モウズイカの裏庭2

秋田在・リタイア老人の花と山歩きの記録です。

2020年、焼石岳の紅葉。その3。(2020年10月9日)

2020-10-26 | 焼石岳/秋

(本頁は「2020年、焼石岳の紅葉。その2。」の続きです。)

今回の焼石は紅葉も綺麗だったが、山頂からの展望も素晴らしかった。

山頂を目指し、横岳との鞍部に到着、鳥海山が目に入った時は嬉しかった。




その後、高度を稼ぐと、山頂南西側にあるカール状地形も見えて来て更に嬉しくなった。

カールの周囲は紅葉に彩られ、中心部は草紅葉だった。

山頂南西側にあるカール状地形



カール状地形の南半分







カールの南半分の奥には高松岳、神室連峰が見える。雲の上にちょろっと見えるのは月山。



西焼石岳と鳥海山













山頂から主に北側の眺め。今日は岩手山や早池峰まで見えた。

北側の眺め。右奥に岩手山、左奥に和賀岳や秋田駒、手前ののっぺりした山は南本内岳。






北西側。三界山と横手盆地。



北々東側。牛形山。



北東側。早池峰山。



南側の山には雲がかかっていた。

栗駒山




横岳と泉水沼




泉水沼




山頂付近で見た草紅葉と残り花。

トウゲブキとハクサンフウロ



ミヤマダイコンソウ                          
ハクサンイチゲ
 


ウスユキソウとミヤマダイコンソウ



チングルマ                              
ミヤマキンバイ
 



エゾオヤマリンドウ



このシリーズ最後は山頂から見た胆沢平野扇状地の散居集落。

ここは富山県の砺波平野、島根県の出雲平野と並び、日本三大散居集落のひとつと言われているが、
ヘリや飛行機を使わずに高所から俯瞰できるのはここだけだろう。






モウズイカの裏庭(トップ)へ。


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 2020年、焼石岳の紅葉。その... | トップ | 秋の男鹿毛無山はどうなって... »

コメントを投稿

焼石岳/秋」カテゴリの最新記事