潮風に乗って-北から南から

船や港に関係する地名を訪ねて、その土地の情報を発信します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

米・ワシントンで恒例の桜祭り開幕

2010年03月28日 | Weblog

2010/03/28(日) TBS NEWS
米・ワシントンで恒例の桜祭り開幕

TBSニュースで『米・ワシントンで恒例の桜祭り開幕』について報じていましたので掲載します。(03/27放映)
http://nakate.nawata01.com/10TV_movies/TBS/0301/tbs_america_20100328.asf


 この冬、歴史的な大雪を記録したワシントン。ポトマック河畔の桜が見ごろを迎え、全米桜祭りが開幕しました。
 3月中旬から気温が急速に上昇したワシントンでは、ポトマック川沿いの3750本の桜の木も、早くも五分から六分咲きとなり見ごろを迎えています。
 27日には恒例の全米桜祭りが開幕し、今年は日本の伝統芸能である京都の茂山狂言や、ニューヨーク在住のピアニスト・天平さんによる個性的な演奏などが披露され、「今と昔の日本文化」がともに紹介されました。

 ポトマック河畔の桜は、1912年に東京市長が日米友好の記しとして贈ったのがその始まりで、当時贈られた木が 今もなお125本も生育し、人々の目を楽しませています。
 ワシントン市内のレストランでは、この期間さくらんぼを使用した特別な桜メニューを用意するところも数多くあって、お祭りムードに花を添えています。桜祭りの期間中には100万人を超える人々が訪れ、思い思いに待ちわびた春を楽しみます。



中国で大規模な黄砂、日本にも到達

2010年03月22日 | Weblog

2010/03/21(日)TBS NEWS
中国で大規模な黄砂、日本にも到達

TBSニュースで『中国で大規模な黄砂、日本にも到達』について報じていましたので掲載します。(03/21放映)
http://nakate.nawata01.com/10TV_movies/TBS/0301/tbs_china_20100321.asf


 中国北部では20日、今年最大規模の黄砂が観測されました。この黄砂はすでに日本にも到達していて、21日の日中、全国で観測される見込みです。
 中国の首都・北京では20日、景色が黄色くかすんで、日中にもかかわらず薄暗くなりました。市内にも黄色い砂が積もり、マスクやサングラスを着用し、フードを被って歩く人の姿が多く見られました。

 中国国営の新華社通信によりますと、およそ2億7000万人に、この黄砂による影響が出たということです。
 黄砂はすでに日本にも到達していて、気象庁によりますと、21日の日中、全国で観測される見込みです。ところによっては、視界が5キロメートル未満になるところもあるということで、気象庁は、「交通への障害が発生する恐れがある」として、注意を呼びかけています。





トヨタ実験映像で誤解、米ABCが認める

2010年03月14日 | Weblog

2010/03/14(日) TBS NEWS
トヨタ実験映像で誤解、米ABCが認める

TBSニュースで『トヨタ実験映像で誤解、米ABCが認める』について報じていましたので掲載します。(03/13放映)
http://nakate.nawata01.com/10TV_movies/TBS/0301/tbs_toyota_20100314.asf


 アメリカABCテレビは、トヨタ自動車のリコール問題をめぐって、先月、電子制御システムに欠陥があると報じた映像に誤解があったことを認めました。
 アメリカ3大ネットワークのABCテレビは先月22日、南イリノイ大学のギルバート教授とともに、トヨタ車の電子制御システムに欠陥があるとする実証実験を行い、その様子を放送しました。
 この中でギルバート教授は、電子回路を人為的にショートさせ急加速を起こさせましたが、ABCテレビは、このとき急激に上昇したタコメーターの映像を走行中の車ではなく、停止している車のものを使って放送しました。

 トヨタ自動車は今月8日、このタコメーターの動きは走行時のものではなく、報道は教授の実験を一方的に脚色していると非難する声明を発表していました。
 ABCテレビは、「メーターは走行時も同じ動きをした」としながらも誤解があったとして、インターネット上にアップされている映像のタコメーターの部分を差し替えたことを認めました。


上海万博、日本企業出展の内容発表

2010年03月12日 | Weblog

2010/03/12(金) TBS NEWS
上海万博、日本企業出展の内容発表

TBSニュースで『上海万博、日本企業出展の内容発表』について報じていましたので掲載します。(03/12放映)
http://nakate.nawata01.com/10TV_movies/TBS/0301/tbs_shanghai_20100312.asf


開幕までおよそ1か月半となった上海の万国博覧会に、日本企業が共同で出展するパビリオンの展示内容が発表されました。
 今年5月1日から開かれる上海万博に日本企業22社が共同出展する「日本産業館」は、「きれい、かわいい、気持ちいい」をテーマに日本の最新技術や文化を紹介します。また、資材に再利用可能なパイプを用いたり、スタッフの制服に古着の素材を再利用するなど、環境保護への取り組みをアピールします。

 レストランでは1日限定10組に高級日本料理を提供するほか、大阪のたこ焼き店が出店します。
 世界中でいち早く経済回復し、消費意欲が旺盛な中国だけに、上海万博は日本企業にとって新たなビジネスチャンスをつかむきっかけと位置付けられています。



ワシントンの桜祭り、今年も例年通り開催

2010年03月07日 | Weblog

2010/03/07(日) TBS NEWS
ワシントンの桜祭り、今年も例年通り開催

TBSニュースで『ワシントンの桜祭り、今年も例年通り開催』について報じていましたので掲載します。(03/07放映)
http://nakate.nawata01.com/10TV_movies/TBS/0301/tbs_america_20100307.asf


 ワシントンの春の風物詩、桜祭り。この冬、歴史的な大雪で枝が折れるなどしましたが、今年も例年通り開催されることになりました。
 ワシントンの桜祭りは、1912年に東京市長から3千本の木が贈られたことにちなむ恒例の行事です。
 今年、積雪量の記録を更新したワシントンでは重く湿った大量の雪でポトマック川沿いの桜の木が折れるなどしたため、市民の間からは影響を心配する声も上がっていましたが、このたび例年通り開催されることが決まりました。

 「確かに被害はありましたが、植え替えが必要なものはわずか5本でした。本当にそれはごくごく普通のことです」(国立公園局担当者)
 今月27日から開催される桜祭りには、宇宙飛行士の若田光一さんや世界的な「数独ブーム」を巻き起こしている鍛冶真起さんらがゲストとして参加するということです。
 ワシントンの桜の開花は3月31日、見ごろは4月3日から8日と予想されています。



太陽光発電、世界規模でのシェア争い過熱

2010年03月04日 | Weblog

2010/03/04(木) TBS NEWS
太陽光発電、世界規模でのシェア争い過熱

TBSニュースで『太陽光発電、世界規模でのシェア争い過熱』について報じていましたので掲載します。(03/03放映)
http://nakate.nawata01.com/10TV_movies/TBS/0301/tbs_Photovoltaic energy_20100304.asf


 CO2削減などの観点から、注目を集めている太陽光発電。来週からは住宅版エコポイントの申請受付も始まります。一般家庭への普及が進むことも予想されますが、日本のメーカだけでなく海外のメーカーも日本市場への参入を狙っています。
 3日始まった太陽電池メーカーの展示会。10年後の市場規模は、いまの5倍にあたる10兆円を超えるという試算もあります。

 「人工衛星や灯台で長年採用されてきた高い技術力を使った太陽電池です」(シャープ 松本比呂志さん)
 国内トップメーカーのシャープ。世界最高のエネルギー効率を実現したという、高い技術力をアピールしています。
 「急激に市場が拡大していますので、生産計画を前倒しします」(京セラ 池田一郎さん)
 シャープを追う国内2位の京セラは2日、滋賀県の新工場が完成。3年後には太陽電池の生産量を2.5倍に拡大する計画です。

 一方、こうした日本のトップメーカーに負けじと、目の前に陣取って注目を集めているブースが・・・。
 「『かつて日本は世界1位だった』というのが正しい言い方だと思います」(サンテックパワージャパン 山本豊社長)
 創業わずか10年、中国最大手の太陽電池メーカー、サンテックパワーです。上海から車で2時間、中国の先端技術の工場が集まる江蘇省・無錫市。
 4年前、サンテックパワーは日本の老舗メーカー・MSKを買収。日本の最先端技術を採り入れた上で、現地で雇用した安い賃金の労働者が、18万世帯の1年分の電力に相当する1ギガワットという世界最大規模の生産を支え、おととし世界3位のシェアへと躍進したのです。

 「日本の良さを踏襲していきながら、我々もいい意味で合理的になった」(サンテックパワージャパン会長 笠原唯男氏【元MSK社長】)
 1970年代のオイルショック以降、本格化した国内メーカーによる太陽光発電の開発競争。5年前には上位4社を日本のメーカーが占めていましたが、中国や欧米諸国の専門メーカーが次々と大型投資を進め、シェアを拡大しているのです。
 「(Q.環境先進国といえば?)日本と言いたいところですが、残念ながらドイツ、スペインなどヨーロッパ諸国が圧倒的です」(サンテックパワージャパン 山本 豊社長)
 「きめ細やかな施工技術とアフターサービスがシャープの特徴です」(シャープ 松本比呂志さん)
 「長期信頼性と品質は世界トップレベルだと思ってます」(京セラ 池田一郎さん)
 住宅版エコポイントの受付を来週に控え、太陽光発電の受注の増加が予想される中、世界規模でのシェア争いが過熱しています。


津波、国交相「被害最小限に」と指示

2010年03月01日 | Weblog

2010/02/28(日) TBS NEWS
 津波、国交相「被害最小限に」と指示

TBSニュースで『津波、国交相「被害最小限に」と指示』について報じていましたので掲載します。(02/28放映)
http://nakate.nawata01.com/10TV_movies/TBS/0301/tbs_tsunami_20100301.asf


チリ大地震による津波の発生を受けて、国土交通省でも災害対策会議が開かれ、前原国土交通大臣は被害を最小限に食い止めるよう指示しました。
 「関係各機関が一致協力して、国土交通省の総力を挙げて対応していただくように指示をします」(前原誠司 国交相)

 国土交通省の災害対策会議で、前原大臣が今後、発生する恐れのある津波に備えて、被害を最小限に食い止めるよう、引き続き万全の対策を取るよう指示しました。
 津波による港の被害では、北海道の根室港と岩手県の久慈港で一部が冠水しましたが、それ以外には大きな被害の報告は入っていません。
 また、交通機関では太平洋側を中心にJRを始め多くの鉄道が運転を見合わせたほか、フェリーなどの海上交通は全国的に運休が相次ぎました。

 また、道路では東名高速の一部や東京湾アクアラインなどの有料道路をはじめ、国道だけでも全国10路線、85区間で通行止めになりました。
 国交省では、今後も大きな津波が来る可能性があるため、水門を閉じるなどの対応を取り、港や河川などの監視を続けることにしています。