なんくるのひとりごと

日々の想いを言葉にしてみたい

読んでくれた方々へ

2007-12-31 21:49:57 | 日記
なんとなく。書くのが習慣になって。
毎日毎日、たわいもないことを書いてきた。
保育園は書く材料には事欠かない。
活き活きしている新鮮な魚たちがぴんぴん跳ねている。

どれもおいしい材料。というか・・・。
はっとする事にであう場所である。あんなことこんなこと~。どれも
面白い。

でも、あくまでもわがままな日記なので、読み手を意識したものではないので
つまらない事も多いだろうに
毎日どなたかは読んでくださっている。
0の数字はない。
多いときで、400人の方が読んでくださっているという数字に驚く。

相手の顔を意識せずにかける事を幸せだと思う。
これからも、こころに思った事を綴りたい。
そうして、子供の成長を喜びたい。この文章を通して子どもの事を理解してくれている人がいれば嬉しい。

子どもは愛おしいものであり、なくてはならない存在なのだと。
大人である私たちは、子どもに伝えなければならない。
伝え者として「あなたたちは宝物ですー」とどこのだれにも伝えたい。

一番の願いはそれなのもしれない。私が書いているという訳は・・・。
今年一年間目を通してくださった事を感謝します。

みなさんが幸せな朝を迎えられますよう。

いいしょうがちやー、あさうきそーてる うびーうさぎやびら。(沖縄のわらべ歌。)
いいお正月ですねー 朝一番におきて 若水(井戸水)を汲んで
お仏壇に 供えて みんなでいただきしょう。


コメント

ゆく年

2007-12-31 21:29:28 | 日記
年末の休みに入った。
ものの、毎日が夏のような暑さで体内の感知能力が下がったのか。
〆ですよー。晦日も晦日大きな晦日ですよー。の巷の暦が感じきれない。

なんとかく流されてるような休みを過ごしていた。
でも、昨日からの寒風が一気に「暮れ」を本気にさせて
今日は朝から大忙し。

園の正面玄関のお正月のお花は大作中の大作。
昼前に花を仕入れにでかけて、あされやこれやと、目の前の花を手にとりながら
玄関を飾るイメージをしていく。
そして、仕上がったのが今しがた。9時だった。

今はもう爽やかな気分。
やれやれという気分。一つのことに熱中していると時間が経つのも忘れる。
集中力がない私だが、創作ものは好きと見えて工夫する。
人は好きなことには率先して頑張る。これも子どもも大人も同じ。

玄関の灯を点灯して外からも花の飾りつけを見えるようにした。
どうだい今年の作品は。と、展示会風に玄関のそとに出て眺めた。
いいんじゃない。自己満足。
私はいつもこれだ。自己満足度の高い私にごくろうさん。
さて、帰って湯にでも浸かるとするか。

ゆく年の安全に感謝。
庭の神様ありがとう。ガジマル樹の神様ありがとう。
園舎に住む神様ありがとう。屋敷を守っている神様ありがとう。
ゆく年の全てにありがとう。

コメント

ゆく年

2007-12-31 21:29:24 | 日記
年末の休みに入った。
ものの、毎日が夏のような暑さで体内の感知能力が下がったのか。
〆ですよー。晦日も晦日大きな晦日ですよー。の巷の暦が感じきれない。

なんとかく流されてるような休みを過ごしていた。
でも、昨日からの寒風が一気に「暮れ」を本気にさせて
今日は朝から大忙し。

園の正面玄関のお正月のお花は大作中の大作。
昼前に花を仕入れにでかけて、あされやこれやと、目の前の花を手にとりながら
玄関を飾るイメージをしていく。
そして、仕上がったのが今しがた。9時だった。

今はもう爽やかな気分。
やれやれという気分。一つのことに熱中していると時間が経つのも忘れる。
集中力がない私だが、創作ものは好きと見えて工夫する。
人は好きなことには率先して頑張る。これも子どもも大人も同じ。

玄関の灯を点灯して外からも花の飾りつけを見えるようにした。
どうだい今年の作品は。と、展示会風に玄関のそとに出て眺めた。
いいんじゃない。自己満足。
私はいつもこれだ。自己満足度の高い私にごくろうさん。
さて、帰って湯にでも浸かるとするか。

ゆく年の安全に感謝。
庭の神様ありがとう。ガジマル樹の神様ありがとう。
園舎に住む神様ありがとう。屋敷を守っている神様ありがとう。
ゆく年の全てにありがとう。

コメント

育ち

2007-12-28 14:05:01 | 日記
去年の今頃、カズキのママとパパは深刻な顔で私の前にいた。
入園希望の話し合いだった。
いや入園は決定していた。4日からの当園は決定していた。

でも、不安だらけだったのだろう。と推測できた。
「任せてください、大丈夫ですから」不安そうなママにいったと思う。
パパも一所懸命だった。

あれから丁度一年。
ママと昨日立ち話をして、「一年ってはやいですねー」と。
いまじゃ本当に落ち着いて、自己発揮のカズキ。
熱中して遊ぶ姿は日常的である。

ごっこ遊びはもちろん、積み木や工作も得意中の得意。
人間関係も広がり深まり、昨年のあの心配はなんでしたかねー。というほどに。
カズキがいたから学んだことが山程あり
カズキが来てくれたから理解できたこともまたもちろん沢山あり。
なによりも、私の中にある「人は必ず育つ」をまた確信させてくれたこと。
育ちを見せてくれたカズキありがとう。
そしてどの子もみんな育つ姿を見せてくれてありがとう。
お父さんお母さん感謝。

誰もが育つ力があることを確信。ありがとう。
コメント

暖かな日々

2007-12-28 13:48:55 | 日記
朝の集会の時、御用納めってなに?とヒロキが聞く。
そうだよなー。

終了式ってなに?と聞く。
そうだよねー。

さて、では人その意味が分かる人。と聞くと。
ハイハイハイと手が挙がる。
ミホさんどうぞ。
「これでおわります」ってこと。うんそうだねー。
キリトさんどうぞ。
「・・・・」照れる。
テツロウくんどうぞ。
「きょうで仕事を終わりますってこと」そうそう。

もういくつ寝るとお正月の歌を歌う。
さて、では、いくつ寝るお正月がくる?数えてみましょうと。
頭でもうすぐと思っていたが子どもたちと指折り数えてみる。
4回寝るとお正月なんだねー。
日めくりの暦を見ると。薄い~残り4枚。

新しい日めくりの暦をみる。
365枚~重たい。この重さの分だけぎっしりと詰まっているんだ。

一月一日が正月だと話すと
1と1だから11だという。
違う足すと2になるという。
数字に興味を示す子どもたちの発想だ。数字は足せても、日にちは
24時間分しっかりとやってきて、また終わり。
そしてまたやって来て、
その繰り返しだ。当たり前のことだが不思議だ。

そうして今年もまた大掃除をして「よいお年を」というご挨拶になるのだ。

副園長がしめ縄を買ってきて。準備をする。
28日は末広がりだから、新年を迎える準備は今日がいいと
ラジオで聞いたという。

子どもたちの顔を一人一人じっとみた。
コメント

数字のマジック

2007-12-27 12:14:03 | 日記
一月の保育研究大会で、「保育所機能を生かした新たな子育て支援活動」
というテーマで発表することになっている。

その主旨の説明によると
0~2才のこどもたちの83、7%が保育所を利用せず家庭で育てられています。とある。
えっ、こんなに高い率が在宅家庭の子育てなのかと考え込んでしまった。沖縄の場合、共働きの夫婦が多い。のではと考えていたから、この数字に疑問を抱く。

そこで、大会本部に問い合わせることにした。
県の児童家庭課に
問い合わせれば済むことだけれど、大会本部の出した数字の信憑性を個人の問題にしたくなかったので、あえて、大会本部に問い合わせた。
そしたら、これは全国の数字ですということだった。

83、7%もの家庭が、0~2歳児の子育てを保育園を利用しないで行っているという。この数字は全国のものであるという。
つまり、北海道から東京~大坂そして沖縄の平均であるという。

では、沖縄は数時が出ているのかというと。
調べたことがないという。答えだった。つまり、沖縄県ではそのような調査はしたことがないということだった。

なのに、この数字をつきつけられながら、私たちは「何とかしないと」と問題意識を高めて分科会での討議をするのである。

沖縄の現状を、話し合うのに数字は全国の数字が示されている。
上記の数字を元に「保育園の機能を生かした新たなる子育て支援活動」を模索する分科会である。
数字に示された「83、7%」の人々への支援の策を考えるための分科会。
このマジックにはまりかけた。

つまり、沖縄の現状を押さえながら、現実的な支援のメニューを出し合う分科会に
沖縄の現状を数字で示せないことに、何の疑問も持たない。

平成17年度の国政調査から見ると
沖縄の現状は、0~5才までの就園率は
沖縄が「50、34%」全国が「32、7%」だという。
その間には20%の開きを見ることができる。
それから推測したとき0~2歳までの就園率もおのずと出る。
もちろん推測した数字だからたしかではないが、
大会本部が挙げた数字に
ただしこの数字は全国の平均です。沖縄においては~と加筆されるとグッと現状に近づくのでは私は思う。

つまり、私の推測した数字は60%台。それに近い家庭が保育所を利用していなものと思われます。と書かれるともっと現状把握ができるのではと考えた。

今日は、数字のマジックに操られそうになった自分を振り返った。
コメント

甘え上手な

2007-12-27 11:37:43 | 日記
一日一回は私のお膝に抱っこをせがむ。
4才だから、友だちとの遊びも増えて、いまは以前よりも
事務所をのぞく回数は減った。が、一日2~3回はのぞき
すきを見て、いつのまにかお膝の上に滑り込む。

甘え上手だ。得な子だと思う。
その前の前の担任にも、甘える。ときどきふらりと二階から下りてきて
くりッとした眼をむけて「なにしているの?」とパソコンをのぞく。

先日クリスマスにお母さんといっしょにケーキを作ったと
職員一人一人にいただいた。
朝、出勤したときにはもうテーブルの上に置かれていた。
「ネーねー食べた?」と下りてきて。
「うん美味しかったよー。ありがとう」というと。
「どういたしまして」とかえしてきたもんだ。

今日もゆり組は砂場で川づくり。
それには興味がないらしく、ジャガイモ畑にでかけていった。
ノリコさんといっしょに。
「また畑から戻ったらよー来るからよー」と事務所後に畑へと急いだ。
この天気畑もいいお湿りだろうか。


コメント

甘え上手な

2007-12-27 11:37:41 | 日記
一日一回は私のお膝に抱っこをせがむ。
4才だから、友だちとの遊びも増えて、いまは以前よりも
事務所をのぞく回数は減った。が、一日2~3回はのぞき
すきを見て、いつのまにかお膝の上に滑り込む。

甘え上手だ。得な子だと思う。
その前の前の担任にも、甘える。ときどきふらりと二階から下りてきて
くりッとした眼をむけて「なにしているの?」とパソコンをのぞく。

先日クリスマスにお母さんといっしょにケーキを作ったと
職員一人一人にいただいた。
朝、出勤したときにはもうテーブルの上に置かれていた。
「ネーねー食べた?」と下りてきて。
「うん美味しかったよー。ありがとう」というと。
「どういたしまして」とかえしてきたもんだ。

今日もゆり組は砂場で川づくり。
それには興味がないらしく、ジャガイモ畑にでかけていった。
ノリコさんといっしょに。
「また畑から戻ったらよー来るからよー」と事務所後に畑へと急いだ。
この天気畑もいいお湿りだろうか。


コメント

酸っぱかった

2007-12-26 12:02:39 | 日記
わが家の庭のオレンジが大きくなった。
子どもたちは散歩の途中に毎日それを見て収穫を楽しみにしていた。
木の高さが一メートルぐらいだから
二才の子どもの目の高さと同じですぐに目につく。

青いときには葉っぱの陰に隠れていたので、気がつかず
黄色に色づいたときから「みかんだー」ということになったらしい。
それから何か月も食べたいと、言い続けて
「まってね」「黄色くなったら食べようね」と言われて
待った。

そして「もう食べようよ園長」とちゅうりっぷのコウに呼ばれた。
「庭にあるみかん食べてもいいですか」とお行儀よく呼びに来た。
「そうかもう食べられるかねー」というと「やったー」と小躍りするコウ。
「ねーたべるってよー」とちゅうりっぷ全員に大声で知らせる。
「庭のおおきなみかんをとろうね」といいながら私は事務所を出る。
天気は最高。

いこーいこーと、すみれ組も出てきてぞろぞろとお散歩ということになり。
40ものキラキラ光る瞳に見つめられながら「いい?」とハサミを入れる。
ワーイ思わず拍手。
アコの顔よりも大きいねー。と比べると同じぐらい。

4このうち3この収穫。
一人一人手に持ってにおいをかぐ。「いいにおいー」「かたい」
次々に手にして回す。
自分のものと手から離さない子もいて。

「スダイダイ」という品種らしく「酸っぱいッ」
それでも子どもたちは「えんょうありがとう」と
見て、待って、とって、食べて、美味しくて。いい朝でした。
コメント

満月

2007-12-25 21:18:37 | 日記
久しぶりの晴れた空。
三時間のスポーツジムの帰り道で突然真ん前に月がポカリ!
ワァ~月だよ。一人で叫びながら車をわき道へと。
農道を分け入り暗がりを求めて駐車。
実に美しい。爽やかだ。
携帯のカメラでパチリ、腕が悪くて接写ができない。残念な。
しばらくみていて周りがお墓だらけなことに気づいた。
背中がつめたきなって逃げ出した。
いやだ怖かった。月に惹かれものの、ガサゴソの野良猫にさえ怯えた。無事に帰ってほっ・
後で庭にでて月見を
コメント