なんくるのひとりごと

日々の想いを言葉にしてみたい

登り棒

2008-06-11 11:33:53 | 日記
庭のガジマルの高い枝と地面を結ぶ
登り棒が設置された。
竹の棒を垂直に立てて、枝に縛るのである。
毎年のことなので、待ってましたとばかりに
年長さんが列をなす。

順番順番と、背中にどんどんならぶ。
スイスイと登れる子は積極的に挑戦する。
できる子には挑戦とは言わないのかなー。スイスイ登る。

さて、まだ少しだけ心の中に自信を育てていないい子も
「やってみたい・・・」と10番目ぐらいに並ぶ。
10人がやっている手足の使い方を見ていることにするのだ。
それから、いざ自分の番になると
一瞬の戸惑いはあるものの
「やってみー」などと外野の声に押されるように、登り始める。
長身のテツロウがスイスイ登る。
おれさー、リユウヤがさーやってごらんと言われたからやって見せたのという。
なるほど、手本を示したということか。

ひとしきり登れる子が登ったあとの、閑散とした時間に
サヤカが初挑戦。ハルカが隣から体重支えようとする。
ミホが見本を示して登る。が半ばまで「できないなー」と自問の声。
スズカもやってきた。
みていてよー、スズカはすいすいと登る。
一旦登り棒から離れたミホ。でもまた気分を換えて寄ってきた。
今度は登り棒スイスイ成功。
みて、ケガしたんだーとと擦りむけた足の甲の擦り傷を見せる。
名人への勲章だねー。と私。勲章って何?とミホ。

サヤカ、ハルカも少しだけ手を貸すだけで、枝まで到着。
周りの子に褒められて、少し照れながらも登れた満足感を身体中から発散。
こうやって、いつの間にか自力で全員が登れるようになるのは
近いのかも。
コメント