暇つぶしです

私が思いついた事を書くだけのブログです。

幸せ

2018-06-24 09:17:17 | Weblog
 幸せ

 『ワーキングプア、ブログ』カテで、いつも、仕事の愚痴というか、悪口を書いている人が、『インスタグラムを、3ヶ月前に登録したが、一個も写真載せていない。家の、盆栽の写真でも撮るか悩んでいる。平和ボケか』という記事を書いていたが。
 「平和ボケ」で良いと思うのだよね。
 平和な事で、悩むのが、平和な証拠、と。
 で、平和な事で、悩んで、何がいけないのか、という事だが。

 バシャールの話について。『なぜ、ワクワクなのか』という話があるが。
 『社会が、幸せになってはいけないというのですね』みたいな話はあると思う。
 何か、深刻ぶって、苦労しているのが、正しいのだ、みたいなのが。
 でも、幸せになっても良いのだと思うのだけれども。
 「理由もなしに」。
 
 電車で、席を譲る、譲らないという話があると思うのだけれども。
 だけど。自分に余裕があれば、席を譲れるよね。自分にゆとりがないから、席を譲れない訳で。

(続き)
 社会が、『幸福になって良いのだよ』というだけでも、大分変わると思うのだよね。
 わざわざ、問題を、ほじくり返さなくても。

 『インチキ左翼』とか、『インチキマスコミ』とか言うけれども。
 『若者が自動車を買わない』とか言って、何を言いたいのだろうか、と思う。
 自動車買わない代わりに、スマホ買っているのに。
 人が幸福を望むのは、自然な事なのに。それを否定しているように聞こえる。
 『私達の社会は豊かだ』と言って、何が問題なのだろう、と思う。
 大勢の人達が幸福を感じているのに、わざわざ、不幸を言うのは、なぜなのだろう。

 私の母親が、スポーツクラブに通っていて、『体脂肪率が高い』という。
 だけど。「健康診断の結果は、ほとんど、大丈夫ではないか」と。
 『体脂肪率が高い』という問題で悩めるのは、他に重要な問題がないからで。
 そういう事で、悩めるという事は、素晴らしい事だと思うのだけれども。
 だけど。『平和な問題』で悩むのはダメで、わざわざ問題を言わないといけないと、いう考えの人達がいる、と。本当は、『平和な問題』で悩む事が、素晴らしい事のはずなのに。

 震度6弱の都市直下型の地震がおきて。死亡者3人というのは、素晴らしい事だけれども。
 「これが、イタリアで起きたなら、世界的大ニュースだよ」って。
 まあ、そこらの、大雨でも、もっと、死者が出ているであろう。
 震度6弱の都市直下型の地震が起きて、死者3人の問題で悩めるとは、素晴らしい、と。

 『リベラル』は、自由の意味らしいが。
 「共産主義とか、社会主義とかいう、自由のない体制を素晴らしいと言っておいて、何が、自由だよ」と思う。
 「左翼は、絶対に、自由を尊重していない」と。

 私達の社会が、『幸福は素晴らしい』と。言ったら、世界は、一変するかも知れないが。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村
コメント

その人なりの

2018-06-24 09:16:09 | Weblog
 その人なりの楽しい事がないとやっていけないから。

 ブログで、『母親が、パチンコにはまって、その為に、親戚から、嘘をついて、多額の借金をした』という事を書いているのを読んでいたが。

 「だけど。その母親も、可愛そうな人なのだよ」と思う。
 『たまにする、贅沢が、チキンラーメンで。母親は、「父親のわかめが多かった」と今でも、恨みに言う』と。
 「どんな、生活なのだ」。

 で、現在、パチンコにはまってしまった、と。
 だけど。
 他に、楽しい事があれば、パチンコにはまらないよね、と思う。
 他に楽しい事がないから、一気に噴き出して、パチンコにはまる訳で。
 そのブログを書いていた人は、『初めて、母親に、贈り物をする』と書いていた。
 つまり、「今まで、母の日とかに、プレゼントをした事がなかったという事だな」と。
 何でも、ささやかな、贈り物をしてあげれば良かったのに。
 そしたら、一気に、噴き出して、パチンコにはまる事はなかったのかも知れないのに。

 人間、楽しみがないと、生きていけないよね。それが、どんな楽しみであれ。

 『月収23万円超えた』とか、『ネット収入、月5万になった』というブログの文章見ても、全然、羨ましく、思えないのは、なぜかな、と思う。
 『月収23万円超えた』の人が、羨ましく思えないのは、『他者は敵だ』という考えだからで。「そんなに、同僚の事を、『不幸になって、ざまあみやがれ』という考えで、会社勤めして、『月収23万円超えた』と言われても、全然、羨ましくない」。
 『ネット収入、月5万円になった』と言っても、『半額の、キャベツが買えなかった』と言って、記事にする、女性の人生なんて、全然羨ましくない。

(続き)
 大学で、誰も、『キャベツの値段』について、言わなかったのを、思い出した。
 まあ、確かに、キャベツの値段なんて、どうでも、良い問題かも知れないが。
 だけど。『高い家に住んでも』自転車を買うのに、躊躇する、人生を送るなら、意味がないと思う。「問題を解決しようとするなら、まず、大きな問題から、手をつけないといけない」。小さい問題を、一生懸命いじっても、どうにもならないのだから。苦労が多くて、努力が報われない方法を取るべきではないと思うが。

 うーん。

 「暗記教育の秀才」という、私の悪口があるが。
 細部に、こだわっても、あまり意味がないと思うが。
 最初に、大きな問題から見ないと。

 職場で、『ある人から、「照明をこまめに消しても、意味はない。LEDなのだから」と言われた」というのがあったが。
 私も、今日、「テレビの電気代なんて、大した事ない」と言いたい誘惑に駆られた。
 家庭内の電気代で一番大きいのは、冷蔵庫で、次が、エアコン。まあ、後は、こたつとか、電熱器系だと思う。テレビの、ブラウン管ならともかく、デジタルテレビなんて、電気代、大して、掛からないと言いたい、誘惑に駆られたが。「きっと、仕事中に見るな」という意味なのだろう、と思って、我慢した。

 私の書いている話は、私にとっては、重要な問題で。
 他人からしたら、キャベツの値段の方が重要な問題なのかも知れないけれども。
 そこが問題で。

(続き)
 『家計簿、家計簿』いうけれども。
 『貧困、ブログ』カテで、『車の自動車税の納付がありました。この時だけは、2台あった車を一台にして良かったと思う時です』という記事を書いておいて。その数日後ぐらいに、『雨が降っているので、内職の仕事を受けられない。私の車があれば良いのに』と書く。
 意味が分からないし。
 どう考えても、雨の日に内職の仕事を受けられない損失より、車を一台持つ費用の方が、高いのに。

 馬鹿は金を失うよね。
 橘玲さんは、『民間の医療保険は無駄だと思う。私が唯一認めているのは、日本国の健康保険制度だけである』と。私の妹も言っていたが。『民間の医療保険は、無駄』と。
 だけど。大勢の人達が、民間の医療保険に加入している、と。

 国民年金を支払わないで、民間企業の年金に入るのは、無駄というか、馬鹿だと思うが。そういう事を真剣にやっている人達がいて。で、『お金がない』という。
 それは、あなたが、馬鹿だからで。

 シンプルに生きれば良いのだけれども。
 多分、物の本質が見えていない。
 で、真剣に、マイナスイオン効果付きの、扇風機を買う、と。

(続き)
 『貧困、ブログ』カテの、節約に疑問を抱く、と。
 何で、『貧困』とか言いながら、高い扇風機を買うのだろう、と。

 大学時代の、私の、エンゲル係数(支出に占める食費の割合)、とても、高いぞ、と思う。
 食料品と本以外のものを、ほとんど買わないから。
 (母)親は、『貯金通帳見ても、全然減らない』と騒いでいたが。(母親は、郵便局、現在ゆうちょ銀行の、カードの方を持っていた)。
 ちょっとだけ、家計簿つけてみて、「放っておくと、支出を減らすのを、頑張りすぎそうだから」止めて。
 大学時代2年間アルバイトをしていたが、アルバイト収入月4万2千円くらい、現金でもらっていたが。最後の方、家に、お金が転がっているので。貯金しにいこうかと思った。(しなかったけど)。ガス、電気とかの、通帳引き落とし以外の支出が、4万2千円以内ぐらいだったということだろう。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村
コメント

大人しく

2018-06-24 09:14:59 | Weblog
 大人しく何も言わない人が、心の中が、平安かと言えば、そうでもない。

 大艦巨砲主義(2ちゃんねるのまとめサイト)で、『ハル・ノートについて調べてみよう。→交渉出来たのではないか』という記事があったが。

 「当時の日本人には、難しかったと思う」。
 第二次世界大戦前の日本について。
 欧米人が、日本人と、交渉した、と。『日本人は、微笑みながら、受け入れます』と言った。で、じゃあ、もっと、強い要求をしたら、『受け入れます』と言った。『受け入れます』では、交渉にならないから、もっと、強い要求をしたら、日本人の顔色が変わって、『我々はあなた方の要求を呑んだ。これ以上要求されるなら、あなた方の事を、殺して、我々は、ここで、腹を切るしかない』と言った、と。

 今でも、いるよ。『0か、100かの議論』をする人。
 だけど。

 ある、少女漫画の、解説で、『さきほど書いたが、人を信じているから喧嘩もいとわないリョウコちゃんは、気性が荒いと思われているし、その反対、合わなければとことん避けて、それで終わりにしようとする私はおだやかだと思われている。しかしそんなおだやかさが何も創り出さないことを、私自身が、本当はとてもよく知っている。』と。(『天の神話。地の神話』)
 
 『神との対話』の神の言葉で、『そうあるべきだと思って、離婚しないのであれば、絶望のまま、人生を生きれば良い』と。いうのがあるが。
 だけど。『人間関係は、長続きすれば良いというものではない』と。

 橘玲さんの、『朝日ぎらい』を読んだが。
 『リベラル思想になるかは、子どもの頃の言語能力だ』と。
 『言語能力の高い子どもは、大人になってから、リベラルになる』と。

 リベラルの定義は、おいといて。本当は、『自由』という意味らしいが。
 だけど。
 「言語能力は、どうやったら、発達するか」という事だよね。
 私は、小学校の頃、うるさかったけれども。
 だけど。

 基本的に、「人間に対する、信頼感があるか」だと思う。
 人のブログを読んでいて、「『人をいらだたせないように、最大限の注意を払って』いても、嫌われる人がいる」。だけど、多分、『人をいらだたせないように、最大限の注意を払う』事が、その人が、『人に嫌われる』最大の理由だと思う。
 “喧嘩しても”分かり合えるはずだ、という人は、結局、好かれる、と。

 “大人しいだけ”の人が、本当に心の中が、穏やかなのだろうか。
 適当に、好き勝手な事を言う人の方が、幸せな人生を生きるのではないかと思う。
 別に、絶対性というものがある訳ではないのだから。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村
コメント

すごいぞ日本

2018-06-24 09:13:52 | Weblog
 すごいぞ日本

 『これは、すごいぞ、日本という話ではありません』と橘玲さんは、書くのだけれども。どうだろう。

 バシャール、ペーパーブックを読みなおしていて、『外国に旅行する事は楽しい事ばかりではありません。その国の貧困が見えるので』という文書を読んだが。(バシャールの発言ではない)。
 
 アメリカも住んでいて、楽しい所ではないよね。アメリカの貧困を見ないといけないから。

 『(アメリカの)空港にホームレスの人達がいる』と怒って、書いていた日本人がいたが。(『国際空港なのに』と。)『空港の人に案内されたから、安全だと思っていたのに』と。
 アメリカが住んでいて楽しい国ではないのは、アメリカの貧困が見えるから。
 嘘でもいいから、『ホームレスなんて、滅多にいない』国に住みたい、と。

(続き)
 人の、暗部、人の国の暗部なんて、別に、いちいち、見たくない。
 そういう難しい事は考えたくなくて、ほのぼのとした国に住みたい、と。

 世界に、別に、理想の国はない。
 バリ島で、バリ島に住みたいばかりに、現地の男性と結婚して、後悔している、日本女性が、かなりいるらしい、と。
 まあ、バリ島は、『バリ・ヒンズー』と言われていて、ヒンズー教、つまり、インドと同じ宗教だから。まあ、現地の男性と結婚して、楽しい事はないよね。欧米人に、観光開発された部分だけを見ていたら、美しい地域に見えるが。

 その当時、アメリカの大学に留学していた、いとこがいたが。9.11の事件の時、その事件の事を知らなかった。(日本に住むその人の母親から電話で聞くまで)。色々忙しくて、テレビとか見ていなかったのだろう、と思う。
 アメリカに住んでいたからと言って、アメリカの全てが分かる訳ではない。
 
 日本に住んでいたら、日本の欠点が色々気になるが。海外に行ったら、海外にも問題がある事に、気がつく。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村
コメント

苦労すれば

2018-06-24 09:12:07 | Weblog
 苦労すれば良いというものではないだろうに。

 東京で働いている女性が文句言いたくなるのは、分かるよ。
 『通勤に1時間か2時間掛かって、そしたら、その分、早く家を出ないといけなくて。で、子どもも、住んでいる市の保育所に入れるのであれば、その分早く、預けて、早く、子どもを受け取り(?)にいかないといけない』と。
 しかし、保育所の預かり時間というのは、全国一律ほぼ一緒だから。東京で仕事をする人は、残業なしで、仕事をしても、子どもの受け取り時間に間に合わないぐらいだ、と。
 そしたら、出世競争からは、おいて行かれる、と。

 だけど。なんで、そもそも、出世競争をしないといけないのだろう。
 別に、そんな事は、どうでもよい事だと思うけれども。
 『どうでも、いい問題ではないのだ』という人達もいるかも知れないけれども。
 『どうでも、いい問題ではない』という人は、保育所の延長保育をしてもらって。『どうでもいい問題ではないか』という人は、保育所に行かせないで、家で、面倒を見るという選択があっていいと思うのだけれども。

 『育児と、働く事を、両立出来る社会を』というのが、全然、出生率の向上の役に立っていないのは、失業率の一番高い、沖縄が、一番出生率が高くて、失業率の一番低い、東京が、一番出生率が、低い事で分かる。
 何で、『働きたい人は、働ける社会を。働きたくない人は、働かないで済む社会を』と言わないのだろうか、と思う。世の中、みんなが、みんな、『働く能力があって』『働きたいのだ』という人達ばかりではないのに。

 良い大学を出た、女性が、結婚を後にしたがる事は、理解出来る。誰だって、自分の能力を試したいと思っているから。で、働く能力のない女性の方が、早く結婚したがる。だって、自分の幸福が、働く事にない事が、はっきりしているのだから。

 何でも、かんでも得る事は出来ない。
 だけど。“お金”の価値というのは、『どんなものにも、交換可能である』事にある、と。
 だから、『お金』を稼ぐ能力があれば、家事の能力が絶望的になくても、幸せに生きる事が出来る、と。

 でも、政府が、『高学歴の女性に子どもを産んで欲しい』というのは、理解出来る。
 シンガポール政府は、露骨に言っているが。
 成績優秀な人達に、子どもを産んでほしい。
 そしたら、後の世代に、優秀な遺伝子が残るので。
 知的レベルの低い人に、子どもを沢山産んでもらっても、馬鹿な遺伝子を持った、子孫が増えるだけ、と。

(続き)
 そんなに、自分が出来もしない事を、やる必要はないのではないですか。
 自分が、やれるだけの事をやれば。

 妹が子どもを産んで、母親が、私と妹で、(妹が住んでいる近くの)近くのショッピングモールへ、買い物に行っておいで、と言った。
 で、妹の後についていったのだけれども。「おー、服屋行っている。珍しい」と思ったら。「子ども服」を見ていた。
 「うん。やっぱりね」って。

 テレビを妹と私二人で見ていて。『このファッション雑誌で、このモデルは、いくつ写真を撮っているか』というクイズ(質問)で。私、20個じゃないかと言って、妹が、10個じゃないかと言った。答えは、100だって。どひゃー。まあ、分かった事は、「妹が、ファッション雑誌を見た事がないことだ」と。私も、買って読んだ事はないが。

 お金の意味とは。魚が取るのが得意な地域の人達は、魚を取って。それが、肉を取るのが得意な地域の人達と、交換出来る、ということで。
 何でも出来る人はいないけれども。とりあえず、不得意なものは、お金で買って、得意な事でお金を得れば良い、と。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村
コメント

こだわり

2018-06-17 10:47:20 | Weblog
 こだわりというか、『こうでなければならないのだ』という、固執がなくなる事が、進化なのではないか、と思う。多様性を認められるようになる事だと言っても良いと思うが。

 自分で、マイナスイオン効果付きの、ドライヤーを買ってくる事はないと思うけれども。
 親が、マイナスイオン効果付きの、ドライヤーを買ってきたら、喜んで使うぞ、と思う。
 『200万円する、婚約指輪が欲しい』とは思わないけれども。婚約指輪をもらったら、喜んでもらうぞ、と思う。『お金の無駄だから、返品してこい』とは、言わないぞ、と思う。
 
 別に色々な人がいて、完璧ではないかと思う。
 どうしても、『そうでないといけないのだ』と言う事はないと思う。

 昔の、日本のある人が、『死ぬ時には、死ぬ候。それが、災いから逃れる妙法なり』と言ったとか。
 死ぬ時は、死ぬ時で諦めて、それを、受け入れる事が大事である、と。
 意識もないのに、無理やり生かす事、現世にとどめておく事が、善行であるとは思えない。

 そんなに、『自分が、自分が』と言って、自分の意見、考えに固執する事が、正しい事であるとは思えない。『自分が、自分が』というのをやめて、他人の意見も、受け入れれば良い。で、『そういう考え方もあるのだな』と思えば良い。
 全ての人は、みんな、ある種のメッセージを持っているのだから。
 自分の意見と違うからと言って、否定する事はないと思う。
 
 多分ね。『そういう考えもあるのだな』と言って受け入れれば良い、ということで。
 物にこだわるのを止めて。愛を受け入れれば良い。

(続き)
 自分が、買うなら、一番安いものを買ってくるが。
 多分、それでは、経済が成り立たないのだろうと思う。

 タブレットも一番安いのを買ってきたし。扇風機も一番安いものを買って。掃除機も一番安いやつを買った。
 家族みんなが、電化製品に対しては、そうだが。
 きっとそれでは、経済が成り立たないから。余計な、付加価値を付けたものが、売れる、販売される、と。

 DHCが、『水素水』サプリとか言いながら、他の成分が入ったものを売っている。
 多分、『水素水』は効かない事を知っているのだろうと思う。
 DHCの、コエンザイムQ10の化粧品。「多分、他の成分が効くのだろう」と思う。
 「コエンザイムQ10を肌に塗って、何らかの美容効果があるとは思えない」が。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村
コメント

そんなに悪意が

2018-06-17 10:45:50 | Weblog
 そんなに悪意がある訳ではなくて。救えるものなら、救いたいと思うじゃないかと思う。ただ、色々制約条件があって。救いたくても、救えない場合があるだけで。

 子どもの頃、『新聞記者による、精神科病棟潜入記事』とかいうのを、読んだ。
 今は、そんな事書く人いない。
 精神科に入院しても、そんなに、悲惨な事は、起こらないから。

 精神科医のブログで、『非定型精神薬(新しいタイプの精神薬)の定義は、不愉快な副作用が少ない事である』と。まあ、この説明は、私の説明だけれども。簡単に言えば、そう言う事になる、ということで。
 で、不愉快な副作用が少なくなると何が良い事が起きるかと言うと。薬を継続して、飲み続けやすくなる、と。
 その精神科医が書くには、『統合失調症は軽症化している』と。
 だけど。私が思うに、『薬を継続して、飲み続けやすくなった事で、軽症化しているように見えている』と。
 昔ほど、精神疾患に対する偏見が少なくなって、すぐに、病院に連れていくようになった事も、統合失調症の軽症化につながっていると思うけれども。
 なぜ、偏見が少なくなったかと言うと。実際問題として、そんなに、悲惨な病気ではなくなってきている事も原因だと思う。薬を飲んでいたら、病院に入院しないで、普通に家で、暮らせる人が増えてきているから。

 薬を飲まなくなると、やばいのだよね。
 だけど。薬を継続して飲む事が、簡単な行為になってきている。非定型精神薬のおかげで。
 で、実際に、悲惨な経緯になる人が減ってきている、と。

 本当は、医者としては、みんな救いたいと思っている。
 だけど。何らか原因で、救えない人達が出てくるだけで。

 知的障がいと、精神障害を併せ持つ息子を、檻に閉じ込めていた親がいた、というのが、刑事裁判として、話題に出ていた。
 で、その親が言うには、『役所には、23年間に相談したが、何の音沙汰もなかった』と。
 だけど。23年前と、今とでは、状況が違うと思う。
 
 その精神科医が書くには、『病院に入院している、統合失調症の人達は、長生きだ』と。
 なぜかというと、今の、非定型精神薬の問題は、肥満と、高血糖のなりやすさだから。
 病院に入院しておけば、好きなだけ、お菓子を食べるという事が出来ない。そして、決められた、栄養設計された、食事を毎食提供される、と。で、結局、家で暮らしている人達より、病院に長期入院している人達の方が、長生きする、と。

 簡単に出来るものなら、簡単にしたい。
 苦労なんて、しなくて。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村
コメント

もう中間地点に

2018-06-17 10:44:20 | Weblog
 もう、『よく分からないけれども。中間地点に正解があるのでしょう』みたいな、回答はいらない、と。

 橘玲さんが、ブログで、自書の『朝日ぎらい』の「まえがき」を載せていて、で、『文筆家の仕事は、他人がいわない主張を紹介し、言論空間にゆたかな多様性を生み出すことだと思うからだ』と。

 「さすが、橘玲さん」と思う。
 もう、曖昧な意見は、いらない、と思う。

 『もしここが天国だったら?』の本の作者の、アニータ・ムアジャーニさん。
 『中絶に関する、テレビの討論番組に出ているのは、男性ばかりである』とか書かないで。頑張って、『なぜ、女性にとって、中絶禁止が問題か』と言う事を、一生懸命書けば、その、『中絶に関する、男性ばかり出ている、テレビの討論番組』に、呼んでもらえる、女性になれたかも知れないのに、と思う。
 もう、『よく分からないけれども。中間地点に、正解があるのでしょう』みたいな、回答はいらない、と思う。
 はっきりと、自分なりの定義づけをしないと。
 例え、それが、他者から見て、気に入らない意見に見えたとしても。
 別に意見が異なっていたとしても、仲良く出来るのだから。

 ちなみに。橘玲さんが、『リベラル、リベラル』と書くから。「リベラル」の意味をネットで、調べてみたけれども。『自由』という意味らしい。
 「自由なんて、当たり前の事ではないか」と思うのだけれども。
 まあ、昔の人達にとっては、当たり前ではなかったのかも知れないけれども。
 今は、「自由は当たり前」で。
 問題は、『選択肢が多すぎると選べない』という問題で。
 で、一見自由に見えるのだけれども。『能力格差が所得格差を生み出す』で。
 『自由な選択があるよ』と言うのだけれども。自分の能力の問題で、『やりたい』仕事に、お断りされる、と。みんなが、つきたい仕事は、限られていて。その仕事に断られるという問題があるように思う。

 『モデルは商品ではない』というが。「実際、商品でしょう」と思う。
 モデルになりたい人は多くて。で、『需要と供給』で、供給>需要では、供給側の人達が、不幸な立場に追いやられる、と。

 『自由』に見えて。制限がある。その制限が何かと言う事だが。
 その制限そのものに、法則がある、と。
 物理法則が、ある種の制限であるように。

(続き)
 前にも書いたけれども。「格安スマホを買う能力のない人達が大勢いる」と。
 で、結果的に、『高収入の人ほど、格安スマホを持っている率が高い』という現象が起きているらしい。
 結局、無知な人達は、格安スマホを買う能力がない、と。
 家で、パソコン使っているなら、無線LANにしたら、スマホは、ギガ数が少ないプランに出来る。だけど、無線LANにどうすれば設定出来るのか、分からない人達がいる、と。
 『今の、若い世代の人達は、家に、パソコンを持っていない』と言われているが。それは、パソコンの設定をどうすれば良いのか分からないから。例え、パソコンの設定が出来たとしても、パソコンが動かなくなった時に、どうすれば良いのか分からないから。
 その点、キャリアのスマホなら、キャリアに行けば、治してくれる。時間はかかるけれども。だけど。結局、『知識がお金を生み出す』のだけれども。だけど。『知識がないと、お金を生み出せない』。

(続き)
 ちなみに。そういう情報が入ってきたから、(自分の中に)書くけれども。

 『ブラックマンデーが1887年10月19日。アジア通貨危機が1997年7月。リーマンショックが2008年9月15日』。
 「アメリカ発の、ブラックマンデーが1887年。リーマンショックが2008年。だから。次の2018年の通貨危機は、アメリカ発ではなくて、発展途上国発になるであろう」と。「だから。面白がっていて、観察していても、大丈夫」。「アジア通貨危機は、大勢の日本人が知っている話ではなくて、『韓国の通貨が安くなったので。韓国旅行が安くなった。韓国に旅行するチャンス』くらいの事しか、知らなかった日本人も大勢いたのだから」ということで。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村
コメント

滅びれば良いのに

2018-06-09 10:30:48 | Weblog
 滅びれば良いのに

 大艦巨砲主義の記事で、『南海トラフ巨大地震で、被害が最悪の場合、1410兆円に上るおそれがあり、学会は、国民生活の水準を低迷させる「国難」になるとして』って。

 そんなに、簡単に、日本が、滅びるなら、滅びれば良いのに。
 多分、滅びないと思うけれども。
 1000兆円分被害が出たとして、500兆円復興したら、500兆円分が、GDPになるから。
 『戦争は、景気対策として、有効』と言われているのは、皮肉や、冗談だけではない、と。
 
 日本って、いつも、そうだよね。
 新型インフルエンザの時も大騒ぎして、結局、大した被害は出なかった。
 まあ、良い所もあるよ。
 韓国は、鳥インフルエンザの時に、初動対応が悪くて、被害が多くなった、らしいから。
 だけど。
 騒ぎ過ぎも、良くないと思う。
 『結局、騒いだほどの、事は、何も、起きなかったではないか』というのを、狙っているのかも知れないけれども。
 やっぱり、心配する人達は、心配するのだから、不安をあおりすぎるのは、良くないと思う。
 東日本大震災の時も、東京ディズニーランド周辺の土地が、地盤沈下したが、結局、大して騒がれる事もなく、忘れられているし。

 まあ、一応、出来る事はやった方が良いと思うよ。
 『4階以上のマンションに住め』とか。
 後、今、5階以下のマンションは、エレベーターつけなくてよかったので。高齢者が、エレベーターのない、マンションで、1階や、2階に住んでいる事が多いので。エレベーターのマンションは、エレベーターをつけるか、取り壊して、エレベーター付きのマンションにするとか。そしたら、高齢者、高齢者世帯が、マンションの4階部分以上に住む事が、増えるかも知れないから、とか。

 『津波が来たら、逃げろ』なんて、無理だよ。
 特に、お年寄りには。『自動車は使わない方が良い』って。
 でも、高齢者を抱えている世帯には、難しいと思うけど。若い人達なら、歩いて逃げられるけれども。

 事前に予期しておく事は、大事だと思うけれども。
 ただ、いたずらに、不安をあおっても良くないと思う。
 『予言』と言って、地震の予言を、頻繁にすることに、どれぐらいの意味があるのだろう。
 いずれにしても、日本に住んでいる以上、地震に遭う可能性はあるのに。

 阪神・淡路大震災の後、マスコミで、『関西には、地震が来ないと思っていた』という主張を見た。
 まあ、そんな事はないのだろうけれども。

 東日本大震災の時の、原発事故だって、『津波の被害に遭う事を予期していなかったから』そういう結果になったのだろうけれども。
 だから。『事前の予測は必要』。それは、分かるけれども。
 
 やっぱり、そんな事言ったら、「一戸建ての家に住む事自体が間違い」だよね。
 コンクリートで作った家は、津波で流されなかった(多分)けれども。木で作った家は、津波で流された。
 本当は、『一戸建ての家を買うな』とか、『家を買うと、津波で壊される危険性があるから、賃貸に住もう』とか。

(続き)
 思考→言論→行動。
 思考だけでは、変わらないけれども。思考が言論になり、行動なると変わる。
 『見ているだけで』本当に変わるのだろうか。
 でも、言論になって、行動になると変わる。
 例えば、お風呂の水を抜くのを、夕方過ぎにするとか。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村
コメント

ミス・アメリカ

2018-06-09 10:29:45 | Weblog
 ミス・アメリカ

 ミス・アメリカの審査から、水着審査が消えるって。
 元々、ミス・ユニバース自体、その国の国民の美しさとずれていると言われていたけれども。
 『ミス・イタリアに、有色の人が選ばれたが、イタリア人は、有色の人を嫌っている』とか、『ミス・日本の趣味は、日本人の趣味とずれている』とか。
 ミス・ジャパンに選ばれた人が、『世界の金持ちの集いに呼ばれて、結婚相手としての、品定めをされているようだった』とか。
 元々、“ミス”というのは、未婚の女性の事で、で、『金持ちの男性と結婚出来るよ』が売り(?)だったのに。『そんな事は、良いから、芸能人になりたいの』みたいになって。女性の要求と、ミス・ユニバースの要求とが、ずれてきた、と。

(続き)
 『賢い女性はいらないという事か』というのは、一つの物の見方だけれども。
 だけど。現実問題として、演説が上手い女性は、あまり求められていないという事があると思う。そして、ミス・アメリカの選ぶ人を改革するという方向性は、『演説の上手い、女性を選ぶ』ということで。

 女性が政治家になったら、不幸になるのだって。それは、女性が、演説の上手い人になる事を、嫌がっているからだと思うが。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村
コメント