なんくるのひとりごと

日々の想いを言葉にしてみたい

農園

2008-06-05 12:15:06 | 日記
大人の足で歩いて5分。
子どもの足なら8分~10分。
の場所にみどり保育園の農園がある。

児童園をの運動場から右に少し登る。
首里厚生園の裏手の高台へ。
児童遊園へとの登り口の手前に農園がある。

厚生園さんに貸していただいているものだ。

雨の前に野菜を植えた。
ピーマン、オクラにナスビ、それにキューリにゴーヤー。
夏の野菜だ。
朝夕、ひまわり組の子どもたちは担当の先生たちと水やりの当番をこなした。
この恵みの雨で、
額に汗の水やりは暫く休止。ほっ。

しかし、ナメクジ、カタツムリが発生したらしい。
いずれも雨大好きな小動物たち。
子どもたちはナメクジ、カタツムリを見て、野菜を見るより喜ぶ。
カタツムリを探して、どの子も夢中になる。
一晩の間に青い葉っぱがギザギザハートに。
葉っぱが無くなれば、実りは無い。
だから、先生たちは、カタツムリの嫌がる薬を根っこに置く。

昨日、青々とした夏野菜はすくっと立って、
それぞれに30㎝ほど伸びていた。
ピーマンに一個実がつき
キューリに黄色の花が咲き
ゴーヤーはというと、、少し弱々しい。
でも今日のこの天気では、オクラも実が付くのではと
期待している私です。
さぁ、ご飯だ。いつの日か「園長食べて」と取り立ての野菜を想像しながら
給食へと。
コメント