MIZUNO Katsuya

STEP WORLD LL日進駅前教室 代表講師のブログ

中学英語を軽く見ないで!

2022-08-18 00:00:09 | 英語教室

 英検3級以上のライティング試験や面接試験の練習をしていると、必要以上に難しい英語で表現しようとしているために、英語がスラスラ表現することが出来ない場合があります。

 難しく考えなくても良いです。英検準2級や2級でも、中学英語が完全に出来ていれば、かなり対応することが出来ます。

 現に、LL日進駅前教室では、中学生で準2級(高校中級程度)に合格している生徒さんは少なからずいます。中学生で2級(高校卒業程度)に合格している皆さんもいます。(中学生で2級に合格している皆さんに対して、高校レベルの英語は、ほとんど指導していません。)

 特に、ライティング試験や面接試験では、難しい英語を使おうとはせずに、中学レベルの英語で表現して下さい

 「分かる」と「使う」ことが出来るのは、全く異なります。

 中学生の時に素直な英語で書いたり話したりしていた生徒さんが、高校生になって、難しい英語を習い始めると、奇妙な英語になってしまう場合があります。シンプルな中学英語(基本文・Target)を使って、スッキリした表現にしましょう

 中学英語をおろそかにしてはいけません それは基本です。中学英語を駆使すれば、自分が言いたいことをかなり表現することが出来ます

 

小学生の皆さん

 P3&4クラスまで学習すれば、中2までの大切な基本文は、ほぼ学習します。一部、中3の基本文も学習します。それを使うことが出来れば、4級だけではなく、3級合格も可能です。

中学生の皆さん

 文法の知識は必要です。しかし、それだけでは使うことは出来ません 基本文(Target)を「使う」ことが出来るように、繰り返し音読して覚えましょう

高校生の皆さん

 高校レベルの英語を学習しなくても良いと言っているのではありません。しかし、ここで伝えているように、中学英語の基本をおろそかにしないで、学習を続けて下さい

 

 

 

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« なぜ音読が大切なのでしょうか? | トップ | 観客のいるスピーチコンテスト »