MIZUNO Katsuya

STEP WORLD LL日進駅前教室 代表講師のブログ

パラダイムシフト:Pradigm Shift

2020-05-31 01:31:39 | 英語教室

 新しい日常:New Normal

 パラダイムシフト(Pradigm Shift)とは、ものの見方を根本的に規定している概念的枠組みが変わることです。今、正にこれが起きています。

 新型コロナ感染の報道が始まった頃、休校/休講など様々な制約が、ここまで長くなるとは、どれくらいの人が想像したでしょうか?しかもまだこれで終わった訳ではありません。
 新しい日常(New Normal)を強いられることになりました。

 オンライン授業

 3月の休講に続き、4月に再び休講になった時、「何もしないよりも、今出来ることをまず一歩を踏み出してみよう」ということで、誠に遺憾ではありましたが、生徒がいない状態で授業を行う事にしました。最初の2回はネットでその動画を送信、その後3回はYouTubeに動画をアップしました。しかし、それだけでは双方向ではないので、ZOOM(2~3回)を使って補うことにしました。

YouTubeとZOOMの2本立てにした理由は以下のようです。

ネット/デジタル環境が整っていない生徒さん達もいる。

 当初のビデオファイルをネット送信する方法では、デジタル機器があっても視聴することが出来ない皆さんも多数いて、大変ご迷惑をお掛けしました。そこで、そうした皆さんにはDVDを貸し出すことにしました。しかし、DVDの貸し出し数が非常に多く、ビデオ撮影とも重なり、教室の仕事量は膨大なものとなり、スケジュールは超過密になりました。その後YouTubeに切り換えたら、大幅にDVDの貸し出し数が減り、双方向のやりとりにもその時間を割くことが出来るようになりました。ご協力に感謝します。

ZOOMにはタイムラグがある。

 ZOOMは、発信側と受信側に時間のズレ(タイムラグ)があります。そのため、テンポの良いドリルを行うことが出来ません。ご家庭の通信環境や機器の性能によっても、かなりの差が生じています。そこで、YouTubeはインプット(リスニングやドリルなど)、ZOOMはアウトプット(やりとりと発表など)の使い分けが良いと思いました。(技術の進歩でその問題点が改善されることを期待しています。)

デジタル機器があっても使用可能な時間に制約がある。

 たとえご家庭に通信環境が整っていたとしても、お子様だけで使用することが出来なかったり、保護者様の在宅勤務やご兄弟姉妹のオンライン授業と時間が重なることがあります。その場合、リアルタイムのやりとりを行うZOOMに参加することが出来ません。通常授業の時間にZOOM Lessonを行ったとしても、全ての生徒さん達が、その問題を早急に解決することは出来ません。

 しかし、「全員が可能な方法」だけを考えていると、何も進みません。3月の休講の時のように、プリントとワーク&CDだけの自宅学習になってしまいます。そこで、とにかく一歩進めてみることが必要です。但し、「誰も寂しい想いをさせない」ということを講師一同、心に留めて、全ての生徒さん達のために物事を進めました。

 デジタル環境の整備

  保護者様にはご理解とご協力を頂きまして、誠にありがとうございます。緊急時だったので、ZOOM Lessonでは、教室で強引に日程を決めて、進めさせて頂きました。それにも係わらず、当初の予想を大幅に上回る大半の生徒さん達が参加することが出来て、とても嬉しく思います。保護者様には、機器の設定などで大変なご苦労をお掛けしたものとお察し致します。お詫びを申し上げると共に、心より感謝しております。

 私自身、今回は大急ぎでYouTubeやZOOMの使い方を覚えました。しかし、それらの設定について詳しい訳ではありません。私が何とかデジタル環境を使えるようになっているのは、子どものように「やっていたら出来た」という“感覚”で進めているからだと思います。そのため、デジタル機器の設定について、理論的に保護者様に説明することが出来ないのです。丸投げのような感じでお願いして、誠に申し訳ございませんでした。

 時代は大きく変わっています。好むと好まざるに係わらず、オンライン環境、デジタル環境を整えることは、非常に重要になっていることは事実です。教室としても、コロナ第二波、第三波に備えて、無理のない範囲でNew Normalに合わせていくことは必要だと考えております。

 ご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

 

この記事についてブログを書く
« 敢えて教えない | トップ | コロナ休講後の授業再開 »