瞑想と精神世界

瞑想や精神世界を中心とする覚書

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

優しき人々、空腹と夢

2013年08月27日 | 断食・少食
◆9月から職場に復帰する。入院中にお見舞いに来てくれた校長はじめ、お世話になった方々への挨拶のため、今日学校に行ってきた。通勤そのものは、もうまったく問題ないと感じた。数日前までは少し動きすぎるとかなり疲れたが、昨日あたりからあまり疲れなくなった。今日は、退院後初めて1万歩以上歩いたが、疲れはない。この調子なら本格的に仕事がはじまってもさほど疲れないだろう。

入院中、看護師や理学療法士や作業療法士、ケアワーカーなど病院のスタッフの人たちの誠意と優しさのこもった対応に接したことが大きな喜びだったことは何度も書いた。私にとってうれしい再発見がもう一つある。最初の入院先を退院することになった頃、私の回復ぶりが驚くほど順調なのを知ったある看護師が、喜びを満面に表しながら私のベッドのところまで来て、色々私に聞いたり、自分の手を握らせて私の手の機能の回復ぶりを確認したりした。本当に私の回復を心から喜んでくれているのが分かってうれしかった。今日職場を訪れたときも、私が倒れたと知ったとき、「心臓がつぶれるほどに心配した」と言ってくれる人がいた。身内でもないのに、人の病気にこれほど心を痛めたり、回復を自分のことのように喜んでくれる優しき人たちが、この世には多く存在するのだ。こんなことも病気になってみないとはっきりとは気づけないことだ。人から受け取るこんな優しさによって私の心も豊かになり、生きていることのありがたさを感じ、自分もいただいた優しさを周囲の人々に返していきたいと思った。

◆前回の「ゆるゆる一日半断食」の二日目の方向をしていなかった。一日目の起床時が65.4キロ。二日目が63.8キロ。断食一日目に、大量の便が出たこともあってか、一日で1.6キロの減量だ。復食すれば64キロ台には戻るだろうが、6月30日に脳梗塞で倒れる前は71.5キロ。7キロ以上痩せたことになる。今後の持続こそ大切だが。

昨日は週1のペースなら「ゆるゆる断食」実施日だったが行わなかった。しかし体重はそれほど増えてはいない。今日、起床時の体重は64.2キロだった。食事もそれほど多くなく、運動量も多いからむしろ徐々に減る傾向にある。明日また「ゆるゆる一日半断食」を実行しようかなと考えている。

これまで二回の「ゆるゆる一日半断食」の夜、いずれもちょっと示唆的な夢を見ている。一つ目は、実在の友人が出てくる夢だが、私が彼に無茶で失礼なことを行ったのに彼がそれを怒らず、優しく受け入れるという夢。その優しさが人間関係を平穏に保ちたいという気弱さから来るのではなく、彼の心の大きさ、本物の受容力から来るのを夢の中で実感した。それが印象的であった。二つ目の夢は、船の縁にへばりついて生き延びようとする多くの生きものたちを船長が切り捨てようとするのを、私が船長を説得することで、彼らの命を守るというような感じの夢だった。こうして書いてみるといずれも「優しさ」に関係することが分かった。

「ゆるゆる断食」だから、いずれも深い夢ではないが、「空腹」状態が無意識を刺激するのは確かかも知れぬ。完全な断食をやってみたくなった。

◆昨日はスポーツジムに行った。平均すると週に3回ぐらい行っている。しかし相変わらずスポーツジムは好きになれない。ただ、ジムに歩いて通ったり、ジムの階段を昇り降りしたり、ロッカーで着替えたり、プールを利用したり、シャワーを利用したりという一連の流れも含めてすべてがリハビリになっていると思うので、半年以上は続けるつもりだ。

今日は、職場を訪れたあと、買物をして帰宅。夕方、久しぶりに土手を歩いた。それで合計1万歩を超えたのだが、今日は歩くだけでなく途中ですこしだけジョギングをしてみた。退院直後に試みに走ろうとしたときは、ガクンガクンという感じで我ながらかなり不自然な感じで、走るのはまだ無理だなと思った。ところが今日は走ってみたら、不自然さがかなり消えていた。軽いジョギングなら20分や30分はできそうな感じがした。少しずつ走る距離も増やしていこうと思う。
『闘病』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 「ゆるゆる一日半断食」 | トップ | 普通の生活に戻った »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

断食・少食」カテゴリの最新記事