラッピング電車」は9月7日から12月4日までの間、走行しています。



鳩山代表、新政権発足へ動き出す

2009年09月02日 | Weblog

2009/09/01(月) TBS NEWS
鳩山代表、新政権発足へ動き出す

TBSニュースで『大松明の炎が幻想的な「吉田の火祭り」』について報じていましたので掲載します。(08/31放映)
http://nakate.nawata01.com/09TV_movies/TBS/0901/tbs_senkyo_20090901.asf


 民主党が単独過半数を大きく上回る308議席を獲得した歴史的な大勝利から一夜。鳩山代表は早速、新政権発足の準備に動き出しました。
 「(今日の気分は?)天気とは違いますね。(よく寝られました?)2時間ほど」(民主党 鳩山由紀夫代表)

 31日朝、自宅で応じた報道各社のインタビューには政権交代にこぎつけた喜びを次のように語りました。
 「ようやくこれから新しい政治というか、国民の皆さんの期待する政治をですね、我々の考えで動かすことができるようになったなという思いで感慨無量ですね」(民主党 鳩山由紀夫代表)
 308という圧倒的多数の議席を得たことについては、国会で参院の再議決を繰り返した自公政権を念頭に「強行で突っ走っていけばいいという発想ではない」と述べ、数のおごりを捨て去らなければならないと強調しました。
 また、注目される党役員と閣僚の人事については、一部の主要ポストを先行して決めることはせず、特別国会での総理指名の前後に一気につくり上げたいと語りました。

 一方、歴史的大敗を喫した自民党は一夜明け、いつものように報道陣に向けて手を挙げたものの笑顔はなく、硬い表情のままの麻生総裁。
 「きつかったね、正直言って」(自民党 古賀誠 選対本部長代理)
 「党の再生に向けての総裁選挙を私は大事とするべきだと思う」(自民党 菅義偉 選対副委員長)
 議席を公示前の半数以下にした自民党は、次の総裁選びが党再生の課題とされています。
 「自由民主党の総裁を辞任したいと考えております。今回の皆様方の審判を厳粛に受け止めたい」(自民党 麻生太郎総裁)

 自民党総裁を辞任する考えを正式に表明した麻生総裁。この会見からわずか10分後、今後の総裁選の日程を決める自民党の臨時役員会が開かれました。
 臨時役員会では、新しい自民党総裁を選ぶ総裁選について、18日公示、28日に投票・開票とする日程が決まりました。
 民主党では鳩山代表ら幹部が集まり社民、国民新党との連立政権に向けた今後の対応を協議しました。

 「デフレの再来さえも懸念されるような状態になっているから、早い時期に民主党は陣容を整えて経済政策の実行にまい進してもらいたい」(日本経団連 御手洗冨士夫会長)
 「『送らず 迎えず 応じて蔵せず』ということを座右の銘として。過ぎ去ったことをくよくよ考えてもしょうがない。また、来るべきことをあれこれ悩んでも仕方がない」(国交省 谷口博昭事務次官)
 「国民の信頼を損なうような行政的な対応というか、事例があったのは否めない」(文科省 坂田東一事務次官)