なんくるのひとりごと

日々の想いを言葉にしてみたい

盛岡から

2008-06-15 22:57:55 | 日記
日本全国の人が心配した昨日の地震。
テレビは終日東北内陸部地震を報道し続けた。
昨夜はたまたま仙台にいたものですから、家族は心配したようだが、仙台は全く普通の流れ。
ただ、駅は混雑のまま夜を迎え、通常ダイヤに戻りのには時間を要したもよう。
さて、今朝は予定通り仙台から東北新幹線にのり、くりこま高原、一関を通過。
最も地震の被害が大きく、山の亀裂が激しいといわれた場所を通り過ぎ盛岡に来た。
盛岡から宮沢賢治のゆかりの賢治ワールドにバスで到着。
あの地震の翌日であり、内心どうなることかとの不安ガ無いわけではない。
が、天気が最高によく緑の街路樹も涼しい。
人は、それだけで安心するもの。なぜか、大丈夫と。
地震などもう来ないなどと思うのでした、
今夜は雫石に泊まることにしたのです。
満天の星空の見える小さな森の中の宿にたどり着きました
林の向こうに月も見えました。
岩手山が見えました。
布団に入り、又起きて、寝間着を脱いでジャージの服に着替えました。
もしかのためです。何事も無く明日の朝を迎えたい。
コメント